英国ロンドンで、日本からの観光客のお世話をする『現地係員』というお仕事をしている元海外添乗員。仕事・趣味や日常の事など言いたい放題、書き放題な自己満足ブログです。
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2008年05月31日 (土) | 編集 |
ロスバゲ とは ロストバゲージ(Lost Baggage) の略でして、、


(過去に散々ターミナル5でのロスバゲの事を書きましたが)

先だってご視察で来られた8名様(添乗員なし)の到着のお仕事で、、、

8名様中5名様 ロスバゲ!

お客様のフライト は、成田 →(NH)→ パリ→(BA)→ ロンドン


パリ でロスバゲ!(パリの空港だって、やってくれます!)


パリでは2時間の乗り継ぎだったそうですが、、、

何せ添乗員のいないGRPなので、お客様達もどうしたら良いのか分からず、、、

ロンドンの空港にいる『SKY CAP』と呼ばれるポーターに協力をしてもらい、
ポーターの携帯電話で中のお客様に指示をしました。

もし皆さんが個人旅行などで、到着空港で荷物が出てこなかった場合、
まずは、荷物エリアにある係員のいるカウンターに行って、荷物が出てこない旨を伝えます。その時に出発空港で荷物を預けた時の受け取った半券と航空券を見せます。
次にスーツケースが出てきた時の送り先、(ホテル名、住所)スーツケースの形、色、メーカ名等を伝えます。そして問い合わせ先が記された書類を受け取って、航空会社によってはアメニティーキット(歯ブラシやちょっとした化粧品が入ったもの)が貰えることもあるので、ダメ元で聞いてみましょう。後は (ただひたすら)GOOD LUCK!



で今回のお客様達、ロンドンで3泊の予定でした。

翌々日夜に4個の荷物がホテルに届き、最後の一つはお客様のロンドン出発前日に届きました。

こちらでもお客様の荷物の追跡調査はしていても、で出来ることは限られています。

お客様の出発日に、お荷物の件でご不自由されましたでしょうね と申し上げたら、

お客様、いえいえ、、、かえって余計な心配をおかけしてすみませんでした。 だって、、

普通だったら怒り出す 、文句を言う方が殆どなのに。。。。

ちなみに、、、

ロンドン・ヒースロー空港のターミナル5はもう落ち着いているようですよ。


スポンサーサイト
2008年05月29日 (木) | 編集 |
気がつけば、ブログを3日も放置していまして、、、

(何も無い限りは2日以上開けないようにしているのですが、、、)

何かとバタバタしておりまして、、、、

今朝更新しようと 記事を書いたら ブログ会社のシステムエラーで記事が反映されずに凹んでおりました。
(だって同じ事を2度も書く気しないもん。。。。)


実は 妹が先週から 生意気にも(爆) 出張でロンドンに来ておりまして、、、


(あっ、許せ 妹よ、生意気にも(爆) ← はウケ狙いよ♪)


でも彼女はもう明日には東京に帰ってしまうのですが、、、


妹からのお土産

何でも嬉しい日本食


貰って嬉しいおつまみー


もらって嬉しい生ラーメン


そして、、、

そして、、、

そしてーー


幻の焼酎と言われている、、、

幻の焼酎だよーん!


たまねこ 妹よ、 姉より。



2008年05月24日 (土) | 編集 |
おとといのヒースロー空港ターミナル3、

ワタクシはグループの到着を待っておりました。。。。。

TVカメラのクルーが2人いまして、 あれ?誰か来るのかな?

でもカメラークルー、たった二人やし、大した事ないな。。。


ワタクシのグループが出てきまして、、、、、バスにご案内して、、、、

再び到着ロビーに戻りましたら、、、、

この有り様

誰?今日は誰が来るの?

(エアポート・デューティーマネージャーまで出てきたぞ!!)

テレビカメラ


いくすきゅーずみぃー!!

誰が来るの???って聞いたら、、、、

Famous Family (有名な家族) が来るのだそうです。

(詳しく教えてくれませんでした)ケチ!


いよいよ出てきたようです!

いよいよ出てきた


最初はこの ピンクのジャケットの車椅子のおばあさんがカメラでバシャバシャ撮られてました。
(お顔が写っていなくてすみません)

実は 有名な家族 とは、、、、、

有名ファミリーのおかん


ジャクソンズ (昔はジャクソン5)

でもこの人 ジャクソンズのメンバーだけど、誰?
(ジャーメインでないのは確かでした)

この人誰?


“ジャクソンズ”と聞いても、ワタクシはマイケル・ジャクソンとジャーメイン・ジャクソン、後はジャネット・ジャクソンとラトーヤ・ジャクソンしか知りません。

つーことは、車椅子の ピンクのジャケットのおばあさんは


マイケル・ジャクソンのおかん!!(お母さん)!!


(再び、お顔が写っていなくてごめんなさい)


2008年05月23日 (金) | 編集 |
ワタクシにとっては夢の様だった、お屋敷三昧のお仕事も過去の事、、、

今ではしっかりと現実に戻っておりまして、、、、

先だっては“会社の報奨旅行御一行様”

お客様も添乗員さんも皆とてもいい方ばかりでした。。。


が、、、、、、、、、、


社長さんのワガママに振り回された3日間でした。


はっきり言って、疲れた。。。。




でもね、、


でもね、、、


でもね、、、、




ワタクシも 鉄板焼きが食べれた!!

えび・えび・えび



翌日は皆様は朝ローマに向けて出発。。。。

社長さんのご希望で、、、、

ホテルの出発時間を1時間早くして、空港に行く前に、、、

ウインザー城 へ寄りました。

ウインザー城



で、人の話を聞いていない社長さん。。。

皆バスに戻っているのに、社長さんだけ帰ってこない。。。

ったく、、、

2008年05月22日 (木) | 編集 |
お屋敷って泊まれるのですか? という質問がありました。

イギリスの場合は、いわゆる “マナーハウス(Manor House)=貴族の館”貴族や大地主が建てた邸宅は維持・管理していくのは大変なので、一般公開して収入を維持費に充てたり、ビジネスとしてホテルに改装されたりしています。

最近ではイギリス周遊のツアーで “マナーハウス(貴族の館)に宿泊!”
と歌っているツアーも増えてきていますが、団体で泊る場合は往々にして部屋は“離れ”、後から建て加えられたり建て増しされた、味気ない部屋になる事が多いです。

また他のヨーロッパでも同様に古城ホテルとかも多く存在します。




で、突然ですが、、、


のドアのプレートに何て書かれているか、見えますかしら?

s-129_2948.jpg



お客様のお部屋

s-129_2955.jpg


実際に ルイ18世 が使用していたお部屋です。。。。。。。
(ルイ18世は、マリーアントワネットと結婚したルイ16世の実弟)

s-129_2954.jpg


s-129_2953.jpg


s-129_2957.jpg



ワタクシだったら、こんな広い部屋に一人で寝るのは怖い。。。。。。

2008年05月20日 (火) | 編集 |
ゴールデンウイークにご一緒だったお客様は 大のお屋敷好き! でらっしゃいまして、過去にも色々な古城ホテルやお屋敷に宿泊されているそうです。 羨ましゅうございます

ロスチャイルド家が所有していた、ワデスドンマナーの見学のあとは、 当然 貴族の館でご宿泊でございます。

ワデスドンマナーから車で20分の所にあります Hartwell House(ハートウエルハウス)というお屋敷です。

ハートウェルハウスのホームページ(英語)

s-129_2969.jpg


s-129_2963.jpg


すっかりお屋敷慣れしてきた自分が怖いですが。。。。。


ここは とっても由緒あるお屋敷でして、、、、いや、それぞれのお屋敷が、それぞれなりに、由緒あるのは分かっておりますわよ、、、、


でもね、、、、

このお屋敷はね、、、、


現在の天皇・皇后両陛下もお泊りになった事がある。。。。(らしいです)

“クイーンマザー”(現エリザベス女王の母君)もお泊りになったことのある。。。。


もっと歴史を逆登れば、フランス革命を逃れた ルイ18世が、このお屋敷に5年間もの間滞在していて、亡命政治をこのホテルで行っていたという事。。。。。(溜息)

s-129_2951.jpg


4つある応接間のひとつ。。。。

s-129_2960.jpg


別の応接間にて、夕食前のひとときをシャンペンで乾杯

ここで、食前酒をいただきながら、夕食のメニューを決めますのよ。。


(夕食のレストランは照明が暗すぎて、多分上手に撮れないと思ったので、取りませんでした)

s-129_2967.jpg



そして、、、、


ワタクシが頂いたお部屋。。。。。。。


ベリー・プリティー!!

s-129_2964.jpg


s-129_2966.jpg



でも、、、、

お客様のお部屋は、、、、、


おーまいがぁーー!!


なお部屋でしたの。。。。



2008年05月18日 (日) | 編集 |
ゴールデンウイークにご一緒したお客様は、お屋敷が大好きでらっしゃいまして、前日のチャッツワース・ハウスに続き、今回訪れたのはロンドンから比較的近いところにあります、

チャッツワースハウスの記事

Waddesdon Manor (ワデスドン マナー) という、

金融業で財をなした ロスチャイルド家 が所有していたお屋敷です。

(今回はお客様の為に専用車を手配)

ワタクシも初めて来たのですが、お客様と、“何だかフランスのロワール地方のお城みたいですねー”というのが第一印象でした。


(中の写真撮影は一切禁止でした)

s-129_2939.jpg


日本語のガイドブックはありませんでした。(オーディオガイドも英語のみ)
ひととおり見てまわっても軽く2時間はかかりました。

なるほど、、、フェルナンド・ロスチャイルド男爵が自分のロココ調のコレクションを飾るためと客人をもてなす為にに、フランス人建築家に頼んで建てたのですね。納得!

確かにお屋敷の中の調度品などは、溜息の出るものばかりでした。

s-129_2941.jpg


お庭もとっても素敵です。

s-129_2942.jpg


s-129_2945.jpg


s-129_2946.jpg


s-129_2947.jpg


ロスチャイルド家が4代にわたって所有していたようですが、今ではナショナル・トラストによって運営・管理されています。



ワデスドン・マナーのホームページ(英語)
2008年05月16日 (金) | 編集 |
前回に LIDL というスーパーで、面白いものが見つかる と書きました。

他のヨーロッパの国での このスーパーの客層は分かりませんが 、少なくともワタクシがたまに行く LIDL の買い物客層は圧倒的に移民と思われる人達が多いのです。


言葉を替えて、超ウルトラ庶民派スーパー


最初は安いというだけで品揃えも余り無くて、ワタクシが買うのは いつもオリーブやピクルス、トマト缶ぐらいでした。。。。

主に自社ブランドが多いですが、そこはドイツ資本なので品質は確かだと思います。で最近は自社ブランド以外にもヨーロッパ中のチェーン展開を駆使して?面白い食品が見つかります。

(本社はドイツのネッカースウルムのようで、添乗員をしていたら懐かしい地名、多分古城街道の近くね)


実は LIDLで見つけたもの。。


タコの缶詰! (ギリシャ産のようです)

(写真がちょっとボケているのお許しあれ)

octpus 1

フタを開けると トマト煮込み になっています♪、、、

が、、、、、、、、、、、、、、、

octpus 2

ひと缶にひとつ、もれなくこーんな大きな 唐辛子が入っていますので、お気をつけあそばせ!!

octpus 3

でパスタであえれば、、、

タコ・スパゲッティー、出来あがりー!

パセリをかければヨカッタかな。。。。

octpus 4



但しですね、大きな チリ(唐辛子)が入っているので、かなり来ますよ


2008年05月14日 (水) | 編集 |
イギリスでも年中色々な野菜や果物が手に入ります。。。。

その殆どの野菜や果物はモチロン輸入で、近隣のヨーロッパ諸国からだったりします。

温室栽培とかで、旬の野菜とか関係無く年中出回って季節感も無くなっているのは日本と同じだと思うのですが、唯一春を感じさせる野菜は、、、、、、、、

ホワイトアスパラ


s-129_2912.jpg


こちら少なくともロンドンでは、まずスーパーではホワトアスパラは売っていませんのよ!

大陸、フランスやドイツ、ベルギーなどではホワイトアスパラは春には沢山でまわっているようです。(なんでイギリスでは手に入りにくいんやろ。。)

ロンドン売っているのは、ハロッズ や セルフリッジ、ハーベイニコルス などの高級百貨店で、値段も超高い!!通常は庶民には手に入りませんわ!!

でもね、、、、


見つけましたわよ!!それもすんごい安い値段で。。。。


このスーパーは ドイツ資本のスーパーで、ヨーロッパ中に支店展開をしてます。
でもイギリスでは(多分)貧乏人専用スーパーっぽい雰囲気があって、まず店内では一切英語が聞かれない、、、ちゅーか、買い物に来てる人達は移民が多いです。(ほんと)
特に最近では(旧)東欧の人達が多くて、唯一レジで英語が話されているくらいです。

でもワタクシ、ここのスーパーは安いので、(ワタクシも貧乏人 たまに行くのですが、最近はこのスーパーで結構面白いものが手に入ります。

さすがヨーロッパに支店展開をしているだけあると思います。。。

s-128_2895.jpg


で、見つけた ホワイトアスパラは たったの1.99ポンド!! (450円くらい)

これを高級百貨店で買ったら、1000円はしますわよ!!

ちなみに オランダ産でしたわ。。。。。


で、ピーラーで皮をむいて、(フライパンで)茹でて、ワタクシの場合、、、、
マヨネーズをミルクで伸ばして、パルメザンチーズと乾燥パセリでいただきました。

ほんのりと土の香りがします。。。

s-129_2914.jpg


実はこれを作った後で、ブログリンクしている ryujiさんのレシピに

ホワイトアスパラのパルメザンチーズ焼き を発見しました。。


次回は是非作ってみます!


って、はよ買わんと季節終わってしまうがな。。。

2008年05月13日 (火) | 編集 |
先週からずーっと毎日、 で、日中の気温も25前後、おとといは27度まで上がってで急に夏が来た!

一ヶ月前は だったのが信じられないわ。。。

ただこの陽気もあと2日で終わって、今週末からはお天気は正気に戻りそうです。
日中の気温は17度。。。。。。 少し寒くなりそう。。。
だからイギリスのお天気は本当に分からないよ。。。


先日やっとお花の苗を植木鉢やバスケットに植えました。


スタンドに インパチェンスロベリアを3株づつ。。。。

s-129_2981.jpg


左からマリーゴールドパンジー、今年久々に植えたスイートピー

s-129_2984.jpg


調子に乗って、裏庭用のハンギングバスケットを3つも作ってしまいました♪

s-129_2980.jpg


s-129_2982.jpg


s-129_2983.jpg


玄関用にパンジーのバスケット

s-129_2986.jpg



まだもう少し色々植えようと思っているのですが、ワタクシの場合、急な泊りの仕事が入ったりするので、お花のお世話が難しかったりするのです。。。


でもお花を見ると癒されますわ。


今相方が仕事にでかけました。。

晩御飯はいらないって。。。あっそう!ヨカッタわ。作る手間が省けて!!



ワタクシはOFF,思いっきり裏庭の芝刈りします!!
2008年05月11日 (日) | 編集 |
今回ご一緒したお客様は 大の映画好き でらっしゃいまして、イギリスが舞台の映画は全てご覧になっているそうです。

お客様のご希望で、こんな所にもご案内しました。


ジュリア・ロバーツ と ヒュー・グラントの映画

ノッティングヒルの恋人 の舞台になった

4_17881.jpg

ポートベローマーケット

s-129_2934.jpg


ポートベローマーケットは毎週金・土のアンティーク市が有名なのですが、映画にでてくるのは生活用品やお花、などのマーケットでした。

s-129_2935.jpg


トラベルブックショップ

s-129_2936.jpg



2008年05月09日 (金) | 編集 |
お客様とご一緒した、チャッツワース・ハウス という所、

今回のお客様の目的のひとつで、デボンシャー伯爵のお屋敷 でして、個人所有の邸宅を一般に公開しています。

お恥ずかしながら、、、ワタクシこのお屋敷の事は全く知りませんでした。(汗)

ロンドン・セントパンクラス駅から2時間ちょっと、Chesterfield (チェスターフィールド)と言うところで降りて、TAXIで15分のところにあります。
(夏場はシャトルバスがあるようです)


門からお屋敷の入り口までのアプローチ
s-129_2923.jpg


このお屋敷で映画が撮影されたそうです
s-129_2924.jpg


広大なお庭
s-129_2926.jpg


ダイニングルーム
s-129_2931.jpg



売店で日本語のパンフレットが売られていたので、日本人の方が多く訪れるのでしょう。
写真を撮っていたらキリがありません。。。

より詳しいチャッツワース・ハウスの写真と説明(日本語)

チャッツワースハウスのホームページ(英語)

2008年05月07日 (水) | 編集 |
ゴールデン・ウイーク中にご一緒させて頂いたお客様とのアフタヌーン・ティーです。


ワタクシが を撮っているのはあくまでお客様に失礼なので、お客様にお断りしたうえで遠慮して取らせて頂いたので、写真映りがいまいちかなー。。。


場所は レンズボローホテル♪ (ハイドパーク・コーナにあります)

ここは マドンナマイケル・ジャクソン も泊まったホテルでして、、、、
最低でも一泊10万円以上はするホテルなのですが、以外や アフタヌーン・ティー は気軽にできます。


(でもワタクシは個人でも行きませんが、、大汗!)



シャンパン ストロベリー

s-129_2919.jpg


メニューには無かったのですが、シェフからの

バナナのムース

s-129_2920.jpg



そして、、、、


三段のトレーに盛られてやってきました

s-129_2921.jpg


スコーンはあとから別皿で来ました。(写真を撮るのを忘れました)

こんな本格的なアフタヌーン・ティーは10年振りかな???


優雅な時間を過ごさせていただきました。。


(ここの シャンパン付きアフタヌーン・ティーはお1人約1万円です)



2008年05月05日 (月) | 編集 |
今日はイギリスはバンクホリデー(休日)

そしてワタクシは OFF! (← 仕事がない)

そんでもって、

昨日、寝る直前まで天気予報は だったのよ!良い方に天気予報がはずれて嬉しい!

OFFの日に となりゃ、、、あーた、、、


ガーデニング でございますわよ。。。。。


お花チャン達、やっと広いところに植えてあげれるよ

s-129_2971.jpg


前庭の垣根刈り+芝刈りに雑草抜き、、、、

裏庭の芝刈り、、、、、

殆ど一日外にいたお陰で日焼け(ガーデニング焼け)してしまいました。

そして、同じく今日OFFだった相方が、


ご飯を作ってくれました!!


って、、、、

これって、、、んん???

普通は逆よね。。。。。


まあ人間、得意・不得意がありますから。。。。



2008年05月04日 (日) | 編集 |
4日間、女性のお一人のお客様のアテンドで、色々な所、それもワタクシが行った事のない所ばかりをご一緒させていただきました。

明日はOFFなので、ゆっくり写真を整理して徐々にブログに載せていきたいと思いますが、、

お客様がお泊りになっていたのは、リッツホテル でして、、、

(実はワタクシ、今日も違うお客様でリッツホテルのお仕事でした)

以前に書いたリッツ・ホテルの記事

お客様がチェックインした後、お客様とアフタヌーンティーに行くまでの間の時間、ホテルのロビーで待っておりました。

お客様の今後の予定の日程表に目を通しておりましてですね、、、、

コンシェルジェからある言葉がワタクシの耳に入ってまいりましたの。。。。



ユア・ハイネス! (Your Highness)



ゆ・・ゆ・・ゆ・・・



ゆあ・はいねす?



確かに“ユア・ハイネス”と聞こえたぞ!!


* ユア・ハイネス (Your Highness) とは、王族や皇族に対して使う言葉です。


ふと顔をあげて、コンシェルジェの方を見ると、シックな装いの若い女性が立っていて、その隣でちょっとゴツい男性が、女性に向って、“ユア・ハイネス”と言っている・・・・ちゅーことは、今ワタクシの目の前に立っているシックな装いの女性は何処かの王族か皇族で、ゴツい男性はボディーガードなのね。。。。。

(でも誰かわからん。。。。。)

ボディーガードとコンシェルジェの会話を(一生懸命聞き耳立てて)聞いていてですね、
目の前の女性が誰なのかが分かりました。。。。


何と、、、あるお国の 王妃様 でらっしゃいました。。。


必死で画像を探しました。。。。(この小さな画像で精一杯でした)

実際にワタクシが見た時は、髪をアップにしてスーツを着ておられたのですが、、、

images.jpg



モロッコ の ラーラ・サルマ (サルマ王妃)


へぇー、モロッコって王国だったんだ。。。。知らなかったわ。


サルマ王妃について シンデレラ・ストーリーです。


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。