英国ロンドンで、日本からの観光客のお世話をする『現地係員』というお仕事をしている元海外添乗員。仕事・趣味や日常の事など言いたい放題、書き放題な自己満足ブログです。
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2011年10月27日 (木) | 編集 |
あれは確か3年前だったかな、、、、

ワタクシ、夕方からのお仕事だったので家に居てPCカタカタやっていたら、携帯電話が鳴りました。。。

着信番号は全く心当たりの無い番号だったので、 無視しようかとも思ったのですが、

恐る恐る、、はろ~ と電話をとったら、、、、

何と、、、、


グラスゴー空港の入国審査官からの電話だった! 

(グラスゴーはスコットランドの都市)


『ここにアナタの連絡先を持った男性が居るのですが、なぜ彼がアナタの連絡先を持っているのか、心当たりがありますか?』

『、、、、、』

(へっ?心あたりが全く無かった)

(しばら~く考えて、、、)

『私、ツアーオペレーターの現地係員の仕事をしてますので、その男性は添乗員か誰かですか?』

『いえ、違います。』

『私の連絡先を持っているという、その男性の名前を教えて頂けますか?』

『それは教えられません、なぜこの男性がアナタの住所と電話番号を持っているのか
心あたりは無いのですか?』



(う~~ん、、、どう考えても心当たりが無いので、、、)


『すみませんが、心当たりが全くありませんし、その男性がなぜ私の連絡先を持っているのかも分かりませんし、逆に気持ちわるいですね』


(と、グラスゴー空港の入国審査官とやり取りしているうちに、、、、、)


    思い出したぁ~~!   


『彼の名前は○○○○○○○、○○○○航空で到着しましたよね、、、
身長は○○○○ぐらいで、、体格は○○○○で、、、』



(と彼の特徴を伝える)


『彼は私の友人の弟です。

そう言えば、スコットランドに旅行に来ると聞いてたのをすっかり忘れていました。

彼が私の連絡先を持っているのは、私がこちらに住んでいるので何か困ったときの為です』



『アナタはなぜこの国に住んでいるのですか?』


(かくかく、しかじか、、、説明をするが、心の中では何で私の事まで聞くねん?と叫ぶ)


『彼は全く英語が話せないし、こんなので旅行して大丈夫とは思えない』


『彼は旅行に来ただけです。彼の身元は私が保証しますので、どうか入国させてあげてください』


(とはお願いしても、友人の弟が入国できるのか否かは係官の判断です)

で、何かあったらまた連絡を下さいと係官に告げて電話を切った。。。


夜、本人から連絡があり、


無事に入国出来ました!!有り難うございました!


どないしたん?

何で入国審査でひっかかったん???


聞けば、、、、、


彼はパスポートを(何故か)上着のポケットに入れていたらしい。。。


機内食で余ったバターを(何故か)同じく上着のポケットに入れたらしい。。。


当然、熱でバターが溶け、、


パスポートがバターまみれになってしまい、、、


読み取り不可能やったらしい。。。。


で、別室に連れて行かれたのでパニくって、頭が真っ白になったらしい。。。


何をやらかしてくれんねん、、、ほんまに、、、


ちーん!!!

コメント
この記事へのコメント
たまねこさん
イギリスは管理体制がしっかりしているようですね
すごいです
2011/10/29(Sat) 08:19 | URL  | ryuji_s1 #.FTrCIao[ 編集]
毎度です~!
まあ、なんともドジな話でございますね!
どんなヤツやろ、顔が見て見たい!
何やら見たような顔だったりして…(汗)
2011/10/30(Sun) 05:40 | URL  | みいちゃん #-[ 編集]
ばんわ~^^
いやぁ、無事、入国できて良かったではないですか。
そういえば、私の知人で、毎回、別室送りになると言う人がいるのですが、
何でも、人相が東南アジア系でヤバイ人リストの人に似てるからだとか。
結局、入国はできるのですが、良い迷惑やっちゅうてましたわ。
2011/10/30(Sun) 12:18 | URL  | マンプリ #JalddpaA[ 編集]
入国審査で質問
たまねこさん、今日は!
わざわざ持っている連絡先へ電話するんですね!ビックリ。
入国審査で日本人は質問などされません、、、ほぼ。。。
私は「何日いるねん?」「誰と着てるねん?」ってグアムで
質問されてビックリしたくらい質問されたこと無いです。
が、、、ロンドンでは滞在先の友人の職業まで聞かれて
驚いてましたが、、、
そんなの序の口の序の口やったんですねv-12
そーいやぁ
審査場の隅にベンチがあって、
数人がソコに行けと待たされてましたぁ。
そんなのも始めて見た。
恐ろしい~~。
2011/10/30(Sun) 14:06 | URL  | sachi #-[ 編集]
思い出してよかったね。
ああ。。
バターをポケットに忍ばせてしまったのね。その気持ちよくわかるわ。
機内食のパンとか水とか、あと、XX航空のトリコロールのかわいいナイフ、フォーク&スプーンとか忍ばせたくちです。

でも、思い出してよかったですね。たまねこさんが知らないと言ったままだったら、即行帰されてたかもしれませんね。
2011/10/31(Mon) 18:30 | URL  | CHEEKYマミー #-[ 編集]
コメント有り難うございます
*ryuji_s1 さん
これを体制管理というのでしょうか?
時々いやみな係員もいます。

*みいちゃんさん
一瞬誰か分かれへんかった。(笑)
ほんと、ありえないドジな話でございますね。
やっとブログネタにできました。(爆)

*マンプリさん
良い迷惑やって、毎回別室送りになるなんて何ともお気の毒な友人ですね。
でもご本人もきっと『またかっ、ちっ!』なんて落ち着いてらっしゃるのでしょうね、
顔で判断ですか?名前が違うやろうに。。。

*sachiさん
ロンドンで観光で入国の場合はほぼ必ずいくつか質問されるようですね。(かつても自分はそうでした)
永住権を持ってる今は入国に際して問題は無いのですが、時々嫌みな審査官が居て、どうやって永住権を取ったんだとか、旦那とはまだ一緒なのかとか聞かれることがあります。
(白人女性の審査官に多い)
ほっといてくれや!と叫びたくなります。(爆)

*CHEEKYマミーさん
思い出す前に、電話に出てよかった。
仕事中とか、地下鉄の中とかで電話に出れないこともあるからね。
確かに機内食の余った水やジュースとか、パンとか持って帰ることありますが、
でもバターは。。。(汗)
まあ本人は一人旅なので、何かの時にと思ったらしいのですが、
気持ちは分からなくないですがね。
2011/11/01(Tue) 12:17 | URL  | たまねこ #-[ 編集]
ぎゃはは!!!
本人はきっとドキドキものでしたでょう。
たまに別室に連れていかれる人がいますが、
ツアーメンバーだといつまでも待てないので困ります。

入国できなかった場合、帰国の飛行機は手配してくれるのしら?
強制送還という形で ・・・ ヘ(゚◇み)ノ~
2011/11/05(Sat) 13:50 | URL  | 添てん #27Yb112I[ 編集]
添てんちゃんへ
> たまに別室に連れていかれる人がいますが、
> ツアーメンバーだといつまでも待てないので困ります。

えぇ~、添てんちゃんのツアーメンバーでも過去に居たのですかぁ~?

> 入国できなかった場合、帰国の飛行機は手配してくれるのしら?
> 強制送還という形で ・・・ ヘ(゚◇み)ノ~

入国出来なかった場合は、その人が元々乗って来た航空界社が責任を持って送り返すことになっているはずです。

2011/11/07(Mon) 12:42 | URL  | たまねこ #-[ 編集]
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。