FC2ブログ
英国ロンドンで、日本からの観光客のお世話をする『現地係員』というお仕事をしている元海外添乗員。仕事・趣味や日常の事など言いたい放題、書き放題な自己満足ブログです。
2011年07月03日 (日) | 編集 |
一応書いておきましょう。フィレンツェ滞在記、

今回利用したのは、貧乏人専用(爆)のルートン空港から、
(なぜ貧乏人専用空港かと言いますとですね、ここの空港からはですね、ライアンエアーやイージージェットなどの格安航空会社しか飛んでいないからです。)

    Luton apt 2


で、、、、EASYJET  あはっ。。。


    sIMG_0114.jpg

EASYJETは荷物を預ける場合は別料金で有料(20KGまで)ですが、手荷物は規定範囲の大きさならたったひとつのみですが重量無制限でOKなんです。

ぶっちゃけ50KGとかでもOKですが、重量挙げの選手でも無い限りは座席上の棚にのせるのは無理でしょう。


       sIMG_0113.jpg

今回は4月の初旬に予約をしました。
LONDON(LUTON)⇔PISA 往復はひとり101.24ポンド(15,000円)
ワタクシは預け入れ荷物の追加料金を事前に払ったのでプラス20ポンド、合計121,24ポンド(18,000円)でございます。

   
    sIMG_0118.jpg

で、足元狭い。。。。。

リクラインングが出来ない。。。。   

    sIMG_0119.jpg

でもまあ、ホリデーの前祝いにスパークリングワイン(4ポンド=600円)でもいきましょ。


    sIMG_0121.jpg

たかだか2時間少々のフライト、

無事に飛んで、無事に目的地に着いてくれれば充分に満足です。


    sIMG_0123.jpg

で、PISA(ガリレオガリレイ空港)から列車でFIRENZE,SMN駅に着きまして、

相方の友人のロレンツォに迎えに来てもらったのでありました。。。。

再び、トスカーナの休日、始まりぃ~~~~。

2011年06月24日 (金) | 編集 |
 今回はまたフィレンツェに行ってきます。
     sIMG_4335.jpg

 6月とは思えないくらい寒いロンドンからしばし脱出、

 美味しいワインと食事、楽しみだぁー

イタリアで、ゾンビが人間に変わる!!あは!!
2009年10月26日 (月) | 編集 |
せっかくなので、フィレンツェの写真も自分のブログに載せておこう。。。。

今でこそデジカメで撮った写真を載せている添乗員さんブログが多いけど、ワタクシが現役だった頃は勿論デジカメなんて無かったし、稀にインスタントカメラを持ち歩いてた添乗員さんがいたぐらい。
尊敬していた大先輩から、当時、『添乗員の三大持って行ってはいけないもの』の中にカメラがあったのね。 次に水着、あとのひとつが何だったか思い出せない。
(この間添乗で来たHちゃん添乗員とそんな話をしていた)

なので添乗員時代に何度も行ったフィレンツェだけど、写真を撮ったのはこれが初めてなのです。

自分が写真を撮っていた時も日本人グループを連れて先頭で歩いている添乗員さんを何人か見ましたが、暑い中大変そうでした。。(←今では全くの他人事)あはは。。。


フィレンツェのシンボル、花の聖母教会、、、、、何度見ても美しいけど、、
やっぱり建物がデカくて写真には納まらん。。。。

    s-141_4131.jpg

    

シニョリーア広場にある屋外ギャラリーのロッジア・ディ・ランツィー

    s-142_4269.jpg

シニョリーア広場にあるベッキオ宮殿
    s-142_4268.jpg

宮殿前にある、フィレンツェの自由と独立のシンボル、ミケランジェロ作ダビデの像のレプリカ

    s-142_4272.jpg

そして、ポンテ・ベッキオ(ベッキオ橋)

    s-142_4279.jpg

ロンドンにはPISAの空港から帰ったんだけど、空港まで車で送ってくれた相方友人のロレンツォにおねだりをした。。

PIAZZALE MICHELANGELO(ミケランジェロ広場)に連れていってぇん 

ここはフィレンツェを流れているアルノ川の東南にある小高い丘でフレンツェの街を一望出来る場所で、ツアーでフィレンツェの街に入る前、もしくは街を去る前に必ず寄る写真スポットです。
夕方とかにフィレンツェの街に入る場合は、陽が落ちる前に行くのに必死でした。

で、ここにもミケランジェロ作ダビデの銅像(これもコピー)があります。
  
    s-143_4336.jpg

バスのドライバーからよく言われたっけ、、、、
ソロ・ディエチ・ミヌーティ!(10分だけだよー!)

お客様にも案内したっけ、、、、
バスは10分しか停めることが出来ませんから、写真を撮ったらスグにバスに戻ってくださいねー、じゃないと運転手さんが駐車違反でつかまりまーす!

今回はロレンツォが、、、、
ソロ・チンクエ・ミヌーティー!(5分だけだよ!) (爆)

    s-143_4334.jpg

自分は添乗員として新婚さんやご夫婦、友人同士、お客様のカメラのシャッターを何度押してあげただろうか、、、、

    s-143_4330.jpg

色んなことを思い出しながら、フィレンツェの街を後にして、ロンドンに戻ったのでした。。。(完)

2009年10月25日 (日) | 編集 |
トスカーナの休日=その11= ふつーに美味しい、いたりあー編


あれっ? まだ続いているの?トスカーナの休日????

まあせっかくだから、撮った写真を自分のブログに記念に載せておこうと思ってね、、、、

結構ロンドンのボローマーケットの記事を書いていましたが、イタリアではローカルなマーケットでも充分にロンドンのボローマーケットと勝負できますよ。。。。

下の食卓はワタクシ達が滞在していたロレンツォ家所有のアパートのキッチン、
ロンドンに帰る日のブランチです。

食材は近くのローカルマーケット(徒歩3分)で調達してきましたの。。。

パルマの生ハム、ブレザオラ、モルタデッラ、水牛のモッツァレッラ、トマト、パン、、
これだけでも充分にシ・ア・ワ・セーな食卓です。 

写真の上の方は、何でもかんでもパンに挟んでサンドイッチにして食ってる相方(笑)

  

そして、生いんげん豆とペコリーノチーズです。

  s-143_4319.jpg

イタリアでは春に出回るいんげん豆を生でペコリーノチーズと一緒に食べるんだそうでして、ワタクシ雑誌で読んだり、イタリア在住の方のブログで知っていたのですが、実際に食べたのは初めてです。
生インゲン豆の青々しい味とペコリーノチーズの塩味に赤ワインが良く合います。

  s-143_4328.jpg

熟した真っ赤なトマトもすごく美味しかったです。

決して豪華では無いけれど、い・た・り・あー  を感じる食卓でしたわ 

2009年10月07日 (水) | 編集 |
トスカーナの休日=その10= ボローニャの街素敵だよー編

さてさて、今回はNaocciさんに会う為にやって来ましたボローニャですが、とっても素敵な街なんですよ♪実はワタクシ16年以上前に個人で来たことがあるのですが、記憶が古すぎて殆ど覚えておりませんが、、、。

そんな素敵なボローニャの街を、Naocciさんとお喋りしながらぶーらぶら 


街の中心、マッジョーレ広場にあるネプチューン(海の神様)の噴水は街のシンボルなんだそうです  ボローニャは海には面していないんですが、逆に海に憧れたのかな?

              s-142_4286.jpg

           そして噴水はどこから出てるかと申しますと、、、、、、

   海の精のおっぱいからでーす。。。うふ。。海の精は半分人間で半分鳥なんだとか。。。

       s-142_4284.jpg


   14世紀に建築が開始されたサン・ペトロニオ大聖堂は今も未完成なんだそうです。

           s-142_4287.jpg

          
          ボローニャの斜塔と呼ばれているトッリ・ペンデンティー
      低い方の塔はよーく見れば傾いているのですが、写真じゃ分からないな。

              s-142_4298.jpg

イタリアはどこの街も食べ物が美味しい、実はボローニャは美食の街なんでして、こんなお惣菜屋さんがいっぱい 
余談ですが、パスタのミートソースはボロネーゼソース、ボローニャ風という意味でここ、ボローニャが本場です。ワタクシ食べたよ♪、写真撮り忘れたけど、ほんと美味しかったー

       s-133Salami-Anyone.jpg

        生パスタに生ハム、グリルしたお魚や肉類、どれも美味しそう 

      s-142_4289.jpg s-142_4291.jpg

      s-142_4293.jpg s-142_4294.jpg

          なんだか、卑猥な形をしたこの物体、、、、実はパンです。

           s-142_4295.jpg


北イタリアの町にはポルティコと呼ばれるアーケードがたくさんあって、建築的にも素晴らしいし、何よりも暑い夏は日差しを避けることができます。

s-133Bologna-Portico.jpg  61239212_DSCN5266_k.jpg images1_20091008064328.jpg


せっかくなので、ボローニャの街を紹介してみました。

イタリア周遊ツアーでは殆ど高速道路で素通りしてしまう街ですが、素敵ですよ♪

 
2009年10月02日 (金) | 編集 |
トスカーナの休日 =その9= Naocciさんに会いに行くでー。。。。編

フィレンツェに滞在中だった第4日目の月曜日、

ワタクシと相方が行って参りましたのは 
        


はい、ボローニャでございます。

今回フィレンツェに行った際に会いたいと思っていたブログ仲間の、Naocciさん、

そもそもNaocciさんとはブログの上では3年以上のお付き合いになりまして、、、と言いますのも、元々はワタクシが、自分のイタリア料理のレシピに限界を感じてイタリア料理ブログを検索していたところ、Naocciさんのブログ Mangiaaa ITALIA!(←ジャンプします) をめっけ 

読んでいたらNaocciさんのご主人のTinoさんもサレルノ出身ではあーりませんか。。。

そして2年前の9月の終わりから10月にかけて、ワタクシと相方がシチリア経由サレルノにホリデーに行っていた時、実はNaocciさんはNarちゃんのご出産の為にサレルノに居たんですよね!

丁度我が家のコンピューターのトラブルで、Naocciさんのブログを見てなかったので、同時期にサレルノに居たなんて露とも知らなかったんです。

オマケに相方の実家とNaocciさんが居たところってそんなに遠くなかったんですね。(徒歩圏内)
今から思い出せば、サレルノの街でNaocciさんとは何度もニアミスしてたかも、、、
(Naocciさんのサレルノ日記参照)

そんな思いもあって、フィレンツェに行ったら、ボローニャにも行ってNaocciさんに会えるかなぁーっと思い、連絡を開始しましたが、、、(フィレンツェ⇔ボローニャは列車で1時間)

まずはNaoccIさんのブログ経由でメールが届かなかった、、、、とか、

メールで連絡が取れて、携帯電話の番号を教えてもらったので試しにロンドンからかけてみたけど、番号が下3桁も抜けていて連絡が取れなかった、、、、とか、、、、 

いざフィレンツェからボローニャに行くハズだった土曜日には、ボローニャ駅の閉鎖でボローニャに行く列車が動いていなかった、、、、とか、、、、  

いろいろありましたね。。。。

そしてやっとこさこの日、お昼にボローニャで会うべくフィレンツェの駅に行ったら、ワタクシ達が予約していた列車が1時間以上遅れていたんですよね。


どこまでも、どこまでも、延々に I~TA~LI~A~~~

2009年09月27日 (日) | 編集 |
トスカーナの休日 =その8= トスカーナのピザ編

湖水浴からフィレンツェに戻ってですね、、、、お腹がすいた。。。。

ロレンツォが、PIZZERIA(ピザ屋)に行こう!!!って事でですね、ピザ屋にいきました。

メニューとにらめっこしながら、何かトスカーナっぽいピザ、、、、

良く、『ピッツア・フィオレンティーナ』って、ピザの真ん中に卵やほうれん草がのっかってるのがありますが、、、、(何で“フィオレンティーナ”が卵とほうれん草なんですか?)

ワタクシが頼んだのは、、、、、

生ハムのピッツア???

s-142_4265.jpg

いいえ、、、
プロシュート(生ハム)とフンギ・ポルチーニ(ポルチーニ茸)のピッツァでございますの。。。。

ところどころにポツン、ポツンっと何かキノコのような物が見えるざんしょ?

ポルチーニのオイル漬けざんすの。。。。。

お味は?・?・???

美味しゅうございましたわよ。。。。

でもね、、、、やっぱりね、、、、、

ピザはナポリが美味しいざんす!!!

お好み焼きなら大阪や広島で食べるのが美味しいように、、、、、

ピザも『イタリアで食べるから美味しい』のではなく、、、、

やっぱり『本場のナポリ』が美味しいざんす。。。。。

2009年09月26日 (土) | 編集 |
トスカーナの休日 =その7= ロレンツォがドライブに連れてってくれたでー編

いつまで引っ張ってんねん、このトスカーナの休日ネタ。。。。。
もう4ヶ月も前の話やし、夏も終わったちゅーねん、ぶははは。。

ワタクシ達がフィレンツェに行った5月の終わり、イタリアに熱波第一弾なるものがやってきてまして、気温は連日35℃を越えて38℃ぐらいまで上がったっけ。。。
暑かったのなんのって、、、

暑いから1日に2回も3回もシャワーを浴びる、、、
   
シャワーを浴びたあとは、洗濯した新しいパンツを履きたい、、、
   
二人とも、着替えのパンツは日数分しか持って行かんかったのでパンツが足りなくなる、、、
   
何回もパンツを洗濯したわ、、ほんま。。。。


のんびりまったり過ごした日曜日の朝、ワタクシ達は近所の自販機コーナーで買ったパスタのランチも終えて、、、、
ロレンツォが部屋に来て、、、、、

湖水浴に行こう!

海水浴ではなくて、湖水浴?

でもね、、、ロレンツォ、

あんた毎日起床は午後2時でしょ、

今もう午後3時なんですけど。。。。。

左がロレンツォ、長い髪をゴムで束ねている、
彼は車の中では絶対に音楽とかラジオをかけないそうである、
(自分がクラブDJなので、車の中でまで音楽を聴きたくないそうである)



フィレンツェから車を走らせ、、、トスカーナの山間を抜けて、、、走ること約1時間。。。

ここは人造湖なんだそうです。。。。

ヨーロッパの夏は日が長いので、着いた時点で夕方4時ですがまだまだ大丈夫?

s-142_4245.jpg s-142_4247.jpg

泳ぐと言うよりも、皆様熱心に日光浴、、、、

で、ロレンツォは何処に行っても、必ず
チャーーーオ!ロレンツォー!!と声がかかる、本当に顔の広い奴である。。。

日焼けしているイタリアオトコもオンナも本当に格好良く見えるわ 

太陽の無いロンドンに住んでいる相方、でも根はイタリア人(地中海系)なので、太陽に当たれば日焼けも早い、、、早速おデコと高い鼻は真っ赤っか。。。。

ワタクシ、、、、シミが気になりますので 、お帽子被って  デッキチェアーに座って、、、

ただひたすら、ボォォォォぉぉぉーーーーーーと過ごす。。。

s-142_4254.jpg

ワンチャン、、、泳いでる。。。。。犬かきで泳ぐワンチャンってすごい!!

s-142_4252.jpg

スカートが濡れないように、おパンツの中にスカートの裾を入れて、、、

s-142_4256.jpg

そろそろ日も暮れ始めたので、フィレンツェに戻るとしますか。。。。。

2009年09月18日 (金) | 編集 |
=トスカーナの休日 その6= 日曜日のお昼ごはんに苦労したでー♪編

日曜日の朝、近所のBARでカプチーノとコルネット(クロワッサン)で朝ごはん、
のんびり、まったり過ごしていたけどお腹が空いてきた、

生きてるだけでお腹が空く、 ほんま、、、

滞在していたアパートにキッチンがついていたので、何か作ろうと思ったけど近所のお店はずぇーーんぶお休みだよー、 

朝開いてたBARも教会のミサが終わったら閉まっちゃったよー、

レストランやトラットリアも閉まってるよー、

お腹がすいたよー

ロレンツォはまだ寝てるよー

フィレンツェの中心まで出て行く気力が無いよー、



相方が、近所に自販機コーナーがあった  と言って、二人で行ったら、、、、

じゃん、ありました。。。。 ドリンク、スナックの自販機、、、、

そして、、、、

パスタの自販機  イエーイ!!

パスタは全部で6種類ぐらいありまして、、値段はだいたい2ユーロちょっとだったかな。

コインを入れる(おつりは出ないので、ちょっきしの金額を入れる)

希望のパスタの番号を押す、




どうか自販機が壊れていませんように。。。。。

祈りながら待つこと3分間、、、、じっと我慢の子であった。。。。。


ドサッっと音がして、、、、

こんなん出てきましたー 

s-142_4242.jpg

お皿にとれば、立派なお食事に変身 

前日にキャンティーのワイナリーで買ったワインもあけて、、

ボナペティート!

ズッキーニのペンネです 

s-142_4244.jpg

コインの持ち合わせが無かったのでひとつしか買えませんでしたが、、、ぐすん、、

イタリアのパスタ自販機、レベル高いです。

この後、ロレンツォがドライブに連れてってくれました。
2009年09月16日 (水) | 編集 |
=トスカーナの休日 その5=  風景の写真載せてたらキリがないよー♪編


トスカーナの山の景色やワイナリーのあるお城の庭、周辺の景色、

写真を撮ってたらキリがありましぇーん、、、

何処をどう撮っても絵になる景色です。 
s-142_4208.jpg

ワタクシが住んでおりますイングランドには、実は『山』が無いのですよね、
なので山がある景色って変化に富んでいていいなあ、、、って思います。


s-142_4216.jpg

建物の向こうはオリーブ畑です。
ぶどう畑はお城の途中にいっぱいあったのですが、写真が取れませんでした。

s-142_4224.jpg

イタリアの田舎にはゼラニウムの赤い花がとても良く似合います。

s-142_4212.jpg

ゼラニウムは太陽に強く、少しぐらい水遣りを忘れても平気だし、何よりも虫もつかない丈夫な花です。

実際に帰りの飛行機の中でゼラニウムの鉢を買って、手荷物にしていたイギリス人のおばさんがいたよー、検疫にひっかかるやん!
こういう景色を見ていたら、買いたくなる気持ちはよぉーく理解できますが。。。。

s-142_4215.jpg

ワインとパニーノでピクニックもいいな。。。。。

s-142_4225.jpg

茶色の壁に緑のぶどうの葉、赤いゼラニウム、、、、
最高のコントラストです。。。

s-142_4229.jpg

今年は自分家のお庭に何も植えることが出来なかったので、来年は是非赤いゼラニウムをトスカーナ風に植えようと思います、、、、、が、、、、、、、

イギリスに絶対に欠けているもの、、、、、、光り輝く  だよね、

サンサンと輝く  があってこそ、赤いゼラニウムも映えるんだと思う。