FC2ブログ
英国ロンドンで、日本からの観光客のお世話をする『現地係員』というお仕事をしている元海外添乗員。仕事・趣味や日常の事など言いたい放題、書き放題な自己満足ブログです。
2008年04月03日 (木) | 編集 |
ターミナル5がオープンして1週間、、、

National Embarrassment !

(イギリスの恥)とまで言われ、散々たるターミナル5、


最大の原因は荷物処理システムのダウンによるもので、

つい2~3日前は 15000個 の荷物が裏で処理されずに溜まってると聞いてたのが、とうとう 28000個 。。。。。身の毛もよだつっちゅーねん!!

(BBCより画像をお借りしました)
_44526224_bagsheathrow_226.jpg


とうとうヒースロー空港では処理しきれず、ロンドンで2番めに大きなガトイック空港や、はたまたスコットランドの空港に荷物を送って処理してもらったり、、、、

ヨーロッパ大陸に居住している所有者の荷物は(何故か)イタリアのミラノに送り、ミラノのクーリエー会社に処理してもらうんだそうな。。。

_44531924_bags_226.jpg


で、、、、、

BA(英国航空)離れ が加速しております。。。


そりゃそうだろう。。。
新ターミナルがオープンしてもこんな状態だと、誰だってBAに乗りたくなくなるよね。。。


で、実際にライバル会社の バージン・アトランティック航空とブリティッシュ・ミッドランド航空 に随分とお客さんが流れているらしいです。


ほんとにBAさんには同情申し上げます!



=オマケ=
ターミナル5オープン初日にBAでイタリアに出張に行ってロスバゲになった相方の荷物は、相方がロンドンに戻って来る前日にホテルに届いたのですが、この時の話を。。。

ウチの相方は旅行会社の (一応) セールス・マネージャーね。

相方の出張は、イタリアの観光局から招待され、同じロンドンからミラノの便には他の旅行会社からも招待された人が4人居たそうな。。
(皆お互いの顔は知らないで皆ロスバゲだったとホテルに着いてから分かったらしい)

相方の荷物は夜の便でミラノに着いたようですが、(ここまではワタクシも追跡調査をして、相方に知らせていた)、その日の夜も翌日もホテルに荷物は届かなかった。。。

相方が滞在していたのはアオスタというスイス国境に近いミラノからかなり離れた所だったので、ワタクシ思った、届けなくても3日後にはまた本人はミラノの空港に戻って来るわけだから、空港に荷物を置いとく方がわざわざ遠方まで届ける手間省ける=イタリア式考え。


ワタクシ相方に言った。


吠えろ!!


荷物はミラノに届いているんだから、後はその荷物を本人に届ける根性と気力があるかどうかだ。。。ミラノのマルペンサ空港の電話番号はホテルのコンシェルジェに調べてもらえと言った。


相方よ、そこはイタリアだ、イタリア語で心ゆくまで吠えるがよい!


で、


相方、吠えて吠えまくったら、、、、

翌日に自分の荷物だけがホテルに届いた!


(同じ便に乗って来た他の人の荷物は届かなかったそうな)



で、帰ってくるだけやのに、




なぜかスーツを着て帰ってきた相方。。。。

荷物が届いて嬉しかったらしい。。。アホや。。。。。



でも今のBAさんには吠えても無理だな。。。。。


スポンサーサイト