FC2ブログ
英国ロンドンで、日本からの観光客のお世話をする『現地係員』というお仕事をしている元海外添乗員。仕事・趣味や日常の事など言いたい放題、書き放題な自己満足ブログです。
2009年07月22日 (水) | 編集 |
近年(多分ここ15年ぐらいの間に)とっても人気が出てきたコッツウォルズの村々、、、、、
ある視察の為に 行かされました 行ってきました。(お仕事有り難うごぜえますだ)

たまにはね、電車に乗って遠くに行くお仕事はね、すっごく気分転換になります。

コッツウォルズとは、コット=羊小屋、ウォルズ=丘、
のどかな田園地帯にポツン、ポツンと点在する蜂蜜色の村々で、かつては羊毛産業で栄えました。
英国の田舎らしい景色の見れる所であります。

が、、、、、、

でもね、はっきり言ってね、行くにはとても不便な場所でもありますのよね。
(だからこそ今日まで昔と変わらない景色が残っているのです)

いつもならお客様と一緒で大型バスやツアーバスで行くのですね、ただ今回は自力で鉄道を使って行くのですが、これまたやっぱり不便。。。。

唯一鉄道の通っている村がありまして、2度乗り換えれば行けるるのですが、この日は日曜日、接続電車を逃したら、ワタクシお仕事に間に合いませんのでチェルトナムと言う街から行くことにしました。


まずはロンドン・パディントン駅から電車に乗って約2時間半・・・



チェルトナム駅に到着・・・・

s-146_4640.jpg

チェルトナム・スパ(Cheltenham Spa)、レミントン・スパ(Lemington Spa)、バース・スパ(Bath Spa)等、スパ(Spa)と付いている街はかつて鉱泉が発見され、上流階級の為の保養地だったので街も本当に綺麗です。
(チェルトナムの街のことは後ほど書きます)

s-146_4641.jpg

とにかく日曜日、ただでさえ不便な交通機関がさらに不便なため、オフィスの許可をもらい、
ワタクシTAXIを5時間貸切(いぇーい!)気分は女王様?


チェルトナムから20分も走ればもうこーんな丘陵地帯に羊さんたち 

s-145_4581.jpg

麦畑やとうもろこし畑など、、、、
s-145_4579.jpg

いいねえ、、、、のどかだねえ、、、、、
お客さんと一緒でななく、自分1人だしねえ、、、、

タクシー貸切だしさーーー(←たまねこさん、お仕事でしょ!!)

これでお天気が良ければ最高なんだけど、この日は       ∞

5分おきにお天気が変わる典型的なイングリッシュ・ウエザーでした。 ははは。。。。

スポンサーサイト