英国ロンドンで、日本からの観光客のお世話をする『現地係員』というお仕事をしている元海外添乗員。仕事・趣味や日常の事など言いたい放題、書き放題な自己満足ブログです。
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2009年10月27日 (火) | 編集 |
明日からワタクシ、、、、、

大阪に帰りまーーす!!   


なかなか仕事が見つからない相方にシビレを切らして、相方の前で三つ指ついて、、、

お暇を頂きます!   と言いたいところですが、ぶははは、、、

そうでは無くってですね、、、

『ちょっと自分自身にお疲れさん』のホリデーです。。。

なので相方はロンドンでお留守番ね、、、、 

相方、、、家に女を連れて来るなよーーー!!! 


今回の日本滞在は2週間、京阪神しかウロウロしないので中部・関東に住んでいるお友達、、、
会えないけど、ごめんねーーーー。

頭の中は、食べたいもんで一杯ですわ。。。 

ちゅーことで、、、、、


宣誓!

ワタクシ、たまねこは、、、大阪に帰っている間の2週間は、

仕事のことを忘れ、、、

相方の事も忘れ、、、、

ブログの事も忘れて楽しむことを誓います!!!!



平成・・・・何年か知らんので、、、(爆) 2009年、10月27日。。。。。 

 
スポンサーサイト
2009年10月26日 (月) | 編集 |
せっかくなので、フィレンツェの写真も自分のブログに載せておこう。。。。

今でこそデジカメで撮った写真を載せている添乗員さんブログが多いけど、ワタクシが現役だった頃は勿論デジカメなんて無かったし、稀にインスタントカメラを持ち歩いてた添乗員さんがいたぐらい。
尊敬していた大先輩から、当時、『添乗員の三大持って行ってはいけないもの』の中にカメラがあったのね。 次に水着、あとのひとつが何だったか思い出せない。
(この間添乗で来たHちゃん添乗員とそんな話をしていた)

なので添乗員時代に何度も行ったフィレンツェだけど、写真を撮ったのはこれが初めてなのです。

自分が写真を撮っていた時も日本人グループを連れて先頭で歩いている添乗員さんを何人か見ましたが、暑い中大変そうでした。。(←今では全くの他人事)あはは。。。


フィレンツェのシンボル、花の聖母教会、、、、、何度見ても美しいけど、、
やっぱり建物がデカくて写真には納まらん。。。。

    s-141_4131.jpg

    

シニョリーア広場にある屋外ギャラリーのロッジア・ディ・ランツィー

    s-142_4269.jpg

シニョリーア広場にあるベッキオ宮殿
    s-142_4268.jpg

宮殿前にある、フィレンツェの自由と独立のシンボル、ミケランジェロ作ダビデの像のレプリカ

    s-142_4272.jpg

そして、ポンテ・ベッキオ(ベッキオ橋)

    s-142_4279.jpg

ロンドンにはPISAの空港から帰ったんだけど、空港まで車で送ってくれた相方友人のロレンツォにおねだりをした。。

PIAZZALE MICHELANGELO(ミケランジェロ広場)に連れていってぇん 

ここはフィレンツェを流れているアルノ川の東南にある小高い丘でフレンツェの街を一望出来る場所で、ツアーでフィレンツェの街に入る前、もしくは街を去る前に必ず寄る写真スポットです。
夕方とかにフィレンツェの街に入る場合は、陽が落ちる前に行くのに必死でした。

で、ここにもミケランジェロ作ダビデの銅像(これもコピー)があります。
  
    s-143_4336.jpg

バスのドライバーからよく言われたっけ、、、、
ソロ・ディエチ・ミヌーティ!(10分だけだよー!)

お客様にも案内したっけ、、、、
バスは10分しか停めることが出来ませんから、写真を撮ったらスグにバスに戻ってくださいねー、じゃないと運転手さんが駐車違反でつかまりまーす!

今回はロレンツォが、、、、
ソロ・チンクエ・ミヌーティー!(5分だけだよ!) (爆)

    s-143_4334.jpg

自分は添乗員として新婚さんやご夫婦、友人同士、お客様のカメラのシャッターを何度押してあげただろうか、、、、

    s-143_4330.jpg

色んなことを思い出しながら、フィレンツェの街を後にして、ロンドンに戻ったのでした。。。(完)

2009年10月25日 (日) | 編集 |
トスカーナの休日=その11= ふつーに美味しい、いたりあー編


あれっ? まだ続いているの?トスカーナの休日????

まあせっかくだから、撮った写真を自分のブログに記念に載せておこうと思ってね、、、、

結構ロンドンのボローマーケットの記事を書いていましたが、イタリアではローカルなマーケットでも充分にロンドンのボローマーケットと勝負できますよ。。。。

下の食卓はワタクシ達が滞在していたロレンツォ家所有のアパートのキッチン、
ロンドンに帰る日のブランチです。

食材は近くのローカルマーケット(徒歩3分)で調達してきましたの。。。

パルマの生ハム、ブレザオラ、モルタデッラ、水牛のモッツァレッラ、トマト、パン、、
これだけでも充分にシ・ア・ワ・セーな食卓です。 

写真の上の方は、何でもかんでもパンに挟んでサンドイッチにして食ってる相方(笑)

  

そして、生いんげん豆とペコリーノチーズです。

  s-143_4319.jpg

イタリアでは春に出回るいんげん豆を生でペコリーノチーズと一緒に食べるんだそうでして、ワタクシ雑誌で読んだり、イタリア在住の方のブログで知っていたのですが、実際に食べたのは初めてです。
生インゲン豆の青々しい味とペコリーノチーズの塩味に赤ワインが良く合います。

  s-143_4328.jpg

熟した真っ赤なトマトもすごく美味しかったです。

決して豪華では無いけれど、い・た・り・あー  を感じる食卓でしたわ 

2009年10月24日 (土) | 編集 |
本日ヤフーニュースを見ておりましたらね、、、、、

世界最悪空港は, 英ヒースロー 

ぶはははははーーーー

[シドニー 23日 ロイター] 空港ラウンジサービスの会員で、頻繁に飛行機を利用する1万4500人を対象に実施した調査では、世界で最悪の空港は昨年に続き、ロンドンのヒースロー空港だった。一方、最も人気のある空港にはシンガポールのチャンギ空港が選ばれた。
 2番目に評価の高かった空港は、香港国際空港。欧州の空港で最も人気だったのは、アムステルダムのスキポール空港だった。
 このほか、最もひどい空港には、パリのシャルル・ドゴール空港とロサンゼルス国際空港が続いた。
 調査を実施したプライオリティ・パスは、発表で「パリでロマンチックな休暇を過ごそうと考えている人は、ムードを壊されたくなければ、ヒースロー空港経由でシャルル・ドゴール空港に到着するルートを避けなければならないことが示された」と述べた。


上の記事を読んでいる限りはね、どこの部分が最悪なのかは書かれていないので分かりませんがね、これでも英ヒースロー空港を主な仕事場としておりますワタクシはね、


超ウルトラ納得!!!! 


ワタクシが想像いたしまするにはですね、、、、


ロスバゲの多さ!!!!

入国審査の長蛇の行列!!!!

意地悪な入国審査官!!!!

ターミナル移動の不便さ!!!!

免税店つまんない!!!!

免税店でも値段が高い!!!!

免税店エリアのレストランやカフェのレベルが低い!!!!

長時間のトランジットだと時間を持て余してしまう、
すごい退屈!!!!



ヒースロー空港、最低、、、、、 


BAAさん(英国空港公団)頑張ってやー 

あっ、

でもね、、、

皆様、、、、来てぇ~~ん  
2009年10月23日 (金) | 編集 |
ちょっくらオリーブオイルを買いにボローマーケットへ行ったらですね、、、、、

    s-146_4656.jpg

イギリスでは割りと有名な日本人セレブリティーシェフ(有名人シェフ)のジュン・タナカがTVの撮影をしていました、キャーァァァ 
 
     

ジュン・タナカは両親が日本人ですが、アメリカ生まれと書いてあるプロフィールもあれば英国生まれと書いてあるプロフィールもありますが、いずれにせよ日本人ですが顔つきはすごく凛々しいですね。。。

     s-149_4950.jpg

こちらロンドンでレストランを経営したり、TVの料理番組にも出てたりしてたので、イギリスでは結構有名(まあ、知る人ぞ知る)のですよ。。。
フランス料理のシェフでロンドンのミシュラン星つきレストランで修行をしていたそうな。。。

     s-149_4951.jpg

この日は骨付きのポークチョップのグリルに”MEMBRILLO”って何ですか?スペイン風って看板に書いてあるので、確かにスペイン食材屋さんの前で撮影をしていたのですが、彼が手に持っているのは“ナシ”かしら???
皮をむいて、串切りにして大きな鍋でソテーしておりましたわ。。。

     s-149_4953.jpg

出来上がりまで見てたかったのですが、結構時間がかかっていてワタクシも次のお買い物がありましたので、途中で見るのを諦めました。。。。

一応ギャラリーとして、ワタクシもTVカメラに撮ってもらったのですよ 、イエーイ!
チャンネルはUKTVなので、ケーブル放送でしか写らないみたいですが、誰か  が映ってたら教えてね。 
番組名はMARKET KICHINです。。。うふっ。。。。
  
2009年10月22日 (木) | 編集 |
ちぢみの粉が余っていたので、久々に作ってみました。 
『コリアン・パンケーキの素』、つまり“ちぢみ”の素で作りました。。。
韓国食材店に行けば簡単に手に入りますよぉー。 

お好み焼きと同じ要領で、一枚につき粉を100グラム冷水で溶いて、
今回はネギと干し椎茸、糸唐辛子と卵、 本当は海鮮ちぢみにしたかったんだけどね、、、
エビやイカ等の海鮮が無かったのよぉー。  とほほほ。。。

タレはポン酢にニンニクのすりおろしを少しと刻みネギね。。。


我ながらね、、、いつも美味しいよ!  うふ!


で日本ではちぢみって一般的に言いますが、たまねこ家お隣の韓国人(釜山出身)はブッチムって言ってます。パジョンとも言うらしいですね。。。。


s-s-140_4042.jpg s-s-140_4040.jpg


どんな言い方であれ、韓国版粉モン料理、安上がりで美味しくて、で胃袋も満足します。

不況になると“お好み焼き粉”や“ホットケーキミックス”の売り上げが伸びるとニュースで読みましたが、我が家も最近は粉モン料理が多いです。

やぱり安上がりでーす!! イエーーーーイぃぃぃぃぃ・・・・(悲)

2009年10月21日 (水) | 編集 |
昨日はDEP(出発)のお仕事でした。。。

学生さんの研修旅行だったのですが、ホテルを出発前に学生さん達が自分達のスーツケースをある場所に持ってっては、キャぁーとかワァぁーとか言ってるんですよね。。。

その方向には何があるのか、、、、と思いましたらね、、、  

             

           

           

           

    

『量り』でしたの。。。。

ここは、あるツーリストクラスのホテルで日本人団体客も良く利用するホテルでね、コンシェルジェ・デスクの横にね、『量り』がいつからか分かりませんがね、置いてあったのですよ。。。

最近は何処の航空会社もスーツケースの重量がキビシイからね、、、

こういうのがあればウレシイよね。。。。。

でね、必ずって言っていい程、ひとりかふたりね、居るよねー、

ついでに自分の体重を量る奴 

2009年10月17日 (土) | 編集 |
ロンドンにありますグルメなマーケット、Borouh Marketのことは過去に書きました。

グルメなマーケット ←過去記事です。

あれから何度となく行っておりまして、ひとりで行ったり、妹が来たときは妹と行ったり、先だって日本から来た友人のMちゃんとも行きました。

ランチ時になるとすごい賑わいで、色んなスタンドで行列ができます。


何なに??WEST INDIAN CHIKEN CURRY? ウマそうっです。。。

       s-146_4652.jpg

これは THAI FISH CURRYやったと思うけど、ワタクシはココナツミルクの入ったタイカレーは苦手なんです。えぇえぇ分かってますよ、好きな人には美味しいんです。。。ねっ?
でもワタクシ、ココナッツミルクがダメぇー。 でも見た目はむっちゃウマそう。。。。

       s-146_4654.jpg

でーーー、、、嫁は影で美味しいモン食ってますシリーズ  イエーィー!!

ここのチョリソーサンドが激ウマなんですよ  スペイン食材を売っている店の横です。

       

トーストして、ちょっとクリスピーになったパンに、スパイシーなチョリソー、少し甘い赤ピーマンのマリネとルッコラを挟んでくれます、味のバランスが絶妙なんですよ。£3ポンドぐらいです。

       s-146_4667.jpg

最近は必ずオイスター(生牡蠣)も食べますのよ。
オイスターのスタンドはいくつかあるのですが、中国系のお兄さんのいるスタンドがワタクシのご贔屓ですの。
近くのBARでスパークリングワインを買ってね、一緒に食べるの
下の牡蠣はちょっとクリーミーでした、7月だったからかな?
その後9月にMちゃんと行った時は2種類の牡蠣を試しました、種類によって食べた感触の違いが分かります。(赤いのはね、レッドワインビネガーをかけ過ぎましたの、、、)

牡蠣は種類や大きさにもよりますが、だいたいひとつが1~1.8ポンドぐらいですの。激安ーー 
オイスターバーで食べたら高いよー。

s-146_4679.jpg s-146_4681.jpg

あとサカナ屋さんで帆立のグリルもありまして、、、、

       s-146_4672.jpg

あっ、この時は牡蠣も帆立もスパークリングワインも、貧乏な姉のために、たまねこ妹がおごってくれたんだっけね、、、ご馳走さんでした。。。

またおごってねー 
 
2009年10月14日 (水) | 編集 |
たまには仕事のことも書きますね、、ちゅー事で、

現役添乗員さんおよび仕事仲間の皆さんへ 

ヒースロー空港ターミナル2が来月11月26日をもって閉鎖されますのでご注意ください 


ヒースロー空港のターミナル2の建物です。

      

今あるターミナルの中で一番古くて、1955年に最初にオープンしたヒースロー空港の建物なんだそうでして、中のチェックインエリアは天井も低くて暗いです。。。

      s-149_4935.jpg

元々はヨーロッパ系航空会社が入っていたこのターミナルですが、先にスターアライエンス系のルフトハンザ、オーストリア航空などがターミナル1に移動しました。。。

ワン・ワールド系のイベリア航空はターミナル3に移動しました。

で今ターミナル2に残っているアリタリア、エールフランス、アエロフロートのスカイチーム系はどこのターミナルに移動するかと言いますと、、、 

     s-149_4937.jpg

      s-149_4938.jpg

ターミナル4は今現在、KLM,デルタ、ノースウエストなどのスカイチーム系が入っておりまして、以前に書いたのターミナル4の記事ですが、これからも色々と変わっていくんでしょうね。

ちなみにターミナル2の建物は2014年に新しく生まれ変わる予定のようです。

2009年10月13日 (火) | 編集 |
ここん所食べ物ネタが続いております、『嫁は影で美味しいモン食ってますシリーズ』、、っていつからシリーズになったんや?

こうなりゃブログ用にと撮りダメしてあった写真を一気にネタにしてしまおうじゃないですかぁーー 

ヒースロー空港の近くに Southall(サウソール)という地域がありまして、このSouthallに関しては、ブログ仲間で同じくロンドン在住のKmala KMARさんも自身のブログで時々書いておられます。
(Kmala KUMARさんのブログへは右下のリンクからどうぞ)

右を見ても  、左を見ても 、前を見ても 、後ろを振り返っても 、、、、

360度どこをどう見てもね、 

いんど、インド,印度ぉーーー  な場所なんですよ。。。。

例えばですね、、、、

Southallの駅の表示ですがね、、、、

05b03fb5acb0b2e0.jpg 英語の表記の下、コレ何語でしょうか、、、、 
 まず、インド語って無いんですよね、、、、

 ヒンズー語?、グジャラティ語?プンジャブ語?サンスクリット語?
 タミール語?その他モロモロ語?


そんなこんなのSouthallには当然インド料理レストランがたくさんあります。。。

たまねこが住んでいる所も割とインド人口が多いのですが、たまねこ家周辺はグジャラティ系ベジタリアンのインド人が多いんですよね、、、、、
でもSouthallはプンジャビの人達、シーク教徒の人達(男性はターバンを巻いている)が多く、お肉も食べるインド人、あとパキスナン系の人達が多く住んでいる地域なのです。

あっ、言っておきますけどもね、、インドでは牛  は神聖な動物ですからね、
インド人はビーフカレーなんて食べませんよ、ちゅーか、ありませんよー! 

本場インドで『ビーフカレー!』って注文したら、しばかれますよーーー   


で、話がガラリと変わりましてですね、、、、

いつだったか、仕事仲間3人が朝のDEPの仕事でたまたま揃いました。。。
そして偶然に3人共に午後の仕事もありまして、時間を潰さなければいけなかったのですよ。。。

悲しいかな、ヒースロー空港って本当につまらない空港でね、時間を潰せるような所って何も無いんですよ。。。。
いや、、、食べる場所はたくさんありますよ、、、でもね、、、、何処もね、、、、

空港価格なんですよね。。。。。

で、比較的空港に近いエリアに住んでいる仲間の家で時間を潰そうとなったのですが、バスでこのSouthallを通りましてですね、、、、

せっかくやからカレー食べたいなぁ、、、、 って事になりまして、

どこかにランチで食べ放題の店あったよなぁ、、、、、

結構探しました、、、

結局3軒ほどしかありませんでしたが、その中で一番安かった店、、、、



左から、スープ、カリフラワーのカレー、インド風キャベツのソテー?とチキンカレー

s-148_4855.jpg s-148_4857.jpg

ヒヨコ豆のカレーとレンズ豆のカレー、ふつうのバスマティ・ライスとターメリック入りのライス

s-148_4856.jpg s-148_4858.jpg

食い放題でーす!! 

s-148_4860.jpg

って、、、そんなに沢山食べれるものではありませんが、、、、ふつーに美味しかったですよ。
お会計書と一緒にウエイターが持って来たのは、お手拭と?????

ワタクシ達は別に食べたあとのお手拭は要らないのですが、お隣のテーブルでは本格的に手で食べてらっしゃいましたわ。

s-148_4863.jpg

で、拡大しますとですね、、、

s-148_4862.jpg

食べてみましたらね、味は多分クミンシードをコーティングしたものです、、、
日本だと何?
ちょっと不思議なお味がいたしました。。。。。

で、いくらやったって???

ちゃんと覚えてへんのですが、、、多分一人£4.80ぐらいやったと思うんです。。。
でプラス、ワタクシ、飲み物はラッシー(ヨーグルト・ドリンク)1ポンド(ぐらいやった)を注文しました。。。

なんで6ポンド。。。。。たまねこ価格、充分合格  
あっ、味はふつうに美味しかったですよ。。。。。食べ放題ちゅーことで 

PALM PALACE
80 SOUTH ROAD, SOUTHALL,UB1 1RD
020-8574-9209

=追記=
友蔵さんからコメントをいただきました。

>食べてみましたらね、味は多分クミンシードをコーティングしたものです、、、
>日本だと何?

因にそれは『Fennelseeds』日本語で『茴香(ういきょう)』です。

2009年10月11日 (日) | 編集 |
はっきり言いましてですね、、、、ランチに10ポンド(1600円)、ディナーで18ポンド(2900円)なんてずえんずえん  価格ではございません。 

確かにロンドンの物価と今の為替の相場、(ポンド・・・泣きたくなるほど弱いねぇ)を考えると安いのかも知れませんが、 価格のレストランはまず、酒持込OKでないといけません。
これ、とっても重要なポイントです。

とにかく、たまねこ価格の線引きはですね、、、、

ランチは飲み物やサービス料込みで10ポンド以下、、、
(今の換算レートは1ポンド=160円か1.1ユーロ、、、ポンドむちゃ安  )

今回の焼き鳥レストランはランチ10ポンド+お茶50P+チップ1ポンド=11.50ポンドでしたが日本食ランチで10ポンドは安い部類なんだそうな、、、
でも毎日ランチを外食するなら、10ポンドでも無理ですよね。。。。

夕食なら飲み物、サービス料込みでも15ポンド以内、、、

飲み物持ち込みで、後でチップ足して10ポンド、、、

貧乏人な  はこれが精一杯なんですのよ、、、とほほほ。。。(泣)


ところであれは8月だったっけ?

これまたロンドンでの仕事仲間だったSさん添乗員、今はもう殆どオフィスでの仕事が中心であまり添乗に出ないらしいんだけど、ピンチヒッターでイギリス周遊に来たんでしたよね。

(アサインミスとかピンチヒッターじゃないとイギリスに来ないのかなぁ)

でSさん添乗員と仲がいい元添Yさんも一緒に・・・・・

Sさん添乗員、その節はお土産を有り難うございました。
記事にアップするのが今頃になってしまいましたので、頂いたものは既に全て食い尽くしております。



さて、Sさん添乗員が泊まっていたのはロンドンでも東のShoreditch(ショーディッチ)というエリアでして、最近はGRPが時々利用するHTLがあります。

でーーーーーーーーーーー、、、、、

ショーディッチと言えば、ヴェトナムレストラン街がありまして激戦区なんですよ。

それに殆どの店は 酒持込ですの。


まずは、お決まりの生春巻き、揚げ春巻き

s-144_4429.jpg

イカの炒め物、ヴェトナム風チャーハン

s-144_4432.jpg s-144_4433.jpg

豚肉とナスの炒め物、ヴェトナム風サラダ

s-144_4434.jpg s-144_4435.jpg

写真を撮るのを忘れたのですが、確かフォー(ヴェトナムのヌードル)も頼んだっけ。。。

ちょっと注文しすぎたぁー?と言いながらも3人で完食 
ワインを持ち込んで、あとはお茶(有料)とかも頼んで、、、ひとり10ポンドちょいぐらいでした。

これぞ適正たまねこ価格  イエーーイ!!

ここ  はオフィスのヴェトナム人スタッフおススメで、他にもいっぱい同様レストランが並んでいるのですが、何故かここばっかり行ってます。
学食みたいだけど、とにかく安くて美味しいの 

s-131_3168.jpg

Loong Kee Cafe Restaurant
134g Kingsland Road, London, E2 8DY
Tel: 020 7729 8344
2009年10月09日 (金) | 編集 |
昨日に続き、嫁は隠れて美味しいモン食ってます・・・・・  ぶははは。。。

半月前でしたが、仲の良いHちゃん添乗員、アサイン・ミスで本当はトルコに行く予定だったのが急遽、

イ・ギ・リ・ス・周遊 だよ~~~~!      


で、メール  をくれたHちゃん、お買い物有り難う  

s-149_4916.jpg


Hちゃん添乗員は夕食はフリーなので、どこかに食べに行こうということになって、

前回のブログにも登場の、仲間のOちゃんも誘って、、、、、

Hちゃん添乗員が滞在しているホテルの近くをうーろうろ・・・・
(最寄り駅:HIGH STREET KENSINGTON)

ふらと横丁に入ったら、レストランが3軒ほど並んでおりまして、、、、

一軒ずつメニューと値段を見ておりましたのね。。。。。

横丁の一番奥にありましたフレンチ・ビストロでメニューをチェックしておりましたらですね、、、

ここ、美味しいよーー♪ 

アレッ? 天の声??? 

見たらですね、日本人の ちょっと金持ち風 オバサマがお二人ですね、、お食事を終えられたところだったのですよね、、、

ココ、ほんと、美味しいよー、お勧めよぉーー♪
私達もう3日連続で通ってるの、、他に行く気がしなくてさぁ。。。。


聞けば、近くのホテル(5★)にお泊りの観光のお客様でしたの。。。。

じゃあ、ここにしよう!!  と決めたワタクシ達・・・・(←単純)



当然予約は無く、外は寒いので中のテーブルが空くのを待っていたのですが、、、
30分以上は待ったかなあ。。。(平日ですよ)。。。


スターター(前菜)のイカのリングフライです。
これ、マジで美味♪ ガーリックバター風味が効いていました 

s-148_4878.jpg

その後、ライトミール(軽い食事)を注文・・ということでですね、、、、

Oちゃんはリゾットを。。。。

これね、オーダーした時にね、ウエイトレスのお姉さんがね、
“このリゾット、入ってる野菜が多すぎるって時々文句言われるのよねぇー”
ってすごく正直に言ってくれたのですが、Oちゃんはそのまま注文。。。

s-148_4888.jpg

Hちゃん添乗員は“チキンとアボカドのサラダ”

s-148_4887.jpg

ワタクシは“クラブミート・フィッシュケーキ”、言わば蟹の身の入ったコロッケのようなもの、、、かな?

s-148_4886.jpg


どれもこれも 美味! 美味! 美味ぃーーー!!! 


で、ハウスワイン  のボトルをオーダー、お水は無料 で、、、

おひとり18ポンド、(3000円)は夜ごはんにしては安い!!(でもたまねこ価格では無い!)

実は、、、優雅にこんなん食ってる余裕のない  ですが、友人が来た時ぐらいはええやんね、


COTE BISTRO
47 Kensington Court,London、W8 5DA
0207-938-4147
kensington@cote-restaurants.co.uk
2009年10月08日 (木) | 編集 |
大型台風が日本に上陸というニュースを読んで、今日の日本からの到着便は大丈夫だろか、、、と心配しておりましたが、各社ナントカ30分送れ程度でロンドンに到着しました。
が、、、国内線がボロボロだったようで、成田で国際線に乗り継げないお客様もおられたようです。。。


さて、元添仲間兼ブログ仲間で北イングランド在住のクバニータさんがロンドンに行くので“ランチを一緒に・・・”とメールが来ましたので、早速仲間のOちゃんも誘いまして、、、、、、

クバニータさんのリクエストで『和食』  

(北イングランドにはレベルの高い和食レストランは無いんだそうです) 

で、今回はOちゃんのお勧めレストラン・・・・・の店内・・・・・
シンプルで、とても落ち着いた雰囲気の店内でしたよ♪

  

3人共オーダーしましたのは、、、Oちゃんのお勧めの、、、、、、


  焼き鳥ランチ   


ランチは色々メニューがありまして、どれも10ポンド(約1600円)です♪

  s-149_4928.jpg


 焼き鳥♪ 焼き鳥♪ 焼き鳥♪やきとりぃーーーー! 


あら失礼! 焼き鳥なんでここ3年近く 食って 食べていなかったものですから、、、


  たまねこ感激ぃーーー! 


ちゃんと炭火焼きで、まじ日本の焼き鳥です、申し分無し 
ランチ時はご飯のお変わり無料、お茶は50Pでした。

  s-149_4929.jpg


この店は元々ロンドンの老舗の焼き鳥屋さんで働いていた、日本語ベラベーラのイギリス人が独立して立ち上げたお店で、安くて美味しくて、夜は地元民でとても繁盛しているそうな。。。


相方、すまんねぇー、、、
アンタには贅沢するなー!!!っと言っておきながらさぁ、嫁はね、影で美味しいもん食ってるんよねぇ 。。。
って、当たり前ざんしょ?わたしゃ必死で働いて稼いでんだからさあ。。。。


  s-149_4930.jpg

Tosa 
332 King Street, London, W6 0RR
020-8748-0002

ランチ 月~日 12:30~14:30
ディナー 月~土 18:00~23:00、日 18:00~22:30

2009年10月07日 (水) | 編集 |
トスカーナの休日=その10= ボローニャの街素敵だよー編

さてさて、今回はNaocciさんに会う為にやって来ましたボローニャですが、とっても素敵な街なんですよ♪実はワタクシ16年以上前に個人で来たことがあるのですが、記憶が古すぎて殆ど覚えておりませんが、、、。

そんな素敵なボローニャの街を、Naocciさんとお喋りしながらぶーらぶら 


街の中心、マッジョーレ広場にあるネプチューン(海の神様)の噴水は街のシンボルなんだそうです  ボローニャは海には面していないんですが、逆に海に憧れたのかな?

              s-142_4286.jpg

           そして噴水はどこから出てるかと申しますと、、、、、、

   海の精のおっぱいからでーす。。。うふ。。海の精は半分人間で半分鳥なんだとか。。。

       s-142_4284.jpg


   14世紀に建築が開始されたサン・ペトロニオ大聖堂は今も未完成なんだそうです。

           s-142_4287.jpg

          
          ボローニャの斜塔と呼ばれているトッリ・ペンデンティー
      低い方の塔はよーく見れば傾いているのですが、写真じゃ分からないな。

              s-142_4298.jpg

イタリアはどこの街も食べ物が美味しい、実はボローニャは美食の街なんでして、こんなお惣菜屋さんがいっぱい 
余談ですが、パスタのミートソースはボロネーゼソース、ボローニャ風という意味でここ、ボローニャが本場です。ワタクシ食べたよ♪、写真撮り忘れたけど、ほんと美味しかったー

       s-133Salami-Anyone.jpg

        生パスタに生ハム、グリルしたお魚や肉類、どれも美味しそう 

      s-142_4289.jpg s-142_4291.jpg

      s-142_4293.jpg s-142_4294.jpg

          なんだか、卑猥な形をしたこの物体、、、、実はパンです。

           s-142_4295.jpg


北イタリアの町にはポルティコと呼ばれるアーケードがたくさんあって、建築的にも素晴らしいし、何よりも暑い夏は日差しを避けることができます。

s-133Bologna-Portico.jpg  61239212_DSCN5266_k.jpg images1_20091008064328.jpg


せっかくなので、ボローニャの街を紹介してみました。

イタリア周遊ツアーでは殆ど高速道路で素通りしてしまう街ですが、素敵ですよ♪

 
2009年10月06日 (火) | 編集 |
急に寒くなりだしたロンドンです。

先週までは結構暖かい日が続いていたのですが、昨日から雨模様 
家の中でも半袖だけだと寒くてフリース着てます。。。。ぶるぶる。。。

でもまだ暖房を入れるには早いし、家計が苦しい  家は、とことん我慢です。

ところで、今年ほど庭のことが出来なかった年はありませんでしたね。はあ、、、(溜息)

ガーデニングってね、気持ちと生活、あと金銭的にも余裕が無いと出来ないちゅーことがよぉーく、よぉーく分かりましたわ。

で、この夏唯一作った、玄関のハンギングバスケット、、、

トスカーナに感化されて、赤いゼラニウムを中心にしました。

      


裏庭はサッパリですが、表玄関だけは見栄を張りたいやん。。。。

2009年10月05日 (月) | 編集 |
本日も朝5時起きだった  です。

早起きは辛いです。

ベッドに入っても『明日は早く起きなあかん、、、』って思ってたら緊張して寝れないんよね。
でウトウトし始めたら、目覚まし時計が   いつものパターンです。

仕事終わって家に帰ったのが昼2時ごろ、ご飯食べたら眠くなったので恒例の?!2度寝 

起きたら夜8時半  ぶはははは!


朝1本目のお仕事は、先週来られた新婚さんカップルのご帰国でホテルから空港までのお送り、

先週の到着時にホテルにチェックインしたら、日本サイドのAGTさんからホテルにハネムーン・メッセージが入っていたのか、お部屋にワインとチョコレートの差し入れがメッセージカードと共にサイドテーブルに置いてあったのですね。。。。

で、空港に向かう車の中で、

ワイン美味しかったですかぁ~?(たまねこ)

僕たち、あまり飲めないんで飲まなかったんですよ。。。(新婚ご主人)

じゃあ、ワインはスーツケースの中に入っているのですか?

いや、思ったよりいっぱい買い物をして、スーツケースもいっぱいでワインは入らなかったので、部屋にそのまま置いてきました。

ええぇぇーー部屋に置いてきたんですかぁーー?

はい。。。。。。


何でワシにくれへんねん!!! 



ほんま気の廻らん客やなぁ 

2009年10月04日 (日) | 編集 |
昨日は仕事が終わって家に帰ったのは夜中12時過ぎ、、、、

で今日は朝4時起き。。。。。 

仕事を終えて家に帰ったんは朝9時、、、で、、、、二度寝をしたら、

2242491093_20090724065636.jpg

起きたら、夕方5時でした。。。 ぶははは。。。


昨日のお客様達、
ご視察でいらっしゃったグループ21名様(全員男性)のご夕食のレストランにご一緒させていただきましたの。
2週間のご視察ツアーを終えての最終日、チャイナタウンの中華レストランにてお別れパーティー、
特別なツアーのお客様達でございましたしたので
ワタクシも普段は食べれない帆立貝やロブスターを頂戴いたしまして、 
美味しかったよー、、、ううう、、、(号泣)

もう皆様、 飲む! 飲む! すごく飲む! 

ビールは軽く50本、、、、、、(但し、こちらのビール瓶は330mlです)、

紹興酒のボトル8本、、、、、

で、、、、

で、、、、、、、、ワタクシ、何がビックリいたしましたって、、、、、


モエ・シャンドン6本!!(高級シャンパン) 


これね、日本でね、綺麗なお姉ちゃんのいる東京の銀座や大阪の新地のクラブやったら、


モエ・シャンドン注文入りましたわよー!!!

キャー!!パチパチパチ!
 でしょうな。。。 


でもね、、、、、

誰もね、、、、、

ワタクシに一杯もすすめてくれなかったのよ。。。。。


ワシにも一杯ぐらい飲ませろやーーー!!! 


ほんま気の利かん客やな、、、 

2009年10月02日 (金) | 編集 |
トスカーナの休日 =その9= Naocciさんに会いに行くでー。。。。編

フィレンツェに滞在中だった第4日目の月曜日、

ワタクシと相方が行って参りましたのは 
        


はい、ボローニャでございます。

今回フィレンツェに行った際に会いたいと思っていたブログ仲間の、Naocciさん、

そもそもNaocciさんとはブログの上では3年以上のお付き合いになりまして、、、と言いますのも、元々はワタクシが、自分のイタリア料理のレシピに限界を感じてイタリア料理ブログを検索していたところ、Naocciさんのブログ Mangiaaa ITALIA!(←ジャンプします) をめっけ 

読んでいたらNaocciさんのご主人のTinoさんもサレルノ出身ではあーりませんか。。。

そして2年前の9月の終わりから10月にかけて、ワタクシと相方がシチリア経由サレルノにホリデーに行っていた時、実はNaocciさんはNarちゃんのご出産の為にサレルノに居たんですよね!

丁度我が家のコンピューターのトラブルで、Naocciさんのブログを見てなかったので、同時期にサレルノに居たなんて露とも知らなかったんです。

オマケに相方の実家とNaocciさんが居たところってそんなに遠くなかったんですね。(徒歩圏内)
今から思い出せば、サレルノの街でNaocciさんとは何度もニアミスしてたかも、、、
(Naocciさんのサレルノ日記参照)

そんな思いもあって、フィレンツェに行ったら、ボローニャにも行ってNaocciさんに会えるかなぁーっと思い、連絡を開始しましたが、、、(フィレンツェ⇔ボローニャは列車で1時間)

まずはNaoccIさんのブログ経由でメールが届かなかった、、、、とか、

メールで連絡が取れて、携帯電話の番号を教えてもらったので試しにロンドンからかけてみたけど、番号が下3桁も抜けていて連絡が取れなかった、、、、とか、、、、 

いざフィレンツェからボローニャに行くハズだった土曜日には、ボローニャ駅の閉鎖でボローニャに行く列車が動いていなかった、、、、とか、、、、  

いろいろありましたね。。。。

そしてやっとこさこの日、お昼にボローニャで会うべくフィレンツェの駅に行ったら、ワタクシ達が予約していた列車が1時間以上遅れていたんですよね。


どこまでも、どこまでも、延々に I~TA~LI~A~~~

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。