FC2ブログ
英国ロンドンで、日本からの観光客のお世話をする『現地係員』というお仕事をしている元海外添乗員。仕事・趣味や日常の事など言いたい放題、書き放題な自己満足ブログです。
2007年11月16日 (金) | 編集 |
ここんところ学生の研修ツアーの時期でして、理容・美容専門学校やデザイン、ファッションスクール等、台数口で百人単位でやって来るので忙しくしております です。


とにかくホリデーネタを終わらさ無ければね、まだあと3日分ありますのよ、、、
ちゅーことで、、、


10月7日(日)、ホリデー9日目、(相方家で5日目)

本日は日曜日で通常は家族が揃う“大切な日”なのですが、

定年退職して毎日家に居る義父様、フリーで仕事をしている義弟君、ホリデーで来ているワタクシ達、日曜日でなくても毎日家族が揃っております。


で、義母様がワタクシと相方を呼んでですね、


挨拶回りに行ってきなさい!!


この挨拶回りとはですね、ワタクシ達の結婚式に来てくれたご近所さんを一軒づつ訪ねてですね、
“久しぶりに帰ってきましたよ!元気にしてますよ!”と報告して回るのですよ。

めんどくさい!


義母様の命令には絶対服従の相方家


相方が、ウノ・ドゥエ・トレ・クアトロ・・・と何やら数えておりまして、

何数えてんの?

最低でもカフェ(エスプレッソ・コーヒー)5杯は飲むことになるかな。。。(爆)
(これが中東だとチャイだわね)

ちゅーことで、いやいや 挨拶回りしてきましたわよ!
悪気が無いのは分かっているけど、“子供は?”とか聞かれると正直、ウザイ!

結局はカフェ5杯、リモンチェッロ1杯(アマルフィー出身のシニョーラの家)
だってね、今飲んできましたからって断れないでしょ。


では日曜日のランチです!


プリモはニョッキのボロネーゼソースでしたのね。。。
ワタクシも相方もニョッキは嫌いではないけど、自分から好んでは食べない

ニョッキ


このニョッキにかかっている“ボロネーゼソース”ですね、、、、


なんと、、、、、、


缶詰のソースだった!!!


ワタクシ、、、心の中で絶句。。。。。。。。。


お義母様、嫁の舌は誤魔化せませんのよ!



セコンドはコレ 肉(ビーフ)の中に巻いてあったものは不明と、アーティーチョークのフリット(揚げ物)

セコンド


デザートは 買ってきた タルト

タルト



ワタクシ、実は“ラグー”を期待しておりましたの。。。
(まあ、ボロネーゼソースもラグーソースの一種ですがね)


ラグーとは、通常は大きな塊の肉やソーセージなどをトマトソースでコトコトと時間をかけて煮込んで、プリモのパスタを煮込んだトマトソースで和えて、セコンドに煮込んだお肉を食べるという南イタリアの“お袋の味”のはず。。。。
(ワタクシもたまに作る)


日本で有名なナポリ出身のタレント、ジローラモ氏も南イタリアの日曜日のランチは“ラグー”と彼の本に書いておりましたし、ロンドンに住んでいるナポリ出身の相方の友人ファミリーん家も、日曜日はラグー、美味しい!


お義母様、嫁は嬉しゅうございます。
本場のイタリアで“缶詰のボロネーゼソース”を味わえさせて頂けるなんて。。。。



相方家のお袋の味は缶詰の味だった!!



スポンサーサイト