FC2ブログ
英国ロンドンで、日本からの観光客のお世話をする『現地係員』というお仕事をしている元海外添乗員。仕事・趣味や日常の事など言いたい放題、書き放題な自己満足ブログです。
2007年06月02日 (土) | 編集 |
今からお話する 隣のおばあちゃん はもうには居ない。


おばあちゃんの名前はフィリス 95歳の一人暮らし、
I've never married. と言ってたおばちゃんの所には唯一姪っこさん夫婦(と言っても60歳くらい)が良く尋ねてきてた。


おばあちゃんがずっと独身だった理由は聞かなかったが、修道女だったのか、
そう言えば、去年仕事である老人ホームを尋ねた時に、第一次世界大戦で婚約者を失って、生涯独身を貫らぬいてたおばあちゃんも居たなあ。


私と相方が今の家を買ったのが10年前、フィリスおばあちゃんはとっても元気で毎日歩いて近くの教会に行っていたし、お天気の良い日はお庭に出て、コツコツとガーデニングをしていた。


今の家を買った時にはぼうぼうだった我が庭、最初の頃は何も分からないのでただ垣根や芝を刈ったりしてたら、
おばあちゃんが Let me help you! って刈ったあとのクズをほうきで掃いてくれたり、
終わったらお茶に呼んでくれたりした。
そしてガーデニングのイロハを私に教えてくれた。 Little by little...


私の庭が少しづつ、庭らしくなっていくのを見ているのが楽しみだと言って、10ポンドのガーデニングのギフト券をプレゼントしてくれたりもした。


その後、フィリスおばあちゃんはあまり外に出なくなったかわりに、相変わらず姪っこさん夫婦や、コミュニティーナース(訪問看護士)やヘルパーさん達が良く来ていた。


暫くおばあちゃん家留守っぽいなあ。。。姪っこさん家に泊りに行ってるのかなあ。。。なんて思っていたら去年の秋の或る日、私が仕事から戻って来るとフィリスおばあちゃん家に看板が立っていた。


For Sale as Auction


えーーーーーっ、おばあちゃん。どうしたん???


いくらヘルパーーさん達が来るとは言っても、一人暮らしが困難になって老人ホームに行ったのか、それとも神様の元に召されたのか。。。。


フィリスおばあちゃんに何かあった時の為にと姪っこさん夫婦の連絡先は聞いてあって知っているんだけど、なぜか聞きたくない。


フィリスおばあちゃんはずっと私の心の中にいる。
そしてフィリスおばあちゃんは何処かで私の庭を見てくれているかな?


フィリスおばあちゃん、おばあちゃんがくれたギフト券でアガパンサスを買ったよ!


Little by little......


Card & Gift voucher

To My Little Friend,
Please accept the enclose gift
with my love. I so wanted to
help you with your garden
which you have made so lovely.
Phyllis
コメント
この記事へのコメント
なぜだか私ももらい泣き、しそうです。。。
たまねこさんはいつも素敵な人たちに囲まれているんだなって。素敵な人には素敵な人が自然と集まるんでしょうね。
きっとおばあちゃんもどこかでたまねこさんのお庭を見ていることでしょうね。
ガーデニング頑張ってください☆
2007/06/03(Sun) 17:57 | URL  | yummy #-[ 編集]
yummyさん
フィリスおばあちゃんが私の手をギュッっと握って『God bless you』っていつも言ってくれたのを思い出します。
そして、おばあちゃん家だった庭は今年もバラが奇麗に咲いています。
ガーデニング!頑張ろうっと。
今度、トルコ料理食べに行こうねー。
2007/06/03(Sun) 21:02 | URL  | たまねこ #-[ 編集]
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可