英国ロンドンで、日本からの観光客のお世話をする『現地係員』というお仕事をしている元海外添乗員。仕事・趣味や日常の事など言いたい放題、書き放題な自己満足ブログです。
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2007年09月07日 (金) | 編集 |
“ディナー・トランスファー”というお仕事、

そのままの通り、“ホテル~レストラン~ホテル”のお仕事でして、
最近はこの種のお仕事は殆どありませんの。


私達アシスタントが“ディナー・トランスファー”の仕事をする時は

① 個人旅行のお客様で夕食付の場合、

② 添乗員のついていないグループ、

③ 添乗員はいるけど社員さん添乗員の場合、(プロ添でない)


そして、私達アシスタントはお客様たちと一緒に食べるのかどうかは、お仕事を貰っている会社によって違うとは思いますが、

ワタクシがメインでお仕事を頂いている会社の基準は、

まず、通常はお仕事料+夕食手当てが貰えまして、

お客様の夕食にも“特上・上・並”とカテゴリーがございまして、

お客様の夕食の単価(会社がレストランと契約している単価)が

私達の夕食手当てよりも安い場合は、私達もお客さんたちと一緒に食べます

が、、、、

高い場合は、(当然)一緒に食べませんって、すごく単純な基準!!

つーことで、

本日は③の社員さん添乗員+ご視察の皆様と一緒に食べました、


ロンドンでは“定番”の 中華料理

Chainese


普通だと添乗員とガイド(アシスタント)はお客様とは離れて別テーブルで食事することが多いのだけれど、本日は私を含めて8名一緒のテーブルで頂きました。

が、、、、

自分がガツガツ食べれないし、気を遣うわ。 ガツガツ食うな!

それに中華のレストランなんてグループと一緒の場合は、添乗員やアシスタントやガイドの分は無料なのよね。。。。

会社は私の夕食手当てを節約出来た訳よね。。。。





コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。