英国ロンドンで、日本からの観光客のお世話をする『現地係員』というお仕事をしている元海外添乗員。仕事・趣味や日常の事など言いたい放題、書き放題な自己満足ブログです。
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2009年09月14日 (月) | 編集 |
ちょっと忙しくしておりまして、更新サボッております  です。すんまへん。

たまねこはハズバンドを食わせるべく必死で働いております
昨日だって朝5時起きで、お仕事終わって家に帰ったんは夜中12時過ぎですわ!
ぶははは!!はぁ。。。(溜息)

相方よ、疲れて帰ってくるワイフの為に晩御飯をつくってよね。
但し、お金が無いので贅沢はダメよ! (エンゲル係数どんどん低くなる・・・・・・ )


ちゅーことで、、、、相方のお料理レシピを公開


カルボナーラ相方風

用意するものは(二人分)
スパゲッティー、オリーブオイル少々、卵1こ(全卵)、ベーコン、黒胡椒、・・・そんだけ!!

まずは卵を割って、塩を少々入れて溶いておきます。

カルボナーラは普通は卵黄だけを使うようですが、我が家では全卵使うし、生クリームは入れません。あれば入れてもいいと思いますが、わざわざ買ってまで入れる必要は無いと思います。

s-148_4828.jpg

フライパンにオリーブオイルを少々入れてベーコンを炒めます。

イギリスだとスーパーに『パンツェタ』(イタリアのベーコン)が売っているのでそれを使いますが普通のベーコンを切ってもいいです、ベーコンだったら何でもいいと思います。

s-148_4827.jpg

スパゲッティーが茹で上がる直前にフライパンに卵を入れて、少し混ぜます。
(この時に卵全体に火を通す必要はありません)
 
s-148_4831.jpg

茹で上がったスパゲッティーを入れて混ぜます。でスグに火を止めます。
あとはスパゲッティーの余熱で卵に熱が通ります。

s-148_4833.jpg

最後に黒胡椒を振って、  ボナペティート 

s-139_3967.jpg

実は出来上がりの写真は以前に撮ったものなので、作り方の写真のベーコンと違いますが日本のベーコンで作るとこんな感じに出来上がると思います。


実はワタクシ、クリームたっぷりのカルボナーラは苦手なのですよ、

相方のレシピの方が素朴な味で好きです。

お試しあれ 
コメント
この記事へのコメント
はろ
おっお~!!!
これなら私でも、作れそうだ☆

写真付きとゆうことは、ご主人が作っている間
見ていたとゆうことね(笑)
2009/09/14(Mon) 23:13 | URL  | 添てん #TY.N/4k.[ 編集]
私もローマで教えてもらったのがこの作り方です。
だから日本のカルボナーラはとろとろしすぎて
嫌いです。
2009/09/15(Tue) 10:44 | URL  | nezumi #-[ 編集]
うちの南伊人は卵液にどさっと粉チーズいれまーす。 

私が日本の実家で作ったら「炒り卵パスタね。」と言われました(笑) 日本ではなぜに生クリームを入れるようになったんでしょうね? 何かしら手を加えないと落ち着かないのでしょうか(笑)

2009/09/15(Tue) 13:06 | URL  | Naocci #bWAGFr1o[ 編集]
コメント有り難うございます
v-134 添てんちゃんへ
>おっお~!!!
>これなら私でも、作れそうだ☆

簡単に作れるよ♪(多分、、、、)

>写真付きとゆうことは、ご主人が作っている間
>見ていたとゆうことね(笑)

ブログに載せる写真を撮りたかってん。

v-134 nezumiさんへ
コメント、ありがとうね♪
ローマで食事の時に、添ちゃん別メニューで、ドライバーが、『ここのカルボナーラは美味しいんだぜ!』って言われて食べたことあるのね、(どこだったか全く覚えてませんが)
美味しいかったの覚えてるけど、何かしつこかったのも覚えてます。。。
クリーム入れないほうが美味しいよね。

v-134 Naocciさんへ
うちもパルミジャーノがあるときは入れています。。。。が、、、
イギリスじゃパルミジャーノが高いのよ!
『炒り卵パスタ』・・・言われてみればまさにその通りですな、
ははは。。。。。
2009/09/15(Tue) 22:16 | URL  | たまねこ #-[ 編集]
イタリアでは圧倒的にこのレシピが多いですよね。
もちろん我が家もこれです。こっちの方がおいしいもんね。
何で日本のは生クリーム入れるんだろ・・・・・?
2009/09/17(Thu) 05:30 | URL  | vivnyanco #0YmmGfOY[ 編集]
vivnyancoさんへ
あっ、そうなんだー、
イタリアでは圧倒的にこのレシピですか、、じゃあカルボナーラ“相方風”ではなくて、“元祖イタリア風”なのですね。
2009/09/18(Fri) 11:54 | URL  | たまねこ #-[ 編集]
生クリーム入りの由来♪
初めまして。
2014年のお正月に初渡英します。
英国(ロンドン)情報を入手すべく彷徨っておりましたところ、
こちらに辿り着きました。

ところで、「なぜ日本ではカルボナーラに生クリームを入れるか」ですが、
イタリアからアメリカにこのメニューが伝わった際、アメリカ人が勝手に
生クリームを投入、それがそのまま日本に伝わって広まったということですよ。
ですから、東京にあるイタリア本国直伝のお店ではカルボナーラに生クリーム
は入っていないそうです。

イギリスについて、いずれいろいろお聞きしようかと思っておりましたが、
先にスパゲティネタでご挨拶してしまいました。

お正月から一週間、四十路女三人で寒い中参ります。
現地係員さんがたまねこさんだったら良いな~と願っております。

その時はどうぞよろしくおねがいします。
2013/10/06(Sun) 13:08 | URL  | Chiyo #-[ 編集]
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。