英国ロンドンで、日本からの観光客のお世話をする『現地係員』というお仕事をしている元海外添乗員。仕事・趣味や日常の事など言いたい放題、書き放題な自己満足ブログです。
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2008年12月05日 (金) | 編集 |
何がこれ程にもワタクシを疲れさせているのだろうか。。。。 

はあ・・・・・・

オマケに寒いと  (連日気温はひと桁です) 体が思うように動いてくれないです。。。

先だって、久しぶりのお仕事で 『前代未聞な出来事』  がありました。
ワタクシは空港でグループが来るのを待っていました。

今日の仕事はエアポート・ミートのお仕事だし、スグに終わるな・・・・なんて思っていたのですよ。


空港に向かう道中にオフィスから 、GRPがまだホテルを出発出来ないので、空港到着が遅れますとの事。。。。。
きっとバスが遅れて来たのね・・・んもぅ・・と思っていたら、実はですね、、、、、


あるツアーのお客様、70歳台前半の女性のお一人参加、、、、、、

この時期によくある都市周遊型ツアーの最後のロンドンで、

ワタシは日本には帰りませんから残ります!

ご本人様が 帰国拒否 

添乗員ひとりじゃ太刀打ち出来ないので、OFFの仕事仲間が急遽ホテルに向かってると。。


帰国拒否をしてるおばさん、ロンドンに入って来るまではごく普通で、でもワタシは日本には帰りませんとか添乗員には言ってたそうですが、だからと言って特に異常な行動とかは無かったんだそうです。(添乗員談)

帰国日の出発時間になってもご本人は現れず、ホテルに事情を話して合鍵で部屋を開けたら、ご本人はパジャマのまま寝ていて、荷造りもされておらず、部屋は散らかったまま・・・・

添乗員、日本のAGTに電話をするも無理にでも連れて帰って来てくださいの指示。(そりゃそうだろう・・・・)

添乗員が部屋に散乱しているおばさんの荷物をスーツケースに詰め込み、パジャマの上にコートを着せて靴を履かせ、男性のお客様5人がかりで無理やり部屋から連れ出して、帰りたくないと暴れるおばさんを必死でバスに乗せたのだそうです・・・・・

何とかバスの中央に座らせシートベルトを閉めている間も、仕事仲間はおばさんに持ってるバッグでバシバシ叩かれたそうです・・・・・ 

空港でGRPの到着を待っているワタクシに仲間から、おばさんの様子はとりあえずは落ち着いておとなしくしているようだけど、何かブツブツ独り言を言っている・・・と。

そして、GRPのバスが空港に到着しました。。。。

添乗員とお客さんがバスからゾロゾロと降りて来まして、助けに行った仲間も降りて来ました。

どの人?

見たら、自分の荷物も取らずにGRPとは全然違う方向にふらーっと歩いていく小柄なおばさん、、、、

ここでおばさんを見失うとマズいので、ワタクシすぐさま追いかける・・・・・
その間に仲間と添乗員はGRPのをチェックインと免税手続きを済ませる。。。。

○○○様ですね、、、こんにちわ。

アナタ誰なの?何しに来たの?

GRPさんのチェックインのお手伝いをするのに来ました○○と言います。○○○様、J○のカウンターはこっちではく、向こうですよ、一緒に行きましょう

アナタね、何しに来たの?何の権限があって来たの?何か身分を証明するものを見せて頂戴!

ワタシは怪しい者ではありませんよ、旅行会社の係員です。お手伝いに来てますので、○○○様もあっちで飛行機の手続きをしましょうね。

ワタシはね、帰りたくないの、帰らないの、ほっといて頂戴!

(おばさん、ワタクくシにあっちへ行けとばかりに持ってるかばんでビシバシ攻撃を始める・・・・・)

これだな、、仲間が言っていた “カバンでビシバシ攻撃”  

そしてまたひとりでふらーっと歩きはじめる。。。。。


こんな調子で、おばさんは、とにかく

ワタシは日本には帰らないの、この国に残るの、私の事はほっといてちょうだい!

そこへほかのお客様のチェックインを済ませた添乗員と仕事仲間もやってきて、3人でおばさんを説き伏せるも無理な話、おばさん座り込んで益々帰らないと意地になる。

ここで無理やり手を引いて連れていったら暴れるのは分かっているし、そうすると当然 航空会社から搭乗拒否 されるのは分かっていたし、それにここで騒ぎになって警察を呼ばれたら、オバサンは留置場行きになるかもしれない。

なので、何とか穏便に説得したいと考えていたワタクシ達3人・・・・

アンタたちもう帰ってちょうだい!と言って、おばさんはまた一人でどこかへ行こうとする。

いろんな人に話しかけようとしてるが、日本語しか話せないおばさん、

おばさんを尾行しているうちに、おばさんがタクシーに乗ろうとしたので、さすがに止めた!

TAXI乗り場の係員とタクシーの運ちゃんに

その人をタクシーに乗せないで!ちょっと頭が変だから!!

ワタクシ、おばさんがタクシーに乗ろうとしたのを止めた!

アンタ何でついてくるのよ、ワタシの事はほっといて頂戴って言ったでしょ!

タクシーに乗ってどこかに行きたかったおばさん、タクシーに乗るのを拒否されたのが気に入らなかったようで、そこから思いっきりワタクシに対してかばんでビシバシ攻撃を始めた!

TAXI乗り場の係員に この人は親戚か?と聞かれたので、NO,かくかくしかじか・・・・と話したらタクシー乗り場の係員(ハンサムな男性)がおばさんにOK,OK。落ち着いて・・・・と言っておばさんをなだめている間にたまたま通りかかった警察官に合図をして呼んでしまった。。。。

出来る限り警察だたにはしたくなかった。でも空港職員がとうとう警察を呼んでしまった。。。。


やっぱり長くなるので続きは次回にします。

コメント
この記事へのコメント
ぶわっはっは!!!
むっちゃくっちゃおかしい!!

人事やととっても面白い!!

おいて帰ったらよかったのに、、、、、
ホテルをチェックアウトだけ済ませて、
一筆書かせて、
家族に連絡して、
迎えに来させたら、家族の旅費儲けれるやん、旅行会社!!!

私のお客さんやったら、、、泣きたくなると思うけど、、、

大使館においてくとか??
2008/12/05(Fri) 16:59 | URL  | ピグリット #-[ 編集]
うわっ怖っ・・・・
それってやっぱりどっかおかしいんですか?
海外来て箍がはずれちゃったのかしら・・・・
自分がその場に居合わせた関係者だったらと思ったら冷や汗が出ます。
置いて帰りたいなー
放っておきたいなー
でも今後のことも考えると、旅行会社側としては知らんぷりもできないしねー・・・
2008/12/05(Fri) 18:40 | URL  | vivnyanco #0YmmGfOY[ 編集]
き、気になる・・・続きがきになるぅーーー 1歳児の「動きたくないもん」座り込みとは訳が違うもんなぁ!
2008/12/05(Fri) 21:31 | URL  | naocci #bWAGFr1o[ 編集]
思わず・・・
身を乗り出して読んでしまいましたがな。
面白いゎぁ~
続き、楽しみにしていますv-237
2008/12/06(Sat) 09:49 | URL  | けいまる #-[ 編集]
きゃ~、やだ~。これはやばい。読み物として読んでいる分には、はらはらどきどき、むちゃくちゃ面白いんだけれど、これ、仕事だと思うと、きゃ~な状態だよね。前代未聞。まじで困るよね。この記事、早く添てんに読んでもらいたい。添てんが添乗中だなんて、あ~ん、もぉ、やきもきしちゃう。はよ来い、添てん!
2008/12/06(Sat) 12:35 | URL  | Kmala KMAR #BbMqszN.[ 編集]
オフィスでコントロールしている人たちにとっては、はっきり言って「自己責任」を思い知らさせる絶好のチャンス!放って置けば良いんです、本当は。ここで、助け舟を出してしまうところが、日本の良いところでもあり、悪いところでもあるところ。必ず最後は誰かがどこかで面倒を見てくれる、やってくれる、少ないお金だけで完璧なサービスが済んでしまう完璧な国。でも、そんな国は世界広しと言えど日本だけですよね。精神的にヤバい人はもちろん助けてあげなくてはならないですが、他のツアーのお客さんに害がいってしまうようなら、放った方がいいんです。言葉も通じない外国で本物の自己責任、っていうものを教育するチャンスなんじゃないでしょうかね。とは言っても旅行会社的にはそんなことはできないか・・・。難しい・・・。
2008/12/06(Sat) 18:17 | URL  | ミグロ #-[ 編集]
これはこっわ~~!v-40

下手に置いてかえってどっかで自殺とかされてても困るしねえ~~
でもぎりぎりでそこまでキレるって事は、何かの形でちゃんとカウンセリングしないとまずいんじゃないかしら・・・?
って、早く続き~~!・・・
2008/12/06(Sat) 23:34 | URL  | まや #nVlAHklE[ 編集]
コメント有り難うございます
v-134 ビグリットさんへ
ちょっとぉー、自分が添乗員やめたら完全に人事だと思って・・・・・
>むっちゃくっちゃおかしい!!
思いっきり薄情物め!(爆)
私、本当に大変やったんよ、
このおばはんに水まで掛けられてんから。

v-134 vivnyancoさんへ
今回の添乗員さんも、まさに
>置いて帰りたいなー
>放っておきたいなー
な気持ちだったとおもいます。
だってAGTからは添乗員の隣に座らせて、無理やり連れて帰るように・・・
って指示だったんですよ!

v-134 naocciさんへ
ははは、、、
>1歳児の「動きたくないもん」座り込みとは訳が違うもんなぁ!
ぜんぜん可愛い!
こっちは70歳過ぎたババアですからね、、、、、

v-134 けいまるさんへ
>面白いゎぁ~
ここにも薄情者がひとり・・・(爆)
薄情者は二人とも私の古い友人達なのがまた悲しいわ(笑)
ほんと、笑い事ちゃうちゅーねん。。。。

v-134 Kmala KMAR さんへ
そうなのよ!読み物として読んでいる分には面白いでしょうね、
でも現場はハラハラ・ドキドキで、まさにその通りだったんです。
そう言えば添てんちゃんは出稼ぎ中かな?
どこさ行ってるんだべ?
まあ、ブラジルやアルゼンチンに残りたいっていうお客さんはいないと思うけど・・・・

v-134 ミグロさんへ
オフィスから電話があった時に私も
“離団届けにサインをさせて、放っておいたらどうですかー”なんて言ったんですよね。
でも日本のAGTさんだって“無理に連れて帰れ”の一点張り。
何かあったら今度はAGTさんに責任がかかってきますからね。

v-134 まやさんへ
そうです、下手に置いて帰って何かがあったら恐いのですよ。
正直、少し頭の変なおばさんだったしね。。。



2008/12/07(Sun) 12:15 | URL  | たまねこ #-[ 編集]
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。