英国ロンドンで、日本からの観光客のお世話をする『現地係員』というお仕事をしている元海外添乗員。仕事・趣味や日常の事など言いたい放題、書き放題な自己満足ブログです。
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2007年07月11日 (水) | 編集 |
いきなりですが、 これはどこの国旗か分かりますか?

(ちょっと、国旗の画像デカすぎ。。。)

Flag


この国出身の世界的に有名なスターは、


キャサリン・ゼタ=ジョーンズ

cathrine トム・ジョーンズ tom




ウエールズに行ってまいりました。



今回は有り難いことに、仕事で行かせて頂きましたの。


スウォンジー大学(University of Swansea,Wales)の学生寮まで
学生さんをお連れするお仕事でした。


ロンドン・パディントン駅から特急に乗って約4時間、(日曜日だったので、)


イングランドとウエールズの国境に流れるセヴァーン川にはこのような
大きな橋があります。(まるで日本の瀬戸大橋のよう)


Severn bridge


実際に普段は特急列車は川の下をトンネルでくぐるのですが、
日曜日の特別ダイヤで列車は遠回りをしたので、橋を見ることが出来ました。
(注:橋の画像は私が写したものではありません)


ウエールズの首都のカーディフも超えて、さらに1時間、


着いたのは スウォンジー。

英語とウエールズ語の二ケ国語で駅名が書かれています。

Station1 Station2



タクシーで学生さんと一緒に学生寮へ行き、無事にお送りも終わったので、
私はゲスト・ハウスに宿泊しました。


私が自分で予約をしたゲスト・ハウス Ael-y-Bryn House

Guest house


ゲストハウスのラウンジと私の泊まった部屋

Lounge Room with the view



部屋からスウォンジー湾が見えて、最高でした。

View from the room1 View from the room2



夕暮れ、 右に小さく見える島の灯台の明かりが廻っているのもも見えました。

Sunset


翌日に頂いた、ウエリッシュ・ブレックファースト。

ここはウエールズなので、間違ってもイングリッシュ・ブレックファースト
と言ってはいけません!

Walsh Breakfast





ウエールズのネタもあと2回書く予定です、お楽しみに!




じゃ無かったりして。。。。。。。。。。。。。。。。
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。