英国ロンドンで、日本からの観光客のお世話をする『現地係員』というお仕事をしている元海外添乗員。仕事・趣味や日常の事など言いたい放題、書き放題な自己満足ブログです。
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2012年04月28日 (土) | 編集 |
ワタクシたち現地係員のお仕事に『シアター トランスファー』というお仕事がありまして、
グループさんをホテルから夕食レストラン、そして劇場にご案内してまたホテルに送り届けるというお仕事です。

もう1ヶ月も以上前になりますがGRPさん(高校生5人と引率の先生)が『スリラー LIVE』を観るというので、ワタクシにお仕事を頂いたのです。

   sIMG_4662_20120425231916.jpg


夕食はGRPさんと一緒でしたが、さすがにミュージカルのチケットはアシスタントの分は含まれていないので、


自腹切って、、、

自分でチケットを予約して買いました。。。。 

だって、GRPさんが観ている間は私はどこかで時間潰しをしないといけないし、

日曜日やし、、お店も閉まってるし、、パブで一人も退屈やし、、

    sIMG_4747.jpg

とりあえずは、安いバルコニー席で£32.50に予約手数料£1.50 で、34ポンド(約4800円)
ちょっとしたコンサート並みのお値段ですが、以前から観てみたいなと思っていたので、まっええか。

で、当日劇場の窓口で予約した自分とGRPさんのチケットを受け取っていたら、隣の窓口で当日券を買っていたアメリカ人のお兄さんと窓口の係員の会話が耳に入りました、、、

窓口の係員がアメリカ人のお兄さんに、座席を指しながら

I offer you this seat a half price...(ここの席半額にしたるで~)

えっ、余ってる当日券は半額やと???


失敗した。。 
(ワタクシ、お仕事を頂いたと同時にチケットを予約したのでした)

すごいショックやった。。。



気を取り直して、、、
   
   sIMG_4665_20120425231915.jpg


ワタクシの席から見下ろした舞台、、、

   sIMG_4657_20120425231916.jpg


当然、舞台は撮影禁止なので以下はパンフレットの写真なのですが、

間の休憩を入れて2時間半のショーでして、、

前半はジャクソン ファイブとジャクソンズ時代、
ジャクソン5時代のマイケル ジャクソン役の男の子がすごい可愛かったわ

   sIMG_4672_20120425231915.jpg


後半は独り立ちしたマイケル ジャクソンのヒット曲オンパレードでした。

スリラーLIVEというだけあって、演奏も全て生、LIVEそのもので迫力がありました。 


楽しかったよん


   sIMG_4674_20120425231915.jpg


   スリラー LIVE オフィシャルビデオをめっけ!!



ロンドンに来られたら、この スリラー Live おススメです。
当日券半額を狙って行きましょう!!(爆)



オマケ、たまねこ実家にあるマイケル ジャクソン日本公演のパンフ

   sIMG_0202.jpg


 
 
コメント
この記事へのコメント
「NTT」ってゆうのが郷愁をさそいますね・・・。
ライオンキングやオペラ座の怪人などのメジャーどころが、必ずしもすべての人に良いとは限らないんですよね。お金もかかるのできっかけがないとなかなか機会がないですが、実は見てみたらすごく良かった、ってゆう作品に出会えた時には特に嬉しいですよね。グループが見る上記作品群より、「ビリーエリオット」、絶対良いです!感動の嵐です!しかも英語が分からなくっても完全に楽しめます(これが一番大きいかな?!)。
2012/04/29(Sun) 19:28 | URL  | ニベア #-[ 編集]
ニベアさんへ
日本でマイケルのライブを見たのが実に25年前(爆)
時々ツアーの中にミュージカルが含まれてたりするけど、興味のある人はしっかり観てるけど、そうでない人は思いっきり寝てるよね、これって演じている役者さんに対してとても失礼ですよね。

ビリーエリオット、映画リトルダンサーは観ました。
ニベアさんがそんなにおススメなら、当日券半額(?!)を狙ってみたいと思います。(笑)
2012/05/01(Tue) 14:06 | URL  | たまねこ #-[ 編集]
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。