FC2ブログ
英国ロンドンで、日本からの観光客のお世話をする『現地係員』というお仕事をしている元海外添乗員。仕事・趣味や日常の事など言いたい放題、書き放題な自己満足ブログです。
2007年06月22日 (金) | 編集 |
仕事に出かけるまでのあと一時間半、頑張って更新!!


最近マジで笑っていただけるネタがございませんの。悪しからず。


毎週金曜日の朝、だいたい朝6時半~7時に起されてしまいますの。

疲れていて、どんなにゆっくり寝たくても起されてしまいますの。


ぐぁーーーん!! って音で。。。。。。。



ゴミの収集日!です。。。。。。


うちの ボロー(Borough 自治体)から支給されるゴミ箱3種類

bin


緑色のゴミ箱 6年ぐらい前まえは、このゴミ箱に何でも捨てていました。
燃えるゴミ、燃えないゴミ、缶、ビン、あらゆるもの全てを捨てていました。


その後、グリーン・ボックス(ここの写真にはありません)が支給されて、新聞・雑誌・缶・ボトルなどはそこに入れるようになりました。


茶色のゴミ箱 にはオーガニックなゴミ、庭仕事で出た垣根や芝刈りの葉っぱ、枯れた花、卵のカラ、野菜クズ、食べ残した食料(新聞紙にくるんで捨てる)


青色のゴミ箱 今年の春に支給されました。グリーンボックスに代わって、リサイクル可能なもの、新聞・雑誌・紙類・缶・ペットボトル・瓶・プラスチックトレイ等など


茶色のゴみ箱は、春~夏場は毎週、他のゴミ箱は2週間起きに収集されます。
今日は茶色と緑、来週は茶色と青・・・・と言う風にね。


収集の人はフタをあけて、間違っていないか、時には手を突っ込んでちゃーんとチェックしています。

間違っていたら収集されません!

ちゃんとリーフレットも配られているんだけど、関心のない人や英語が分からない人ん家はごちゃ混ぜに捨てているのを見かけます。

ルーマニア人のお隣も最初は混乱していたようです。

やっと環境問題やゴミの分別に取り組みだしたイギリスです。

そう言えば添乗員時代にドイツの高速道路の休憩所で、飲み終わった缶をどのゴミ箱に捨てていいのかが分からずに、ドライバーに教えてもらったことがあります。
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可