英国ロンドンで、日本からの観光客のお世話をする『現地係員』というお仕事をしている元海外添乗員。仕事・趣味や日常の事など言いたい放題、書き放題な自己満足ブログです。
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2011年04月28日 (木) | 編集 |
今日、南に住んでる友人宅から北の我が家に帰る道中にですね、久々にブロガー根性を出してですね、

わざわざ遠回りして   明日ロイヤルウエディングが行われるウエストミンスター地区周辺をバスで通って来ました。 


パーラメント・スクエアー(国会議事堂前広場)周辺

    s-168_3154.jpg

すでに、明日のパレードを見るためにテントを張って徹夜する人達。。。。

    s-168_3156.jpg

ウエールズから来て、同じく徹夜する人達。。。

    s-168_3164.jpg

リージェントストリート。。。。

    s-168_3177.jpg

ロイヤル・ウエディングの記念品 

s-168_3185.jpg s-168_3189.jpg


今年は世紀のロイヤル・ウエディングと言われた、チャールズ皇太子と故ダイアナ妃とのご成婚30周年の記念の年、そしてウイリアム王子がケイトさんに送った婚約指輪は元々はダイアナ妃がチャールス皇太子から送られた婚約指輪、
それだけ、ウイリアム王子がお母さんであるダイアナ妃への思い入れが強いのでしょうね。

何代も続く由緒ある貴族の家柄に生まれた血統書つきダイアナ妃に対し、所謂日本で言うところの民間出身のケイトさん、父親は中流階級出身の元英国航空パイロット、母親は労働者階級出身らしいけど同じく英国航空の元客室乗務員。

20歳でチャールス皇太子と結婚した夢見るお姫様だったダイアナさんに対して、ケイトさんは地に足のついた29歳で、ウイリアム王子との交際期間が長かったのは、ケイトさんに王室の大変さを知ってもらう為だったとか、

で、イギリスで、若い女性に対してアンケートを取った結果、半数以上の人は別にケイトさんを羨ましいとは思わないとの事、理由は普通の生活が出来なくなるから、、、だそう。。。
んんん、、何だか分かるよね。。。

今回は日本の皇太子様と雅子様には、日本国民として是非ともご出席いただきたかったです。



で、さっき、たまねこお母んから電話があった。。。

明日、ロイヤル・ウエデイングやなあ。。。盛り上がってるかぁーーー。。。
あはは、、超大阪庶民なたまねこ家。。。



あすから日本がゴールデン・ウイークに入りますので、ワタクシ、、、お仕事でございます。。。

日本の皆様の方が、日本でたまねこよりも早く、ロイヤルウエディングをTVでご覧になってることでしょう。。。

とほほほ、、、

お仕事が終わったら、再放送か何かで見ますわ。。。。
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。