英国ロンドンで、日本からの観光客のお世話をする『現地係員』というお仕事をしている元海外添乗員。仕事・趣味や日常の事など言いたい放題、書き放題な自己満足ブログです。
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2009年07月31日 (金) | 編集 |
アラブのお金持ち御用達の 

マンダリン・オリエンタル・ハイドパークホテルの前に、、、

じゃじゃーーーん 

 ギンギラギーーン  な ポルシェ 

ナンバープレートは、UAE(アラブ首長国連邦)でして、、、、、
お天気がいまいちだったので、スゴさが写真でお分かりいただけないのが残念ですが・・・・・

こんな車に乗ってる奴って、むっちゃアホな奴やろな。

この車の持ち主を見てみたいわ、、、、ほんま、、、、

せやけど、これってやっぱり特注なんやろね。。。。。オイルマネーね   
スポンサーサイト
2009年07月29日 (水) | 編集 |
さて、Chippig Campden (チッピング・カムデン) という村にやってきました。
コッツウォルズ地方の中でも比較的大きな村です。

地名の『チッピング』とは古い英語で『市場』を意味するらしく、13~14世紀は羊毛の取引で栄えるマーケットタウンとして栄えたそうです。

タウンホール


s-145_4598.jpg

マーケットホール
s-145_4597.jpg

s-146_4607.jpg

村の中心
s-145_4599.jpg

s-146_4605.jpg

村の通りの様子、今の時代は車・くるま・車・くるま・・・・・
s-146_4603.jpg

s-146_4612.jpg

こういう村にはこういうお店が良く似合う
s-145_4600.jpg

s-146_4602.jpg

アイスクリーム売りのおねえさん、ヒマそうです。。だって寒いんだもん。。。
s-146_4615.jpg


もっとじっくりと村の散策を楽しみたかったのですが、
ワタクシ、、、お仕事、、、、お仕事、、、、

2009年07月27日 (月) | 編集 |
ここんところロンドンは、

もう夏は終わったんやろか、、、てくらい涼しく、(気温は15℃~23℃)
お天気がむっちゃ不安定です。。。。。

それこそ5分おきに         と延々に続く・・・・・

先週の金曜日はそこに  もありまして、、、、

丁度お昼の2時ごろ、、、

私がお仕事で家を出ようとしていた時間帯に 

ヒースロー空港周辺でも雷がスゴくて、滑走路が一時的に閉鎖になったようです。。。

ワタクシ 空港に着きまして、到着案内板を見ましたら・・・・WOW・・・・・


下の到着案内板の Diverted ってどういうことかと言いますとですね、着陸地を変更 



じゃあですね、どこに着陸したのかと言いますとですね、、
運が良ければロンドン周辺の空港、(ガトウイック、スタンステッド、ルートン)など。。。

またヒースロー空港に飛行機ごと戻ってくるケースもあれば(長距離線の大型機)、飛行機はヒースロー空港に戻らずに(近距離線の小型機に多い)乗客は航空会社の用意したバスでヒースロー空港に来ることもあります。

運が悪いと?バーミンガムとかマンチェスターに行ってしまいます。(長い滑走路が必要な大型機に多い)
この場合はまたヒースロー空港に戻ってくることが殆どですが、すっごく時間がかかります。

『○○航空の○○便はたった今○○空港にダイバートされました!その後の情報を注意するように!』とアナウンスが到着ロビーに響き渡りますと、、、、、

お迎えに来てた人達からの溜息が。。。。。

でも日本からの到着便は、当初の到着時間より子一時間程遅れたものの、、、、、
無事に到着いたしました。。。。。


そういえば4~5年程前だったか、同じようなことがありました。

ワタクシ、ヒースロー空港ターミナル4でKLでAMS経由で日本から来るGRPを待っておりました。
雷だったか、強風だったかは忘れましたが、GRPの乗った便はスタンステッド空港(ロンドンから北40キロほどの所にある空港)にダイバートされたのでした。

オフィスに報告の電話をしていたら、、、

同じくオフィスに添乗員さんから、、、、

お迎えのアシスタントさんが居ません!!

って電話があったそうな。。。。。

当たり前やん!居るわけないやろ!!

2009年07月24日 (金) | 編集 |
チェルトナム駅からTAXIをハイヤーしてですね、

最初に行ったのは Bourton on the Water(バートン・オン・ザ・ウォータ) という村、、、

実はたまねこ、ここに最初に来たのは15年以上も前でして、、、
添乗員時代に初めての英国周遊で来たのでありました。

当時はまだコッツウォルズなんて知られていなくて、観光客も殆ど居ない本当にのどかな村だったのですよ。。。

元々Cotswalds(コッツウォルズ)というのはエリアの総称で、小さな村々が点在しておりまして、
蜂蜜色(ハニーカラー)の村とも言われております。
お家はその土地で取れる石を使って建てられておりまして、村によって微妙に石の色が違うのですよ。



今ではロンドンからもツアーバスが頻繁に訪れるようになりました。。。

でもワタクシがこの日に行ったのは丁度昼ご飯時でしたので、あまり人は居なかったかな?

s-145_4559.jpg

ワタクシがお仕事を頂いている会社で使う、ランチレストラン(パブ)です。
s-145_4558.jpg

この後はチッピング・カムデンという村に行きます。

2009年07月23日 (木) | 編集 |
 3日間、何だか『だらだら・・・・』と過ごしてしまいました。。。。


==初日==
思いっきり寝るぞー!!と前日の夜、心に誓ってベッドに入ったワタクシ、、、

なのに朝、オフィスからの電話で起こされました。。。。。
(時計を見たら朝9時半です、、まあ世間は生産活動を始めていますからね)
別に緊急でも何でも無かったんですが、お仕事のお話でした。。。。

で、お仕事のメールのチェック。。。。

休日の楽しみは 、、、おサカナになったワ・タ・シ  ・・・・(←古!!)
ラジオを聞きながら一時間以上入ります、、、(忙しい時はシャワーだけで済ませるからね)
カラダがふやけそうになります。。。

そしてお肌のお手入れも念入りにね。。うふ 

お洗濯2回、、、、(白物と色物を分けてね)

ブログのネタの仕込み、、、、

だらだらと一日が過ぎてしまいました。。。。。


==二日目==
起床は朝10時ごろ、、、お天気はいまいちでした。。。。ロンドンの夏は終わったのかな?

仕事関係のメールをチェック。。。。

相方と昼飯。。。。
(自分ひとりだったら軽く済ませるのに、相方の分まで作らにゃならん)

またまたお洗濯。。。。。(なんぼ程洗濯物を溜めてるねん!)

お掃除。。。。

買出し。。。。

ブログネタの仕込み。。。。

またダラダラと過ぎてしまいました。。。。 


==三日目==
起床は朝8時半。。。。
(最近は歳のせいか、寝たくてもゆっくり寝れないのですよ、)

仕事関係のメールのチェック。。。。

お天気は晴れたり  曇ったり  、、、そして雨が降ったり 、、、なイングリシュ・ウエザー・・・・
なので庭仕事を諦めました。。。垣根と芝刈りしたかったんだけどな。。。。

昨日、お掃除したんですけどね、、、
太陽が  出てね、部屋の中を照らすとね、、、 

ゲゲゲッ、、、こんなところにスゴイ埃が、、、、

ゲゲゲッ、、、、こんなところに蜘蛛の巣が、、、、

普段目の届かない所はえらいことになっていまして、、、、

これでも一応はね一週間に一度は掃除機をかけているのですよ!!  って、、、
普通は掃除機かけって毎日するものですよね、、、 すんません。。。って誰に謝ってるねん?

であちこち、拭き掃除を始めましたらね、、、、

2242491093_20090724065636.jpg

もお、ええっちゅーねん!!!


少しは家の中が綺麗になった。。。。かな????
今週末から相方の友人がイタリアからやって来て、我が家にお泊りだからね、、、


かくして  の3連休は終わってしまったのでありました。。。。悲。。。

2009年07月22日 (水) | 編集 |
近年(多分ここ15年ぐらいの間に)とっても人気が出てきたコッツウォルズの村々、、、、、
ある視察の為に 行かされました 行ってきました。(お仕事有り難うごぜえますだ)

たまにはね、電車に乗って遠くに行くお仕事はね、すっごく気分転換になります。

コッツウォルズとは、コット=羊小屋、ウォルズ=丘、
のどかな田園地帯にポツン、ポツンと点在する蜂蜜色の村々で、かつては羊毛産業で栄えました。
英国の田舎らしい景色の見れる所であります。

が、、、、、、

でもね、はっきり言ってね、行くにはとても不便な場所でもありますのよね。
(だからこそ今日まで昔と変わらない景色が残っているのです)

いつもならお客様と一緒で大型バスやツアーバスで行くのですね、ただ今回は自力で鉄道を使って行くのですが、これまたやっぱり不便。。。。

唯一鉄道の通っている村がありまして、2度乗り換えれば行けるるのですが、この日は日曜日、接続電車を逃したら、ワタクシお仕事に間に合いませんのでチェルトナムと言う街から行くことにしました。


まずはロンドン・パディントン駅から電車に乗って約2時間半・・・



チェルトナム駅に到着・・・・

s-146_4640.jpg

チェルトナム・スパ(Cheltenham Spa)、レミントン・スパ(Lemington Spa)、バース・スパ(Bath Spa)等、スパ(Spa)と付いている街はかつて鉱泉が発見され、上流階級の為の保養地だったので街も本当に綺麗です。
(チェルトナムの街のことは後ほど書きます)

s-146_4641.jpg

とにかく日曜日、ただでさえ不便な交通機関がさらに不便なため、オフィスの許可をもらい、
ワタクシTAXIを5時間貸切(いぇーい!)気分は女王様?


チェルトナムから20分も走ればもうこーんな丘陵地帯に羊さんたち 

s-145_4581.jpg

麦畑やとうもろこし畑など、、、、
s-145_4579.jpg

いいねえ、、、、のどかだねえ、、、、、
お客さんと一緒でななく、自分1人だしねえ、、、、

タクシー貸切だしさーーー(←たまねこさん、お仕事でしょ!!)

これでお天気が良ければ最高なんだけど、この日は       ∞

5分おきにお天気が変わる典型的なイングリッシュ・ウエザーでした。 ははは。。。。

2009年07月21日 (火) | 編集 |
今日・明日・あさってと3連休♪っと嬉しい反面、仕事が無いと不安なたまねこです。はぁ。。。

最近英国周遊の添乗で良く来るMさん添乗員がランチでも・・・と誘ってくださったのですが、
ワタクシ、どうしても家に居て体を休めたかったので、、、、ごめんなさい。。。
(おとといもまるまる1日、コッツウォルドに出かけてました)
Mさん添乗員、わざわざ電話までくれて有り難うデス。


なので前回Mさん添乗員のご希望で行ったパブランチをご紹介・・・・
(これって一ヶ月以上前だったよね、、、、あはは、、、)


日本のランチタイムに『○○食堂の○○定食』というのがあれば、

こちらイギリス  でのランチタイムは『パブ・ランチ』、いわば『パブ飯』でありまして、
ランチ時ならたいていどこのパブでも典型的なイギリスの食事が食べれます。

フィッシュ&チップスとか、パイ&マッシュとか、ジャケットポテトとかいろいろ・・・・

ただ最近は『レンジでチン』みたいな料理を出すところが多い中で、


自分とこのキッチンでちゃんと作ってます! というパブをめっけ


The Blue Posts; 28 Rupert Street W1D 6DJ (チャイナタウンの近く)


生きた化石のような、パンク頭の兄ちゃん(中国人?)がサービスしてくれます。
s-143_4382.jpg

Mさん添乗員が頼んだ『コールドミートとポテトのサラダ』
s-143_4378.jpg

仕事仲間のSさんが頼んだ『白身魚のソテー、トマトソースがけ』
s-143_4380.jpg

ワタクシが頼んだ、ビーフ&マッシュルームパイとマッシュポテト
s-143_4375.jpg


どの料理も おーまいがぁぁあーー!なボリュームでして、 一般的な日本人女性だとまず食べきれないです。ちゅーか、食い意地が張ってるワタクシですら完食不可でしたので、次からはタッパー持参で行こう!

ワタクシ達が食べたのは、だいたい6ポンド前後(1000円)で、ジャケットポテトだと4ポンドぐらい、
ロンドン中心部ではスゴいお値打ちな値段です♪
ビールを飲めば+3ポンドぐらいかなあ。。。。
(たまねこは、この後はお仕事があったのでビールは飲まずに水だけで我慢)

見た目はイギリス料理らしく?繊細さに欠けますが、お味はばっちし

店の外のメニューには『本日のおすすめ』もありまして、典型的なパブ料理を提供してくれるこのお店、何度でも行きたい♪って思うパブで超おススメです。
2009年07月18日 (土) | 編集 |
ある夜のお仕事で、、、


お仕事内容は、

お客様のホテル→夕食のレストラン(中華)→ミュージカル→ホテル、

ミュージカル(マンマ・ミーア)は一緒に見れなかったけど、

夕食はお客様と一緒に食べれたの。。。。


わーーい、タダ飯やーーー 



久々の中華です 

たまねこ、お客様よりもがっついて食ってたりして。。。。ぶはは 

2009年07月16日 (木) | 編集 |
最近のたまねこは、
仕事をしてるか  、寝てるか 、あとは食べてるか、、、

忙しくしている間にも色んな出来事があってですね、、、

ある朝のDEP(出発)のお仕事で、、、


朝7時にホテルを出発しまして、

空港に着きまして、

運転手がスーツケースをおろし終わって、

添乗員さんが、、、、、



私のスーツケースがない!! 



えぇぇぇーーーーーーーーーーーー 


我々現地係員のお仕事に、スーツケースの数の確認作業があります、
つーか、添乗員もするんだけどね、

朝、添乗員さんに会った時にスーツケースの個数は32個と聞いたので、ワタクシ32個確認した。

添乗員も32個確認した。(スーツケースの数合っていた) 

ドライバーも確認した。

ここで落とし穴  

その1)お客さんの誰かが荷物を増やしたけど、添乗員に言わなかったのか

その2)本当は機内持ち込み手荷物のバッグなんだけど、自分で下ろすのが面倒なのでスーツケースと一緒に部屋の外に出したのか(結果的には増やした)

その3)添乗員さんはスーツケースの数だけを確認した。
(まさか、自分のスーツケースが降りていないなんて全く気付かず)



我々現地係員にとってのボスは添乗員さんでありまして、全て添乗員さんの指示でワタクシ達は動きます。
なので添乗員さんから

“スーツケースをバスに積んでください”

と言われたらバスに積み込みを始めますし、

“お客様に確認してから乗ってもらいますので、積まずに並べておいてください”

と言われれば、その指示に従います。

(そう言えば、以前にこんなこと(←ジャンプします)がありました)


添乗員さんのスーツケースは一体どうなっていたのか。。。。


まずはホテルに電話し、添乗員の部屋番号を言って、スーツケースがあるかどうか確認してもらいます。

あった!! 
(添乗員の部屋が離れていた為に下ろし忘れたのだろうか、でもポーターはスーツケースを集めに行った時は添乗員の部屋の外にスーツケースは無かったと言う)

タクシーで空港まで運んでもらうようにお願いします。
(当然ワタクシの名前と携帯番号を運転手にも伝えてもらう)

その間にお客様のチェックインを済ませて事情をお話し、各自で搭乗ゲートに行ってもらうように説明をしました。

そしてスーツケースが着くまで添乗員さんとお喋り・・・

添乗員さん曰く、今回のツアーはお客様に振り回されたツアーだったそうな。。。。。
オマケに事故渋滞に巻き込まれて、ウインザー城に観光に間に合わなかったり・・・・とかね、
添乗員さん、昨晩は日本との連絡事項が一杯あって、殆ど寝てないそうな。。。。
待つこと35分。。。。。。。

タクシーの運転手からあと5分で着くからと 、ターミナルの確認。

添乗員さんのスーツケースが着きました

 が、、、、

タクシー料金は 添乗員さんの自腹  (60ポンド=約1万円)
(ホテルからは出発前にちゃんと確認しなかったワタクシ達が悪いと言う・・・仕方が無いか)


チェックイン締め切り前に添乗員さんも無事にチェックインをしました。

添乗員さんが、

本当に自分のせいで色々とご迷惑をおかけしました。。。

って、ワタクシに規定額以上のチップをくれようとしたのですが、、、

たまねこ、お断りいたしました。。。

だって、自分も添乗員時代に些細なミスで自腹をきったこと何度かあったのね、、、

この添乗員さんの気持ちがよーーーーく分かるの。。。。


不幸中の幸いは、

お客様のスーツケースでなくてヨカッタ!!!

2009年07月14日 (火) | 編集 |
ある朝、、、、、、

セント・パンクラス駅でのGRPのユーロスターの乗せこみのお仕事が終わりまして、、、

ワタクシ、家に帰るバスを待っておりましたら、

目の前にTAXIが止まりましてですね、

降りてきたお客様に目が釘付け  


バーバリーのズボン (携帯で撮ったのでいまいち分かりずらいですが)

s-Picture 198

奥様(彼女?)の手にはバーバリーの買い物袋、、、

s-Picture 197

余程バーバリーがお好きなようで、、、、

ただね、、、

この男性のバーバリーチェックのズボンがね、、、

非常に浮いておりました。。。


2009年07月11日 (土) | 編集 |
今週の火曜日と水曜日は久々(3週間ぶり)のOFFーーー!,それも連休だったのね、、、

ワタクシ、手帳を見ながらこの連休を楽しみにしておりましたのよ、、、、
って、この連休に何をしたいって訳でも無かったんですけどね。。。。

何だか連休 ちゅーのが嬉しかったんですよ。


そしたら、、、、、、


たまねこ妹が去年に続き、出張を兼ねてやってきた。。。  いや・・・  の絵文字にしておこう。。
妹よ、ごめん! 

たまねこ妹本人がロンドンに来ると知らせてきたのは、本人が来る4日前でありまして、、、
それもワタクシの連休を狙っていたかのように。。。。 

もっと早く知らせてよ!

↑ あっ、これって大きな独り言ですからね、自己満足な独り言日記ですからね。

妹からのいつものお土産は、ワタクシ大好きな乾き物系オツマミに、今回は日本米まで。。。
あと写真には写っていないけど、日本酒に明太子、笹かまぼこにチーズ蒲鉾。

s-145_4503.jpg


そして『生ラーメン』、今回はクーラーバッグに保冷剤を入れて
『チャーシューや味付けメンマ、煮卵にカマボコ』まで持ってきてくれた。

ロンドンで不自由している?姉に美味しい生ラーメンを食べさせてあげたいと、、、
何と美しい妹愛なんだろう。。。。ううう・・・(号泣)

妹は今回が最後のロンドン出張になると思う・・・って、いっぱいいっぱい持ってきてくれた。
(世界的不況だからね、、、淋しいな)


たまねこ妹よ、ご馳走様!

妹と二人で『塩ラーメン』の夕食 

s-145_4501.jpg

涙が出るほど美味しかったです。 

相方は、今日は妹が来ると聞いた途端に出て行った。  逃げた!(爆)

自分がプー太郎なのでたまねこ姉妹にブチブチ言われると思ったのかね 
2009年07月09日 (木) | 編集 |
ヒースロー空港ターミナル3の到着口にて、、、、

ウエールズの旗をまとったコアラちゃんがお出迎え・・・・・



オーストラリアに行ってたウエールズ人をお出迎えなのか・・・・・

ウエールズに行くオーストラリア人をお出迎えなのか・・・・・

s-144_4440.jpg

2009年07月07日 (火) | 編集 |
前回の続きです。。。。。

コンサートプログラムとキーリングをお買い上げ♪
s-144_4490.jpg


朝起きて体調が良くなかったんだけど、夕方には少し体調も良くなって、何を血迷ったか急に家に帰らずに、JEFF BRCKのコンサート会場、ロイヤル・アルバートホールに向かったワタクシ。。。

実はお仕事でGRPを空港でお迎えして、バスにお乗せした時に添乗員さんに
『途中まで乗っていかれますか?』とお声がけをいただいたのですね。

GRPのホテルの場所はハマースミス、
(LON在住の方ならロケーションがお分かりいただけると思うのですが、ハマースミスからロイヤルアルバートホールまでローカル・バス9か10でスグです)

でも家に帰ろうと思っていたので、『家は違う方向なので』とお断りしたのです。

この日、空港から街中に行くピカデリーラインは途中でメンテナンス工事でバスの代替ですごく時間がかかったのですよね。(怒)やっぱりGRPのバスに乗せてもらったらヨカッタかな・・・・

コンサートは何時から始まるのか分からなかったのですが、
ワタクシ、結局ロイヤル・アルバートホールに着いたのは8時過ぎでした。

結構ホールのまわりに人がいて、外でドリンクを飲んでいる人達もたくさん。。。

あら、まだコンサートは始まっていないのね。。。。。

(後から分かったのですが、前座が終わってメインのベックが始まるまでの休憩中だったのです)

ダフ屋らしいオヤジも居るには居るんだけど、何せ見に来る人の年齢層が高いのでチケット持ってるオヤジはみーんなダフ屋に見えるし(爆)ボッタクられるのもイヤだしな。。。。。

仕事仲間のSさんから“お誕生日おめでとうコール”で話をしているうちに、開演5分前のアナウンスが入ったようで、外でドリンクを飲んだりタバコを吸っていた人達がホールの中に入り始めました。。。

ひとりのオヤジがワタクシに近づいて来て、声をかけてきました。

チケットあるよ。。。。。

恐る恐る値段を聞いてみた。。。

はう・まっち?

オヤジ、チケットを私に見せて・・・・・・

オリジナル・プライスは35ポンドだけど、君なら特別に25ポンドにしてあげる!(35ポンド=約6000円)

きゃぁぁぁーー、本当??本当に本当に25ポンドでいいの? 

特別だよ!!

ワタクシ、興奮して、ダフ屋のオヤジに運転免許証の生年月日を見せて、

今日ね、わたし、誕生日なの、ほらね、、、(←アフォ)

そいつはおめでとう!早く入らないと始まるよ!

オヤジに25ポンドを払う。。。(4300円)

ダフ屋のオヤジに 

(こちらでは誕生日はとても大切な行事でして、きっとワタクシは誕生日を誰にも一緒に祝ってもらえない可愛そうな日本人と思われたかな?まあいいや)

s-144_4497.jpg

席は3階席の最後列だけど丁度ステージが正面に見下ろす場所で、私の席がポツンを空いていた。
隣はスゴいロックオヤジで私と同じようにダフ屋からチケットを買ったと言っていた。
(同じダフ屋だったんだろうか・・・・・)

きゃぁーーー!BECKよ! BECK 
2時間たっぷりのコンサートでした。

全身『白』、ギターも『白』でむっちゃ決まってる 

s-144_4477.jpg


そして、スペシャル・サプライスゲストは、、、(ベックの白に対して“黒”で登場!!)

な、、なな、、、なんと・・・・・・・デビッド・ギルモア (ピンクフロイド) 

s-144_4480.jpg

3階の一番最上段だったので、よく見えなかったけど、、、、

生の演奏が聴けて、、、、、

同じ空間を共有して、、、、

同じ空気を吸って、、、、

同時に二人の ROCK・REGEND を観れて、たまねこ超シアワセ 

s-144_4482.jpg

ベックの演奏もコンサートもとても素晴らしかった 


実はワタクシ、ベースを弾いている女性のことがとても気になっていた。

オヤジのベーシストならさ程気にもならなかったけど、
遠くから見ていても明らかに髪の長い小柄な女性で、演奏はむちゃ素晴らしかったのです。

調べてみたら、彼女の名は『TAL WILKENFELD』、まだ20台半ばのようである。

オーストラリア出身で14歳でギターを始めた後ベースに変更、2006年にソロアルバムを出し、若干21歳の時にチック・コリアとツアーを回って、その後にジェフ・ベックに声を掛けられたようである。

ベースソロの部分だけ・・・・・


多分、どこかオセアニアのTV番組のインタビューだと思う



2009年07月06日 (月) | 編集 |
今回と次回のネタは  個人的な音楽趣味なネタなので、
興味のナイ方はスルーしてくださいませ。。。。。。

下の写真の建物はロイヤル・アルバート・ホール、1800年代に建てられた立派なホールで、クラッシクやオペラ、ロックコンサートも行われます。
(ワタクシ10年以上前にブルース・スプリングスティーンをここで観ました)




実は7月4日のワタクシの誕生日に  のコンサートが、、、、

     s-144_4469.jpg


これってずえったいに見にいきなさい!って神様からの啓示よね、、、
(日本でも2月にコンサートをやったんだよね。。。。)

ワタクシ、日本に居た時は色んなコンサートに行きましたが、、、
何故かベックは観たことが無かったのね。(クラプトンは何度も観たのに)

ベックのこちらでのロンドン公演はこの日1日のみ、ONLY ONE SHOW!!

ロンドンでのチケット発売は去年の11月でして、ワタクシが12月初めに気づいてチケットを買おうとしたんだけど、SOLD OUT!!(やっぱりね)

仕方が無いので諦めた。。。。。。

仕事でロイヤル・アルバートホールの前を通って、ベックのポスターを見る度に、(ホテルのロケーションによってはこの前を通るのです)、観たいという思いはつのるばかり。。。。

観たい、観たい!と頭の中で思いつつ、口は、

約20年ほど前、大相撲ロンドン場所がこのロイヤル・アルバートホールで行なわれたのですよ、当時は英語が話せる小錦がこちらで大人気だったそうです・・・・・

なんてバスの中でお客様に案内しているワタクシ、、、、

チケットは売り切れているし、、、、、

仕事もアサインされたし、、、、、 

やっぱり、しゃーないな。。。。。。(←大阪弁で“仕方が無い”という意) 



実は朝起きて、体調があまり良くなかったのね、
(またまた3週間ブッ通しのOFFなしで働いています)

でもお仕事は夕方のお仕事だし、、、

空港での乗せこみだけ(GRPをお迎えして、バスにお乗せして終わり)のお仕事だし、、、


お仕事が終わって一旦は家に帰ろうと思って、いつもの家に帰るローカルバス乗り場でバスを待っていて、自分の乗るバスも来たのに何を思い立ったかバスには乗らないで、地下鉄に向かい、ロイヤル・アルバートホールに行ってみることにしたのです。

コンサートのパンフレットだけでも買いに行こう!

もし運が良ければダフ屋からチケットが買えるかななんて思って。。。

長くなりますので続きは次回にひっぱります。。。。ぶは!

2009年07月04日 (土) | 編集 |
HAPPY BIRTHDAY

TO ME..............



7月4日、午前0時にシャンパンとお寿司で乾杯!!

s-144_4444.jpg



もう歳を取るのは嬉しくないし、目出度くも無いけど、

母が自分を産んでくれた日、

命を授けてくれた両親に感謝する日ということで、

ハッピー・バースデーTO ME。。。。



フィラデルフィア在住のSちゃん、留守電にハッピーバースデーの歌  をありがとう。

仕事仲間のSさん、電話をありがとう。違う意味で?ハッピーな日になりました。

ブログ仲間のまやさん、E-カードをありがとう。



でもね、、、、


お寿司はね、、、、、

s-144_4443.jpg

やっぱり美味しくなかった。。。。


で、、、、、、


恒例の、、、、、、


自分で自分にプレゼントを買いましたシリーズ、、、、

あれ?いつからシリーズになったんや?って、プー太郎の相方はアテにならんから、

大英博物館のミュージアムショップで見つけて一目ぼれ

s-144_4448.jpg

エジプトのカルトゥーシュっぽいアクセサリーで、象形文字で『BEAUTIFUL』 うふ 

s-144_4452.jpg


まだまだ長い人生、美しく生きていきますわよ、ぶはは
2009年07月02日 (木) | 編集 |
たまには『相方』が料理をしてくれます。

妻が忙しく働いているんだからねー 

晩御飯は作ってよねー。。。。。


 ツナ・トマトソースのパスタ


 サーモンのソテー、ポテトと野菜、
s-143_4354.jpg

 パルミジャーナ(ナスのグラタン)、これは私のリクエスト、
これ、結構手間ヒマかかるのですよ。。。。美味しかった♪
s-144_4421.jpg

 ムール貝のトマトソース
s-144_4439.jpg


こうして見ると、やっぱり相方は南イタリア人ですね、、、
パスタは必ずと言っていい程、トマトソースです。

晩御飯を作ってくれるのは嬉しいけど、やっぱ早く仕事を見つけて収入を得てほしいわ。

あれっ?また愚痴ってしまった?

2009年07月01日 (水) | 編集 |
きゃぁぁぁぁーーーー

気が付けばもう7月 

今年ももう半分が過ぎてしまったのですね、、、、、
本当にバタバタ のうちに過ぎてしまった6月で、ブログも殆ど更新出来ずでした。。。。。

この不景気なときに、『お仕事がある』のは本当に嬉しいことですが、体力的にキツくなってきている今日この頃でもあります。はぁーーー(超ウルトラ溜息)

でもね、、、

働かなければね、、、、

だって、、、、相方を食わしていかなあかん。。。。。


ワタクシの人生、何か変。。。。。。

専業主婦したいワタクシが必死こいて働いて、

何で相方が、専業主夫やねん 

イギリスでは230万人が失業していると言われていて、相方はその中の1人、
本当に仕事が無いのですよ。。。。
40過ぎの働き盛りのオトコに仕事が無いのですよ。。。。

相方も相当ストレスを貯めているのは見ていて分かる、、

ワタクシも言っちゃイケナイのは分かっているけど、つい愚痴を言ってしまう。。。。

専業主夫、、、ええなぁ、、羨ましいわ。。。。。

。。。。。。。。。。。。。。


もし相方がカッとなって逆切れする性格だったら、、、、、

ワタクシ既に100回以上は相方に刺し殺されているだろうな。。。


久々のブログ更新で思いっきり愚痴ってしまいました。すんません。

7月は少し仕事量が落ち着くかな・・・・?(落ち着いても困るのですが)
それに、あんまりネガティブな事を書いていたら、自分がネガティブを呼び込んでしまうよね、

ブログネタ用に一応写真はたくさん撮っているのと、トスカーナのホリデーの事も書かなければね、

マイペースで更新していきます。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。