英国ロンドンで、日本からの観光客のお世話をする『現地係員』というお仕事をしている元海外添乗員。仕事・趣味や日常の事など言いたい放題、書き放題な自己満足ブログです。
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2009年01月27日 (火) | 編集 |
先日の、ある日のお仕事で、、、、

英国航空でパリから来られるGRPの到着のお仕事でした。。。


GRPの到着予定時間は朝10時です。。。。。。。


ワタクシは、、、9時半過ぎに空港に着き、余裕のよっちゃん!


で、到着時間を確認したら、、、、、


まいがぁぁーーー 


到着しとるやんけー、、、、、、、


なんと、、、、、、、9時18分 

到着案内
(便名がQFとなっているのはコードシェア便名で、実際はBA305便です)


パリ⇔ロンドン間の1時間足らずのフライトが



何で40分以上も早く着くねん   




お客様のバス  は来てまへん!!!


(近距離線だと到着時間を確認してから家を出るのは遅いのですよ、オンタイムに着くことを想定して家を出ます。)


まあ、遅れて到着するよりは良いのですが、早く着きすぎるのも困ります。。。。。
スポンサーサイト
2009年01月25日 (日) | 編集 |
さて、添乗員さんの居ないGRPですので、ワタクシ達現地係員はAGTさんからの命令で、
部屋の鍵をお配りした後も、ホテルのロビーで1時間待機をすることになっています。

質問に答えたり、部屋のトラブルがあった時の為です。。。。。

ホテルや、ホテルのロケーションが違っても、お客様の質問は大体決まっていまして、、


まずは コンビニの場所!

1にコンビニ、2にコンビニ・・・・・・ネコも杓子も皆 コンビニ・・・・・(笑)

あとは、○○○○へ行きたいんですけど、ホテルからどう行ったらいいですかぁーとか、
ご自分で調べてきてるお客様は、行き方の確認とか。。。


少し郊外の新しいホテルだと比較的部屋のトラブルは少ないのですが、ここのところのロンドンがとても寒いので、お客様も部屋が寒いとおっしゃいます。


イギリスだと、平均設定温度は20℃ぐらいです。


(我が家はエアコンは無いけど、15℃ぐらいかな?省エネ、省エネ・・・・です!)


ヨーロッパの場合、古い建物だと暖房は集中管理(セントラル・ヒーティング)なのですが、最近の新しいホテルだと、各部屋に独立したエアコンがついていまして、スイッチを入れて温度設定をするだけなのですが、、、、、

お客様から、、、、

温風が来ているのかどうか分からない・・・・・・とロビーに降りてこられまして、

一緒にお部屋に行って確認します。

ここのスイッチを入れて、で、温度を上げていってくださいね。

お客様は、 ボタンで、22℃、23℃、24℃、25℃・・・・と温度をあげていきます。。。


28℃が最高なんですね。。。


そのようですね。。。取り合えず、温風は出てますよ。


別のお客様、、、、、同じくエアコンのことで質問がありましたので、お部屋に伺います。

同様に説明し、 ボタンで、22℃、23℃、24℃、25℃・・・・と温度をあげていきます。。。


28℃までしか上がらないんですね。。。



一体全体、何度まで上げたいのですか?


部屋が暖かくなったら温度を下げようというのは分かりますが、28℃までだと不十分なんでしょうか?


2009年01月23日 (金) | 編集 |
昨年の秋より、某AGTさんが企画されました添乗員さん無しの、燃油サーチャージ込みのツアーが売れておりまして、何とかお仕事を頂戴しておりまする  でございます。

ただひたすら、お有り難うごぜえますだ。 


『添乗員さんが付かないツアー』 なのに、


添乗員さんが付かないって知らなかった・・・・

と、

こちらに到着されてから ぬかす おっしゃるお客様が時々おられます。。。


本日も、ホテルに到着してから、、、

イギリスのお金、全然持ってないんですけど、ホテルで両替できますか?
 
えっ?  申し訳ございませんが、ここのホテルは両替をしていないホテルなんですよね。。。空港でおっしゃっていただければご案内いたしましたのに・・・

それに、日本の旅行会社さんからの案内書には、予め日本の空港で両替をしておくように記載しているはずですが。。。。


(お客様、案内書を読んでいないんでしょう、両替をしていなかったのはこのお客様だけでしたから)


現地に着いたら、普通は添乗員さんがバスの中で両替してくれるでしょ?

だから日本で両替しなかったし、空港でも言わなかったの・・・・ 



ここは 

東南アジアの国ではございません!

なので、私達も車内で両替などは致しておりません!


それに添乗員と現地係員を混同しているご様子。(まあそんなお客様は多いが・・・)


両替が出来る銀行はホテルから歩いて10分ほどのところにあるとご案内いたしましたが、、、

お客様、ご自分達で行けないご様子・・・・

でも私はホテルで1時間待機をしなければいけないので、その後だと銀行は閉まってしまいます。。。

何とかクレジットカードはお持ちのようでしたので、コンビニでも使える旨ご案内し、明日の観光の途中で両替が出来る旨ご案内いたしました。


同じお客様、、、、


部屋の電気が付かないんだけど!!! 


このカード式の鍵は、電源も兼ねているので 部屋のドアを開けたら、キーボックスに差し込むように ご案内いたしましたが。。。

電気が付かないと言ってきたのはこのお客様だけ。。。。


案内書も読まない、人の話を聞かないお客様・・・・・


添てんさんの気持ちが良く分かる。。。。。。。


(でもね、ワタクシは仕事は終わったら、さっさと 家に帰ります。。。。 )

2009年01月21日 (水) | 編集 |
今日、大阪の某AGTさんの営業部長さんより、メールを頂戴しました。

(この部長さん、以前に添乗で来られて以来、時々直でお仕事を頂戴してます♪有り難うございます)

営業部長さんからのメールの内容は、、、


英国景気悪化でポンド急落、

73年以降最安値の125円台


読売新聞

20日のロンドン外国為替市場で、円が英ポンドに対して急伸し、主要国が
変動相場制に移行した1973年以降の最高値となる1ポンド=125円台まで
円高・ポンド安が進んだ。英銀ロイヤルバンク・オブ・スコットランド(RBS)が
過去最大の赤字に陥る見通しとなるなど、英国の金融システムに対する懸念
が広がっているためだ。金融危機の拡大で、2008年夏からポンドは円やドル、
ユーロに対し下落し続けている。1ポンド=210円台だった08年7月以降、
対円では半年で約4割も値下がりした計算だ。欧州の中でも英国の景気悪化
が深刻になっていることを背景に、ポンドはこの日、対ドルでも一時、約7年
ぶりのドル高・ポンド安水準をつけるなど、ポンド売りが膨らんでいる。


ひぇーー! って感じなのですが、

確かに影響を受ける人達がたくさんいらっしゃるとは思います。。。。

が、、、、、、超ウルトラ庶民のたまねこ家、


ウチは貯蓄が殆ど無いので、利息が下がっても影響なし。。。。

それよりも住宅ローンの利率が下がって、ピーク時の半分になって超うれしかったりする。。。。

(その分貯蓄にまわせる)

イギリスの消費税が下がった。。。  17.5%→15%

実家の母は(可愛い?!)娘の為にポンド預金をしてくれる。。。

円高だったら日本からの観光客は増える。。。かな???


危機感の全く無いワタクシ・・・・・・・

しいて言えば、自分達がホリデーに出かけたときに不利である。。。。

(今はホリデーに出る余裕も無い・・・・)


もっと危機感を持たなあかんのやろか。。。。

2009年01月19日 (月) | 編集 |
食べ物ネタついでに・・・・


去年のお正月は友人宅でお節料理やお雑煮を頂きまして、

日本のお正月気分もバッチリ  だったんだけどね、

今年は仕事がヒマな割りには何かとバタバタでさぁ  正月気分も無くってさぁ 

(海外に住んでたら元々正月気分なんて無いですが・・・)

あれよあれよと言う間に日にちがたってしまいました。。。。


お正月はとっくに過ぎてしまいましたが、


お雑煮が食べたーーい! ちゅーことで、

お雑煮

ワタクシは大阪生まれの大阪育ちですが、両親は近畿と中部の境目あたりの出身でして、
実家の母が作るお雑煮は角餅で、すまし汁仕立てで、具も蒲鉾とみつ葉ぐらいです 。。。

とってもシンプルuなお雑煮です。。。

なので、ワタクシも母の味を継いで(?)、おすまし仕立てで色どりにカニ蒲鉾と貝割菜で、、、、


ああ、、、日本人。。。。。シ・ア・ワ・セ 


来年のお正月は3年ぶりに日本に帰ろうと決心したワタクシです。

また、ヘソクリを貯めにゃいかん、

相方に盗まれんように。。。。。ブハ!

2009年01月17日 (土) | 編集 |
仕事がヒマだと料理ネタが増えるワタクシのブログ・・・・・・

最近は殆どが午後のお仕事、(日本からの直行便は午後に到着しますので)


相方が仕事に出かけても、ウダウダと二度寝しているワタクシ・・・・・

(ショーペロは続行中・・・・)


で、本日は久々に早起き、、、、、

朝4時半起きです、、、、、

となると、前日に寝床に入っても、緊張して寝れません。。。。。。

何度も目が覚め、目覚まし時計を見る・・・・・

ようやく眠りについた頃、無常にも目覚まし時計が 

仕事を終えて家に戻ったのは朝9時半ごろ・・・・・

そこから二度寝をして、、、、、

目が覚めたら、、、、、、

何と・・・ 

夜7時でした   

まいがぁーー!!逆に今晩寝れるかなあ???

で、

前々から餃子が食べたーーい!と思っていたので、チマチマと作り、

餃子

二人前、24個、


ワタクシ1人で完食  ぶはっ!
2009年01月15日 (木) | 編集 |
昨日は、時々コメントをくれるミグロさんとヒースロー空港のターミナル5で、1時間だけお茶をしておりました。
(ミグロさんはトランジットだったから、たまねことお茶するためにだけ入国)

ミグロさんから頂いた、産地直送のお土産

          カツサンド  超・激ウマでした 

梅林カツサンド  カツサンド
                         (カツサンドの写真はグーグルで検索しました)

ミグロさん本当に有り難う 

後から調べたら、ここのカツは関東ではものすごく有名なんですね、
東京に行くことがあれば是非行ってみたいと思いますわ。

で、ミグロさんとお茶をした後は家路についておりましたらね、オフィスより 

時間は夜7時過ぎ。

乗り継げなくて困っているグループがいるらしいのです。

確かに昨日は午前中はすごい霧で、国内線やヨーロッパ線を中心に軒並み遅延やキャンセル便が出ていましたが、ここんところ仕事も少ないし、ハマるグループも無いのだろうと思っていたのですね。

急遽ヒースロー空港に戻る事になったワタクシ、、、、(ジーンズにブーツのカジュアルで)

大事な大事なミグロさんから頂いたカツサンドの写真を取る間も無く、
空港に戻るローカルバスの中で食べたのでありました。。。。。

本当に美味しかったです。

グループさんの方は、翌日のBA東京便に無事振り替えられて、

BAさんがホテルも手配してくれまして、、、

(本来なら天候の理由なのでBAさんにも責任は無いのですが)

グループの皆様は無事にご帰国されました。。。(と思います。。。。。。。)

でも仕事終わって時計を見たら、夜中12時過ぎてました!(ブハッ)


何だか、緊急出動の記事を書きたかったのか、、、

カツサンドの記事を書きたかったのか。。。

2009年01月13日 (火) | 編集 |
どんな事があっても、しぶとく、図太く生息するであろうワタクシと相方は、、、


只今、 プチ・喧嘩中

えぇえぇ、、犬も食わない、しょーもない喧嘩ですわよ。。

分かっておりますの。。。。えぇえぇ。。。。


喧嘩の原因はね、、、、、

ワタクシの 可愛い、カワイイ ポップ で キッチュ な

  ブタちゃんの貯金箱 

私の可愛いぶたちゃん
(高さ20cmほどありまして結構大きいのですよ)


この子はね、口が肥えているのでね、2ポンドコインしか食べないのですよ。。。

ブヒっ! 

2ポンドコインが手元に入ると、必ずこの子に食べさせていたのですよ。。。

2ポンドコイン 
 2ポンドコイン、直径が3cm程あります。
 日本だと500円玉のようなもの
 100枚貯まったら200ポンドですよ。。。。
 500円玉が100枚貯まったら5万円です!
 それと同じ感覚ね。。。。




ある日、、、、、何気に  ちゃんを眺めていたの。。。。

あれれ?ちょっと  ちゃんの向きが変わってる。。。かな 


 まさか   


 ちゃんの 体重が軽くなってるやんけーー  


我が家の住人はたった二人ですからね。。。。。


相方は 借りた と強調する。。

(なら、借りた日にちと枚数を書いた紙でも入れておけ!!)

ワタクシは相方に 盗んだ と強調する。。


借りた!


盗んだ!


で、ワタクシ相方に対して『ショーペロ』(ストライキ)決行中でございます。。。ブヒッ!

2009年01月11日 (日) | 編集 |
リース

1月9日金曜日、

ロンドンの気温は連日2~3℃の朝10時、
昨年末の大晦日に、自ら命を絶ってしまった知人の葬儀に参列しました。

私、日本に居た時でも、おじいちゃん、おばあちゃんの葬儀しか参列したことが無かったのに、
まさかイギリスで、自分より年の若い知人の葬儀に参列することになろうとは思いませんでした。


このことをブログに書こうかどうしようか迷ったけれど、
日本で私のブログを読んでくれている人の中にも、彼女の事を知っている人が何人かいるので、
ロンドンでの葬儀の事、ここに書きます。


葬儀は北ロンドンにあるクレマトリウム(斎場)で行われまして、

日本から来られたご家族、彼女の職場関連の人達など60人程の参列がありました。

彼女の棺を彼女の同僚の男性6人が祭壇まで担ぎました。
彼らもまさか、自分達の同僚の棺を担ぐ事になるなんてと思ったことでしょう。

まずチャペルで彼女のボスの追悼のスピーチ、、、

英国人のスピーチなので、勿論英語なのですが、
何故、私はここに居て英語のスピーチを聞いているのでしょうか、
自分が何か場違いな中に居るような気がしました。

次に元同僚の友人のスピーチ、涙でスピーチになりません。

お母様の参列者へのご挨拶、こちらも涙で声になりません。

そして参列者がひとりづつ、彼女の棺に献花をして、葬儀は終わりました。

本日の日曜日、彼女は位牌になって日本に帰国するるようです。



人生、生きていれば色々あるよね。

イヤになる事も当然あるしさ、、、、、


でも自ら命を絶ってしまって、親より先に行ってしまうなんて、、、

それが親にとってどれ程悲しくてつらいことなのか、、、、、

それも日本から遠くはなれた異国の地で、、、、、

献花が終わったあとに、お母様が彼女の棺を叩きながら泣いていたお姿が忘れられません。



良くも悪くも図太く生きて行こうよ、、、

ね。。。


人生笑い飛ばして生きていこうよ、、、

ね。。。



(次回からは、いつものたまねこブログに戻ります。)

2009年01月07日 (水) | 編集 |
新年早々、身近な人の訃報が入ってきてしまいました。

ショックでブログを書く気になれないので、今週はお休みさせてください。

年末、大晦日の日に彼女は自ら命を絶ったと聞かされたのは一昨日の事、、、

まだ30歳前半だったと思うんだけど、何が彼女の人生を急がせたのだろう。。。。

笑顔の素敵な彼女だった。。。

今はただ、彼女のご冥福をお祈りいたします。。。

(暗い記事でごめんなさい)



2009年01月05日 (月) | 編集 |
前日のニューイヤーズイブ・ディナーを堪能し、

新年のカウントダウンで スプマンテ(イタリア版シャンパン) も空けて、、、


2009年1月1日、、、

相方、朝から何やらやってはります。。。。。

相方1

イスラエル軍によるパレスチナ自治区ガザへの侵攻反対のデモ行進に参加するんだそうです。

相方2


写真を撮ったのはワタクシではなく、デモに一緒に参加した相方の友人がメールで送ってくれました。


相方3


中東和平問題はすごく複雑で理解出来ないことも多々ありますが、無実な人の命が無くなってしまうのはとても悲しいことです。
2009年01月04日 (日) | 編集 |
年明け早々もずーーっとお仕事の 


ニューイヤーズ・イブ のお料理の写真を載せなきゃね。。。


 アンティパストのカルパッチョ、
ブレザオラというビーフのハムにルッコラとパルミジャーノ
antipasto


 プリモピアットはエビとまぐろのパスタ
primo


 セコンドピアットはキングフィッシュのソテーとレンズ豆の煮込み
second

イタリアでは大晦日にレンズ豆を食べる習慣があります。

レンズのような丸い形をお金に例えて、 がたくさん入ってくるようにという事なのですが、
ワタクシ一度も作ったことが無かったのです。

だから  家は貧乏だったのね。。。ブハ!
今回は三日三晩食べ続けました!ブハハ!(←単なるアフォ!)



ニューイヤーズ・イブのお料理、


たいへん美味しゅうございました 


作ってくれたのは、相方・・・・・・・・


では無く・・・・・・・・・・


 相方の友人で、シェフのアレックス
Alex


実はアレックスは我がたまねこ家で料理を作るという事は知らされてなかったらしいのです。

相方がアレックスを連れて一緒に帰って来た時にアレックスがワタクシに

何か手伝うことある?

えっ?今晩はアナタと相方で作ってくれるんじゃなかったの?

アレックスとワタクシ、二人で相方を睨む・・・・・・・

アレックス、アナタ、ハメられたね、、、、 


でもそこはプロのシェフ、テキパキと作ってくれました。


 さすが!プロのフライパンさばき!
アレックス

 一応?手伝う?助手の相方。
相方とアレックス


アレックス、有り難う! 

2009年01月01日 (木) | 編集 |
HAPPY NEW YEAR FROM LONDON

ロンドンアイ 花火
(画像はBBCニュースより拝借いたしました)


明けましておめでとうございます。 


今年一年が皆様にとって良い年でありますように、また、平和な年でありますように。。


ワタクシ、新年早々お仕事でございます。

本日もやって来られます、添乗員ナシ34名様!

たまねこ  今年も365日、年中無休で営業いたします。。。



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。