英国ロンドンで、日本からの観光客のお世話をする『現地係員』というお仕事をしている元海外添乗員。仕事・趣味や日常の事など言いたい放題、書き放題な自己満足ブログです。
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2007年10月19日 (金) | 編集 |
カタコンベで“ロザリアちゃん”にも会えたし、ちょっと街中ウロウロしてたら、
マーケットの中に“場末のエノテカ”があったので、“ちょっと一杯”


シチリア・ワイン赤を注文、これで80セント(約120円)

Enoteka


“エノテカ”の中。

Enoteka2

Enoteka3


初登場!相方。(顔に落書きしてみた。。)←義理弟がやり方を教えてくれた♪
(年々、前髪前線が後退し、お腹はでてくる。。。)

Aikata



なんだか 食べ物と飲み物の写真ばっかり!!


アンタら、飲んで、食ってばっかりおったのか



ハイ、、、、そうです。。。。。




いえ、、、2日目、3日目とじっくり観光致しましたので、また写真をたくさんアップします。


さて晩御飯は当然、魚・さかなーーーーー!!


けっこうウロウロしてたら、どうやらきっと“地元でも人気があるだろう”レストランを発見!!

それも魚料理専門のレストランじゃないの!!! ひゃっほー!!

レストランの壁には“オーナーとの記念写真に納まる有名人”の写真が無造作に貼られておりまして、外に貼ってるメニューをチェックしても決して高くはない。


よっしゃ!!、今晩の夕食はここに 決定!!

夜8時半ですでに満席で、外で待つ事20分ほど。。。。


前菜の盛り合わせ、(バッフェ方式で自分で好きな物をチョイス)
タコさらだ、いわしのてんぷら、いわしの酢漬け、などなど。。。

Antipasti


プリモは“魚のすり身”入りの“ラビオリ”、珍しく“クリームソース”

Ravioli


この方がどうやら経営者らしい。 まず、魚はグリルする前と後にお客さんに見せてくれるのね。そしてグリルされた魚類を奇麗に人数分分けてくれるの。
分けるのは経営者のこのおじさんの役目らしく、他のウエイターはタッチできないみたい。。。

Owner


Fish


デザートにシチリア名物“カッサータ”を試してみたが クソ 甘かった。。。
これで5ユーロはちょっと失敗だったかも。。。。

Cassata


食後のマルサラ酒。ボトルごとテーブルにおいてくれるので、おかわりしたじょ。

Marsala



お会計は、ハウスワイン1リットルとミネラルウオーター、コペルトも入れて、
〆て66ユーロ也(約1万円)


帰り、メインストリートの“ローマ通り”のルミナリエ。

Luminarie



一日目、やっと“完”




コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。