英国ロンドンで、日本からの観光客のお世話をする『現地係員』というお仕事をしている元海外添乗員。仕事・趣味や日常の事など言いたい放題、書き放題な自己満足ブログです。
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2008年10月30日 (木) | 編集 |
今週の始めの月曜日の朝の事でした。

ワタクシの携帯電話  が ピロリロリーン・ピロリロリーン で目が覚めました。

時計を見ると、朝8時過ぎでした。 

しばらく鳴り続けた後に留守電機能に変わったのでしょうが、メッセージは入っていませんでした。

その後に家の電話  も鳴っていたようですが、何せ前日の晩はルカの手料理で飲みすぎて 、少し二日酔い気味だったのですよ。 

でもね、、、、

こんな朝早くにワタクシの携帯電話が鳴るのはね、


 オフィスからの緊急出動要請 しか無いんですよね。。。。 


(相方は横で寝てるし・・・・・、日本にいる親は私の携帯番号を知らないし・・・・)

結局その後は電話が鳴ることは無かったのですが、、、、

でも気になりますよね。。。。。。

でー、何があったのか・・・・・・

ここからのお話は、又聞きの又聞きです。。。 (又又聞き?)


緊急電話を受けた仕事仲間へのオフィスからの指令は、、、、


『スグにヒースロー空港のターミナル5に行って女性2名のお客様を探し出すこと、探し出せない場合は無事にチェックインしたかを確認すること』  


この女性2名は添乗員さん付きのグループで、帰国日ターミナルの移動中に迷子になって行方が分からなくなってしまい、BAの東京便のゲートが閉まる時間になっても見つからずに、置いてきぼりになってしまったんだそうです。 

(BAは東京へは日に2便飛んでいるので、きっと不幸にも遅いほうの便だったのでしょう)

で、添乗員があわてて日本の会社に連絡をしたものと思われます。

置いてきぼりになったお客さんたちは、自分達でどうしたのかは分からないが、どうやらチケットは翌日の便にエンドースされていたのを日本サイドが確認したそうです。

あとは自分達でホテルを取ったのか、BAが可哀想に思ってホテルを手配してくれたのか、はたまた空港で一夜を明かしたのかは全く不明。。。。。。


で、使命を受けた仕事仲間、空港に行ってそれらしいお客さんを探すも無理な話。。。。

s-128_2856.jpg
(以前に撮ったターミナル5の写真です)


呼び出しをかけても英語のアナウンスなんて分かりっこないだろうし。。。。

そうなるとこの女性2名(名前は分かっている)が無事にチェックインしたかどうかを確認するしか無いのだけれど、イギリスの空港ではセキュリティーの関係上、


パッセンジャーリストを一切公開しません!


例えば今回の場合、BAのカウンターで、○○○○さんと△△△△さんはチェックインを済ませてるでしょうか?

と聞いても、如何なる理由であっても一切教えてくれないのです。 

でも何としてでもこの2名のことを確認しなければならない仕事仲間、

そこへ別の仕事仲間が添乗員さん付きグループを連れて、カウンターにやって来た!

 その添乗員さんに事情を話し、添乗員さんからBAのグループデスクで、

○○○○さんと△△△△さん、ウチのお客さんなんだけど、先にチェックインしてるかなあ???

チェックインデスクの係員、キーボードをカタカタカタ・・・・・


チェックインしてますよ! 


仕事仲間、ミッション・コンプリート  お疲れ様でした。。。。。。 なお話でした。


でもこのお客さん達、どこでどうして迷子になって、どうしたのかが全く不明なのだそうです。。。


コメント
この記事へのコメント
さすがだ!ナイスプレー(現場の方たちは)!!オフィスの方は、もちろん、こんなことはほとんど最初から不可能で無駄足になる旨、了解をしてもらってから出動要請をしたんでしょうねー・・・!顔も分からないのに、どうやって空港内で探せというのか・・・。今回は気転を効かせてカウンターのスタッフをまんまと騙せたものの、外国で、「あら、その方たちはチェックインしましたよ」何て誰が教えてくれるかっちゅーの・・・。個人情報とか騒いでるわりには、こうゆうところでは全くそんなことはおかまいないしに何も考えないで、他人にお願いしようとする悪い癖ですよねー・・・。
2008/10/31(Fri) 14:33 | URL  | ミグロ #-[ 編集]
いやはやムチャクチャですね。
顔もわからないお客さんを探すのもムチャクチャなら、帰国日に空港で迷子になるお客さんもムチャクチャ・・・・
確認できたから良かったようなものの、えらい人騒がせですねー・・・・
2008/11/01(Sat) 07:49 | URL  | vivnyanco #0YmmGfOY[ 編集]
あった、あった。
こういう仕事。
あの当時はまだ結構教えてくれる会社も結構あったからまだよかったんだけどねー。
こういう話を読むと、あぁ仕事やめてよかった、、、と思います。(笑)
2008/11/01(Sat) 13:56 | URL  | ばに #-[ 編集]
コメント有り難うございます
v-134 ミグロさんへ
>さすがだ!ナイスプレー(現場の方たちは)!!
v-424 ですよね。
でも本当に日本サイドは時々無理難題を言ってきますよね。
日本じゃ何とかなっても、こっちじゃ無理やちゅーの。ほんま。

v-134 vivnyancoさんへ
今回のこのGRPは急いでいたのかどうかは分かりませんが、何で迷子になったんだろうね。
命令を受けた仕事仲間も“それらしい女性二人組み”を必死で探したらしいです。(これも又聞きの又聞き)
でも人間って必死になれば、何でも出来るものですね。

v-134 ばにさんへ
>こういう話を読むと、あぁ仕事やめてよかった、、、と思います。(笑)

辞めてやる!ロッテリーが当たったらスグにでも辞めてやるーーーー!!!v-313


2008/11/01(Sat) 18:22 | URL  | たまねこ #-[ 編集]
はぐれたお客さんが悪いのか?急いで行っちゃった添が
悪いのか?  ?ですけどこの添乗員さんの気持ちを
考えると…ほんとにお気の毒です…。
やっと帰国でホッと出来るところだったのに機内でも
気が気ではなかったでしょうね…。
きっと帰国後もとっぷり怒られてるでしょう...。
もし今度またこんな指令受けたら日本語で旗にお客さんの
名前書いて持って歩いたらどうでしょう?
ハズカシイか…。
2008/11/03(Mon) 11:28 | URL  | tomo #-[ 編集]
tomoさんへ
確かにこの添乗員さんの心中お察しします。きっと機内では眠れなかったのでは。。。

>もし今度またこんな指令受けたら日本語で旗にお客さんの
名前書いて持って歩いたらどうでしょう?

ちょっと恥ずかしいですね、、やっぱ。。。
2008/11/03(Mon) 18:07 | URL  | たまねこ #-[ 編集]
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。