英国ロンドンで、日本からの観光客のお世話をする『現地係員』というお仕事をしている元海外添乗員。仕事・趣味や日常の事など言いたい放題、書き放題な自己満足ブログです。
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2008年03月19日 (水) | 編集 |
最近はヨーロッパ系の航空会社を中心に

DIY チェックイン という形が増えています。

DIY(Do It Yourself) ← 自分でやんなさい!

下の写真は ヴァージン・アトランティック航空 の様子、

以前に比べてチェックインエリアがとっても広くなりました。

s-128_2805.jpg


ご丁寧にも“ちゃんと”計り を設置してくれているので、係員にブツブツ言われる前に自分でスーツケースの重さを確認出来ます。

エコノミーの場合は 20KG ですが、ヴァージン(以下VSと省略)の場合は 23KG まではOKのようです。 但し

24KGで イエローカード!係員からブツブツ言われます!

25KG超えると レッドカード!!恐らく超過料金かかります!


手荷物は複数可ですが 6KGまでです!

s-123_2374.jpg


タッチスクリーン方式でチェックインします。(日本語はないです)

s-122_2221.jpg


自分でチェックイン、搭乗券が出たら、BAG DROP、スーツケース を預けます。

最近は オンライン・チェックイン できるエアラインも増えています。

s-123_2373.jpg


以前に比べて、行列に並ぶ時間が短くなって“楽”になりましたが、個人のお客様の場合はいいのですが、グループの場合を考えると。。。

VSの場合はグループでお席がプレ・アサインされています!
なので機械で出てきた席を素直にもらって、添乗員が席を割り振りするのは構いません!

(事前のシートリクエストができるかどうかは不明です)


この春夏、30人・40人は当たり前!(爆)の某社の英国ツアーがこのVSでやって来ます。
帰りのチェックインを考えると恐ろしいよぉー

(ロンドンの空港はね グループ・チェックイン なんてやってくれませんの)

皆さん飛行機の座席に命かけていますよね。。。

コメント
この記事へのコメント
説明書
こんにちは!勉強になります!個人的に似たような?ことで丁度、気になってたことだったんで(^^)
便利なんだろうけど本当、日本人団体さんには不向きで普通のチェックインより時間かかりそうですね。そのうち、日本語の説明書を配布、全バス内で説明とかなりそうですね(笑)
2008/03/20(Thu) 04:23 | URL  | ashry #-[ 編集]
ashryさんへ
もうね、、本当に日本の団体客には不向きなシステムです。少しは団体客の事を考えてくれれば良いのに、、、と思いますが、実際にVSを利用する団体客は今の所、日本の団体だけのようです。
2008/03/21(Fri) 21:06 | URL  | たまねこ #-[ 編集]
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。