英国ロンドンで、日本からの観光客のお世話をする『現地係員』というお仕事をしている元海外添乗員。仕事・趣味や日常の事など言いたい放題、書き放題な自己満足ブログです。
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2007年08月21日 (火) | 編集 |
さてと、ボーンマスの続きです。

Bournemouth(ボーンマス)、Plymouth(プリマス)、Portsmouth(ポーツマス)、
イギリスの街の名前に(マス)=mouthとついていれば河口に開けた街の事。

ボーンマスも仕事で過去4回来てるけど、いずれもロンドンにトンボ帰りで街をゆっくり見る時間なんて今迄無かったので、今回は有り難いわ。
それに寒い冬とかだったら海を見たいとか街をブラブラなんて思わないだろう。
そう言えば過去の仕事は全て冬だったような。。。。

(本当は夜仕事だったんだけど、他の人に替えてもらったの。。。)


海から街中に続く公園でオープンエアーコンサート

Bournemouth town 1


ジョージ王朝風のアーケードを通り抜けると、

Bournemouth town 2


アコーデオン弾きのおじさんが、 エーデルワイス、エーデルワイス~

Bournemouth town 3


ここの“スクエアー”が街の中心(タウンセンター)らしいです。
(そろそろお天気が怪しくなってきました。)

Bournemouth town 4


スクエアーの中央に 素敵なモザイク発見!
一体どれ程の市民がこの素敵なモザイクに気付いてるのだろうか。。。

Bournemouth town 5

Bournemouth town 6


ボーンマスの街は以外と大きい。
ショッピング・ゾーンはこのスクエアー周辺に集中しているけど、
やっぱり何処の街に行ってもあるのはお決まりの店ばかりでつまらない。
お店の中に入りたいとも思わない。

Bournemouth town 7


そしてイギリスは大都市でない限り鉄道の駅は街のハズレにあるので、
タクシーで駅に行き、そしてロンドンまで戻りました。



コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。