英国ロンドンで、日本からの観光客のお世話をする『現地係員』というお仕事をしている元海外添乗員。仕事・趣味や日常の事など言いたい放題、書き放題な自己満足ブログです。
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2009年05月30日 (土) | 編集 |
さてと、今回はロンドン・ヒースロー空港のターミナル5からの出発でして、

ヒースロー空港と言えば、殆どワタクシの仕事場のようなもの、

特にターミナル5は去年さんざんネタにさせていただいた有難い所でもあります。


いつもなら、ここでお客様やグループをお見送りするのですが、
今回はワタクシ自身がここへ入っていくのです。

チェックインもオンラインで済ませているからねー、手荷物のみだしねー、
自宅からそのまま搭乗口にGO!です。

もう気分はウキウキ 

たまねこ、未体験ゾーンへ出発~~!

T5手荷物検査入り口

100mlを超える液体類をもっていないかどうか、、、相変わらず、しつこくうるさい。
こっちは分かってるちゅーねん!

搭乗券のバーコードをスキャンして、中に入ったら手荷物検査です。

普通の靴やベルトは大丈夫ですが、ブーツや装飾のついたベルトだと脱いだり外したりしなきゃいけないようですね、仕事の時にたまに添乗員さんが、時計も外してください・・・・なんて案内してますが、そこまではしなくていいです。


イギリスでは出国のパスポート検査はありません!

入国審査は厳しいので有名ですがね、

去るものは追わず!です。 

(但し、登場口にてパスポートチェックがあります)


中は広々としていて、明るくて、、、、まるでショッピングセンター。。。。。
但したまねこにとっては見~て~る~だ~け~(古!)

itsu waitingarea

いちおう寿司屋の itsu や、いちおう日本食の wagamama、
ミシュランシェフ、ゴードン・ラムゼイのレストラン、、、

Kmala KMARさんの、空港でゴードン・ラムゼイ(←ジャンプします)

wagamama gordon ramsey


ところがですね、、、ここでねたまねこの悪い癖が出るのですよ。。。。 

免税書類にスタンプをもらう税関はどこだ、、、、とか、
現金払い戻しは何処で出来るか、、、、とか、
書類を投函する場合は何処にポストがあるか、、、、とか、

お客さんの解散と再集合の場所はどこが良いかとか、、、、(←もう自分は添乗員ではないのに) 

でも”ターミナル5は初めて”という添乗員さんにアドバイスが出来るからね、、
自分のホリデーなのに、半分仕事モードが入っている自分が悲しいわ。。。。ぶはは。。。

vatの税関


そしていよいよ搭乗開始です。。。

今回、ワタクシと相方が乗る便は、、、、

s-140_4095.jpg

英国航空、BA576便、ミラノ・マルペンサ行き。。。

やっぱりイタリア、、、、

ワタクシと相方にとって、ホリデーを安く済ませるには、とにかくイタリア。。。

スポンサーサイト
2009年05月28日 (木) | 編集 |
久々に仕事に復帰!ちゅーても、たった一週間ぶりの仕事復帰なんですがね、、、

本日は日本から到着のGRP(グループ)が非常に多うございました。
(但し、各GRP共に人数は少なめ、やっぱりキャンセルは出ているようです) 

日本からの直行便の到着のゴールデンタイムのロンドン・ヒースロー空港・ターミナル3、

15:45 VS バージン・アトランティック航空、
16:00 NH 全日空 
16:15 JL 日本航空 

個人客のお客様も含めると、かなりの方々が日本から来られたと思います。


がーーーーーーーーーーーーーー


もう誰もマスクをしていない!!! 


どうしたの 

あんなに アホ程 騒いでいたのに・・・・・・・・

今更ながら マスクをしたところでムダって事が分かったのかしらん 

ワタクシのブログ仲間のまやさんの 『見つけもの @ そこかしこ』 の記事、

 対策違い? (←ジャンプします)に100、いや1000拍手!!!

ワタクシも言いたかった(書きたかったこと)ズバリ!!

2009年05月27日 (水) | 編集 |
昨日と言うか正確には本日27日、午前3時に戻りました。

行きは英国航空、でも帰りは格安のライアンエアーでロンドン着午前0時、ぶはっ!

行った先の天気は連日 、気温は日中は35℃で夜でも23℃で暑かった!

がーーーーーーーーーーーーー、

ロンドン到着時の気温は8℃ 、本日のロンドンは 、気温12℃ 、ぶはは!

テレビもパソコンも無かった5日間、、、、、、

近くの教会の鐘の音で目覚める朝、、、、、

のんびり、まったりと過ごしてきました。。。。。

早速明日から現実に戻り、有難いことに沢山のお仕事を頂戴していまして2週間ぶっ通しの休み無しになりそうですが、ホリデー行って帰ってきたら『またお仕事頑張ろう!』って気分になれるね、

ホリデーのこと、自分自身の日記として少しずつブログに書いていきたいと思います。


下の写真は今回撮った中でのいちばんのお気に入りです。
お気に入りの一枚



=追記=

文中の、
>テレビもパソコンも無かった5日間、、、、、

実は泊まっていた先のテレビが壊れていて写らなかった。。。。
相方がラップトップを持って行ったのだが、接続できなかった。。。。

>近くの教会の鐘の音で目覚める朝、、、、、

実は朝8時半になるとキンコンカンコンとうるさくて、無理やり起こされた。。。。。

2009年05月21日 (木) | 編集 |
ちょっと留守にします。 

相方の仕事も落ち着いていないのにホリデーなんて余裕ぶっこいて取ってる場合じゃないんだけど、
相方がリストラになる前に予約を取ってたので、キャンセルするのももったいないしね。。。


しかし今の時代は本当に便利になりましたね。

オンラインでフライトを予約、、、

オンラインでチェックイン、、、、、

搭乗券をプリントして、、、、

空港へ行くだけ。。。。。


そりゃこれから先、旅行会社なんていらんわさ、、、
相方がリストラになるのも仕方がないか、、、、

Boarding Pass

特別に朝早いフライトでは無いけれど、これで夫婦揃って乗り遅れでもしたら大笑いや 

2009年05月18日 (月) | 編集 |
先だって、初めて行ったホテルです。

たまーに個人のお客様のお仕事だと、一流ホテルや目新しいホテルに行く事がありまして、
今回もホテルの名前を聞いて、?? 知らんで、、聞いた事の無いホテルや。。。。

必死で検索するワタクシ・・・・(今は本当に便利になりましたね)

で、、、、

今回お客様をご案内するホテル、、、、
(お客様は若い新婚カップルでハネムーン)

COURTHOUSE HOTEL、、、、、(☆☆☆☆☆ホテルです)

その名のとおり、昔は裁判所だった建物が今ではとってもお洒落なホテル 
場所は地下鉄OXFORD CIRCUS駅より徒歩2分、むちゃ街の中心で便利な場所です。

こんな所にこんな素敵なホテルがあったなんて知りませんでしたわよ!

(画像はホテルのホームページよりお借りしました)
ホテル正面

(ホテルのフロント、同じくホテルのホームページより画像を拝借)
レセプション

コンシェルジェ

  ロビーの風景、(これは、たまねこ撮影)

ロビー

で、何せ初めて名前を聞いたホテルなので、検索していてですね、
実はたまねこ、ホテルのホームページのHISTRY(歴史)を読んでいてビビッてしまった 

ホテルエントランス

今はお洒落な五つ☆高級ホテルですが、元は裁判所、、、、
The Great Marlborough Street Magistrate’s Court (マールボローストリート地方裁判所)、

ヒストリーを読むと、殆どまるでミュージシャン御用達裁判所 

 ホテルのヒストリー (英語です)

こんなんも見つけました。 (当時の建物の玄関の写真が、、、、)

 ロックミュージック・ランドマーク(英語です)

これによると、まるでローリングストーンズ御用達裁判所ではないですか! 

1967年にはブライアン・ジョーンズがマリファナ所持で、同じく1年後にも同罪で、、、、
1969年にはミック・ジャガーとマリアンヌ・フェイスフルがカナビス所持で、、、、
1973年にはキース・リチャードがマリファナ所持で、、、、、

当時裁判所だったこの建物で罰金刑や保釈金を払ったりしていた。。WOW!


ミックとマリアンヌ  ワタクシ

彼らが出入りした玄関前で当時に思いをはせて、、、、
思わずお客様に写真を撮ってもらったミーハーなたまねこです。


2009年05月16日 (土) | 編集 |
最近ワタクシのお仕事、殆どが昼~夕方にかけての時間帯なので、お仕事が終わって家に帰るのはだいたい夜9時近くになる。
なので、プー太郎(失業中)の相方が当然ながらご飯当番になる。

家に帰ったらご飯が出来てる  っていいよね。


 虹マスのソテー

これ、むちゃ美味しかった♪ 
オリーブオイルとガーリックとバルサミコで味付けしたらしい。。。。

虹鱒


 相方が得意  とするティラミス 

相方が時々ティラミスを作るのは、きっと自分が食べたいから。。。。。
甘さ控えめですごく美味しいんだけど、ワタクシこういうドルチェ系はあまり食べないので、
殆どが相方の胃袋へと消えてゆく。。。。。

ティラミス

相方、ご馳走様でした。

2009年05月14日 (木) | 編集 |
古いお家の隣にあるパブです。
16世紀前半、1534に建てられたようです。(475年前、わおー!) 

イギリスでは、シェイクスピアで有名なストラトフォード・アポン・エイボンの街に、シェイクスピアの生家をはじめとして古い建物がたくさん残っています。。。。。。
でもね、、、、しつこいようですがね、、、、、、

ここはヒースロー空港とは目と鼻の先。。。。。。 

シェイクスピアが生まれたのは1564年ですから、その時代の建物ですね、
(日本だと室町時代後半になります)

パブ1

パブ2


お店のホームページ(英語)でこのパブの歴史を知ることができます。

 パブのホームページ

青シャツのお兄さんが立っているところの白い扉が入り口です。
パブ3

まずはビールじゃ、、ビール!!

冷やしたグラスにビールを注いでくれます♪
こちらのパブではひじょーに珍しいです。(まじ)

建物は古いのですが、こういうところの『こだわり』は酒飲みには嬉しいですわよ♪

そして、『おつまみ』は、、、イギリス人には無くてはならないチップス(フライドポテト)、
クリスピー(カリカリ)で、でも中はホクホクな太めなチップスです。

ビール チップス

中は結構狭く、天井も低い(当時の人達は背が低かった)ですが、とっても歴史を感じさせます。

パブ4

パブ5


ここのパブやこのエリア、トランジットでヒマを持て余してるお客様を連れてきたらずえーったいに喜ぶよね。

=追記=
ヒースロー空港ターミナル5の到着階外の、ローカルバス乗り場から『423番』で、一つ目のバス停スグです。
実は空港敷地内ですと、一部のローカルバスが 無料 で乗れる裏業があるのですよ。なので、T5からこのパブまではタダ!!、帰りもT5までタダ! 

2009年05月12日 (火) | 編集 |
先だってターミナル5からの帰りに、あまりにもお天気が良かったので、
仕事仲間のSさんと、パブで一杯やっていこか 、、、って事になり、バスを途中下車しました。

停留所のすぐ近くに素敵なパブがあるのですが、一年前に茅の葺き替え工事をしていた古いお家がパブの手前にあります。

  その時の記事 (茅の葺きかえ)

葺き替えられた後 (写真では葺き替え前とあまり変わらないような、、、)
茅葺の家1

玄関のドアの屋根には茅で作った鳥、、、芸が細かい
茅葺の家2

井戸は今でも使われているのでしょうか、、、、
茅葺の家3

お家の裏、、まるで時間が止まっているかのようです。
茅葺の家4

本当にヒースロー空港ターミナル5からバスで5分とかからない場所なのですよ。

ひこうき

次回はパブの事を書きます。(ネタは小出しにね、、、)


2009年05月10日 (日) | 編集 |
せっせと手作りシリーズ(←誰が勝手にシリーズ化したんや?)

今回は、豚インフルエンザ騒動の中で、、、、


  豚まん!!     

どやっ!!!ぶはははは!!!!(ワタクシってデリカシーが無さ過ぎかしら、、、)

舛添厚生労働大臣、見てるー??  (いえーぃ!)←な訳無いですよね、ぶはは。


関東では『肉まん』と言うそうですが、関西では『豚まん』!

大阪の三大土産のひとつ、
551蓬莱の豚まんに代表されるように、関西ではとてもポピュラーな食べ物(スナック)です。


あまりに   と騒がれていると、食べたくなってしまいましたがなーー

今回参考にしたレシピは  こちら
(スキムミルクのかわりに牛乳、ベーキングパウダーとラードは入れていません)

 豚まんの皮 豚まんのあん

上の写真の左はイーストと小麦粉をこねたところで発酵させる前、
(発酵して二倍に膨れ上がったところの写真を撮り忘れました)

右は中に入れる肉あんですが、今回は手を抜いて、フードプロセッサーを使った為、最終的に蒸しあがった出来上がりは中の肉あんが硬かったです。
以前に作ったときは手でこねたのですが、そのほうが肉あんがソフトで美味しかったですね。

そして肉あんを皮で包んで・・・・・・

       蒸す前

蒸し器で蒸したら、出来上がり 

 出来上がり

『豚まん』と言うよりも『小龍包』・・・・いや、『大龍包』って感じですね。ははは。。。

今回は青ネギやしいたけなどをを入れて、肉あんにしっかりとお味をつけたので、このままでソースとかかけずに充分美味しかったです。

むちゃ美味しい♪

 
次回はぜひこっちのレシピに挑戦したいと思います。 こちら


目指せ!551蓬莱の豚まん!


豚インフルエンザなんてぶっ飛ばせ!!!!!

舛添厚生労働大臣殿、おひとついかが? うふ。 
2009年05月07日 (木) | 編集 |
まず始めにお断りしておきますが、
ワタクシは日本国籍を所有する日本人で、日本は世界一大好きな国です。

でも時に、日本は って思う事があります。。。。。


今回の新型インフルエンザ騒動について・・・・・・・・ 

まずは日本から到着される、殆どのお客様がマスクを着けてこられます。
マスクをしている99.9%は日本人の方です。
(今、日本では空港などではマスクをしていない方が白い目でみられるとか、、、)

まあね、新型肺炎(SARS)の時もマスクをしてこられる方が多かったのですし、それは別に何とも思いません、予防ですから。。。。。

次に、やはり、ツアーをキャンセルされる方が増えているようです。

海外でテロとか、何か騒ぎがあったら起こりがちな事なので、これも仕方が無いでしょう。。
(こちらとしては、もう慣れました。。)

ツアーの食事  のメニューから、ポーク  が消えました。

狂牛病騒ぎの時は、ツアーの食事メニューからビーフが消え、鳥インフルエンザ騒ぎの時はチキンがツアーメニューから消えました。 

今はどちらもほとぼりが冷めているので、ツアーの食事メニューとして提供されていますが、今回ポークが消えたのは、これも仕方が無いでしょう。。。。

でもね、、、、


あのね、、、



某旅行会社さんからの指示でね、、、、、



現地のガイドや運転手さんも、、、、、

 マスクを着用してください!!!だって、、 X1000倍 



あら、とっても嬉しゅうございますわ。
それほどワタクシ達、現地の人間にもお気を遣ってくださっているのですね。。。

な訳無いですよね。。。。


これってどうよ????
(まだこのAGTさんのお仕事は頂いておりませんが、オフィスから言われました)



第一に、こちらには日本のようなマスクはありません!
(こちらでマスクと言えば、医療や工事関係者がするようなマスクしかありません)
そしたらね、添乗員さんがワタクシ達の分も持って来てくれるんだって!

第二に、ワタクシ達、お客様に案内するのがお仕事・・・・・喋ってナンボ。
マスクして、どう案内すんねん????
喋らんでもええのかい????

こちとら嬉しいよ、だってね、
『マスク着用を要請(強制?)されまして、マスク着用のままご案内するのが困難ですので、案内を控えさせていただきます』なんて、黙ってるだけでお金が貰えるのかな?

オフィスから聞いた話なんだけど、
花粉症気味のツアーバスの運転手さんがしょっちゅうクシャミをしていて、添乗員から
『運転手さん、豚インフルエンザにかかっているのかどうか聞いてください!』だって・・・
(聞ける訳ないやろーーー!!運転手さん、お気の毒)

とにかく日本とこちらの『新型インフルエンザ』に関する報道に、とっても『温度差』を感じます。


想像してみてください。。。。

大型観光バスに、ツアーのお客様30人が乗っていたとしましょう・・・・・
お客様+添乗員+運転手+ガイドの全員がマスクを着用している姿を・・・・・

(だって、ガイドや運転手にマスクを要請する訳だから、当然お客様や添乗員もマスクをする訳でしょ?)

怖・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


ワタクシ、、『手洗いとうがい』はしておりまする。。。。。。。。わよ!


確かに英国でも現在28人が発症しているそうですが、だからって誰も騒いでいないですし、
マスクをつけている人なんて居ないし、別に無防備って訳では無いですが、皆ふつーにしてます。
2009年05月05日 (火) | 編集 |
せっせと手作り編、、、今回はPIZZA,(ピザ)

イタリアでは『ピッツァ』と発音します。。。

粉とイーストをまぜまぜして、、、こねて、こねて、、、寝かして発酵させて・・・・

出来上がった生地にオリーブオイルを塗ってからオーブンで焼いて、、、

PIZZA・BIANCA(ピッツァ・ビアンカ)

トマトソースを乗せない白ピザ、

焼けた白ピザにルッコラ・生ハム・サラミ・フレッシュトマト、おろしたパルメザンチーズ、

そしてエキストラ・バージンオリーブオイルを垂らして、、、、

自家製PIZZA


うん、、、、上出来 

粉もんは家で作ると安上がり  イエーイ!
2009年05月03日 (日) | 編集 |
今、日本はゴールデン・ウイークの真っ最中ですね。。。。
旅費も高いだろうけど、この時期にしか休みを取れない方々もいらっしゃいます。。。。

先日来られた男性の個人客21歳、(若い!)初めての海外旅行で1人旅!
きっとフットボール(サッカー)でも見に来たのかな?とワタクシ思っていたのね。

今回のロンドンに来た目的は何?サッカー?

いや、僕、ビートルズが好きなんで、明日早速リバプールに行こうと思ってます。 

ビ・・ビ・・ビートルズ!!!たまねこの目が輝いた!

UKミュージックが好きで色々聞いて遡って行くうちに、ビートルズにたどり着いて、ビートルズにハマりだしたらしい、空港からホテルまでの道中はずっと音楽の話、若いのにすごく良く知っている、、、、

で、色々と下調べをしてきたのかな?今 はパソコンで何でも調べられるよね?と聞いたら、、、、

僕、いまいちパソコンが苦手なんです。。。。

確かに今どきの若者にしては珍しい、デジカメでなく使い捨てカメラを持参・・・・・

よっしゃー!ビートルズ、たまねこ  に任してんか。

ホテルが、リバプール行きの列車が出てるユーストン駅の近くだったので、ホテル到着後一緒に切符を買いに行き、道中も、

まずはリバプールに着いたら、スグにツーリスト・インフォメーションに行って、詳しいリバプールの地図を手に入れてね、ビートルズ・ストーリーっていうビートルズ関連のミュージアムもあるし、マジカルミステリーツアーっていうビートルズ関連の場所をバスで回るツアーもあるからね。

ロンドンでもビートルズ関連の場所を歩いて回るツアーがあるからね、、、


たまねことお客さん、まるで、『おかん』と息子。。。ぶは!(おかん=大阪弁でお母さん)

(画像はリバプール観光局のサイトよりお借りしました)
imageresizer.jpg

mmt_1.jpg

昨日の彼の帰国日、ホテルから空港に行く道中は彼のリバプールでの話しです。

彼がリバプールに行った日、マジカル・ミステリーツアーのバスは運行されていなかったらしいのです。
集合時間に集合場所に行っても誰もいなく、『クランク・アウト』と言われたそうです。

(これって、もうツアーはやってないって事なのかな?リバプールの観光局のページには書かれているのに、、、)

で、仕方無いので自分の足で回るべくウロウロしていて、ペニーレーンの近くで、たまたまそばを歩いてた老夫婦に、

ペニーレーンはどこですか?

と聞いたら、何とその老夫婦は車でペニーレーンや、ストロベリーフィールズ(上記写真参考)、またメンバーの生家など案内してくれた挙句に、自分達の家に呼んでくれて夕食もご馳走してくれたんだそうです。

たどたどしい英語だけど、ビートルズの話に花が咲き、車でリバプールの駅に送ってもらったら、ロンドンに帰る最終列車は出てしまった後。。。。

そしたら、、、、

その老夫婦、駅前のホテルを取ってくれて、明日のロンドンに帰る切符も買ってくれて、彼がお金を払うって言ってもいらないって受け取ってくれなかったんだそうです。。。

(ロンドンで泊まっていたホテルよりも数倍良かったそうです・・・・・汗)

リバプールで一泊した彼、ロンドンに戻って、お決まりの
56ef8cc5b9e45ab8.jpg  1b78f92708e029cc.jpg e278489d40cc4afe.jpg 

それはそれは嬉しそうに語る彼、、、本当に素直ないい子でした。。。。

たまねこ『おかん』も聞いていて、嬉しかったです。

パスポートが切れる5年以内にまた来ると言ってたので、その時は『おかん』とビートルズ巡りをしようねと約束しました。

s-s-140_4044.jpg 
  こんな本があります。今でも売っているのかな?
   (これはたまねこ所有のロンドン編でリバプール編もあります)






2009年05月01日 (金) | 編集 |
先月の4月は結構仕事が落ち着いていたので、色んなものを手作りしましたの。
但し、食べる方の手作りね。。。。。

まずは、、、、、

餃子が食べたいけど“皮”が無い!

餃子の皮を買いに行くのも面倒くさい!

ちゅーことで、餃子の皮をせっせと手作り、
海外に住んでいたら、『無ければ自分で作る』が基本かも、、、 

『餃子の皮』って検索したらいくらでも皮の作り方がでてきます。。。(世の中便利になったね)

 餃子の皮  餃子の皮2

 餃子3  餃子6

粉のせいかな、焼いていたら皮が茶色くなってきたじょー。

 餃子4

出来上がりぃー
市販の薄い皮よりも当然厚みがあるんですが、モチモチしていてとても食べ応えがありました。

 餃子5

ニラがあればもっと美味しいんだろうけど、さすがにニラも中国系や韓国系の店に行かないと手に入らないので、かわりにネギをいれています。
(わざわざニラを買いに行くんだったら餃子の皮も一緒に手に入る)

小麦粉、塩、水、キャベツまたは白菜、しょうが、ネギ、豚または鳥ミンチで手作り餃子、

美味しかったよ 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。