英国ロンドンで、日本からの観光客のお世話をする『現地係員』というお仕事をしている元海外添乗員。仕事・趣味や日常の事など言いたい放題、書き放題な自己満足ブログです。
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2011年03月25日 (金) | 編集 |
日本での地震による原発事故以来、欧州系航空会社が乗務員の成田ステイを避けるべく経由便、または成田線を関空や名古屋着にしてますが、VS(ヴァージンアトランティック)は 

    s-167_3053.jpg

成田からの直行だと到着予定時間は15:30なのですが、名古屋経由なのでその分余計な時間がかかっているので到着が遅れています。

ヴァージンアトランティック航空のホームページ によりますと、

英国政府からの勧告により東京便は成田空港を出発し、途中名古屋中部国際空港にて、乗務員の交替を行います。

『英国政府からの勧告』とは、早い話が、

福島の原発での事故により、東京、及び東京北部に現在滞在してる英国人はそのエリアから立ち去れということなのです。

そういえば、先だってはBA(英国航空)は香港経由と書きましたが、

英国航空のホームページ によりますと、ソウル経由に変えたようです。
それも5月1日出発分までのようです。
羽田発着だった便は今では成田発着、何の為の羽田便だったの???

経由便にするということは経由地の着陸料がかかりますよね、また成田線を関空や名古屋発着にした航空会社のお客様の名古屋や関空への交通費も航空会社が負担しているとか、、、
それだけ余計な経費もかかっているわけですよね、何だかねえ、、、

また地理的に影響の無い関西方面への海外からのツアーキャンセルが相次いでいて、観光業界に打撃を与えているようですが、こちら海外の報道ですと、あたかも日本全体が放射能で汚染されているような扱いです。

日本の地理が分からない外国人から見れば、『日本全体=放射能で危ない』となってしまうのです。
なので、日本でも原発の影響の無いエリアでの観光業の皆様の嘆きがとても理解出来ます。

これって例えが悪いかも知れませんが、過去にイギリスで狂牛病騒ぎや口蹄疫、テロ未遂、新型インフルエンザ等があった時にイギリス=危ない国と思われて、ツアーキャンセルが続出しました。

報道って危ない部分ばかりをあえて強調し、繰り返し映像を流すので人々に与える心理的影響力ってすごいですよね、

そんな中、日本航空はホームページの中で、
日本への渡航について(ICAO・IATA・WHOからの案内) という情報を出しておりまして、
これによりますと、

NO RESTRICTIONS ON TRAVEL TO JAPAN 日本への渡航 「制限はない」

また、このブログを書いている現在、成田と羽田の放射線量も人体に影響がないとの事なのですが、それにもかかわらず『日本=危ない』と思われているのが腹立たしいです。


* 今回の記事は自分の仕事の関連性から、あくまで成田・羽田でのことを書いています。
ブログをアップした時点で情報が変わっていることがございますので、最新の情報はリンクしております航空会社のホームページにてご確認くださいませ。
コメント
この記事へのコメント
へぇ~っ、バージンが名古屋へ!きっと空港へ現れる航空マニアも多いことでしょう。こんな機会も二度とないでしょうからね。ニベアのところの日本からの便は経由便による影響で、チョコレートケーキで有名なとある空港に午前3時着、ソーセージで有名なとある空港に午前4時着など、お客さんくたくたでしょうね。そこから観光がスタート?!・・・。チョコレートケーキの方なんて、機体をターミナルビルにつけずに、一人ひとり放射能をチェック後バスでターミナルビルへ、とのことです。まるでばい菌ですね・・・。でも、実はこの国、ラジウム温泉でかなり有名なんですよね・・・。自分のところのこと、完全に忘れてしまってますね。終わってる・・・。
2011/04/04(Mon) 20:37 | URL  | ニベア #-[ 編集]
ニベアさんへ
コメントへのお返事が非常に遅くなりましてすみません。
VSやBAは今は経由ではなくなって直行に戻りましたが、BA
の羽田線は運休、VSも計画運休ですよ。
VSが名古屋に着陸した際には飛行機オタクが来てたかもしれませんね。
でもこの原発問題、ほんとうにどうなるのでしょう、日本よりもこちらの報道(日本が報道していた以上に深刻な状態であった)がやっぱり当たっていましたね。
2011/04/13(Wed) 20:58 | URL  | たまねこ #-[ 編集]
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。