英国ロンドンで、日本からの観光客のお世話をする『現地係員』というお仕事をしている元海外添乗員。仕事・趣味や日常の事など言いたい放題、書き放題な自己満足ブログです。
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2009年07月21日 (火) | 編集 |
今日・明日・あさってと3連休♪っと嬉しい反面、仕事が無いと不安なたまねこです。はぁ。。。

最近英国周遊の添乗で良く来るMさん添乗員がランチでも・・・と誘ってくださったのですが、
ワタクシ、どうしても家に居て体を休めたかったので、、、、ごめんなさい。。。
(おとといもまるまる1日、コッツウォルドに出かけてました)
Mさん添乗員、わざわざ電話までくれて有り難うデス。


なので前回Mさん添乗員のご希望で行ったパブランチをご紹介・・・・
(これって一ヶ月以上前だったよね、、、、あはは、、、)


日本のランチタイムに『○○食堂の○○定食』というのがあれば、

こちらイギリス  でのランチタイムは『パブ・ランチ』、いわば『パブ飯』でありまして、
ランチ時ならたいていどこのパブでも典型的なイギリスの食事が食べれます。

フィッシュ&チップスとか、パイ&マッシュとか、ジャケットポテトとかいろいろ・・・・

ただ最近は『レンジでチン』みたいな料理を出すところが多い中で、


自分とこのキッチンでちゃんと作ってます! というパブをめっけ


The Blue Posts; 28 Rupert Street W1D 6DJ (チャイナタウンの近く)


生きた化石のような、パンク頭の兄ちゃん(中国人?)がサービスしてくれます。
s-143_4382.jpg

Mさん添乗員が頼んだ『コールドミートとポテトのサラダ』
s-143_4378.jpg

仕事仲間のSさんが頼んだ『白身魚のソテー、トマトソースがけ』
s-143_4380.jpg

ワタクシが頼んだ、ビーフ&マッシュルームパイとマッシュポテト
s-143_4375.jpg


どの料理も おーまいがぁぁあーー!なボリュームでして、 一般的な日本人女性だとまず食べきれないです。ちゅーか、食い意地が張ってるワタクシですら完食不可でしたので、次からはタッパー持参で行こう!

ワタクシ達が食べたのは、だいたい6ポンド前後(1000円)で、ジャケットポテトだと4ポンドぐらい、
ロンドン中心部ではスゴいお値打ちな値段です♪
ビールを飲めば+3ポンドぐらいかなあ。。。。
(たまねこは、この後はお仕事があったのでビールは飲まずに水だけで我慢)

見た目はイギリス料理らしく?繊細さに欠けますが、お味はばっちし

店の外のメニューには『本日のおすすめ』もありまして、典型的なパブ料理を提供してくれるこのお店、何度でも行きたい♪って思うパブで超おススメです。
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。