英国ロンドンで、日本からの観光客のお世話をする『現地係員』というお仕事をしている元海外添乗員。仕事・趣味や日常の事など言いたい放題、書き放題な自己満足ブログです。
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2008年09月12日 (金) | 編集 |
前の記事に関連するのですが、

日本からのご到着で、GRPが出てきた時に航空会社職員に車椅子を押してもらって出て来られたお客様がいました。 (車椅子のお客様がいるなんて聞いてなかったぞー)

聞けば成田を出発して、最初の機内食が終わった後に具合が悪くなったらしいのです。
母・娘でご参加のお母さま、推定年齢50半ばぐらい。

ロンドン到着後のGRPの行程は、さらにバスで4時間の所にあるピーターラビットで有名な湖水地方に行くことになっており、お客様は離団され、オフィスに緊急にホテル手配をお願いし、私がTAXIでホテルにお連れすることになったのですが、、、、

(お客様はちゃんとした旅行障害保険に入っておられた)

お客様に、

病院に行かれますか? (添乗員さんとワタクシ)

いえ、、、良くなってきたので、病院には行かずにホテルで休みます。 (お客様)

(この時点で、何でもかんでも保険でカバーされると思っているお客様)

前もって申し上げておきますが、病院に行ってドクターの診断書が無いと、ホテル代はカバーされません。
それと私(アシスタント)の費用と、空港からホテルまでのTAXI代はお客様負担になって、これも保険対象にはなりませんよ。


(お金のかかることは前もって言っておかないと、後で文句言われたら困る)

じゃあ、自分達だけでホテルに行きます!

(添乗員さんとワタクシで、えっ?と顔を見合わせる)

じゃあ、私はご一緒しなくて大丈夫なのですか?

大丈夫です、自分達だけで行きますのでホテルのチェックインのやり方だけ教えてください。。。

 (添乗員さんとワタクシで唖然、、、、、)

GRPは湖水地方に向かって出発し、ワタクシはお客様をTAXI乗り場にご案内しました。

その後、添乗員さんが道中からお客様の部屋に電話を入れた時にお客様が、ドクターを呼んで欲しい!と言ったそうです。

お客様の具合は良くなってきているのですが、離団したホテル代を保険でカバーする為です。

添乗員さんがお客様加入の保険会社と連絡を取って、ホテルドクターを呼んでもらったそうですが、特に悪いところはなかったそうです。

最終的にこのお客様はロンドンで2泊した後、電車でストラトフォード・アポン・エイボンまで追いかけ、無事にGRPに合流したそうですが。。。。。。。

ちょっと  でした。。。。

 
コメント
この記事へのコメント
こ、これって・・・ 母子の間で作戦会議もなく即効でこの行動に出たとしたらものすごーく頭の回転がお早いですよね 汗っ
2008/09/12(Fri) 20:00 | URL  | naocci #bWAGFr1o[ 編集]
naocciさんへ
頭の回転が早いちゅーよりか、気分が悪くなられたということで、念のためにドクターを呼ぶのは良いし、せっかくの保険ですから使わにゃね。
でも何だかセコさが見えみえでした。
2008/09/13(Sat) 20:02 | URL  | たまねこ #-[ 編集]
ちっす!!
だったら、最初から病院へ行きなよっ!!
(情報を提供してもらった時に素直にね)

海外旅行傷害保険にはいってるんだからさぁ~
2008/09/14(Sun) 08:46 | URL  | 添てん #-[ 編集]
添てんさんへ
最近さぁー、セコイお客さん多いんだよー。
日系診療所だとアシスタント代は出ないから、自分達でタクシーで行くとかね。
具合が悪くても頭の中は金計算。。。。
2008/09/15(Mon) 09:23 | URL  | たまねこ #-[ 編集]
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。