FC2ブログ
英国ロンドンで、日本からの観光客のお世話をする『現地係員』というお仕事をしている元海外添乗員。仕事・趣味や日常の事など言いたい放題、書き放題な自己満足ブログです。
2010年04月13日 (火) | 編集 |
先週末に久々にライブコンサートに行った  です。

このライブに行って、トンデモナイお方と写真を撮りましたの。。。。


『トンデモナイ』って日本語が間違ってると思うねんけど、、、、

今思い出しても『アレは夢か幻?・?』

s-RIMG0734.jpg


すんません・・・・・

たまねこ、ちょっとお仕事が忙しいざんす。。。。

ここんところの睡眠も超不規則で今もむっちゃ眠いんやけど、

この写真を自慢したくて、今ブログ更新してます。。。。。


この『トンデモナイ方』を知らない人は、?????ふーーん???

知ってる方はパソコンの前で、ひっくり返ると思う・・・・・

とりあえず、オヤスミナサイ・・・・・・・
2009年08月12日 (水) | 編集 |
先週の8月8日の土曜日は、 のアルバム写真が撮影されて40周年ということで、



世界中からのビートルズファンがABBEY ROAD(アビーロード)に集まったそうな。

ワタクシがお世話するお客様の中にも時々、アビーロードに行きたいとおっしゃる方がおられまして、、、、

ビートルズ好きなら、絶対に行ってみたい場所のひとつがこの横断歩道なんです。

普段はごくふつーの横断歩道なんですが、


VISIT ABBEY ROAD スゴい!!今では Live camで見れるのですね。

記念写真を撮ろうとするファンの姿が見れるかも。。。。

(日本とイギリスの時差は-8時間ですので、ご覧になる時間帯によっては夜の画像になります、例えば日本がお昼12時  だとロンドンは明け方の4時 


そしてこの日はイベントが行われまして、、、、、、

ビートルズのそっくりさんとは言いませんが、アルバム・ジャケットと服装を合わせていて、P・マッカートニが裸足なのも分かりますが、G・ハリソン役もP・マッカートニー役も太りすぎ 

IN11024072Beatles-f_232134d.jpg
(どこからか忘れましたが画像を拝借いたしました)

こちらの新聞には、『遠くはニュージーランドや日本からもファンが集まった』と書かれていました。

アビーロードを通る139番のロンドンの赤バスがもみくちゃ?

s-Walk20Crossing20Mayhem20DSC0298_20090813024212.jpg
(これまたどこの画像やったかいな、、、忘れましたが拝借いたしました)


今は郊外に住んでいるワタクシ、ロンドンに来て最初の一年は、ここから程遠くないところに住んでおりましたので、139番のバスでよくこの横断歩道とEMIスタジオの前を通ったものでした。

このイベント、是非生で参加したかったのですが、、、、お仕事でしたの。。。。。

ついでに、
この横断歩道が余りにも有名で、世界中からのビートルズファンがこの横断歩道で記念写真を撮ろうとして事故に遭ったりするケースが多いために、管轄のウエストミンスター議会がこの横断歩道を他の場所に移動させる案が出てるとか、、、、アフォちゃう?

同じ場所やからこそ意義があるんやん。。。。
2009年07月07日 (火) | 編集 |
前回の続きです。。。。。

コンサートプログラムとキーリングをお買い上げ♪
s-144_4490.jpg


朝起きて体調が良くなかったんだけど、夕方には少し体調も良くなって、何を血迷ったか急に家に帰らずに、JEFF BRCKのコンサート会場、ロイヤル・アルバートホールに向かったワタクシ。。。

実はお仕事でGRPを空港でお迎えして、バスにお乗せした時に添乗員さんに
『途中まで乗っていかれますか?』とお声がけをいただいたのですね。

GRPのホテルの場所はハマースミス、
(LON在住の方ならロケーションがお分かりいただけると思うのですが、ハマースミスからロイヤルアルバートホールまでローカル・バス9か10でスグです)

でも家に帰ろうと思っていたので、『家は違う方向なので』とお断りしたのです。

この日、空港から街中に行くピカデリーラインは途中でメンテナンス工事でバスの代替ですごく時間がかかったのですよね。(怒)やっぱりGRPのバスに乗せてもらったらヨカッタかな・・・・

コンサートは何時から始まるのか分からなかったのですが、
ワタクシ、結局ロイヤル・アルバートホールに着いたのは8時過ぎでした。

結構ホールのまわりに人がいて、外でドリンクを飲んでいる人達もたくさん。。。

あら、まだコンサートは始まっていないのね。。。。。

(後から分かったのですが、前座が終わってメインのベックが始まるまでの休憩中だったのです)

ダフ屋らしいオヤジも居るには居るんだけど、何せ見に来る人の年齢層が高いのでチケット持ってるオヤジはみーんなダフ屋に見えるし(爆)ボッタクられるのもイヤだしな。。。。。

仕事仲間のSさんから“お誕生日おめでとうコール”で話をしているうちに、開演5分前のアナウンスが入ったようで、外でドリンクを飲んだりタバコを吸っていた人達がホールの中に入り始めました。。。

ひとりのオヤジがワタクシに近づいて来て、声をかけてきました。

チケットあるよ。。。。。

恐る恐る値段を聞いてみた。。。

はう・まっち?

オヤジ、チケットを私に見せて・・・・・・

オリジナル・プライスは35ポンドだけど、君なら特別に25ポンドにしてあげる!(35ポンド=約6000円)

きゃぁぁぁーー、本当??本当に本当に25ポンドでいいの? 

特別だよ!!

ワタクシ、興奮して、ダフ屋のオヤジに運転免許証の生年月日を見せて、

今日ね、わたし、誕生日なの、ほらね、、、(←アフォ)

そいつはおめでとう!早く入らないと始まるよ!

オヤジに25ポンドを払う。。。(4300円)

ダフ屋のオヤジに 

(こちらでは誕生日はとても大切な行事でして、きっとワタクシは誕生日を誰にも一緒に祝ってもらえない可愛そうな日本人と思われたかな?まあいいや)

s-144_4497.jpg

席は3階席の最後列だけど丁度ステージが正面に見下ろす場所で、私の席がポツンを空いていた。
隣はスゴいロックオヤジで私と同じようにダフ屋からチケットを買ったと言っていた。
(同じダフ屋だったんだろうか・・・・・)

きゃぁーーー!BECKよ! BECK 
2時間たっぷりのコンサートでした。

全身『白』、ギターも『白』でむっちゃ決まってる 

s-144_4477.jpg


そして、スペシャル・サプライスゲストは、、、(ベックの白に対して“黒”で登場!!)

な、、なな、、、なんと・・・・・・・デビッド・ギルモア (ピンクフロイド) 

s-144_4480.jpg

3階の一番最上段だったので、よく見えなかったけど、、、、

生の演奏が聴けて、、、、、

同じ空間を共有して、、、、

同じ空気を吸って、、、、

同時に二人の ROCK・REGEND を観れて、たまねこ超シアワセ 

s-144_4482.jpg

ベックの演奏もコンサートもとても素晴らしかった 


実はワタクシ、ベースを弾いている女性のことがとても気になっていた。

オヤジのベーシストならさ程気にもならなかったけど、
遠くから見ていても明らかに髪の長い小柄な女性で、演奏はむちゃ素晴らしかったのです。

調べてみたら、彼女の名は『TAL WILKENFELD』、まだ20台半ばのようである。

オーストラリア出身で14歳でギターを始めた後ベースに変更、2006年にソロアルバムを出し、若干21歳の時にチック・コリアとツアーを回って、その後にジェフ・ベックに声を掛けられたようである。

ベースソロの部分だけ・・・・・


多分、どこかオセアニアのTV番組のインタビューだと思う



2009年07月06日 (月) | 編集 |
今回と次回のネタは  個人的な音楽趣味なネタなので、
興味のナイ方はスルーしてくださいませ。。。。。。

下の写真の建物はロイヤル・アルバート・ホール、1800年代に建てられた立派なホールで、クラッシクやオペラ、ロックコンサートも行われます。
(ワタクシ10年以上前にブルース・スプリングスティーンをここで観ました)




実は7月4日のワタクシの誕生日に  のコンサートが、、、、

     s-144_4469.jpg


これってずえったいに見にいきなさい!って神様からの啓示よね、、、
(日本でも2月にコンサートをやったんだよね。。。。)

ワタクシ、日本に居た時は色んなコンサートに行きましたが、、、
何故かベックは観たことが無かったのね。(クラプトンは何度も観たのに)

ベックのこちらでのロンドン公演はこの日1日のみ、ONLY ONE SHOW!!

ロンドンでのチケット発売は去年の11月でして、ワタクシが12月初めに気づいてチケットを買おうとしたんだけど、SOLD OUT!!(やっぱりね)

仕方が無いので諦めた。。。。。。

仕事でロイヤル・アルバートホールの前を通って、ベックのポスターを見る度に、(ホテルのロケーションによってはこの前を通るのです)、観たいという思いはつのるばかり。。。。

観たい、観たい!と頭の中で思いつつ、口は、

約20年ほど前、大相撲ロンドン場所がこのロイヤル・アルバートホールで行なわれたのですよ、当時は英語が話せる小錦がこちらで大人気だったそうです・・・・・

なんてバスの中でお客様に案内しているワタクシ、、、、

チケットは売り切れているし、、、、、

仕事もアサインされたし、、、、、 

やっぱり、しゃーないな。。。。。。(←大阪弁で“仕方が無い”という意) 



実は朝起きて、体調があまり良くなかったのね、
(またまた3週間ブッ通しのOFFなしで働いています)

でもお仕事は夕方のお仕事だし、、、

空港での乗せこみだけ(GRPをお迎えして、バスにお乗せして終わり)のお仕事だし、、、


お仕事が終わって一旦は家に帰ろうと思って、いつもの家に帰るローカルバス乗り場でバスを待っていて、自分の乗るバスも来たのに何を思い立ったかバスには乗らないで、地下鉄に向かい、ロイヤル・アルバートホールに行ってみることにしたのです。

コンサートのパンフレットだけでも買いに行こう!

もし運が良ければダフ屋からチケットが買えるかななんて思って。。。

長くなりますので続きは次回にひっぱります。。。。ぶは!

2008年11月19日 (水) | 編集 |
先週末はウエンブリー・アリーナで、この方 

クリフ・リチャード のコンサートがありました。

御歳68歳とは思えない若さと美貌を保っておられます。

クリフ リチャード
(えっと・・・写真はどこかからお借りしました)

で、先週ツアーでやって来られた男性一人のお客様(64歳)、

クリフ・リチャードの大・大・大ファンで 、今回クリフ・リチャードのコンサートを見に来たのです。

が、、、、、、、

チケットは持っていません。

日本でどうやってチケットを買ったら良いのか、分からなかったそうです。
(オンラインで買えると思うのですが、オジサマには無理か・・・)


当日券って買えますかねぇ・・・・・

さあ、、、どうでしょうかねぇ、、最悪ダフ屋から買うことになるかもしれませんね。。。


観光を放棄してウエンブリー・アリーナに二日間通い、
何と二日連続でコンサートが見れたのだそうです。

どうやってチケットを手に入れたのかをお聞きしたら、友人が来れなくなったからと正規の値段で売ってくれた人がいたそうです。
二日間とも。。。。

帰りのチェックインで並んでいてこの話をしていたら、前に並んでいたツアーとは関係ない個人で来られたらしいオバサマ二人、、

あら、私達もクリフ・リチャードを見に来たのよ♪

(オバサマ達は日本でオンラインでチケットをGETしてたのだそうです。さすが!)

ツアーに一人で寂しく参加していたおじ様の顔が急に少年のように輝いたのを見ました。

一人参加で話相手も居なかったオジサマ、前に並んでいたオバサマ達とクリフ・リチャード談に花が咲き  3人とも嬉しそうに手荷物検査場に消えて行きました。



日本の中高年の皆様は頑張っておられます 

謹んでお喜び申し上げます 


日本の中高年のアイドル !綾小路きみまろ  超オモロイ!






2008年08月25日 (月) | 編集 |
北京オリンピックが終わって、いよいよロンドンオリンピックのカウントダウンが始まりました。

昨日の朝、ホテルで添乗員さんから、

(ホテルのロビーに置いてある無料の新聞を開いて)

 右の“おじさん”は誰ですか?

おっ、、、おっ、、、おじさん。。。。? 

(確かに写真で見る限りは“おじさん”だが、“おじさん”という響きに  ちょびっとショックだった) 

ワタクシが青春時代、この“おじさん”の演奏をよーく聴いたものです。。。

左より、ベッカム様、リオーナ・ルイス、そして、、、、、
132_3288_20080825072625.jpg

いや、、ワタクシもね、一瞬ね、この写真が何なのかが分からなかったのですよね、

なんでこの“おじさん”がベッカムやリオーナ・ルイスと一緒に写っているのかも疑問だったのです。。


でね、右のおじさんはね、ワタクシがよおーく知ってる“おじさん”です。
(当然”おじさん”はワタクシのことを知らないですがね)

北京オリンピックの閉会式にて“胸いっぱいの愛を”を演奏!

Jimmy & Leona
画像は (Greg Baker/Associated Press)よりお借りしました


エリック・クラプトン、ジェフ・ベックとともに、3大ロック・ギタリストのひとり、

Jimmy Page(ジミー・ペイジ) 


“おじさん”は頑張っています! 


 おじさんの若かりし頃。。。

おじさんの若い頃 おじさんの若い頃2


 去年のLED ZEPPELIN 20年ぶりの再結成コンサートの記事


*今日ね、午後の仕事でT5に居たので、15:05着のBAの北京からの便に乗っていないかな、、、なんて期待して待ってたんだけどね、“おじさん”は出て来ませんでした。。。。

2008年03月25日 (火) | 編集 |
先だって、ワタクシ便名と時間を勘違いし、焦りながら空港に行った日に遭遇した、ワタクシの大好きな世界的ミュージシャンとは、、、、


あの、、、、興味の無い方はスルーして下さいまし。


ヒント その1)彼はヴォーカリストです。


ヒント その2)日本でも何度もコンサートをしています。
(グループで来たり、ソロで来たり、多分去年も日本でコンサートをしています)


ヒント その3)ブルースを歌ったら天下一品!シブイです!


ヒント その4)60年代後半~70年代がピーク、その後低迷しましたが近年に某グループとコラボしてまた注目されています。


ヒント その5)彼のファンは女性よりも男性の方が多いでしょう。。。
(元英国首相のトニーブレアーも彼の大ファンだったそうです)


ヒント その6)先だってのレッド・ゼッペリンの再結成コンサートにゲスト出演しました。


ヒント その7) フリー → バッド・カンパニー → ザ・ファーム →クイーン




399754845.jpg 2066602005.jpg 3519862798.jpg 259277526.jpg


ポール・ロジャース


はい、、ワタクシがグループを待っている間に出てこられまして、、、、

ワタクシの真横を通って、、、

息子さんがお向えに来ていたようで、、、


行ってしまいました。。。。


たまねこ 大好きなミュージシャンなのになぜ追いかけてサイン貰わなかったのかって??

実はもう持ってますのよ。。。

ワタクシの実名(ファーストネーム)が入っているので、ちょっと画像処理しましたが、いつだったか大阪でコンサートをした時に新大阪駅まで追っかけてって貰ったサインです。
(実家にも色紙があります!)

s-s-128_2820s.jpg



残念ながら、、、、、

ワタクシ以外は誰ぁれも 気付いていなかったようです。。。。


こんな人知らないわ!って人も、この曲はどっかで聴いた事あるんじゃない?

ロック史上の永遠の名曲です!!



2007年12月11日 (火) | 編集 |
本日はブログアップ2本立て!


たまねこ 絶好調 ってか、、、


今日はどの新聞もこればっかり。。。(チケットは1/25000だったのね)



ジミー・ペイジは老けたのか渋くなったのか。。。

Zep 1



ロバート・プラントは。。。

ワタクシの中では何時までも、“エロイカより愛をこめて”の伯爵なんだけどな。。。。

Zep 2


早速YOU-Tubeで見れるなんて素敵♪

名曲、“天国への階段”





2007年12月05日 (水) | 編集 |
本日のネタ、興味のない方はスミマセンが、スルーしてくださいまし。。
本人、自己満足で書いておりますので。。。。。



先だって、“ブサイクなオペラ歌手”のネタを書きまして、翌日に近くのショッピングセンターに行ったらですね、(ブサイクなオペラ歌手の記事は

なんと彼のCDは12.99ポンド (約5000円)もしてたのですよ!

なので、買うのを躊躇してしまったのですよ。。。

本日、仕事が終わって何気に空港にあるCDショップを覗いてたらですね、

おっ! 1ポンド(250円)安いやん!!

一瞬、 買おう! と思ったのです。。。。。。。。。

CD


が、、、、、、、、、、、、、、


ちょいと目を他に向けるとですね、、、、、


WOW!こっちはCD2枚組で9.99ポンド!!

CD2


ちゅーことでですね、、、、、、、

結局は“レッド・ツッペリン”のベスト盤をお買い上げ!!

結局は、元来の“ハードロック”好き という

原点に戻ってしまった ワ・タ・ク・シ!


もうスグ“レッド・ツェッペリン”の一夜限りの再結成コンサートがロンドンで行われますのね、元々は11月26日の予定が、ギタリストのジミー・ペイジの指の負傷で12月10日(来週の月曜日)に延期されたのね。

(しかしギタリストが指の負傷ってどうよ!)

ワタクシもコンサートに行きたくて、オンライン登録をしたのですが、チケットの競争率がかなり高かったみたいで、当たりませんでしたの。。。

ちなみにチケットは一枚160ポンド(約4万円)でした。。。。。ブハ!!


今年に亡くなったアトランティック・レコードの創始者のアーメッド・アーティガンへの追悼コンサートという事で、ツェッペリン以外にもポール・ロジャース、ビル・ワイマン(元ストーンズ)など、お涙もののメンバーのコンサートです。

トリビュートコンサートのホームページは


あら!ロバート・プラントもアルバムを出したのね。。。

しかし、、、、、

ロバート・プラントも歳取ったな。。。。(皆歳取ってるちゅーねん!)

CD3



ワタクシのブログのリンクのところにある

“風に吹かれて・・・英国ロンドン便り”

こちらに“大好きなアーメットに贈る”という詩があります。

(御本人の了解を頂いてリンクしてます)
2007年11月23日 (金) | 編集 |
ワタクシ、英国に住んでおりながらですね、本日の本日、ヤフー日本語版のニュースを読むまで、この方のことは存じませんでした。。。。(恥)

こちら英国に住んでいる方からだと“今頃になって何を?”と言われそうですが、、、

easy jet


太ってて、ブサイクで、歯並び悪くて、オーデションにはヨレヨレの安物のスーツで現れた彼は、3人の審査員からも最初から全く期待されてなくて、、、、
その彼がオーデションで歌い終わった瞬間に会場が総立ちのスタンディング・オベーション!!


鳥肌が立って、涙が自然と溢れました!


毎年この時期に“Xファクター”というオーデション番組があって、そちらは仕事で無い限り欠かさずに見ているのですが、夏にやっていたこの番組は知らなかったわ。


スゴイ!、スゴ過ぎ! CD買おうっと!


昔はハードロックに熱中していたワタクシが、最近こういうのがいいと思えるようになったのは歳をとったからだろうか。。。。(思いっきり独り言)


とにかく彼のサクセス・ストーリには泣かされます。。。。


詳しくはココをクリックしてくださいまし。
http://www.bmgjapan.com/_artist/info.php?id=2273