FC2ブログ
英国ロンドンで、日本からの観光客のお世話をする『現地係員』というお仕事をしている元海外添乗員。仕事・趣味や日常の事など言いたい放題、書き放題な自己満足ブログです。
2007年10月31日 (水) | 編集 |
ほりでー4日目、10月2日(火)


前日のコンサートでホテルに帰ってきたのは深夜だった。

イタリア語を話す“番犬”も役に立つ物だわね、
ワタクシ一人だったらコンサートには行きたくても行けなかったね。。。

さて、本日でシチリアともお別れだわ。。。。

昨夜遅かったので、ゆっくり寝てたい 。。。。と思ったのだけど、
無情にもチェックアウトは10時半だったのね。。。

朝食を食べてから荷物をホテルに預けて、夜のフェリーの時間迄またまた街をブーラブラ!

さすがに4日目となると、もうパレルモの街は行き尽くしたぞー!!って感じで、
ホテルの近くにあった“リナシェンテ”(ファッション・ビル)に行ったり、ネットカフェに行ったり、(日本語ダメだったけど)またまたマーケットに行ったりと時間を潰してたの。。。。

(ワタクシ一人だったら、美術館や博物館に行けば充分に時間は潰せるのだけど、相方が興味ないんだもん、、)

で、やっとこさお昼の時間になり、(お昼になるのを今か今かと待ちわびていた)

昨日のお昼と同じ“トラットリア”へ。。。。


昨日はワタクシ達は“からすみのパスタ”を食べたのだけど、近くのテーブルに居た6人組みは全員“アサリとムール貝のパスタ”を食べていたのね、、、、

これがまた本当に美味しそうでして、、、、昨日、店を出る時に“明日も来るからね!”って言って、連荘で来てしまったのですよ。


昨日も書いたように “ナントカの歩き方”にも紹介されております。。。が、この日もワタクシ以外の日本人は来なかったです。(安くて美味しいのに、、、)

Trattoria 7


どなたかの手書きの日本語の看板まであるのに。。。

Trattoria 8


あさりとムール貝のパスタです。絶品 ムール貝の身がプリプリ

Cozze


やはり“お魚のグリル”

Fish


この日のお会計、パスタ2人前、お魚のグリルとワインとお水で40ユーロ(6000円)、28ポンド。

実は“ナントカの歩き方”には“年中無休”と書かれているのですが、日曜は休みで、月~土の昼と、金・土のみ夜も営業ということらしく、これが日本の観光客が来ない理由かもね。。。
だって観光客って昼間は観光で忙しいでしょ?ねっ?

ワタクシ達も実は一度夜に来たら閉まっていたの。。。


この店はパレルモに来たら“常連”になりたい“トラットリア”です!!


ウエイターのジュゼッペ君から“是非ロンドンから絵葉書を送って欲しい”と頼まれたので送りましたよー。届いたかな?


シチリアに来て、お魚ばっかり食ってたワタクシ達。。。


これには“理由”がございまして、、、、、、

ただ“お魚が美味しいシチリアだから”。。。というだけでは無くてですね、

相方の実家に行ったら“お魚が食べられないから”。。。。。。。。



だって、義母様、、、、、


お魚がダメなのよーー。。。。。


(そろそろ出て来た、恐怖の義母様ネタ。。。)


で、シチリアでお魚料理も堪能しまして、、、、

ホテルに戻る前にスーパーへ行って晩御飯の買い出し。。。。

(アンタら、今お昼食ったばかりやろー!!)


チーズや

Deli 1

生ハム

Deli 2


パンやワインを買い込んで、ホテルで荷物をピックアップして、、、、、

港のカフェで乗船時間までボォー!!っと過ごして、、、、、

パレルモ港、、、、

Ferry 2


ワタクシ達の乗るフェリー
(こーんな大きなフェリーに乗るのなんて、ワタクシご幼少の頃に家族で乗った、大阪~高知間の“さんふらわー号”以来だわ。。。)

Ferry


海側の客室、思ってたより狭かったけど、シャワーは熱いお湯も充分出たし、悪くはなかった。(競合他社のフェリーの方が豪華だったわ)

Ferry 4


パレルモを夜8時に出港して、明日朝6時半にはナポリです。。。。

Ferry 3


シチリア(パレルモ)は想像以上にヨカッタ。シチリアと聞いて、濃ーいコテコテのシチリア人達を想像していたけど、実はすごくコスモポリタンでシチリアの歴史が人種に現れていると思った。
近い将来、パレルモ以外のシチリアも訪れたいな。。。。。


刻一刻。。。と近づいて来る“相方の実家”と“お義母様”。。。。



コメント
この記事へのコメント
さすが、ヨーロッパ食べ物が違います(笑)
お洒落~v-271v-229
中国じゃ毎日、お野菜中心料理でした。

おかげでダイエット出来ましたけどねv-221
2007/11/01(Thu) 06:33 | URL  | 添てん #-[ 編集]
ちゃお~。 駅から南方向にも良く行くので通過するたびに「この辺にたまねこさんのスオチェラ家が・・・」と思っちゃいます~^^ 
さて。。。そろそろ終わりが見えてきそうな私のサレルノ生活。家の下にある魚屋にカジキマグロがどでーーーんと置いてあることがあるのでボローニャに戻る前にあれを食べねば!ってのが最近の目標(笑) たまねこさんのサレルノネタ楽しみだな~♪
2007/11/01(Thu) 16:11 | URL  | naocci #bWAGFr1o[ 編集]
コメント有難うございます
v-132 添てんさんへ

中国の食事は栄養バランスが取れていてホント体に良いと思うよ。中国って太ってる人殆どいないじゃないですか。ワタシがパレルモで思ったのは、女性がイギリス人みたいだった。
(ファッションがダサくてデブ多し。。。)ブハ!

v-132 naocciさんへ

もうね、、、パレルモでも写真が多くてなかなかサレルノネタに辿り着けなかったけど、いよいよ次回からサレルノネタが始まります。naocciさんが滞在してたのはビエトリの方かな?(ワタシも似たような景色の写真を撮ったよ)
そうそう、相方の実家は駅からトリオーネ通りを南に、右側にテニスコートやプールが見えて来たら左に曲がる。(笑)
最後に旧市街で“大当たり!”のトラットリアを見つけたのよ!
2007/11/02(Fri) 11:42 | URL  | たまねこ #-[ 編集]
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可