FC2ブログ
英国ロンドンで、日本からの観光客のお世話をする『現地係員』というお仕事をしている元海外添乗員。仕事・趣味や日常の事など言いたい放題、書き放題な自己満足ブログです。
2008年12月05日 (金) | 編集 |
何がこれ程にもワタクシを疲れさせているのだろうか。。。。 

はあ・・・・・・

オマケに寒いと  (連日気温はひと桁です) 体が思うように動いてくれないです。。。

先だって、久しぶりのお仕事で 『前代未聞な出来事』  がありました。
ワタクシは空港でグループが来るのを待っていました。

今日の仕事はエアポート・ミートのお仕事だし、スグに終わるな・・・・なんて思っていたのですよ。


空港に向かう道中にオフィスから 、GRPがまだホテルを出発出来ないので、空港到着が遅れますとの事。。。。。
きっとバスが遅れて来たのね・・・んもぅ・・と思っていたら、実はですね、、、、、


あるツアーのお客様、70歳台前半の女性のお一人参加、、、、、、

この時期によくある都市周遊型ツアーの最後のロンドンで、

ワタシは日本には帰りませんから残ります!

ご本人様が 帰国拒否 

添乗員ひとりじゃ太刀打ち出来ないので、OFFの仕事仲間が急遽ホテルに向かってると。。


帰国拒否をしてるおばさん、ロンドンに入って来るまではごく普通で、でもワタシは日本には帰りませんとか添乗員には言ってたそうですが、だからと言って特に異常な行動とかは無かったんだそうです。(添乗員談)

帰国日の出発時間になってもご本人は現れず、ホテルに事情を話して合鍵で部屋を開けたら、ご本人はパジャマのまま寝ていて、荷造りもされておらず、部屋は散らかったまま・・・・

添乗員、日本のAGTに電話をするも無理にでも連れて帰って来てくださいの指示。(そりゃそうだろう・・・・)

添乗員が部屋に散乱しているおばさんの荷物をスーツケースに詰め込み、パジャマの上にコートを着せて靴を履かせ、男性のお客様5人がかりで無理やり部屋から連れ出して、帰りたくないと暴れるおばさんを必死でバスに乗せたのだそうです・・・・・

何とかバスの中央に座らせシートベルトを閉めている間も、仕事仲間はおばさんに持ってるバッグでバシバシ叩かれたそうです・・・・・ 

空港でGRPの到着を待っているワタクシに仲間から、おばさんの様子はとりあえずは落ち着いておとなしくしているようだけど、何かブツブツ独り言を言っている・・・と。

そして、GRPのバスが空港に到着しました。。。。

添乗員とお客さんがバスからゾロゾロと降りて来まして、助けに行った仲間も降りて来ました。

どの人?

見たら、自分の荷物も取らずにGRPとは全然違う方向にふらーっと歩いていく小柄なおばさん、、、、

ここでおばさんを見失うとマズいので、ワタクシすぐさま追いかける・・・・・
その間に仲間と添乗員はGRPのをチェックインと免税手続きを済ませる。。。。

○○○様ですね、、、こんにちわ。

アナタ誰なの?何しに来たの?

GRPさんのチェックインのお手伝いをするのに来ました○○と言います。○○○様、J○のカウンターはこっちではく、向こうですよ、一緒に行きましょう

アナタね、何しに来たの?何の権限があって来たの?何か身分を証明するものを見せて頂戴!

ワタシは怪しい者ではありませんよ、旅行会社の係員です。お手伝いに来てますので、○○○様もあっちで飛行機の手続きをしましょうね。

ワタシはね、帰りたくないの、帰らないの、ほっといて頂戴!

(おばさん、ワタクくシにあっちへ行けとばかりに持ってるかばんでビシバシ攻撃を始める・・・・・)

これだな、、仲間が言っていた “カバンでビシバシ攻撃”  

そしてまたひとりでふらーっと歩きはじめる。。。。。


[続きを読む...]
スポンサーサイト