英国ロンドンで、日本からの観光客のお世話をする『現地係員』というお仕事をしている元海外添乗員。仕事・趣味や日常の事など言いたい放題、書き放題な自己満足ブログです。
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2009年09月30日 (水) | 編集 |
私は垣根刈りをする時はいつもお隣さんの分も刈ってあげています。

(但し、自分家の庭から手の届く範囲でね)

After

そしたらね、、、、

お隣の奥さんからね、、、、

○○○さん、いつも有り難うね、終わったらこれ食べてぇー、
辛いけど、○○○さんはOKよねぇー


     差し入れ   たまねこ感激 

以前に書いたと思うけど、たまねこ家のお隣は韓国人ファミリーが住んでいまして仲良くしております。

 

ワタクシ、庭仕事を終えまして、、、

ご飯を炊いてビールと共に  いっただっきまーす!!

豚肉の唐揚げにとろりとソースが絡まっていまして、酢豚じゃないけど料理的にはそんな感じかな、手がかかった料理です。サラダだってちゃーんとマヨネーズまでかけてくれて、、、
 
で、やっぱり辛い 、美味しい  美味しい  辛い 

お隣の奥さん、ご馳走様でした 

スポンサーサイト
2009年09月29日 (火) | 編集 |
        

                久々に朝5時に起きました。。。
  
      午前7時のピカデリーサーカスはまだ人通りもまばらでひっそりとしていました。

         今日は長い一日になりそうなので、しばし二度寝します。。。。。




2009年09月28日 (月) | 編集 |
先週、先々週は結構忙しかったと思ったら、日本はシルバー・ウイークと呼ばれる連休だったらしいのね、、、
海外に住んでる皆さんでしたらシルバー・ウイーク それナニ?って感じですよね、、、、、

ワタクシだって旅行関連のお仕事で無ければ、日本はシルバー・ウイークなんてことすら知りませんでしたわよ。。。
で、日本国民の皆様、シルバーウイークが終わって気が抜けたのか、今週と来週は結構ヒマざんす。。。

 
ところで先週は???って思うくらい  続きなロンドンでした。
昨日も快晴  、そしてワタクシOFF,久々に庭仕事、、、、

垣根を刈って、落ち葉の掃除、、、、

ワタクシが庭仕事をしているとね、、、、よくこの子が来るんですよ。。。
スゴク人懐っこいのですよ。。。

英語名はロビンちゃん。。。

日本名ではこまどりです。。。


こ ま ど り 

お姉さんのーつまびーくー三味線にぃー

image6371.jpg

これは こまどり姉妹 


久々にボケてみましたが、年が伺えますね。。。。


で、ほんまもんの こまどり です。



私が庭仕事をしてるとね、ご機嫌伺いに来てくれたりね、、、、

終わったら、“お疲れさまー”って鳴いてくれるのですよ、、、、、

チュンチュン、、な鳴き声では無く、キコキコキコ、、、思ったよりも硬い感じの鳴き声でした。 

s-149_4902.jpg

すごーーく癒されます。。。。。

そして、さらなるサプライズが。。。。。。うふ
2009年09月27日 (日) | 編集 |
トスカーナの休日 =その8= トスカーナのピザ編

湖水浴からフィレンツェに戻ってですね、、、、お腹がすいた。。。。

ロレンツォが、PIZZERIA(ピザ屋)に行こう!!!って事でですね、ピザ屋にいきました。

メニューとにらめっこしながら、何かトスカーナっぽいピザ、、、、

良く、『ピッツア・フィオレンティーナ』って、ピザの真ん中に卵やほうれん草がのっかってるのがありますが、、、、(何で“フィオレンティーナ”が卵とほうれん草なんですか?)

ワタクシが頼んだのは、、、、、

生ハムのピッツア???

s-142_4265.jpg

いいえ、、、
プロシュート(生ハム)とフンギ・ポルチーニ(ポルチーニ茸)のピッツァでございますの。。。。

ところどころにポツン、ポツンっと何かキノコのような物が見えるざんしょ?

ポルチーニのオイル漬けざんすの。。。。。

お味は?・?・???

美味しゅうございましたわよ。。。。

でもね、、、、やっぱりね、、、、、

ピザはナポリが美味しいざんす!!!

お好み焼きなら大阪や広島で食べるのが美味しいように、、、、、

ピザも『イタリアで食べるから美味しい』のではなく、、、、

やっぱり『本場のナポリ』が美味しいざんす。。。。。

2009年09月26日 (土) | 編集 |
トスカーナの休日 =その7= ロレンツォがドライブに連れてってくれたでー編

いつまで引っ張ってんねん、このトスカーナの休日ネタ。。。。。
もう4ヶ月も前の話やし、夏も終わったちゅーねん、ぶははは。。

ワタクシ達がフィレンツェに行った5月の終わり、イタリアに熱波第一弾なるものがやってきてまして、気温は連日35℃を越えて38℃ぐらいまで上がったっけ。。。
暑かったのなんのって、、、

暑いから1日に2回も3回もシャワーを浴びる、、、
   
シャワーを浴びたあとは、洗濯した新しいパンツを履きたい、、、
   
二人とも、着替えのパンツは日数分しか持って行かんかったのでパンツが足りなくなる、、、
   
何回もパンツを洗濯したわ、、ほんま。。。。


のんびりまったり過ごした日曜日の朝、ワタクシ達は近所の自販機コーナーで買ったパスタのランチも終えて、、、、
ロレンツォが部屋に来て、、、、、

湖水浴に行こう!

海水浴ではなくて、湖水浴?

でもね、、、ロレンツォ、

あんた毎日起床は午後2時でしょ、

今もう午後3時なんですけど。。。。。

左がロレンツォ、長い髪をゴムで束ねている、
彼は車の中では絶対に音楽とかラジオをかけないそうである、
(自分がクラブDJなので、車の中でまで音楽を聴きたくないそうである)



フィレンツェから車を走らせ、、、トスカーナの山間を抜けて、、、走ること約1時間。。。

ここは人造湖なんだそうです。。。。

ヨーロッパの夏は日が長いので、着いた時点で夕方4時ですがまだまだ大丈夫?

s-142_4245.jpg s-142_4247.jpg

泳ぐと言うよりも、皆様熱心に日光浴、、、、

で、ロレンツォは何処に行っても、必ず
チャーーーオ!ロレンツォー!!と声がかかる、本当に顔の広い奴である。。。

日焼けしているイタリアオトコもオンナも本当に格好良く見えるわ 

太陽の無いロンドンに住んでいる相方、でも根はイタリア人(地中海系)なので、太陽に当たれば日焼けも早い、、、早速おデコと高い鼻は真っ赤っか。。。。

ワタクシ、、、、シミが気になりますので 、お帽子被って  デッキチェアーに座って、、、

ただひたすら、ボォォォォぉぉぉーーーーーーと過ごす。。。

s-142_4254.jpg

ワンチャン、、、泳いでる。。。。。犬かきで泳ぐワンチャンってすごい!!

s-142_4252.jpg

スカートが濡れないように、おパンツの中にスカートの裾を入れて、、、

s-142_4256.jpg

そろそろ日も暮れ始めたので、フィレンツェに戻るとしますか。。。。。

2009年09月23日 (水) | 編集 |
先だってですが、我が家の玄関に置いていた   この荷物、、、

あら、、、、たまねこさん、ご旅行に行ってらしたんですか???

それともご主人が、ご旅行に、、、、、

s-148_4851_20090921190027.jpg

な訳ない。。。。。

スーツケースにはエミレーツ航空(アラブ首長国連邦)のタッグがついておりまして、、、

実はこのスーツケース、お客様がご自分のスーツケースと間違えて取ってきてしまったのです。

間違えて取ってこられたお客様は、先の記事に書いた車椅子の方々のGRPの方でして、

何故こんなことになったのかは、、、、、ワタクシわかりませぬ。。。。

s-148_4853_20090921190235.jpg

このGRPが到着されてロビーに出て来られた際、車椅子や車椅子を押す人のスーツケースを他の人がカートにまとめて載せておられました。

そして空港のポーターがバスまで荷物を運びました。
スーツケースの数は人数分あったので、ワタクシも疑いもしませんでした。

ホテルに着いてから、ホテルのポーターから、
『この荷物、名札が無いし、みんなJLやのにエミレーツの札がついてるでー』って言われて

ワタクシ 、、、、なんでやねん。。。。 

ちゅーことは逆に荷物を取り間違えたお客様の荷物は空港に残ってる?

即効お客様の部屋に確認電話、、、、

皆様全員ご自分のお荷物はあるとおっしゃる。。。。

これまた なんでやねん。。。。 

こんなこと、ありえへん。。。ほんまに。。。。


そのまま空港にこの荷物を返しに行こうと思ったのですが、夜も9時、カウンターに係員がいなかったら困るので、ワタクシ、自宅に持って帰ってきた次第ですす。。。。はい。。。。

機内持ち込みサイズのキャリーバッグなんですが、パンパンに詰まってるみたいで重いのなんの、、 ほんま、ワタクシ帰りに必死でステップフリー(バリアフリー)を探しましたわ。

この荷物、翌日にエミレーツさんへ返しに行きましたよ、
スタッフには“かくかくしかじか、、、すんません!”って謝りましたが、不思議だったのはエミレーツにこのバッグの持ち主からの連絡が無いようだったこと。。。。

これまたありえへん。。。

ワタクシの推測ですが、お客様の乗っていたJL便の荷物のターンテーブルに、JL便よりずっと早く着いていたこのEK便の荷物がターンテーブルでグルグル廻っていたのでしょうな、きっと、、、

そしてEK便のお客さんは自分の荷物を取り忘れていたんでしょうな、きっと、、、
(中東便は例えば家族4人でスーツケースを10個とか預ける人多い・・・・・)

でワタクシのお客様、自分の荷物・・・って思って一旦は取って、、、、

あれ、この荷物違う、、、って気付いて、自分の荷物を取り直して、、、、

せやけど何で間違えた荷物まで持って出て来るねん。。。。。

やっぱりよう分からん。。。。。。。。。
2009年09月20日 (日) | 編集 |
ここのところ、偶然にも身障者のお客様とご一緒のお仕事が続いておりました。

先日は友人同士の女性二人組みで、おひとりは弱視の為白い杖をついておられました。
(この方々に関しては予めオフィスよりメッセージが入っておりました)

次に熟年のご夫婦で、奥様が簡易車椅子持参で歩行がゆっくりな方でした。
(この方に関してはオフィスよりのメッセージはなし)

そして今回ですが身障者の方々のグループのお世話をさせていただいておりまして、このグループには添乗員さんはいませんでした。

16名様中、身障者の方7名様、うち車椅子の方が4名様、
車椅子の方4名様中、車椅子を降りて少し歩ける方が2名、全く歩けない方が2名です。

残りの皆様はプロの介護士さんなのでとても慣れてらっしゃいますし、添乗員さんは付いていませんが、お1人英語を話す方がおられます。

皆様の移動には『電動リフトつきバス』が用意されました。(日本からのリクエストです)
バスの運転手もとっても慣れています。

s-Picture 199

下の写真は少し分かりづらいですが、運転手が車椅子を床に固定しているところです。

車椅子のブレーキをロックしていても、それだけでは当然不十分なので、床から車椅子にベルトを通して、例え急ブレーキなどでも車椅子が絶対に動かないように力を入れて固定してます。

s-Picture 198

お泊りになるホテルも、バリアフリーばっちりのホテルで、お部屋も身障者のお客様用のお部屋で皆様、快適にお過ごしいただいたようでした。

*『バリアフリー』って言葉は和製英語かな?こちらでは『ステップフリー』って言います。

お部屋の写真はありませんが、身障者用の客室はまず入り口やお部屋も広め、バスルームには浴槽は無く、シャワーのみですが、広くていたるところに手すりがついています。
緊急を知らせる用のアラームもあります。
ホテルのスタッフも本当に皆親切で、良く協力してくれました。

皆様のみで公共の機関、地下鉄・バス・タクシーを使って移動もされたようです。

今回来られた皆様より、
ロンドンでは車椅子でも当たり前のようにタクシーに乗れて、当たり前のようにバスにも乗れて、地下鉄は中心部は階段が多くて大変だけど、日本と違って周りの人達が当たり前のように助けてくれくれました。
本当に皆さんがやさしかったので感激しました....との感想をいただきました。


下の画像はLondon Taxi Experienceよりお借りしましたが、下の写真のようにロンドンTAXIは車椅子も楽々乗れちゃいます♪

バスだって運転手に合図をすれば、車椅子用のスロープも運転席のボタン操作ひとつ、
楽チンに乗れるのです♪

s-PB-wheelchair-loading_2009.jpg s-PB-wheelchair-secure_20090.jpg 8942c888ff4f9280.jpg

今回は身障者や車椅子のお客様を通して、色々とお勉強をさせて頂いた  でした。

2009年09月18日 (金) | 編集 |
=トスカーナの休日 その6= 日曜日のお昼ごはんに苦労したでー♪編

日曜日の朝、近所のBARでカプチーノとコルネット(クロワッサン)で朝ごはん、
のんびり、まったり過ごしていたけどお腹が空いてきた、

生きてるだけでお腹が空く、 ほんま、、、

滞在していたアパートにキッチンがついていたので、何か作ろうと思ったけど近所のお店はずぇーーんぶお休みだよー、 

朝開いてたBARも教会のミサが終わったら閉まっちゃったよー、

レストランやトラットリアも閉まってるよー、

お腹がすいたよー

ロレンツォはまだ寝てるよー

フィレンツェの中心まで出て行く気力が無いよー、



相方が、近所に自販機コーナーがあった  と言って、二人で行ったら、、、、

じゃん、ありました。。。。 ドリンク、スナックの自販機、、、、

そして、、、、

パスタの自販機  イエーイ!!

パスタは全部で6種類ぐらいありまして、、値段はだいたい2ユーロちょっとだったかな。

コインを入れる(おつりは出ないので、ちょっきしの金額を入れる)

希望のパスタの番号を押す、




どうか自販機が壊れていませんように。。。。。

祈りながら待つこと3分間、、、、じっと我慢の子であった。。。。。


ドサッっと音がして、、、、

こんなん出てきましたー 

s-142_4242.jpg

お皿にとれば、立派なお食事に変身 

前日にキャンティーのワイナリーで買ったワインもあけて、、

ボナペティート!

ズッキーニのペンネです 

s-142_4244.jpg

コインの持ち合わせが無かったのでひとつしか買えませんでしたが、、、ぐすん、、

イタリアのパスタ自販機、レベル高いです。

この後、ロレンツォがドライブに連れてってくれました。
2009年09月16日 (水) | 編集 |
=トスカーナの休日 その5=  風景の写真載せてたらキリがないよー♪編


トスカーナの山の景色やワイナリーのあるお城の庭、周辺の景色、

写真を撮ってたらキリがありましぇーん、、、

何処をどう撮っても絵になる景色です。 
s-142_4208.jpg

ワタクシが住んでおりますイングランドには、実は『山』が無いのですよね、
なので山がある景色って変化に富んでいていいなあ、、、って思います。


s-142_4216.jpg

建物の向こうはオリーブ畑です。
ぶどう畑はお城の途中にいっぱいあったのですが、写真が取れませんでした。

s-142_4224.jpg

イタリアの田舎にはゼラニウムの赤い花がとても良く似合います。

s-142_4212.jpg

ゼラニウムは太陽に強く、少しぐらい水遣りを忘れても平気だし、何よりも虫もつかない丈夫な花です。

実際に帰りの飛行機の中でゼラニウムの鉢を買って、手荷物にしていたイギリス人のおばさんがいたよー、検疫にひっかかるやん!
こういう景色を見ていたら、買いたくなる気持ちはよぉーく理解できますが。。。。

s-142_4215.jpg

ワインとパニーノでピクニックもいいな。。。。。

s-142_4225.jpg

茶色の壁に緑のぶどうの葉、赤いゼラニウム、、、、
最高のコントラストです。。。

s-142_4229.jpg

今年は自分家のお庭に何も植えることが出来なかったので、来年は是非赤いゼラニウムをトスカーナ風に植えようと思います、、、、、が、、、、、、、

イギリスに絶対に欠けているもの、、、、、、光り輝く  だよね、

サンサンと輝く  があってこそ、赤いゼラニウムも映えるんだと思う。

2009年09月15日 (火) | 編集 |
=トスカーナの休日 その4= いよいよワイン・テイスティング♪編

待ちに待った、ワイン・テイスティングです  イェーーイ!!

お城の建物の一角にあるダイニングにて、まずは説明、
えらい聞き取りやすい英語やな、と思ったら、、、在伊20年という  人やったわ。

説明はいらんから早く飲ませろや! 

s-141_4186.jpg

ワインのおつまみは、トスカーナ名物のクロスティーニ(トマトとレバー)、
オリーブオイルをかけたパン、サラミにペコリーノチーズ、

たったのこれだけかいな?! (まあ最初から期待はしておりませんでしたから。。。。)

s-141_4182.jpg

今回のテイスティングは以下の3本でして、、、

s-141_4199.jpg

ワタクシ、ビールよりワイン、ワイン党ですのよ 、、、おほほほ。。。。

ただ『通』では無い『タダの飲兵衛』なのであまり違いは分かりません。ぶはははは。。。。
  
s-142_4202.jpg s-141_4190.jpg

一応は、グラスをぐるぐる廻して香りを楽しんで、色を確認して、、、、
ウンチクをたれているよりも、飲ませろー!!、、、なワタクシ、、、

s-142_4201.jpg s-141_4193.jpg

s-141_4200.jpg s-141_4197.jpg

そしてテイスティングが終わったら、最後はお決まりの売店ね、

ここの売店でね、ワイナリーに連れてきてくれたイタリア人ガイドがね、必死で売り込みをしておりまして、、、そりゃそうだろうね、売り上げの?%が彼女の懐に入るんだろうからね、

ワタクシ達は買いたくても買えましぇんのよ 
 
だって、帰りの飛行機は荷物を預けずに手荷物の予定なんですもん。。。

空港の液体物の持ち込み制限はこんな所にも影響が出ているのですね、

s-142_4221.jpg

それよりもワタクシと相方が気になったのはこの樽のほう、

s-142_4219.jpg

これね、空き瓶とかポリタンクとか持参したらそこに詰めてくれるテーブルワイン用の樽で、確か1リットルが2ユーロ(300円)とかの値段やったと思う。

相方が、空き瓶無いですか?って聞いてくれたけど無いって言われた 
んんん・・残念。。。。。

今度行くことがあったら、ワタクシずえぇーーったいにポリタンクを持参します!!

当然ロンドンには持って帰れないので、滞在中にたまねこの胃袋に詰めて帰りますとも。
2009年09月14日 (月) | 編集 |
ちょっと忙しくしておりまして、更新サボッております  です。すんまへん。

たまねこはハズバンドを食わせるべく必死で働いております
昨日だって朝5時起きで、お仕事終わって家に帰ったんは夜中12時過ぎですわ!
ぶははは!!はぁ。。。(溜息)

相方よ、疲れて帰ってくるワイフの為に晩御飯をつくってよね。
但し、お金が無いので贅沢はダメよ! (エンゲル係数どんどん低くなる・・・・・・ )


ちゅーことで、、、、相方のお料理レシピを公開


カルボナーラ相方風

用意するものは(二人分)
スパゲッティー、オリーブオイル少々、卵1こ(全卵)、ベーコン、黒胡椒、・・・そんだけ!!

まずは卵を割って、塩を少々入れて溶いておきます。

カルボナーラは普通は卵黄だけを使うようですが、我が家では全卵使うし、生クリームは入れません。あれば入れてもいいと思いますが、わざわざ買ってまで入れる必要は無いと思います。

s-148_4828.jpg

フライパンにオリーブオイルを少々入れてベーコンを炒めます。

イギリスだとスーパーに『パンツェタ』(イタリアのベーコン)が売っているのでそれを使いますが普通のベーコンを切ってもいいです、ベーコンだったら何でもいいと思います。

s-148_4827.jpg

スパゲッティーが茹で上がる直前にフライパンに卵を入れて、少し混ぜます。
(この時に卵全体に火を通す必要はありません)
 
s-148_4831.jpg

茹で上がったスパゲッティーを入れて混ぜます。でスグに火を止めます。
あとはスパゲッティーの余熱で卵に熱が通ります。

s-148_4833.jpg

最後に黒胡椒を振って、  ボナペティート 

s-139_3967.jpg

実は出来上がりの写真は以前に撮ったものなので、作り方の写真のベーコンと違いますが日本のベーコンで作るとこんな感じに出来上がると思います。


実はワタクシ、クリームたっぷりのカルボナーラは苦手なのですよ、

相方のレシピの方が素朴な味で好きです。

お試しあれ 
2009年09月09日 (水) | 編集 |
=トスカーナの休日 その3= 念願だったキャンティーのワイナリーに来たよーー♪編


ここの門よりお城の中に入ります。

s-141_4180.jpg

冬は寒いので、夏場だけ人が住んでいるそうなのですね。
いくつか部屋を見学しましてですね

s-141_4145.jpg s-141_4146.jpg

いよいよ地下にワイン貯蔵所へGo!半袖だけだと寒いくらいです。

あっ、相方、、別にこっち向かんでよかったのに。。。。。

アンタを撮りたかったんじゃなくて、、

わたしゃ地下の入り口を撮りたかってん。。。。

s-141_4149.jpg

貯蔵されている樽がいくつもありますが、ここでキャンティーワインについてのうんちくを話すのはやめます。
興味のある方、キャンティーワインって何やという方はを見てください。

s-141_4154.jpg s-141_4157.jpg

s-141_4170.jpg s-141_4173.jpg

これスゴい!!車輪とワインのオブジェ。

s-141_4171.jpg


ホコリがすごい年月を語っているようです。

s-141_4164.jpg s-141_4175.jpg

昔オリーブオイルを貯蔵していた場所も見学、、、 

s-141_4168.jpg s-141_4166.jpg

地下の貯蔵庫の一角にあったお部屋の壁の、フレスコ画のような絵に描かれている、左のチロリアンハットをかぶったお髭の人物は、、、、

s-141_4162.jpg

実物がこの人、
ドイツ人で17歳の頃からこのお城にお遣えしているんだそうです。。

s-141_4178.jpg

さて次はいよいよお楽しみのワインテイスティングです。
2009年09月08日 (火) | 編集 |
眠い、、眠い、、、ひじょーに眠いっす。  

朝の仕事を終えて家に帰って来たのですが、昨晩は殆ど寝てましぇーん。。。。。


友人の女王様添乗員  から、(←女王様ブログにジャンプします)

ロンドンに行くから買ってきて欲しい物があったら言ってねーってメールがあったのは2週間ほど前でした。

手帳でワタクシの予定を確認したら、
女王様添乗員がロンドンに泊まる日は2日とも、夜遅くに終わるお仕事が入っていたので、

ごめん女王様、残念やけど今回は会うのが難しいと思うから、また次回にお願いねーって返事をしたの。
ランド(現地手配)はワタクシがメインでお仕事を頂いている会社では無かったしねー、

だから今回は女王様添乗員とは電話で喋ることはあっても、会うことはないな、、、、って思っていたら、


何故か急遽、女王様のグループのOUTのお仕事がワタクシに廻ってきたではないですか。  


こんなんやったら買い物(運び屋)頼んだらヨカッタわ。。ほんま。。。。

なのでいつものように、昨晩は女王様のお部屋にお泊り、
夜中までお喋りしてたの。
で寝た、、、って思ったら無情にもモーニングコールが鳴ったよ。。。。

朝5時半  


でもワタクシ、、、、女王様のお部屋から直接ご出勤 、、ってロビーに降りるだけ♪

一つ前のブログ記事に 『人数激減』  なんて書いたけど、

女王様のグループは な・な・なんと 39名さまー  

39名様を、まとめる女王様添乗員はさすがです!!

帰りの飛行機のチェックインもとってもスムーズでした 


心優しい女王様添乗員、 

今回は会うと思ってなかったから、、、って(お互いにね)
でも折角やからって、スーツケースに入っていた非常食?とおやつ、、、、

     s-148_4848.jpg

有り難う 

こういうカップ麺系、すごく嬉しいです 
2009年09月06日 (日) | 編集 |
某H社の『ロンドン5日間』(添乗員なし)のツアーの参加人数が激減しておりましてですね、、

昨日、久しぶりにお仕事いたしました、、、、

ご参加人数3名様、、、、、

来週火曜日に来られるお客様2名様、、、、、

多い時には30人、40人様は当たり前、時には70~80人でバス2台・・・・なんてことも多々ありましたし、平均20名様前後のご参加は毎回あったのですね。

2名様より催行をしているようなので、ツアーは成立、
(新型インフルの影響でしょうか・・・・・)

たった2名様でも3名様でも専用車(さすがに大型バスではなくミニバスですが)、、、、

専用アシスタントで送迎、、、、

専用ガイドで観光、、、

他との混載はございません。。。。。

来られたお客様の方が“我々だけですか?”ってビックリされます。

お客様はVIP扱いでございますわよ、、ほんと。。。。

はっきり言って

H社さん、、、赤字ですよね。。。
2009年09月05日 (土) | 編集 |
=トスカーナの休日 その2= 本当はNaocciさんに会うハズだったのにー編 

この日は5月23日土曜日でした。
フィレンツェに行くのであれば、ブログで知り合ったボローニャ在住のNaocciさんに是非会いたいと思い、ロンドンをたつ前からメールで連絡を取り合っていまして、フィレンツェに着いた日の夜も“じゃあ明日ねー楽しみにしてるねー”なんて話してて、いざフィレンツェの駅に行ったら、その週末はショーペロ(スト)か何かでボローニャ駅の閉鎖で、ボローニャへの電車が運行されていないことが分かって、おーまいがーっ!!、いや、まんまみーあ!!だったんだよね、Naocciさん。

ボローニャに行く列車が無いのならSITA(長距離バス)は無いかとSITAバスの乗り場に行ったけど、ボローニャに行くバスは元々無いようだったのでこの日はボローニャ行きを諦めて、翌々日の月曜日の昼に会うことにしたんだったよね、Naocciさん。

Naociさんもご主人のTinoさんも予定を空けてくれていたのに、残念ながらこの日は撃沈、ちーん!

ワタクシ達も急遽、予定が空いてしまった。

誰かがSITAバスの切符売り場に忘れていた、フィレンツェ発の観光バスのパンフレットをめっけ!
パンフレットを見ていたら、 Afternoon Excursion To Chianti というツアーがあるではないか、、、、相方に これ行こ!これ!!

キャンティーは有名なワインの産地、日本でもキャンティークラシコは有名ですよね、

直接オフィスに予約をしに行ったら、英語のツアーはラスト二人で締め切りと言われ、セーフ 
お値段お一人様43ユーロX2で86ユーロ(約12000円)、少し高い気もするが、ま、しゃーないわ。

BARでパニーノの昼食を済ませて午後2時、集合場所へ。

           s-s-141_4133.jpg

ワイナリーに行く前に St,Brigida(サンタ・ブリージダ)という可愛い村を下車観光。
村の小さな教会

s-141_4136.jpg s-141_4139.jpg

いよいよキャンティーのワイナリーに到着 

s-142_4222.jpg

今回はCASTELLO DEL TREBBIOというワイナリーを見学
CASTELLO イタリア語でお城、本当にちょっとしたお城でした。

s-142_4214.jpg s-142_4207.jpg
s-142_4211.jpg s-142_4206.jpg

お城の中庭、雰囲気あります。

s-141_4142.jpg s-141_4143.jpg

いよいよここから前半はお城の見学、後半が地下のワイナリー見学、最後に試飲となります。

s-141_4180.jpg


写真が多くなるので次回にひっぱります。   
2009年09月03日 (木) | 編集 |
=トスカーナの休日、その1= 泊まったところ編

さてさて、今頃になってやっとこさアップをする『トスカーナの休日』なんですが、まだ全ての記事を書き貯めしている訳では無いので、とぎれとぎれのアップになりますが、何卒お許しを。。。。

ところでトスカーナにホリデーで行ったのは、いつだったっけ(爆)

本当に思い出せないくらい遥か昔のことだったように感じましてですね
手帳で確認したら5月の終わりやったんですわ、、、、
ほんまに、、、3ヶ月以上も前のことやったんですわ、、、、

ワタクシにとっては半年も一年も前、それ以上前の出来事だったように感じます。。。

ロンドンからイタリアに向けて飛んだのは5月22日金曜日だったんですね。。。
途中までアップして、ほったらかしになっていたので過去記事を読んで思い出しながら、、

久しぶりの飛行機

最終目的地到着

フィレンツェの駅に着いたら、相方の友人のロレンツォが迎えに来てくれました。

ロレンツォはコテコテというか、ちゃきちゃきの『フィオレンティーノ』(フィレンツェっ子)で胸にはフィレンツェのシンボルマークのタトゥーまで入れている奴であります。
で、フィレンツェの資産家の1人息子でして、道楽でクラブDJやプロデュースをしております。

ロレンツォ家所有の何軒かのうちの一軒にワタクシ達は泊まらせてもらいまして、、、
近くのバス停  からDUOMO(大聖堂)まで  で15分という便利な場所でして、、、
(本当はDUOMOの近くにも物件を持っているらしいんですが、そこはアメリカ人に貸しているとのことでした)

毎朝8時になったらモーニングコールのかわりに鳴っていた教会 の鐘楼はスグ裏
  s-142_4266.jpg

左の茶色の扉の建物はロレンツォ家所有、ロレンツォは上の階に1人で住んでいまして、部屋の殆どはDJ用のレコードで占められておりました。昼夜逆転してる生活を送っているので、朝8時の鐘の音は殆ど聞いた事が無いらしい。。。(爆)

右横の細い路地を入っていくと、、、、、
  s-141_4129.jpg s-141_4125.jpg

今回ワタクシ達が泊まったアパートの玄関入り口があります。

短期貸ししてるらしい物件なので(以前に日本人女子学生が半年住んでいたこともあるらしいです)
全ての部屋の写真を載っけておきまーす♪ 

  s-141_4126.jpg s-142_4235.jpg

  s-142_4234.jpg

キッチンとバスルーム

キッチンには冷蔵庫、ガスコンロ、食器やカトラリー全て揃っております。
バスルームは2ヶ所あり、お湯はじゃんじゃん出ますが、シャワールームしかありません。
(いわゆる日本人が大好きな浴槽  はありません)
洗濯機はあります。

  s-143_4327.jpg s-143_4324.jpg

ベッドルーム兼スタディールーム、
シングルベッドとソファー、勉強机、ワードローブあります。
ソファーは倒せばWベッドになります。

  s-143_4323.jpg s-143_4322.jpg

リビングとサンルーム、リビングでも寝れます。

  s-143_4326.jpg s-142_4236.jpg

3~4人寝れるので、グループで借りればホテルより安上がりでしょうね、
近所に青空マーケットもあるので、食料の買出しには困らないです。

確かお家賃1ヶ月、夏場は800ユーロって言ってたような、、、定かではありませんが光熱費が込みなので冬場は暖房費込みで高くなるようなことも言ってました。
一週間とかの短期貸しはしないと言っていましたが交渉次第かな???
DUOMO(大聖堂)までバスで15分、バス停まで3分の好立地、

ロレンツォは英語が話せないので、興味のある方はたまねこまでご連絡くださいませ。
相方から聞いてもらいます。。。。
(たまねこ、何を商売してるんや!)
2009年09月02日 (水) | 編集 |
相方のプー太郎生活も早5ヶ月目に入りましたよ、、、

何度も書きましたがね、、、、


本当に仕事が無いんですよ!!! 


イギリスの失業人口は公式には350万人と言われていますが、実際はもっといるでしょうな、

不況で業績を伸ばしてるファーストフード、マクドナルドの店員の応募に元銀行マンや証券マンの応募もあるとニュースで読みました。

相方も最初は失業保険を貰っていたのですが、ジョブ・センター(職安)紹介で一旦は営業の職に採用されたものの、合わなくて自分で辞めました。
自分で辞めたので失業保険はもう貰えません。

その後自分であちこち職を探し、面接も10回以上行ってますが、、、、、


結果は???   ちーん!! 

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


先月も、ちょっとお洒落なイタリアンレストランのウエイターに採用されて喜んだのもつかの間、
トライアル(試用期間)初日にワイングラスを3つ割って ・・・・・・・・・ 


あえなくクビ!!   (昔レストランでウエイターしてたこともあるのに・・・・)



はぁぁぁーーー(←たまねこ奥様の溜息)




話は替わりますが、イギリスで アルバイト乞食(物乞い) が増えているんだそうです。。。。

仕事や住む場所もあるのに、路上で物乞いをして収入の足しにしているんだそうです。。。。

で、多い人で1日200ポンド(約32000円)あるらしいです。。。。


このニュースを読んだワタクシ、、、



     ←感のいい皆様は先に分かった  






はい、、、、、相方にやらせようかと。。。。。。。。。 


ワタクシって鬼嫁かしら、、、、 
2009年09月01日 (火) | 編集 |
あれよあれよという間に9月になってしまいました。

お仕事のある日はバタバタと過ごしていると、あっと言う間に1日が過ぎてしまいます。

たまのOFFの日は、何もする気が無くてパジャマのまま、ぼぉぉぉぉぉーーーーっとしてたら、

あっという間に1日が過ぎてしまったりして、、、、

ムダな時間を過ごしてしまった・・・と後悔すること多々あります。。。。

でもね、、、

ぼぉぉぉぉぉーーーーーーーーーーーってする時間も大切ですよね。

ね?、、、、、

s-Picture 193


明日から、ふつーの『たまねこ』に戻ります・・・・・

(今日の記事はなんやねん、、、、)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。