英国ロンドンで、日本からの観光客のお世話をする『現地係員』というお仕事をしている元海外添乗員。仕事・趣味や日常の事など言いたい放題、書き放題な自己満足ブログです。
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2007年11月23日 (金) | 編集 |
ワタクシ、英国に住んでおりながらですね、本日の本日、ヤフー日本語版のニュースを読むまで、この方のことは存じませんでした。。。。(恥)

こちら英国に住んでいる方からだと“今頃になって何を?”と言われそうですが、、、

easy jet


太ってて、ブサイクで、歯並び悪くて、オーデションにはヨレヨレの安物のスーツで現れた彼は、3人の審査員からも最初から全く期待されてなくて、、、、
その彼がオーデションで歌い終わった瞬間に会場が総立ちのスタンディング・オベーション!!


鳥肌が立って、涙が自然と溢れました!


毎年この時期に“Xファクター”というオーデション番組があって、そちらは仕事で無い限り欠かさずに見ているのですが、夏にやっていたこの番組は知らなかったわ。


スゴイ!、スゴ過ぎ! CD買おうっと!


昔はハードロックに熱中していたワタクシが、最近こういうのがいいと思えるようになったのは歳をとったからだろうか。。。。(思いっきり独り言)


とにかく彼のサクセス・ストーリには泣かされます。。。。


詳しくはココをクリックしてくださいまし。
http://www.bmgjapan.com/_artist/info.php?id=2273


コメント
この記事へのコメント
私も知らなかったよー。
で、見たら彼が出てきた瞬間に涙がどーっとあふれ出て
止まらなかったよ。
教えてくれてありがとねー。
2007/11/23(Fri) 23:36 | URL  | つるりんこ #-[ 編集]
スカイtvでクラッシク聞いてますが。。。????
見た覚えないな~?
未だにスパイスガールが何人で、どんな顔してるか判らない私達なので問題外やけど。。。。
2007/11/24(Sat) 12:55 | URL  | ピグリット #-[ 編集]
知ってた。
この人ね、ギャップから生まれる意外性として感動するのか、もし普通に出てきても感動するのか、なんて思うのは斜めから見すぎかね。普通に「上手な歌手がいるよ」って紹介されて画像を見たらどうだったんやろ・・・って、思ったりするのだ。

それより、この審査員たち歌う前の扱い酷かったでしょ、その後、豹変。彼らはイギリス内でバッシングとかされてないのかなあ。私たちは人を見た目で判断しま~すって世界に発表したようなもんだから・・・彼らは有名人?
2007/11/24(Sat) 23:32 | URL  | bagu #uWTyKEBY[ 編集]
Uriah Heep
この不細工なオペラのおっさんとは全く関係ないのですが、何故か突然Uriah Heepが聞きたくなってiTunesでダウンロードしてこの2日でJuly Morningを10回位聞いてしまったのだ。たまねこさんも昔はこんな音、好きやったでしょ(^0^)
2007/11/25(Sun) 04:06 | URL  | 友蔵 #-[ 編集]
コメント有難うございます
v-313v-132 つるりんこさん

ねっ、ねっ、素直な心の持ち主は純粋に感激するよね♪
でもね、CDがHMVで13.99ポンドもしてたの。未だ買ってません。。。


v-132 ビグリットさん

まあぁぁー SKY TVでクラッシック・・・・
何と高尚なんざましょう。。。。

>未だにスパイスガールが何人で、どんな顔してるか判らない私達なので問題外やけど。。。。

アナタ達だったら、未だにビートルズが何人で、どんな顔してるか判らなさそう、、(爆)


v-132 baguさん

さすが、世界中にブログ友達をお持ちのbaguさん、、、
ニュージーランド経由でご存知でしたか。。。
まあブサイクな顔から生まれる素晴らしい歌声がウケているのでしょうかね。正直。。。。

3人の審査員の内の2人は知らんけど、画面の一番右は“Simon Cowell”というイギリスでは“毒舌”で超有名な音楽プロデューサーで、彼はめったな事では人を誉めないので、彼がここまで誉めるのは珍しいです。
実はワタクシ、隠れSimonファンです。


v-132 友蔵さん

ゆ・ゆ・ゆ・・・ユーライア・ヒープ v-313
超・懐かしい。。。

ワタクシも今から“YouーTube”で聞いてみよっと!!
2007/11/27(Tue) 22:11 | URL  | たまねこ #-[ 編集]
トランスクリプト書いてみました
Paul PottsがBritain's Got Talentに初登場したときの様子のビデオを、英語の面から解説した記事を書きました。トランスクリプトつきです。よろしければご覧下さい。

「イギリス人の歯並びと鳥肌」
http://linguaespresso.at.webry.info/200712/article_6.html
2008/01/26(Sat) 21:41 | URL  | Yasuro @ Lingua Espresso #JmQ9Zhlg[ 編集]
ヤスロウさんへ
はじめまして。
私のブログはトラックバックを受け付けておりませんので、(トラックバックというのが良く分かっていないので)、コメント欄に御自身のブログをご紹介いただきまして有難うございます。
英語圏に住んで居ながら英語が苦手な私にとって、ヤスロウさんのブログはとても勉強になるブログのようですので、時間が出来ればゆっくり読ませていただきます。
コメント有難うございました。
2008/01/27(Sun) 17:36 | URL  | たまねこ #-[ 編集]
いえいえこちらこそ
そうですか、それは嬉しいです。ブログでは、言葉の上っ面を舐めて終わるだけではなく、文化まで掘り下げるように心がけています。これからもときおり覗いていただければ幸いです。よろしくお願いします
http://linguaespresso.at.webry.info/
2008/01/28(Mon) 08:25 | URL  | Yasuro+@+Lingua+Espresso #JmQ9Zhlg[ 編集]
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。