英国ロンドンで、日本からの観光客のお世話をする『現地係員』というお仕事をしている元海外添乗員。仕事・趣味や日常の事など言いたい放題、書き放題な自己満足ブログです。
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2009年09月09日 (水) | 編集 |
=トスカーナの休日 その3= 念願だったキャンティーのワイナリーに来たよーー♪編


ここの門よりお城の中に入ります。

s-141_4180.jpg

冬は寒いので、夏場だけ人が住んでいるそうなのですね。
いくつか部屋を見学しましてですね

s-141_4145.jpg s-141_4146.jpg

いよいよ地下にワイン貯蔵所へGo!半袖だけだと寒いくらいです。

あっ、相方、、別にこっち向かんでよかったのに。。。。。

アンタを撮りたかったんじゃなくて、、

わたしゃ地下の入り口を撮りたかってん。。。。

s-141_4149.jpg

貯蔵されている樽がいくつもありますが、ここでキャンティーワインについてのうんちくを話すのはやめます。
興味のある方、キャンティーワインって何やという方はを見てください。

s-141_4154.jpg s-141_4157.jpg

s-141_4170.jpg s-141_4173.jpg

これスゴい!!車輪とワインのオブジェ。

s-141_4171.jpg


ホコリがすごい年月を語っているようです。

s-141_4164.jpg s-141_4175.jpg

昔オリーブオイルを貯蔵していた場所も見学、、、 

s-141_4168.jpg s-141_4166.jpg

地下の貯蔵庫の一角にあったお部屋の壁の、フレスコ画のような絵に描かれている、左のチロリアンハットをかぶったお髭の人物は、、、、

s-141_4162.jpg

実物がこの人、
ドイツ人で17歳の頃からこのお城にお遣えしているんだそうです。。

s-141_4178.jpg

さて次はいよいよお楽しみのワインテイスティングです。
コメント
この記事へのコメント
お久し振りです。はなの母です。先日英国大使館にトイレ休憩に寄ったら、Cさんがいました。(働いていました)話そうと思ったら、どんどんお客さんが来てしまい、無理でしたが、元気そうでしたよ。
そうそう トルコレストランなんですが、先日スープだけと、以前のレストランに行ったら、オーナーのお父さんがいました!!!!!!!!!それが今週の火曜日でして、二日前に復帰したと言っていました。今後また、お酒が持ち込めるのかとか、サービスなどの問題はありますが、彼があそこにいただけで、私は嬉しかったです。また何か新しい情報があったら、連絡しますね。
2009/09/11(Fri) 21:24 | URL  | はなさと #-[ 編集]
はなさとさんへ
お久しぶりです。コメントを有り難うございます。
>英国大使館で働いているCさん・・・・・誰やろか真剣に考えました。
きっと大英博物館で働いているCさんのことですよね。。。。。

ところで例のレストランですが、トルコ父さん復帰なのですか?じゃあトルコ母さんもいるのかな?
近くにも美味しそうな店がありそうですが、やっぱり私達にとってはアノ店が何よりも一番ですよね、ラクマジュンとケバブの両方を同じ店で食べられるのですから。。。
少しぐらい値上がりしてもいいので以前のサービスに戻ってほしいですよね、
また情報をお待ちしております。

2009/09/14(Mon) 13:53 | URL  | たまねこ #-[ 編集]
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。