英国ロンドンで、日本からの観光客のお世話をする『現地係員』というお仕事をしている元海外添乗員。仕事・趣味や日常の事など言いたい放題、書き放題な自己満足ブログです。
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2009年07月16日 (木) | 編集 |
最近のたまねこは、
仕事をしてるか  、寝てるか 、あとは食べてるか、、、

忙しくしている間にも色んな出来事があってですね、、、

ある朝のDEP(出発)のお仕事で、、、


朝7時にホテルを出発しまして、

空港に着きまして、

運転手がスーツケースをおろし終わって、

添乗員さんが、、、、、



私のスーツケースがない!! 



えぇぇぇーーーーーーーーーーーー 


我々現地係員のお仕事に、スーツケースの数の確認作業があります、
つーか、添乗員もするんだけどね、

朝、添乗員さんに会った時にスーツケースの個数は32個と聞いたので、ワタクシ32個確認した。

添乗員も32個確認した。(スーツケースの数合っていた) 

ドライバーも確認した。

ここで落とし穴  

その1)お客さんの誰かが荷物を増やしたけど、添乗員に言わなかったのか

その2)本当は機内持ち込み手荷物のバッグなんだけど、自分で下ろすのが面倒なのでスーツケースと一緒に部屋の外に出したのか(結果的には増やした)

その3)添乗員さんはスーツケースの数だけを確認した。
(まさか、自分のスーツケースが降りていないなんて全く気付かず)



我々現地係員にとってのボスは添乗員さんでありまして、全て添乗員さんの指示でワタクシ達は動きます。
なので添乗員さんから

“スーツケースをバスに積んでください”

と言われたらバスに積み込みを始めますし、

“お客様に確認してから乗ってもらいますので、積まずに並べておいてください”

と言われれば、その指示に従います。

(そう言えば、以前にこんなこと(←ジャンプします)がありました)


添乗員さんのスーツケースは一体どうなっていたのか。。。。


まずはホテルに電話し、添乗員の部屋番号を言って、スーツケースがあるかどうか確認してもらいます。

あった!! 
(添乗員の部屋が離れていた為に下ろし忘れたのだろうか、でもポーターはスーツケースを集めに行った時は添乗員の部屋の外にスーツケースは無かったと言う)

タクシーで空港まで運んでもらうようにお願いします。
(当然ワタクシの名前と携帯番号を運転手にも伝えてもらう)

その間にお客様のチェックインを済ませて事情をお話し、各自で搭乗ゲートに行ってもらうように説明をしました。

そしてスーツケースが着くまで添乗員さんとお喋り・・・

添乗員さん曰く、今回のツアーはお客様に振り回されたツアーだったそうな。。。。。
オマケに事故渋滞に巻き込まれて、ウインザー城に観光に間に合わなかったり・・・・とかね、
添乗員さん、昨晩は日本との連絡事項が一杯あって、殆ど寝てないそうな。。。。
待つこと35分。。。。。。。

タクシーの運転手からあと5分で着くからと 、ターミナルの確認。

添乗員さんのスーツケースが着きました

 が、、、、

タクシー料金は 添乗員さんの自腹  (60ポンド=約1万円)
(ホテルからは出発前にちゃんと確認しなかったワタクシ達が悪いと言う・・・仕方が無いか)


チェックイン締め切り前に添乗員さんも無事にチェックインをしました。

添乗員さんが、

本当に自分のせいで色々とご迷惑をおかけしました。。。

って、ワタクシに規定額以上のチップをくれようとしたのですが、、、

たまねこ、お断りいたしました。。。

だって、自分も添乗員時代に些細なミスで自腹をきったこと何度かあったのね、、、

この添乗員さんの気持ちがよーーーーく分かるの。。。。


不幸中の幸いは、

お客様のスーツケースでなくてヨカッタ!!!

コメント
この記事へのコメント
きゃー何か他人事じゃなくて痛いです(-_-;)
この1月に私もスーツケースが行方不明になりまして、その時はロビーには私の荷物あったんですけどね(苦)
バスに積む段階で違うバスに乗せられちゃったんですわ。
コースが似ていたので翌日の観光地で受け取れたんで実害は無かったんですけど。
その時も本当に思いました。
お客さんのじゃなくて良かった!!!
お客さんに頭下げて神経すり減らして、はらはらする位だったら、多少の実害はあっても自分のスーツケースの方がいいですよね・・・・・・
お疲れ様でした。
2009/07/16(Thu) 17:37 | URL  | vivnyanco #0YmmGfOY[ 編集]
これ心臓に悪い~。たまちゃんのとこや添てんのとこは、お仕事の話になるとはらはらどきどきの連続でしょ。怖い怖い。でも間に合ってよかった。お客さんのじゃなくてよかった。たまちゃんと添てんのおかげで、なんかあたしもかなり添乗員や現地係員の気分味わってます。
2009/07/17(Fri) 06:59 | URL  | Kmala KMAR #BbMqszN.[ 編集]
はろ
帰国後いろいろAGTに報告義務がありそうだけど、
LGGに関しては、お客さまのでなくて良かった。
でなきゃ、文句が山済みになるところだったね~
んで、スーツケースが無事届いて良かった。

自腹1万円はキツイよね~
寝不足で、数だけ確認しちゃったんでしょうね。
私なんて、まずは自分のLGGがあるかどうか確認するもん(笑)

あ~。。。 でもさ、その添乗員さんにおもいっきり同情しちゃう
トラブルが発生すると日本との連絡とか、レポートとかetc
寝られないのよね~ (涙)
たまねこさんのナイスフォローで助かったね!!!
お疲れさんでした
2009/07/17(Fri) 08:29 | URL  | 添てん #-[ 編集]
コメント有り難うございます
v-134 vivnyancoさんへ
添乗員にとって決して他人事では無いですよね、ほんと。
vivnyancoさんのスーツケース、
>バスに積む段階で違うバスに乗せられちゃったんですわ。
荷物を余分に積んじゃった添乗員もさぞやビックリしたでしょうね。。

v-134 Kmala KMAR さんへ
ほんま、心臓に悪いです。
久々にええぇぇーー!!ってな出来事でした。
Kmala さんとこが 旅物語≒食べ物語なら、こっちはトラベル≒トラブルですわ!!

v-134 添てんさんへ
私も添乗員さんに思いっきり同情してん。
なんで規定のチップも貰わないで、清算書には計上してTAXI代の足しにしてね、、、って言うてん。
自腹一万円って一日分の日当が殆ど消えてしまうやん?
なんでこの添乗員さんに、次回に会ったら“ビールをご馳走してな”って言いました。(爆)




2009/07/18(Sat) 17:22 | URL  | たまねこ #-[ 編集]
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。