FC2ブログ
英国ロンドンで、日本からの観光客のお世話をする『現地係員』というお仕事をしている元海外添乗員。仕事・趣味や日常の事など言いたい放題、書き放題な自己満足ブログです。
2009年04月10日 (金) | 編集 |
キリスト教国ではクリスマスに次いで大切なお祭り、イースター(復活祭)で今日から4連休です。

が・・・・・・・

やっぱり世間がクリスマスだろうが、盆と正月だろうが、関係ナシのたまねこ 

今日も働け! 明日も働け!(だって宝クジ当たらなかったんだもん)


さて、昨日のOUT(出発)のお仕事で、29名様添乗員ナシのGRPとバスで空港に向かっておりました。
空港敷地に入る手前からすごい渋滞です。。。。

さすがイースター前ですね、こんなに不況と言われているのに皆さんホリデーに出かけるのですねーなんてマイクでお話をしておりました。

やっとこさ滑走路下のトンネルを抜けて空港敷地内に入ると・・・・・・

何か変だぞ・・・・・

あっちにもPOLICE,こっちにもPOLICE・・・・・・
それも単なるパトロールとかでは無さそうな雰囲気・・・・・

(こういう時のワタクシとドライバーの勘は鋭くなる)

消防車までサイレンを鳴らしてやってきました・・・・・

(お客様もただ事ならぬ雰囲気を察知したようです)

そして、聞けばターミナル3で不審物が見つかった為に、ターミナル3がCLOSEされているという事が分かりましたが、まさにワタクシ達はターミナル3に行こうとしていたのです。

ドライバーからも、
ターミナル3がCLOSEしてるから、これ以上は行けないよ、、、、、

見れば、ターミナル3に行く道路はPOLICEによってBLOCKされてます。

実際に何がどうなっているのか聞いても空港のスタッフによって言うことが違う為、手前のターミナル2の所でバスを止め、お客様にはもう少し車内に残っていただき、ワタクシ走って自分の目でT3の様子を見に行ったら、他社の仕事仲間とバッタリ!建物の中には全く入れずに航空会社職員達も建物から追い出されているらしいのです。(仕事仲間の情報は信用できる)

バスに戻り、お客様に事情を説明し、バスを降りて、取り合えずは地下連絡通路でターミナル3の方まで行くことにしました。

皆様、帰りで重いスーツケースを引きずりながら、必死でついて来てくださいました。

地下連絡通路のターミナル3の手前では皆待機をさせられています。

どれくらい時間がかかるのか、この後どうなるのかは全く分かりませんが取り合えずは待つしか出来ないのでお客様とうだうだ話しをしつつ、20分ほど待ったでしょうか、、、

ターミナル3がOPENしました。(他のお客様からも拍手は沸きました!)

地下道をゆっくり、ゆっくりターミナルの建物に向かって進む様はまるで初詣の参道のようでした。(笑)
そして無事チェックインも終了しました。

しかし何だったのでしょうか、

単なる不審物(置き忘れのバッグとか)だったのか、、、

本当に爆弾だったのか、、、、

イースター前の嫌がらせだったのか、、、、

大事で無くてヨカッタのですが、ほんまにええ加減にしてくれ!!
スポンサーサイト