英国ロンドンで、日本からの観光客のお世話をする『現地係員』というお仕事をしている元海外添乗員。仕事・趣味や日常の事など言いたい放題、書き放題な自己満足ブログです。
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2009年01月25日 (日) | 編集 |
さて、添乗員さんの居ないGRPですので、ワタクシ達現地係員はAGTさんからの命令で、
部屋の鍵をお配りした後も、ホテルのロビーで1時間待機をすることになっています。

質問に答えたり、部屋のトラブルがあった時の為です。。。。。

ホテルや、ホテルのロケーションが違っても、お客様の質問は大体決まっていまして、、


まずは コンビニの場所!

1にコンビニ、2にコンビニ・・・・・・ネコも杓子も皆 コンビニ・・・・・(笑)

あとは、○○○○へ行きたいんですけど、ホテルからどう行ったらいいですかぁーとか、
ご自分で調べてきてるお客様は、行き方の確認とか。。。


少し郊外の新しいホテルだと比較的部屋のトラブルは少ないのですが、ここのところのロンドンがとても寒いので、お客様も部屋が寒いとおっしゃいます。


イギリスだと、平均設定温度は20℃ぐらいです。


(我が家はエアコンは無いけど、15℃ぐらいかな?省エネ、省エネ・・・・です!)


ヨーロッパの場合、古い建物だと暖房は集中管理(セントラル・ヒーティング)なのですが、最近の新しいホテルだと、各部屋に独立したエアコンがついていまして、スイッチを入れて温度設定をするだけなのですが、、、、、

お客様から、、、、

温風が来ているのかどうか分からない・・・・・・とロビーに降りてこられまして、

一緒にお部屋に行って確認します。

ここのスイッチを入れて、で、温度を上げていってくださいね。

お客様は、 ボタンで、22℃、23℃、24℃、25℃・・・・と温度をあげていきます。。。


28℃が最高なんですね。。。


そのようですね。。。取り合えず、温風は出てますよ。


別のお客様、、、、、同じくエアコンのことで質問がありましたので、お部屋に伺います。

同様に説明し、 ボタンで、22℃、23℃、24℃、25℃・・・・と温度をあげていきます。。。


28℃までしか上がらないんですね。。。



一体全体、何度まで上げたいのですか?


部屋が暖かくなったら温度を下げようというのは分かりますが、28℃までだと不十分なんでしょうか?


コメント
この記事へのコメント
はろ
私も某AGTの添乗をするとお客さまがスーパー、スーパーと連呼します(笑)
確かにスーパーは安くて楽しいけどねぇ・・・
日程によっては行けない場合もあるのよねv-15

温度は高く設定すると、それだけ早く暖まると思い込んでいます
2009/01/26(Mon) 15:26 | URL  | 添てん #-[ 編集]
添さんさんへ
日本人はコンビニ無しでは生きてはいけない人種になってしまいました。(爆)
あと若い人だと“自販機”とかね。。。(海外では自販機は殆ど無いものね)

> 温度は高く設定すると、それだけ早く暖まると思い込んでいます
ところで、日本のエアコンの暖房は一体最高何度まであがるのでしょうか。。。

2009/01/27(Tue) 17:54 | URL  | たまねこ #-[ 編集]
はろ
確認しました
我が家のエアコンは31度まで設定できます
ハイパワー機能が付いているので、設定温度を高くすると
最初は勢い良く温風が吹き出すのです
2009/01/28(Wed) 05:34 | URL  | 添てん #-[ 編集]
コンビにもスーパーも自販機もそうですけど、確かにエアコンもそうです。
ちなみに私も今確認しましたが、うちのヒーターは30度まで設定できました。
設定温度を高くすると強い熱風が出ます。
でもねー。ジャパニーズクオリティを何故に世界に求めるんでしょうかね?
エアコンの微調整にこだわるお客さん、多いですよね・・・・・
2009/01/28(Wed) 08:41 | URL  | vivnyanco #0YmmGfOY[ 編集]
添てんさん、及びvivnyancoさんへ
両、現役添乗員のお二方、実験(?!)有り難うございます。
日本のエアコンは30℃~31℃の設定で温風が強くなるのですね。
とっても参考になりました。
来週からまた寒くなりそうなイギリス、
(天気予報によると最高気温で1℃ v-40) 、
お客様に“イギリスのエアコンは・・・・・”と説明できます。
感謝です♪
2009/01/29(Thu) 21:40 | URL  | たまねこ #-[ 編集]
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。