英国ロンドンで、日本からの観光客のお世話をする『現地係員』というお仕事をしている元海外添乗員。仕事・趣味や日常の事など言いたい放題、書き放題な自己満足ブログです。
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2012年09月18日 (火) | 編集 |
たまねこブログを覗きに来て下さっている皆様へ。

ロンドンオリンピック&パラリンピックが終って、少しはお仕事が落ち着くのかなと思いきや、

エリザベス女王さまの在位60周年記念~ロンドンオリンピック~パラリンピックと大きな行事が続き、
日本でロンドン特集番組も多かったとお客様からお聞きしました。。。

そのせいでしょうか、、、

オリンピック&パラリンピックが終っても、相変わらず忙しい日々が続いておりまする。。。

メインでお仕事を頂く会社は違えども、オリンピック以来、更に横の繋がりも強くなり、忙しい時はお互い様精神で、係員が足りない時は他社さんからもどんどん声が掛かってきますねん。。(←お有り難うごぜぇます)


結果ワタクシたまねこ、やっとこさ28日ぶりのOFF、

ってか、、、

心を鬼にして、お仕事をお断りしてOFFにしました。
ゴメンナサイ。。。。

次のOFFは3週間後、、、

ワイルドだろぅ?!?!


ほんま、スギちゃん並(?!)の忙しさですが、怪我をしたり身体を壊してしまって、お仕事が出来なくなってしまったら収入が無くなるのはワタクシ達も芸人さんたちも一緒!!
それに旅行業界だって何が起こるか分からないしね。


お仕事があるうちが花!

てな訳で、、、

中々ブログを更新出来ずにすんませんです。。。。
スポンサーサイト
2012年09月09日 (日) | 編集 |
すんません。。。

忙しおす。。。

ほんまに忙しおす。。。

勘弁してぇなぁ〜〜ってくらい忙しおす。。。


今朝も朝3時半に起きて、お仕事1本済ませて家に帰って、いつもなら二度寝するねんけど、パラリンピック最終日のマラソンやサッカーなどの種目をTV で観ております。。。
でもまた次のお仕事に出かけます。。。

はぁ。。(超溜息、、、)

パラリンピックのゲームを観てると、何や物凄い感激するんですわ、、

ハンディキャップを持ってる人たちが、自分達がハンディキャップを持っているなんて微塵も感じさせないでスポーツで懸命に戦ってる姿を観てたら、何か凄いウルウルしてきますねん。。。

今日はパラリンピックの閉会式でして、これでロンドンオリンピック、パラリンピック関連の行事が全て終ってしまうのは凄い淋しいけど、沢山の感動と元気を貰いました。。。

今朝も朝早い時間にご出勤(?!)なボランティアさん達の姿をたくさん見ましたし、
早朝6時過ぎにも関わらず、既にロンドン街中はマラソンの為に交通規制が始まっておりました。。。

お仕事が終ったら急いで帰って、閉会式を観よう〜〜っと。。。
2012年09月01日 (土) | 編集 |
8月12日にオリンピックが終って、しばらく中休みの後8月29日からパラリンピックが始まりました。

ボランティアさん達のユニフォームのシンボルマークも変わり、


    (オリンピックのボランティアさん)

    ssIMG_5163.jpg

    (パラリンピックのボランティアさん)

    sIMG_5403.jpg


ロンドンの観光名所のタワーブリッジもオリンピックのシンボルマークから、

    s0.jpg


パラリンピックのシンボルマークに変わりました。。。。

    sIMG_5410.jpg


オリンピックとパラリンピックでシンボルマークが違うのを始めて知ったワタクシでございます。

パラリンピックのマークの意味をちょいと調べましたところ、

マークは赤、青、緑の三日月に似た形を三つ組み合わせたもので、ラテン語で「動く」を意味する「アギト」という名称。

なんだそうです。。。


ところで、日本ではパラリンピックはTV中継やってないのですって???

こちらではオリンピック同様にすごく盛り上がっておりますよ〜。。


選手の中には生まれながらにハンディキャップがあったり、健常者だったのが交通事故等、何らかの突発的な事故でハンディキャップを背負うことになったり、派遣された先(アフガン、イラク等)で事故に遭ったという元兵士達も多いです。。。

なかでも7年前のロンドン同時テロで被害に遭い、両足を無くし、懸命のリハビリの末にシティング バレーボールのイギリス代表選手となった選手がいます。


(以下、時事通信の記事を拝借いたしました)

惨劇乗り越え、輝いた=テロで両足切断のライト選手〔パラリンピック〕
時事通信 9月1日(土)15時45分配信
 【ロンドン時事】あの惨劇に打ち勝って、ひのき舞台で輝いた。ロンドン・パラリンピックのシッティングバレーボール女子で31日、2005年に52人が犠牲になったロンドン同時テロで両足を失ったマーティン・ライト選手(39)が英国代表として出場した。その姿は英国民、ロンドン市民だけでなく、多くの人々の心を打った。
 ライト選手は強豪ウクライナとの1次リーグ初戦で第2セット終盤に投入され、躍動した。「大好きなスポーツで国を代表して戦うのは素晴らしい。(テロに遭遇した)7月7日以前には見ることもなかった夢。鳥肌が立った」と感激した。
 05年7月7日、通勤でいつもと違う電車に乗ってテロに遭った。五輪とパラリンピックの開催地にロンドンが選ばれ、同僚と遅くまで祝杯を交わした翌朝だった。大量失血と両足切断、苛酷なリハビリを乗り越え、失った両足を無駄にしないために始めたスポーツで母国の代表になった。
 テロ後に結婚し、息子も授かった。3歳になったオスカー君は父親に肩車され、小さな英国旗を振りながら「ゴー・マミー・ゴー(ママ、頑張れ)」と応援してくれた。あれから7年の日々は、報われた。 



そう言やパラリンピックの開会式でチームGBが入場行進を待ってた時に、TVのキャスターがこの選手にインタビューしてたよね。


ワタクシたまねこも、とある選手のご家族様(選手は交通事故で両足切断、両足義足でゲームに挑みます)を会場にお連れするお仕事をさせて頂きましたが、お話を伺っていて、元気と感動をいただきました。

You-Tube のページの左に『 Paralympic Sports TV』 というのがありますのでご覧いただけますよ。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。