FC2ブログ
英国ロンドンで、日本からの観光客のお世話をする『現地係員』というお仕事をしている元海外添乗員。仕事・趣味や日常の事など言いたい放題、書き放題な自己満足ブログです。
2007年12月17日 (月) | 編集 |
下書きしたまま、すっかり忘れておりました。。。。。。


以前にパリ~ロンドンを走る“ユーロスター”の駅が、“ウオータールー駅”から“セント・パンクラス駅”になるという記事を書いたのですが、

(以前の記事を読みたい方は ね)


11月14日に新しくなりました!!

って、もう一ヶ月も経ってしまったわけですが、(ブハ!)


オープン当日はフランス側のメトロのストライキで、ユーロスターには被害が出なかったものの、乗れないお客さんが続出し、新しいユーロスターの出発に水をさされた模様です。

だってね、

ユーロスターのロンドン側の駅をどの駅にするかと言う話が持ちあがった時にね、時のサッチャー首相が、

イギリスが勝って 、フランスが負けた戦争の名前がついている駅にしましょう! (*ワーテルローの戦い)

ってことで、

ウオータールー駅(ワーテルロー駅)になったという逸話があるので、きっとその“仕返し”ではないかと思いますがね、、、、

(イングランドとフランスが仲が悪いのは有名)


新しく、“セント・パンクラス・インターナショナル”駅

St.Pancras station



これは“駅を正面に見て、右のキングス・クロス駅との間の通りで、

ここから入るとユーロスターの改札がすぐ右にあります。

St.Pancras 1


少し先に、これも新しくなった“在来線用”の建物が、、、

St.Pancras 2


さらにその先に進むと、“ユーロ・ディスパッチ・センター”と“団体用のコーチパーク”の看板があります。

St.Pancras 3


オープン翌日に撮影した時はまだ、 工事中!だったのですが、今もまだ少し工事中のようです。

St.Pancras 4


“ユーロ・ディスパッチ”を使う・使わないに関わらず、グループの乗り降りの時はこの を使うことになります。


St.Pancras 6


ここからだと、まだ工事中と思われる長ーい通路を通って行きます。

途中に がありますが、ここの (無料)はまだお客さんには使わせない方が良いでしょうね、一人行き出すと皆行きますからね。

St.Pancras 7


そして、このような広ーいところに出てきまして、

St.Pancras 8


そして左側に以前のウオータールー駅の時よりも、数倍広くなった改札がありまして、入るとスグに手荷物検査があります。

*今現在、まだ中のお店はコーヒーショップのみとの情報です。(爆)
(両替 はまだオープンしていません)


St.Pancras 10


そして、ここは“到着”のお客さんの出口、

St.Pancras 1 1


以前は遠ーーく離れていて有料だった も正面にありまして、嬉しい“無料”です。

St.Pancras 12


但しこちらも“両替所” が今現在、まだオープンしていません!!(爆)


他には


Shanpan Bar


おされな“シャンペン・バー”

St.Pancras 16


むっちゃ評判が悪い 男と女の銅像(この銅像、すんごいデカいの)

St.Pancras 1 8


コンコース(オープンの翌日)

Eoro Star


クリスマス・バージョン

St.Pancras 14


St.Pancras 17


今ではたったの2時間半でパリまで行けるざんす。


しばらく“おふらんす”に行ってないので、久しぶりに行ってみたいざんす!
スポンサーサイト