FC2ブログ
英国ロンドンで、日本からの観光客のお世話をする『現地係員』というお仕事をしている元海外添乗員。仕事・趣味や日常の事など言いたい放題、書き放題な自己満足ブログです。
2007年07月01日 (日) | 編集 |
今回私が泊まったホテルは

有名な、シェークスピアホテル

1637年創業の名門ホテルで、各部屋の扉にはシェークスピアの劇にちなんだ人物名が書かれてるんです。(写真撮り忘れました)

実は私、添乗員時代に泊まったことありますので、実に15年ぶりです。

Shakespeare2 Hotel



見てください! 今時珍しい超アナログな鍵です。
涙が出てウルウルしてしまいます!
これだと、カード式の鍵によく或るトラブルが無くていいですね。

でね、右の写真を良く見てください。ホテルの名前と住所が書いてあるでしょ?

もし鍵の返却をうっかり忘れてしまった場合、この鍵をこのままポストに入れると
(切手とか貼る必要無し)ホテルに配達されます。これホント!
(イギリス国内に限ると思いますが。。。)

Room Key1 Room Key2


私が泊まったシングルのお部屋です。
建物が古いので床はミシミシ・ギシギシ音がなります。

Room2 Room1



私が泊まったのは302号室、お客様たちのお部屋は全て1階のお部屋、

でね、ここのホテルね、あとで聞いたんですけどね、


出るんですって!!!


私もロンドンに戻ってから仕事仲間に聞いたので、知らなかったんですけどね、


206号室に昔の女主人の幽霊が出るんだそうです!


建物も古いですからね、どんな幽霊が住み着いていても不思議ではないですけどね、私はそういうのにとっても鈍感なんですよ。。。


私達がチェックアウトしたと同時に、何処かのエアラインのクルー達が到着しました。
のコンチネンタル航空のクルー達でした。
多分アメリカの何処からか飛んで、バーミンガムに到着したんでしょう。

バーミンガム空港からだと車で1時間弱ですから、騒々しい都会のバーミンガムよりもここの方が落ち着くのでしょうね。


キャピテンの部屋とかに出て、キャピテンがうなされたら、どうすんのやろ。。。。。


=おまけ=
シェークスピア・ホテルの斜め向かいにある、これまた古い『ファルコン・ホテル』です。私はここにも添乗員時代に泊まりました。

Falcon Hotel


コメント
この記事へのコメント
わ。2222番踏みました。
なんか下さい。v-61
2007/07/01(Sun) 20:05 | URL  | bagu #-[ 編集]
baguさん

私の愛をあげる! v-238v-348v-349v-350v-351v-352
2007/07/01(Sun) 22:02 | URL  | たまねこ #-[ 編集]
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可