英国ロンドンで、日本からの観光客のお世話をする『現地係員』というお仕事をしている元海外添乗員。仕事・趣味や日常の事など言いたい放題、書き放題な自己満足ブログです。
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2008年12月07日 (日) | 編集 |
さて、、、続きですが、その前に、、、、


このおばさんはやはり精神的に少し変なようで、

このおばさんが住んでいる近くに、以前に英国人のアンディーと言う名の男性が住んでいて、おばさんはアンディーに本(源氏物語)を貸したけど、本を返さずに帰国してしまった為、おばさんはアンディーに本を返してもらいに来た・・・などとちょっと訳の分からないことを言ってたそうです。
当然、アンディーという名前以外はイギリスのどの町に住んでるとか何も分かりません。



そして続きです。。。

タクシーに乗るのを止めたワタクシに対してカバンでビシバシ攻撃をするおばさん、、、

これも暴力のひとつなので、ワタクシ空港職員から この人は親戚か?と聞かれて、違う と答えた時点で、このおばさんはワタクシに暴力行為をはたらいていると見なされたようです。

まず男性警官2人がやってきました。。。。
(この二人の警官は サポート・オフィサー と言って、警官の一種で逮捕とかの権限を持たない)

どうしたのですか?

私はローカル・レップ(現地係員)で、この人はお客さんです。
本日これから日本に帰る予定なのですが、彼女は帰国拒否をしているのです。。。


最終的に残りのお客様を手荷物検査場へ案内した添乗員と、仕事仲間が駆けつけて、
仲間が今朝からの出来事を警官に報告・・・・

そしてさらに警察官3人  (ポリス・オフィサー、うち1人女性)もやって来まして、、、、
おばさん、おとなしくパスポートを警察官に見せて事情聴取が始まりました。

が、、、、、

ワタクシや仲間が間に通訳に入っても、おばさんはまともに答えてくれません。

そして言うこと支離滅裂 


その間にもワタクシや添乗員は日本のAGTやオフィスに 

なんとか無理やり飛行機に乗せてほしいという日本のAGTさん、
それも添乗員の横に座らせて、添乗員が面倒を見るようにと・・・・・

無理だと判断しているワタクシ達。。。。
第一に添乗員が可哀想です。

そうこうしている間にチェックイン締め切りまで残り30分です。。。。。

おばさんにはどうも家族がいない様子です。(孤独な1人暮らし老人?)
と言ってもおばさんは何も語ってくれないのですが、
おばさんのパスポートの裏に記載されている緊急連絡先に書かれていたのは、ご主人でも子供でも無かったのです。
一応、親族の電話番号があったので、ここに日本のAGTや、また添乗員が電話をするも、ご親族はおばさんとは疎遠で何も知らないというし、おばさんもこの親族との会話を拒否!

今度は何とか警察官から日本に帰国するように説得してもらおうと、、、

このビザではこの国に残る事は出来ませんから、日本に帰らなくてはいけませんよ。

と、やさしく言ってもらっても、おばさん何だか興奮状態になってしまい、、、、
とうとう女性警察官に歯向かって、女性警察官をたたこうとした。。。

この時点で全てが   このおばさんは逮捕されることになりました。

警察官に暴力を振ろうとしたのですから、この国では逮捕は当然です。

そして、、、

このおばさんが連れて行かれたのは警察の留置場ではなく、病院の精神科病棟です。

特別病棟で一般の人は入ることが出来ないので、おばさんには誰もついて行っていません。
ついていけないと警察官から言われました。
なので、おばさんがおとなしく救急車に乗せられて行くのを皆で見送るしか無かったのです。

おばさんとの戦いは終わりました。(正直ホっとしたワタクシ達)

そして警察官の話では、病院から大使館経由で日本に送還されることになるそうなのですが、どれくらいの期間がかかるのかは分からないとの事でした。

一応おばさんは保険に入っていたので、今は保険会社も間に入っています。
病院側の話では最低でもこちらで4週間、下手すれば6ヶ月もの間、精神病棟にいる事になるらしいです。
なので添乗員さんは日本からの指示で残っていたのですが、もう帰国されました。

ちらっと聞いた話ですが、ご親族の誰もがこのおばさんとは疎遠で、英国におばさんを引き取りにやってくるのを拒否しているそうです。

何だか今の日本の現状を表しているような、何ともいえないお話です。



コメント
この記事へのコメント
昔、昔、ここまでひどくないけど、似たようなケースがあったわ、

友達と二人参加で、帰る日に変になっちゃってさ~、、、

その2,3日前から行動不振で、自殺未遂まで行かんけど、
いつ自殺かなんかやらかすかも、、、状態で、、、

空港でチェックインのときにパニック状態起こして、、、
男性職員2人で抱えて飛行機乗せて、、、
飛行機会社は”拒否しよう”とドクター呼んで、、、
でも体悪ないし、ドクターストップかからんで、、、
ただ、条件で、私と、友達の二人で、サンドイッチの席で帰るように、
他の人に迷惑かからんように、、、

二人で手握り締めて、、、
すごかったな~あの握力、、、

日本で迎えに来てた家族、
友達や私に礼もいわずに、汚いもん隠すように連れ去ったっけ、、、

連れ帰れたから良かったけどね。

あの後、すっごく、後味悪かったわ!!!

う~ん、、、過去、過去、!!!
2008/12/07(Sun) 14:47 | URL  | ピグリット #-[ 編集]
すご~い。おばさんの願いがかなったじゃな~い。「保険で過ごす、ロンドン精神病棟滞在4週間」って感じ!(笑) これ、確信犯だったらすごいよね。ホテル代払いたくないから、奇怪な行動を演じて精神病院送り、保険払い、みたいな…
2008/12/08(Mon) 00:50 | URL  | Kmala KMAR #BbMqszN.[ 編集]
お疲れ様
あらぁ~、ホンマに笑い事ちがうかってんね。
お疲れ様でした。

いろんな人がいてるlなぁ。。。
2008/12/08(Mon) 03:53 | URL  | けいまる #-[ 編集]
うへー。たまねこさんも添乗員さんも、他の皆様もご苦労様でした。
添乗員さん、隣に座って帰らされなくて良かった。本当に良かった・・・・
まともなお客さんとだって12時間隣同士に座るのはイヤなのに、こんな状態は絶対にイヤ。
ヘタすると飛行機の運行も阻害しかねないですよね?
エージェントも無責任だなー・・・・・というか、まぁ仕方ないんだけど・・・

それにしてもこういう人、いるんですね。
最近厄介払いするように、老人を旅行に送り出す家族も居ますが、日本はどうなっているんでしょう?
わたしもおじいちゃんが食中毒になって、家族に電話したら(長野でしたが)、引取りを拒否された事がありました。
あの時はショックだったけど、日本がそういう社会になりつつあるのでしょうか?
2008/12/08(Mon) 07:27 | URL  | vivnyanco #0YmmGfOY[ 編集]
最悪なパターンじゃないですか??引き取りにくるにも、それが海外なら問題はさらに大きくなるでしょうに・・・。それに、おばさんも言葉が分からない中、また、食事も合わないでしょうし、そんな中、半年もいられないでしょうね・・・。すんごくすんごくみんなが大迷惑・・・。でも、なぜおばさんの周りの人たちが日本で何とかできないのか。まだ、国内なら何とかなったものを、外国でとなったら、もはや誰も手を出せないじゃないですか・・・。それにしても、エージェント。ほんまツアーは紙の上のもの。添乗員さんたちを何だと思っているのでしょうね~。隣に座って帰らせることができるのなら、初めからこんな大げさになっとらんわい!ドラマならこうゆう展開では最後はおばさんの周りの人が、「おばさん、私たちが悪かった、これからは仲良くやろうね」ってなるんですけど、実際の家族親戚たちはいかに!今までの問題がイギリスで爆発した、って感じですね・・・。
2008/12/08(Mon) 16:10 | URL  | ミグロ #-[ 編集]
うわぁー、大変でしたね。。
おつかれさまでした。
ケガはなかったでしょうか?

おばさんは希望通り帰国しなくてよくなったようですが、、、

しかし、普通に「離団します」って最初から言ってれば問題にならなかったんですかね?!
2008/12/09(Tue) 05:36 | URL  | agua #-[ 編集]
わわわーせつなーい。。。のは後日談だからですね。ご苦労さまでした^^;
しかしこーゆーこともあるのですね。精神的問題は外からは分かりにくいから難しいですね。
それにしても空港を舞台にドラマ(一話完結型でワンクール)ができそう! 
2008/12/09(Tue) 13:40 | URL  | naocci #bWAGFr1o[ 編集]
コメント有り難うございます
v-134 ビグリットさん
その人は友人と参加でまだよかったね。1人参加だったらビグリットさんがもっと大変だったよね。

v-134 Kmala KMAR さん
そうなんですよね、おばさんの願いが叶ったのですよ。
わざとかどうかは分からないけど仲間がおばさんに、“逮捕しますよ、分かってますか?”って言った時、おばさんは、“ぞうど、逮捕してちょーだい”って言いましたからね。

v-134 けいまるさん
自分は添乗員を離れたので、やっぱり半分他人事ですが、ほんと、こんな事困ります。この国クレージが多いから、まだこのおばさんなんておとなしいほうだと思うわ。

v-134 vivnyancoさん
現役添乗員さんにとっては、他人事じゃないですよね。
でもこのオバサンはボケてるのではなく、単に変だったのですよね。
実印とか印鑑証明がバッグに入っていたり・・・・・

v-134 ミグロさん
このおばさんは残りたかったのですよ。
上のコメントにもあるように、おばさんにとってはホテルを探す手間が省けてそれこそ「保険で過ごす、ロンドン精神病棟滞在4週間」です。
言葉が通じなくても、食事が合わなくても、おばさんが望んだことなのです。
>隣に座って帰らせることができるのなら、初めからこんな大げさになっとらんわい!
ほんとその通りです!

v-134 aguaさん
ケガは無かったのですが、水をかけられました。(爆)
このおばさんの場合は離団届けにサインをして済む問題ではないですよね。
だって帰りの有効な航空券も何も無いのですから離団させたらAGTの責任になってしまいますよね、きっと。。。

v-134 naocci さん
ほんと、せつないですよ。
おばさんと戦っていた時は正直、このクソババアなんて思いましたけど、今となってはどうしてるんだろう・・・ってちょっと心配になったりしますからね。
空港を舞台に・・・・ほんといろんなドラマがあります。




2008/12/10(Wed) 11:59 | URL  | たまねこ #-[ 編集]
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。