英国ロンドンで、日本からの観光客のお世話をする『現地係員』というお仕事をしている元海外添乗員。仕事・趣味や日常の事など言いたい放題、書き放題な自己満足ブログです。
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2011年03月13日 (日) | 編集 |
東北の地震、日に日に被害が広がっていき、心が痛んでおります。

こちらイギリスでも連日、ニュースのトップは日本の東北地方の地震のことです。


そして、新聞によりますと、エリザベス女王が日本の天皇陛下宛に震災お見舞いのメッセージを送ったそうですし、TVのニュースでは先のニュージーランドはクライストチャーチでの震災から戻ってきたばかりのイギリスの緊急援助隊が、日本に派遣されたようです。

ワタクシ、普段は殆ど自分で新聞を買う事が無いのですが、(新聞はホテルのロビーに置いてあるのを頂く)今日は空港の売店で新聞を買おうとしたら、ある新聞の表紙が目に飛び込んできました。

s-167_3049.jpg

THE INDIPENDENT(インデペンデント)という新聞です。

イギリスでは右派のTIMES、TELEGRAF,左派のGARDIANがありますが、
INDEPENDENTは右派にも左派にも属さない中道の新聞です。


    がんばれ、日本。がんばれ、東北。


嬉しいじゃありませんか、この日本語のトップの見出し。

これって、日本だと朝日、毎日、読売、産経などの新聞でして、その新聞の一誌がある大地震が起こった国の言葉で『がんばれ!』って見出しに書いてくれているのです。
わざわざ日本語での『がんばれエール』は日本の被災地の復興を本当に祈ってくれているってことですよね。

そして今、海外にいる我々には何ができるのかと考えると、どこかの機関を通して微力ながら募金をさせて頂く事しかいと思っております。

海外に出る前の新人添乗員時代に何度か行かせていただいた東北地方、日本三景のひとつの松島、東北四大祭りのひとつ仙台の七夕、本当に素朴で暖かい人々な東北、

がんばれ日本、がんばれ東北。。。。


*結婚して仙台に住んでいて、私のブログを読んでくれている元添仲間のNちゃんご無事でしょうか?
今は大変でインターネットどころではないと思うけど、いつでもいいのでこのグログを目にすることがあれば、消息を知らせてください。心配で心配でなりません。


*追記*
たった今イギリス時間14日12時30分(日本時間21時30分)Nちゃんと連絡が取れました。
今日のお昼にやっと電気が来て、電話も通じるようになったんだとか。でも水道はまだだそうです。
で今日初めてテレビで津波の映像を見て言葉が出ないほどショックだったとか、


改めまして犠牲になられた方のご冥福をお祈りいたします。

コメント
この記事へのコメント
私も同じく感動
10日出発のフランスツアーがもうすぐ終わります。
海外在住の方々と同じく、CNNやBBCの情報源がほとんどで、まだ日本が本当にどんなに困っているかってのが分からないままツアーをすすめてます。

実は仙台から来ている方がけっこういるのですが、自宅は無事?らしく、本人達から何も言い出さない限り大丈夫なのだと信じて普通に過ごしてます。

添乗員仲間で、同じく添乗中に地震があって、その後先に日本に帰った人たちからメールが来て「海外で入る情報と、日本で知る情報の温度差がすごい」と言われました。

やはり国内ではもっともっと悲惨な状況を24時間伝えているようです。。

フランスで出会うスタッフ誰もが「大丈夫?」と声をかけてくれてありがたいです。
2011/03/15(Tue) 10:05 | URL  | MIN #-[ 編集]
MINさんへ
MINさんのお気持ち、すごーく分かります。
添乗員時代の思い出というカテにも書いているのですが、私も阪神淡路大震災の時、地震がおこる前日にツアーに出ました。
今のようなインターネットが無かった頃ですから、情報源は現地の新聞とニュース、でも言葉が分からないみたいな。
私も複雑な思いでツアーを終えて、広島に帰れない学生さん達を我が家で過ごしてもらいました。

仙台の友人は震災から4日後にやっと電気が来て、それで初めてテレビで現状を知ったと言ってました。
2011/03/15(Tue) 12:29 | URL  | たまねこ #-[ 編集]
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。