英国ロンドンで、日本からの観光客のお世話をする『現地係員』というお仕事をしている元海外添乗員。仕事・趣味や日常の事など言いたい放題、書き放題な自己満足ブログです。
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2010年08月26日 (木) | 編集 |
日本はまだまだ連日暑いようですが、ロンドンはもうすっかり秋のようで、 それに連日  
涼しいを通り越して、朝晩は寒いです。。。。
贅沢ですが、日本の暑さを半分分けてほしい気分です。

ところで夏休みももう終わりに近いですね、

色んなお客様が来はりました。
一応ブロガー根性は残っているので、、ちょっとずつUP出来ればいいかな。



ある日、オフィスからトレインチケットを取りに来て下さいと電話がありましてですね、、、

受け取ったチケットはですね、、、、、
 
ひょえー 

オリエント急行のチケットでございます。。。

     s-159_1292.jpg

ちょっくら中身を拝見させていただきました。。。

ご夫婦それぞれのお名前入りの日程表やタッグ、案内書などがウォレットに入っております。

     s-159_1293.jpg

オリエント急行は毎木曜日にロンドン・ビクトリア駅を出発して1泊2日でベニスに行きます。
途中、パリ(フランス)、インスブルック(オーストリア)に停車するので、
途中の区間で降りることもできるようです。

ビクトリア駅の1番ホームの端にチェックイン・オフィスがあります。

     s-159_1307.jpg

ここで、チェックイン、荷物がある場合は預けます。
ただ、キャビンはスーツケースを広げる余裕は無いので1泊分を手荷物にしていただきます。

     s-159_1303.jpg

待合室の様子、コーヒーやティは無料で頂けます。

     s-159_1304.jpg

列車が入ってきました。。。

     s-159_1313.jpg

各車両に名前がついておりまして、専任スチュワードが居ます。
各スチュワードは英語 、フランス語 、イタリア語  が話せるようです。

     s-159_1314.jpg

列車の中の様子ですが、ロンドンからは『ブリティッシュ・プルマン』と言って、
ダイニング・カーがフォークストンまで走り、
その間にお客様はブランチをお召し上がることになります。

     s-159_1316.jpg

フォークストンで列車を降りて大型バスに乗り込み、
ユーロシャトル(ユーロトンネル)で大陸の駅に行って、そこから列車のキャビンに乗ります。
ブリティッシュ・プルマンは英国内だけを走ります。

添乗員時代、ベニスのサンタルチア駅に停車していたオリエント急行を見たことが何度かあります。

キャビンの車両を見たいからは オリエント急行・ホームページ からどうぞ。。

優雅な列車の旅ですよ。



お医者様ご夫婦でございました。。。。
スポンサーサイト
2010年08月23日 (月) | 編集 |
あははは、 面白すぎ!! 


枕を配り始めた客室乗務員の女性。ところが、乗客のうちの何人かが、ふざけて枕を投げ始めた。客室乗務員も笑いながら懸命に応戦。飛び交う枕は次第に増え、機内は大いに盛り上がった。背中に枕の集中攻撃を受けながら客室乗務員がギャレー(調理用スペース)に退却すると、大きな歓声と拍手が起こった――。




「枕投げ騒動」が発生したのは、テル・アビブ発フランクフルト行きのルフトハンザ機。フランス人らが乗っていたエコノミー・クラスだった。乗客のひとりが録画して、ユー・チューブ(YouTube)に投稿したことで、多くの人が知ることになった。

  ルフトハンザの広報担当者は、同件についての見解を表明した。「エコノミー・クラスの乗客の皆様にも、お楽しみいただいている一例です。当社が現在も、枕のサービスを実施している証拠でもあります」という。客室乗務員は乗客の空の旅を、より楽しいものにしたので、枕投げへの“参戦”は「まったくおとがめなし」とのことだ。

記事はサーチナニュースより拝借いたしました。
2010年08月19日 (木) | 編集 |
ロンドン、、、   朝5時45分。。。。。

   s-160_1590.jpg

   s-160_1591.jpg



今から二度寝します。。。

おやすみなさい。。。。。  
2010年08月17日 (火) | 編集 |
昨日に 『ヒースロー空港スト計画』 って記事を書いたら、


今日の朝刊で、あれれ、、、、


いとも簡単に スト回避されました!! 

        s-Picture 212

ストのニュースが発表されたのが先週の13日の金曜日、で昨日の話し合いで早速合意に達したようです。

当初のスト計画は8月の最週末28・29・30日だったようで、ホリデーから帰ってくる人達をターゲットにした脅しのようなスト計画だったようです。もし、本当にこの3日間がストで空港閉鎖にでもなれば、あのアイスランドの火山噴火で空港が閉鎖した時と同じ悪夢だったかも知れません。

ストが回避されて何よりです。 


たまねこの記事で混乱された方、ごめんなさい。


でもね、皆生活のために必死なんですよね、、、

来年からイギリスの消費税も20%になるしね、、、 (現行17.5%)
      

2010年08月16日 (月) | 編集 |

空港労組、夏休みにスト計画=ヒースローなど閉鎖も―英

2010年8月13日
 【ロンドン時事】英空港運営会社BAAの従業員らが加入する労組は12日、スト実施の是非を問う組合員投票で賛成が多数を占めたと発表した。期間中、BAAが運営を担うヒースロー空港など国内6空港が閉鎖される可能性があり、夏休み中の多数の旅行客らが影響を受けるのは必至だ。
 投票は賃上げをめぐる労使交渉の決裂を受けて行われた。ストの日程は決まっていないが、メディアは今月下旬の実施を予想。英国は現在、夏休みのピークで、空港閉鎖が大きな混乱をもたらすことが懸念される。
 閉鎖が見込まれるのはほかにロンドン近郊のスタンステッド、スコットランドのグラスゴー、エディンバラ各空港など。投票は消防や保守管理要員、警備員らを対象に行われた。  国際 時事通信社



ワタクシ、働く人達の味方です。
だってみんな生活を守るために一生懸命働いてるんやもん。。。。

せやけど何も空港を閉鎖せんでもええやん???

たまねこのお仕事に影響するじょ。。。。。
2010年08月14日 (土) | 編集 |
6月末の頃に比べれば、たった1ヶ月半で随分と日が短くなったと感じる。。。


     s-Picture 201


ヒースロー空港ターミナル3。。。。。

午後9時。。。。

こんな時間に到着するお客さんがいてはるから余計に疲れるわ。。。。

2010年08月11日 (水) | 編集 |
  なんだか、カワイイじょ 


            s-Picture 198
2010年08月06日 (金) | 編集 |
ここは最近新しく改装されまして、5つ星に昇格した某日系ホテルでございます。

日本的なきめ細やかなサービスが期待できるであろうと思われるホテルでございます。

               s-157_1040.jpg

久しぶりに行ったら、あまりにモダンになっていたのでビックリしましたがな。。。。

モダンで綺麗になって5つ星に昇格しても、部屋は狭いままやろな、、、

改装される以前に  妹がロンドン出張に来た際に泊まったことがありまして、ワタクシ部屋に行きまして、思わず狭っ!!って思いましたもん。正直な感想です。。。。
5つ星になっても部屋の広さとカテゴリーは比例しないと思います。。。

       s-157_1038.jpg

       s-157_1039.jpg

ところで、ここから本題に入りますがね、、、、

ある日のお仕事でですね、ここのホテルからご出発のお客様2名様、、、、


(ある日のお仕事ですよ、こんなんリアルタイムで書かれへんやろ・・爆)


な、


なな、、


なんとですね、、、、、


ビジネスクラスで世界一周されていたお客様だったのですよね。。。


お客様の推定年齢、50台半ばの土建屋社長様風と、20台前半の茶髪ヤンキー風愛人さん。。。


日本  アメリカ  イギリス  イタリア  タイ  日本 のルートだそうでした。。
(スター・アライエンスで廻ってはりました)


しかし、、、、


ビジネスクラスで世界一周。。。。 


ホテルは全て高級5つ星。。。。 


うらやましい。。。。


旅行の時だけでええからあなたの愛人になりたい。。。。  (← もしもし、、奥さん!)
  
2010年08月04日 (水) | 編集 |
毎月の始まりのブログの出だしが、もう○月、、、というので始まるようになってしまい、
ろくにブログも更新できないまま月日が過ぎていきますねん。

相変わらず仕事に追われる日々、

歳のせいもありまして 

仕事終わって帰ってきたら疲れて何もしたくないんですよ、
 
パソコンの文字を見たくないのですよ 

相方は先月にまたリストラされて  (職歴6ヶ月の相方が対象になってしもた?!)
相方の職探しも振り出しに戻ってますねん。

前回は本当に仕事が無かったのですが、
今回は早速テンポラリースタッフの仕事があったりして、バイトしながら面接を受けていますが、、、
42歳という年齢がネックになるのか、、、既に5社から不採用通知が・・・

相方曰く、面接をする人は自分より若い人ばっかりなんやとか、、、

42歳って男の厄年ですよね、、、
イタリア人(外人)に厄年が当てはまるのかどうかは分かりませんが、、、
これって、厄払いしたほうがええんやろかね。。。

たまねこ、、、いつまでたっても『お気楽極楽主婦 』にはなれない運命なんやろか。。。

たまには愚痴らんと、やっていかれへんわ 

ロンドン、、夏が終わって連日秋のような涼しさです。。。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。