英国ロンドンで、日本からの観光客のお世話をする『現地係員』というお仕事をしている元海外添乗員。仕事・趣味や日常の事など言いたい放題、書き放題な自己満足ブログです。
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2011年08月09日 (火) | 編集 |
どうやら日本でも報道され始めたようですね、

先ほどたまねこ母からも電話がありましたが、たまねこは大丈夫です。


事の発端は先週の日曜日の夜、ロンドン北部のトットナムという所(サッカーのトットナム ホットスパーのあるエリア)でミニキャブ(タクシー)に乗ってた黒人男性が警察に射殺された(今の所なぜ射殺されたのかの詳細は不明)に抗議をする暴動が起こりました。

その後関係の無い、他のロンドンでも比較的黒人さんの多いエリアで抗議のための放火や略奪が起こり始め、それがバーミンガムやマンチェスター や他の都市でも起こっているようです。


この抗議に便乗し、ひとつ暴れてやろうな発想の若者がフェイスブックなどで仲間を集めて、夏休みでする事もないし、ウサばらしに暴れてやれ、、みたいなノリで暴れているものと思われますが、それがどんどんエスカレートしている状態ですし、オマケにそれに便乗してプロの強盗集団も高級店を狙ったりしているとのウワサもありです。


お馬鹿な若者達(こういう若者達は、往々にして教育レベルが低い反社会的行動を取るような者)のお馬鹿な行動で、何の関係も無い住民が暴動に巻き込まれて家を焼失したり、店が襲われて品物を略奪されたり、本当に狂気沙汰としか思えません。


私が住んでいる所はロンドンから北西の郊外で、カウンシルハウス(低所得者用公営住宅)も無い、比較的インド系の人たちの多い住宅エリアなので暴動とは無関係ですが、何故かロンドンから西の日本人が比較的多い閑静な住宅街のイーリングというエリアもヤラれているようです。

早く収まってくれないと私たちの仕事にも影響がでてきそうです。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。