英国ロンドンで、日本からの観光客のお世話をする『現地係員』というお仕事をしている元海外添乗員。仕事・趣味や日常の事など言いたい放題、書き放題な自己満足ブログです。
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2007年09月18日 (火) | 編集 |
今朝は4時半に起きました。


仕事終わって家に帰って、次の夕方の仕事までの間に昼寝をするつもりだったんだけどね、


朝から超ムカつく出来事 がありまして、昼寝をする気になれませんの。


この超ムカつく奴に対して、今ブログを書きながら呪いをかけておりますの。


いったい誰に対して“ムカついている”のかと申しますと


ヒースロー空港、ターミナル1、国内線の


超イジワルセキュリティー係員 ♂


例によって昨日BA(英国航空)で来た学生さん、空港近くのホテルに一泊して今朝、
北イングランドの“リーズ”というところに行く国内線のチェックイン。

今回の航空会社は“BD”(ブリティッシュ・ミッドランド航空)

以前の記事 でも同じような事を書いたけど、

今回の彼もスーツケースが26キロ、手荷物軽く10キロはありました。


この自動チェックイン機に行く行列の前に、既に、、、、、

bim 1


こんな 計りがありまして、 荷物奉行 の係員が一人一人のスーツケースと手荷物をチェックしてまして、しっかり言われました。

手荷物は重過ぎるから4キロ分減らして、スーツケースに入れてね!
でもスーツケースも既にに重いから、超過料金もらうからね!

bmi2


聞けば、国内線なので1キロ5ポンド、(1200円)、
10キロオーバーでも12000円だったら国際宅急便より安いから、
もう仕方ないね!って払う覚悟を決めていたのよね。。。。


ところが、、、、、、、、、、、、、、、、


ナント、結果的には航空会社が見逃してくれたのです!!!

二人で握手をして、ヨカッタね!って安心したその後に



超ムカつく出来事が起こりましたの。。。。。


ムカつく事件は で起こった!!

s-114_1481.jpg


国内線手荷物検査場入り口にて、ナントカ荷物を一つにまとめて、中に入ろうとしたら、

(チャックを)ちゃんと閉めろ!

(最初はバッグのチャックが開いていた)


ワタシ毎日この仕事をしているんだけど、他のターミナルはこれでOKなのよ!

ダメ!ちゃんと閉めろ!

(必死で閉めたけど、あと10センチ程無理だった)


ダメ!ちゃんと閉めろ!

そんな事言うの、アナタが初めてだわ!

(中の荷物を一回出して、整理して、入れ直してちゃんと閉まった)


再び中に入ろうとしたら、、、、、


今度は、、、、、


ひとつにまとめた彼のスポーツバッグが大きすぎると言われたの。



空港には こんなん がありまして、

bim 3


ここに手荷物が“スッポリ!”と納まらなければいけないの。(一応ね)

bim 2


(チェックインの時は何も言われなかった)


このスポーツバックも航空会社に預けろ!と、、、、、


で、カウンターに行って説明するも、もうチェックインは締め切ったので、ダメだと。。。



(飛行機出発まで30分をきっていた。。。。)



再び手荷物検査場に行って、チェックイン締め切ったから預けられなかったし、
もう時間が無いので通して欲しいと切にお願いするも、、、


ダメ!の一点張り!



彼のバッグはこんな感じのバッグだった。。。。

Sports bag



(規定よりもたった5センチ大きいだけなのに)


飛行機いっちゃうよー!!

僕たちのせいではない!!

荷物ナントカするか、飛行機をミスるかどっちかだって、、


飛行機をミスるわけには行かない!

とりあえず、また荷物を少し出して、何とか“アノ中”の納まるようにして、中に入ってもらったのが出発の15分前!!!

で、彼の荷物が少し我が家にあります。郵便で送ってあげる予定ですが、


イギリスの空港の“超ウルトラ” アフォーー!

このルール、ええ加減にして欲しい!!!

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。