英国ロンドンで、日本からの観光客のお世話をする『現地係員』というお仕事をしている元海外添乗員。仕事・趣味や日常の事など言いたい放題、書き放題な自己満足ブログです。
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2007年09月28日 (金) | 編集 |
朝から、バタバタと準備しております です。

出かけに相方が、“今日は早めに帰って来るから!”って、


当たり前やろーーーーー!!


明日は朝6時の

“スタンステッド空港”という、“準,貧乏人用空港” から

“ライアン・エアー”と言う、これまた“貧乏人御用達格安航空会社”
(席は自由席、機内食なし)

ryan air


なので、今晩は寝れません!!

どれだけ安いかと申しますと、

たとえば、今回の私達ロンドンからのシチリアのパレルモまで、片道2人で58.82ポンド、(約15000円)

帰りはローマからで、2人で38ユーロ(約6000円)

これって、予約するタイミングによって、全然値段が違うのですよ。

今回一番高かったのは、パレルモ~ナポリのフェリーの一等客室、143ユーロ、
(約23000円)ですだ。

(だって、イタリアのフェリーで雑魚寝したくないもん!!)

Ferry


義理母の“アレ持って帰れ!”“コレ持って帰れ!”攻撃も怖い。。。

(だって趣味の悪いものばかり、、、)



とりあえず、明日からホリデー行って参ります。

その間のブログの更新は出来ません事、お許しくださいませ。

10月9日に帰って来ますので、帰ってきたら更新しますね♪


スポンサーサイト
2007年09月28日 (金) | 編集 |
昨日はコメントをたくさん頂いて、こんなブログだけど読んでくれている人達がいるんだー、、、と実感したワタクシでございます。ありがとうございますだ。


ところで、、、、


時間って無情に過ぎていきますね。。。。

今日は“白髪を染めて”(爆)!!

またいつものように、

掃除・洗濯・アイロンかけ。。。。。


ほりでーの準備なーーーんにも出来てません!

別に“何も無い”ド田舎に行く訳では無いので、いつものごとく

“何とかなるやろー!!”

でもワタクシ、今回で相方の実家に行くのは4回目なんですが、

今回絶対に持って行こうと決めた物は、、、、


包丁! (イタリアの包丁、切れない!)

きっとまたマンマが私に

“料理作って!”って言うハズ。。。(前回もそうだった)


くさっても イタリアのマンマ!

嫁(それも外国人)に料理作らすなーーー!!

(と言いながら、ちょっと自慢だったりもする、、、)

あのね、、、、

寿司や天ぷら作ってくれ!ちゅーのじゃないんですよ。

リゾット・ポルチーニやサルティンボッカ・ア・ラ・ロマーナとか

ちょっとモダン(かどうかは分からんが)なイタリア料理を私にリクエストするんですよね。。。

(きっと義理母は自分のレパートリーに飽きちゃったと思うのですよ)

ちゅーのも、一度義理母(マンマ)がロンドンに来た時にワタクシ、
義理母厨房に入らせずに、これでもか!!っと色々作ってあげたら、すっかりお気に召されて、そして次に実家に行った時は“作ってちょーだい”攻撃。

でも義理母(マンマ)、お魚は食べれませんの。


ワタクシ、ホリデーでリラックスしたいんですけど!!


ワタクシの な気持ち、お察しくださいませ。




2007年09月27日 (木) | 編集 |
今日の一本の仕事も無事終わりまして、、、


明日から2週間の 無給休暇 に突入するワタクシでございます。


で、週末からの


ほりでーーー!!




の行き先は、、、、、





相方の実家!!!!!!!!!







ここまで“ドクロマーク”つけんでもええやろー!


と思われるかも知れませんが、、、、


これで、“ワタクシ”の心を お察し下さいませ。。。。



←やっぱり“ドクロ”



あのね、、、


相方はね、南イタリアの“サレルノ”出身で、
“世界遺産”のアマルフィー海岸のすぐ近くに実家がありますの。



これがホテル滞在だったらどんなに嬉しいか!!!!



ん、、、、詳しくは書きませんが、、、、


相方は“自分の実家が嫌い!”でロンドンに出て来て、かれこれ20年!

じゃあ、なぜ今回“相方の実家?”って、、、

一応“結婚10年”なので、マンマが“顔を見せに来て!”って。。。


ワタクシは“ゴネ”ました!

必死で働いて、ホリデーで“気を遣う”なんてホリデーじゃない!!

せっかくだから、アンタの実家以外のところにも行きたい!!!!



つーことで、


最初の3日間はシシリーに滞在。

Book


ロンドンから でパレルモに飛びまして、パレルモ2泊、

そして、

パレルモから でナポリに移動、

ナポリからは でサレルノです。


あと2日で準備、



嬉しいような、、、嬉しくないような。。。



やっぱり“ドクロ!”



2007年09月26日 (水) | 編集 |
あとひとつ!!!


あとひとつ!!


あとひとつ!!!


って、まるで、“阪神タイガース”が、甲子園球場で、

9回表に相手チームにかける“プレッシャー”のようですが、、、、


明日の一本が終わればOFFーーー!!!




そして、、、、


2連荘のOFFの後は、、、、、、、、、




ほりでーーーーー!!!



なんでホリデーなのに“ドクロマーク”なの?


理由は明日書きます!、、、、って引っ張るなよ!!


半分嬉しい!半分地獄!、、、、ですだ。。。。

2007年09月25日 (火) | 編集 |
今日も朝からDEP(デパーチャー=出発)のお仕事がありまして、
午前中で終わったので、家に帰って、

なな、、、なんと、、、10日ぶりのお洗濯

どんなにぐーたらな主婦でも、ここまで洗濯物溜めることはないだろう。。。


あと二日頑張ったら OFF!!


老体にムチ打って頑張る。。。。



少し前に、キューガーデンと言う、有名な王立植物園からお客様とご一緒して、
ヒースロー空港からご出発というお仕事がありまして、

キューガーデン駅前が可愛かったので、

つい、パチリ!


むっちゃ可愛いカード屋さん

Card shop 1


Card shop 2



駅前のお花屋さん

Florist 2


お花屋さんというよりは、ガーデンショップ? でも素敵

s-114_1443.jpg


Florist 1


ワタクシのガーデナー心をくすぐります。

もうすっかり“秋” のロンドンです。





相方が帰ってきた。。。。

晩御飯つくらにゃ。。。。。 溜息。。。。





2007年09月24日 (月) | 編集 |
本日も朝から2本の仕事をこなし、

“生きた屍(しかばね)”状態で自宅に戻った でございます。。

相方が作ってくれた

“リングィーネ・カルボナーラ”

美味しゅうございました。ブォーノ!!

Carbnara


生クリームが入っていない、卵とパンツェッタ(イタリアのベーコン)とブラックペッパー、パルメザン・チーズで合えただけ。

しつこくなくて美味しいです。

今度、相方にレシピを聞いておきます。


明日も朝から仕事なので、おやすみなさい。。。。


2007年09月22日 (土) | 編集 |
おととい、仕事でお客様達(ラグビー観戦ツアー)をお連れして、ウエールズはカーディフまで日帰りで行って参りました。


以前 8月2日付けの記事 でカーディフの記事を書いた後に、
“偶然にもカーディフに行く仕事が入った”というのはコレだったのね。


ホテル出発午後1時30分


(途中一度トイレ休憩を取って、カーディフに近付いてきたらスゴイ渋滞)


カーディフ到着18時過ぎ、(試合開始は20時)


(交通規制でバスは街中に入れず、バスを下りてスタジアムまで15分程歩く)


スタジアム迄お客様を連れて歩いている道中で、日テレのカメラに写されたのですが、 どなたか“たまねこ”をTVで見ませんでしたか?(爆)


やって参りました、カーディフの“ミレニウム・スタジアム”

Studium


サポーターグッズも売っています!

カーディフには日本人会や日本人学校や日系企業もあるせいでしょうか、
思いのほかたくさんの日本人サポーターがいました。

Goods


ナ・ナ・なんと!!!
ワタクシもゲームを観戦させて頂ける光栄に預かりましたの!


ナマでゲームを見るなんて、20年以上前に甲子園球場に行って以来だぞ!


Flag


試合が始まりました!!!やっぱり生で見る試合は迫力があります!!


が、、、、、、、


ラグビーの事は全く分からないワタクシ、、、、、


な、な、何人で試合をするのや????


Game


気合の入ったラグビーファンの皆様、ごめんなさい。

日本を応援してくれていた手前のオネー様達、美しゅうございますわよ!

s-115_1503s_20081105091943.jpg


Ticket


これがきっかけで、ラグビーに興味が湧きました。

日本チームの健闘をお祈りいたします!!


試合が終わって、ホテルに戻ったのは深夜2時半でした。






2007年09月20日 (木) | 編集 |
今年第1号の“運び屋”いや、後輩添乗員が“英国周遊”でやって来ました。


後輩添乗員のMちゃんは添乗員歴十ん年にして、なんと英国周遊が初めて


添乗員は自分が初めて行く場所は事前に勉強や、先輩からレクチャーを受けてもドキドキしますの。

モチロン、お客様には“初めて”なんて当然言えない訳でして、初めて行く場所でも“知ったかぶり”をしなければなりませんの。


お客さんから突っ込まれて、


“いやぁーー、(ここに来るの)すごく久しぶりなので・・・・・・”

とか、てきとーにごまかします。

で、一度行くと“100回行ったような顔をします!

そう、、、、、


ウソつきは添乗員のはじまり!!


それはそうと、


後輩Mチャン、事前に来ることをメールで知らせてくれていたので、色々とお買い物も頼んでおりまして、

じゃあ、“ロンドン○越”で待ち合わせ・・・・・・


と思ったら、、、、、、、


あらら、、、、、、


Mitsukoshi


どうやら○越さんの隣の地下から煙が出たトカで、○越さんからもお客さんや従業員が避難させられていました。

かわいそうに、、、、開店休業やん。。。。。


で、“お昼ご飯、何にしよう??”という事になって、


あら!写真がボケてしまった!!

Bibinbab

コリアン・レストランにて“ビビンバ定食”

味噌汁、ナムルにデザート付で 5ポンド!(1200円) は超お得!!


午後からウエールズのカーディフに行きます。

今ラグビーのワールドカップが行われていまして、本日夜、ウエールズ対日本の試合がありまして、日本からも観戦ツア-来ています。

今日はバスでお客さんを連れていって、(片道3~4時間)試合が終わったらまたバスでロンドンに戻るので、家に帰るのは深夜になります。
で、明日出発が早い。。。。




2007年09月18日 (火) | 編集 |
今朝は4時半に起きました。


仕事終わって家に帰って、次の夕方の仕事までの間に昼寝をするつもりだったんだけどね、


朝から超ムカつく出来事 がありまして、昼寝をする気になれませんの。


この超ムカつく奴に対して、今ブログを書きながら呪いをかけておりますの。


いったい誰に対して“ムカついている”のかと申しますと


ヒースロー空港、ターミナル1、国内線の


超イジワルセキュリティー係員 ♂


例によって昨日BA(英国航空)で来た学生さん、空港近くのホテルに一泊して今朝、
北イングランドの“リーズ”というところに行く国内線のチェックイン。

今回の航空会社は“BD”(ブリティッシュ・ミッドランド航空)

以前の記事 でも同じような事を書いたけど、

今回の彼もスーツケースが26キロ、手荷物軽く10キロはありました。


この自動チェックイン機に行く行列の前に、既に、、、、、

bim 1


こんな 計りがありまして、 荷物奉行 の係員が一人一人のスーツケースと手荷物をチェックしてまして、しっかり言われました。

手荷物は重過ぎるから4キロ分減らして、スーツケースに入れてね!
でもスーツケースも既にに重いから、超過料金もらうからね!

bmi2


聞けば、国内線なので1キロ5ポンド、(1200円)、
10キロオーバーでも12000円だったら国際宅急便より安いから、
もう仕方ないね!って払う覚悟を決めていたのよね。。。。


ところが、、、、、、、、、、、、、、、、


ナント、結果的には航空会社が見逃してくれたのです!!!

二人で握手をして、ヨカッタね!って安心したその後に



超ムカつく出来事が起こりましたの。。。。。


ムカつく事件は で起こった!!

s-114_1481.jpg


国内線手荷物検査場入り口にて、ナントカ荷物を一つにまとめて、中に入ろうとしたら、

(チャックを)ちゃんと閉めろ!

(最初はバッグのチャックが開いていた)


ワタシ毎日この仕事をしているんだけど、他のターミナルはこれでOKなのよ!

ダメ!ちゃんと閉めろ!

(必死で閉めたけど、あと10センチ程無理だった)


ダメ!ちゃんと閉めろ!

そんな事言うの、アナタが初めてだわ!

(中の荷物を一回出して、整理して、入れ直してちゃんと閉まった)


再び中に入ろうとしたら、、、、、


今度は、、、、、


ひとつにまとめた彼のスポーツバッグが大きすぎると言われたの。



空港には こんなん がありまして、

bim 3


ここに手荷物が“スッポリ!”と納まらなければいけないの。(一応ね)

bim 2


(チェックインの時は何も言われなかった)


このスポーツバックも航空会社に預けろ!と、、、、、


で、カウンターに行って説明するも、もうチェックインは締め切ったので、ダメだと。。。



(飛行機出発まで30分をきっていた。。。。)



再び手荷物検査場に行って、チェックイン締め切ったから預けられなかったし、
もう時間が無いので通して欲しいと切にお願いするも、、、


ダメ!の一点張り!



彼のバッグはこんな感じのバッグだった。。。。

Sports bag



(規定よりもたった5センチ大きいだけなのに)


飛行機いっちゃうよー!!

僕たちのせいではない!!

荷物ナントカするか、飛行機をミスるかどっちかだって、、


飛行機をミスるわけには行かない!

とりあえず、また荷物を少し出して、何とか“アノ中”の納まるようにして、中に入ってもらったのが出発の15分前!!!

で、彼の荷物が少し我が家にあります。郵便で送ってあげる予定ですが、


イギリスの空港の“超ウルトラ” アフォーー!

このルール、ええ加減にして欲しい!!!

2007年09月17日 (月) | 編集 |
“現役添ちゃん達へ”って

いったい何人の“現役添ちゃん”がこのブログを読んでくれているのだろうかね。。。。

たまねこ推定5人、、、、って身内(もと同僚)ばっか。


昨日は久しぶりに、パリからユーロスターでロンドンにやって来るグループのお迎えでしたの。ところで、

11月14日より、ユーロスターのロンドン側の発着駅が、現在のウオータールー駅からセント・パンクラス駅に変ります。

Waterloo Station 3


ウオータールー駅 (たまにワーテルロー駅と言う添乗員います)

Waterloo Station 2 Waterloo Station 1


ユーロスターが開通したのは1994年でして、
トレードマークの白い線3本は、共同開発したイギリス、フランス、ベルギーの3ヶ国を表わしています。(ワタクシ翌年の1995年には早速添乗で乗りました)

Waterloo Station 4


Waterloo Station 5


ワタクシが一番最後に乗ったのは1997年の6月20日、って10年前だ。
(パスポートの入国スタンプの日づけで今確認した)

Eurostar train


何だか久々に“おフランスの香り”を感じたくなったな。。。。

ちなみに今、フランスでラグビーのワールドカップが開催されているので、旅費もホテルも超高いけど、落ち着いたら行ってみよう。。。。。



=おまけ=

セント・パンクラス駅、(1800年代の建物)
St.Pancras station



いかん! 仕事に出かけないと、、、

2007年09月15日 (土) | 編集 |
あららら。。。。 どうしたの 何かヘンよ


と言いたいくらい、9月に入って 、秋晴れの続いているロンドンです。

でもワタクシはブログを更新したら仕事に出かけますだ。。。


たまねこ家の裏庭にはリンゴの木がございまして、

apple tree 2


秋になると沢山の実をつけてくれます。。。
郊外とかの庭付きのお家だと、リンゴの木があるお家多いです。

apple tree 3


この家に引っ越してきた10年前のある秋、

相方が、このリンゴ、食べれるの?

ワタクシ さあ??分からんけど、食べてみて!
と相方に毒味をしてもらった。させた。

apple tree 1


おいしい?

固くてすっぱい!


その数時間後、相方が下痢をした。。。。。。

相方が食べた“庭のリンゴ”と“下痢”の因果関係は分からないが、
それ以来ワタクシ達は手をつけないでいるのよね。

地面にボタボタ落ちるリンゴを、もったいないかなせっせと拾っては捨ててます。

ジャムでも作ればおいしいんだろうか?

ワタクシ(根が酒飲みなので)、ジャムとか甘いもの食べないしな。。。。。




2007年09月15日 (土) | 編集 |
以前のブログで、

日本に帰るからって、お家に残ってた日本食材をたくさんくれた友人から貰ったコレ!

いったい何に使うんだ


STICK






答えは、、、、、、、、、、、、、、






うぉーーーー!!スゴイ!スゴイぞ!!











NATTOU 2


2007年09月14日 (金) | 編集 |
今日こそOFF! ですが、やることいっぱい。

その前に昨日食べた、“イギリスらしいランチ”、
食べたのは多分昼の2時ごろだったと思うのだけれど、夜になっても、今朝になっても
ずえーんぜん、お腹が空かなかったわ。

恐るべしボリュームだわね。


なので、本日のランチは 、“ブタ肉の生姜焼き”をメインに“カニ蒲鉾のごまマヨネーズ和え”と“キャベツの浅漬け”、“味噌汁とごはん”・・・・幸せ

Lunch



朝から“掃除・洗濯・アイロンかけ”と“ふつー”の主婦の仕事をやったらもう昼過ぎ!


そして、OFFの日のワタクシの最大の楽しみは 昼風呂!ですの。。。。


“外が明るい時にゆっくりお風呂に入るの大好き!”

だって普段は忙しいのでシャワーで済ませてるでしょ、

なので、OFFの日は、

昼間っから、、、、、

ラジオでJAZZを聞きながら、、、、

入浴剤をたっぷりと入れた“お湯”にゆっくり浸かって、、、、


リラックス!!!


お風呂上がりには、


ボディーローションをたっぷりすり込んで、
(こっちのお水は“硬水”なのでローションがないと肌がカサカサになります)

そして、、、、、


今日はコレ!!!!


Pippu!



効く・・・・かな?


2007年09月13日 (木) | 編集 |
本来なら今日・明日とワタクシにとっての2連休だったのですが、
今日は大切なミーティングで、一日潰れましただ。。。。

レギュラーで仕事を貰ってるガイドさん達やワタクシと同僚、
オフィスのマネージャーとで、仕事面での改善要求や賃上げ交渉など。。。

ワタクシの場合は“アシスタント”で、ガイドさん達ほどの強さと権力が無いので、“賃上げ”は難しいが“言いたい事”を言えるチャンスでもある。


他社のアシスタントさん達から時々聞く不満話、


*何年もやってるのに料金が上がらない、交渉すると“仕事が貰えなくなる”

*新人さんをどんどん雇って、安い料金で使って会社が経費を押さえる、等、


その点はワタクシがメインでお仕事を頂いている会社は、殆ど新人さんを取ることなく、ワタクシのような“お局”を大切にしてくれているので有り難い。

本当に, 本当に ,本当にーー 感謝しておりまする。。

ミーティングが終わって、時間のあるガイドさんとオフィスのスタッフと3人でカフェで昼食。

なんか、すっごく久しぶりに“イギリスらしいランチ”を食べたのがコレ!

Cafe lunch


これは“スカンピ”と言って、“エビのすり身だんごをフライにしたようなもの”に
お決まりの“チップス”(フライドポテト)とサラダ、

これで5ポンド弱なので1200円ぐらい、それにミネラルウオーターも合わせると、
1400円ぐらいになります。

言っておきますが、ごくごく“ふつー”のカフェで“ふつー”のランチですよ。

イギリス人って多分1ポンド100円の感覚だと思ってると思うので、そう考えるとイギリス人にとっては600円、まあイギリスだと“ふつー”か。。。


日本のランチ時の1000円以内で食べられる“定食”が恋しいです。


レストランでの外食、世界で最も高いのはロンドン= 調査



2007年09月11日 (火) | 編集 |
更新をサボっててすみません。

サボってる訳では無くて、“ちょっと”疲れておりまする。。

仕事のペースが“一日に一本”なので、たまに一日に2本やるとカラダがキツいです。
(歳のせい)

仕事は“あるもの”ではなく、“頂くものです!”と新人添乗員時代に大先輩から言われて育ったので、お仕事をいただいたら断れませんの。

だって私達の仕事って“ある” 時にやっておかないと、何があるか分からないからね。
また“何か旅行関係にダメージを与えるような出来事”が起こったら“おマンマ”食べれましぇん!
なので、“仕事がある時”は“馬車馬”のように働きますの。

で、仕事の合間が中途半端だと、家に帰るわけでも無く、かと言ってヒースロー空港で時間を潰せるわけでも無く、てきとーにぶらぶらしてて、それが疲れさせる理由でもあるのですが、2本終わって家に帰ったら何もする気がありませんの。。。

それが続いておりまして、ちょっと疲れてる最近です。。。(歳だなあ。。)

お許しあれ。。。

2007年09月08日 (土) | 編集 |
本日も昨日と同じグループのディナー・トランスファーでしたの。


本日のレストランのカテゴリーは“上” でして、

昨日のブログで、

会社は私の夕食手当てを節約出来た訳よね。。。。

なんて書いて、それが聞こえたのかどうかは知らないですが、

本日はお客様とご一緒のメニューを頂きましたの。

でもね、ワタクシ達の“夕食手当”ではとてもは食べられない値段のハズです。
きっと昨日が“タダ”だったので、2日分の“夕食手当”を合わせたのかなあ。。。。


ここは中心のピカデリーサーカスに近い、某フレンチレストラン、
写真では何だか学食っぽいけど、ピアノやサックスの生演奏がございます。

Restaurant


“本日のスープ”はトマトとバジルのスープ

soup


メインはチキンの胸肉、肉の間にガーリック風味のリコッタチーズが挟んでありまして、柔らかでジューシーで、ソースはテリヤキソース風味で美味しかったです♪
マッシュポテトもベビーキャロットもフレンチ・ビーンズもGOOD!

Main


デザートね、出てきた時にはオーマイガッツ!
これメレンゲなんです。
パッションフルーツのソースがかかっておりまして、ワタクシ的には
皆さんも残しておられました。ソースは美味しいんだけどな、残念!

Dessert


本当はワインも飲みたかったんだけど、お仕事なのでお水で我慢。

昨日も添乗員さんが“好きな物、飲んで下さいね”って言ってくださったんだけど、
ワタクシは仕事中は飲みません!

(添乗員時代はガンガン飲んでた!)

お客様や添乗員さんからお酒をすすめられても

“有難うございます。でもワタクシ飲めないんです。それに飲んだらスグに顔に出るので。。。お気持ちだけ頂きます” 大ウソツキ!

(心の中では泣いている)


だって、飲みだしたら一人で軽くワインボトル1本飲んでしまうもん。。。

グラスワイン一杯なら飲まない方がマシ!(不完全燃焼をおこします!)


ちゅーことで、オフィスの担当者さん、ご馳走様ーー!!

デザート以外は私もお客様も満足でしたよー!


明日は朝からオックスフォードに行きます!

2007年09月07日 (金) | 編集 |
“ディナー・トランスファー”というお仕事、

そのままの通り、“ホテル~レストラン~ホテル”のお仕事でして、
最近はこの種のお仕事は殆どありませんの。


私達アシスタントが“ディナー・トランスファー”の仕事をする時は

① 個人旅行のお客様で夕食付の場合、

② 添乗員のついていないグループ、

③ 添乗員はいるけど社員さん添乗員の場合、(プロ添でない)


そして、私達アシスタントはお客様たちと一緒に食べるのかどうかは、お仕事を貰っている会社によって違うとは思いますが、

ワタクシがメインでお仕事を頂いている会社の基準は、

まず、通常はお仕事料+夕食手当てが貰えまして、

お客様の夕食にも“特上・上・並”とカテゴリーがございまして、

お客様の夕食の単価(会社がレストランと契約している単価)が

私達の夕食手当てよりも安い場合は、私達もお客さんたちと一緒に食べます

が、、、、

高い場合は、(当然)一緒に食べませんって、すごく単純な基準!!

つーことで、

本日は③の社員さん添乗員+ご視察の皆様と一緒に食べました、


ロンドンでは“定番”の 中華料理

Chainese


普通だと添乗員とガイド(アシスタント)はお客様とは離れて別テーブルで食事することが多いのだけれど、本日は私を含めて8名一緒のテーブルで頂きました。

が、、、、

自分がガツガツ食べれないし、気を遣うわ。 ガツガツ食うな!

それに中華のレストランなんてグループと一緒の場合は、添乗員やアシスタントやガイドの分は無料なのよね。。。。

会社は私の夕食手当てを節約出来た訳よね。。。。





2007年09月05日 (水) | 編集 |
Westminster



ロンドン地下鉄只今スト決行中!!


おとといの火曜日の夕方から、明日までの72時間ストライキでして、
(SUSPENDED = 運行中止)

Information 2


とりあえず動いているのは3路線、(動くだけマシか、)

Information 1


たまねこ的にはあまり影響はないのですが、


ロンドンの地下鉄って、初乗り4ポンド(1000円)


世界一、値段の高い地下鉄 なんですよ!

確かロンドンの地下鉄職員は結構高い給料を貰っていると何かで読んだことがあるのだけど、何が不満でストをするの?

ったく。。。


月曜日の朝ね、地下鉄に乗って空港に向かってたんですよ。

途中から路線が二股に別れるんですけど、ちょうど二股に別れる前の(Acton Town)という駅で、ヒースロー空港行きの地下鉄を待ってたんですよ。

Underground


プラットホームの行き先の表示が “ヒースロー空港”になってたんで、入ってきた電車に乗ったら、車両の中の電光表示板の行き先は“反対路線の終点駅”だったので、一旦は乗った他のお客さんも、ホームに降りて、

当然プラットホームで“どっちだ!”って“わいわいがやがや”やってたんですよ。

プラットホームの係員に聞いても

“分からないから確認する!”

たまたま先頭車両近くに居たワタクシ、
運転士に聞こうと思ったら運転士は何やら電話中だったんで、

そばに居た姉ちゃんに聞いたら、

“運転士も分からないって今電話で確認してるわ!”って、、、、(爆笑)

“運転士もわからないって?ぶははは!”ってそこらじゅうで大爆笑!


オイ!!

結局はプラットホームの表示板の行き先が間違っていたのだけど、
こんな間違いは別に珍しくもなんともナイの。

ナントカしてよ!ロンドンの地下鉄!

こんなんでストするなーー!!


=追記=

ロンドン地下鉄では、地下鉄内のメンテナンスを担当する組合員2,300人以上が、メンテナンス会社「Metronet」の倒産に伴う雇用上の保証が不十分であるとし、3日午後6時から72時間ストライキに突入する旨を明らかにした。

運輸業界の大手労働組合「the Rail Maritime and Transport」をはじめとする数ヵ所の労働組合では、7月に「Metronet」社が倒産したのを受け、ロンドン地下鉄側からメンテナンスを担当する職員の人員削減や異動、福利厚生の削減などを行わないとの確固たる保証がなされていないとし、これに抗議するためのストライキを実施する意向を強めているという

(インターネット・ジャーニーの記事を参考にさせていただきました)


たまねこ、ニュースをちゃんと読めよなって自分に突っ込む。


2007年09月04日 (火) | 編集 |
今朝は早起きしてまず1本、夜もう1本あるので、このブログをアップしたらちょっと昼寝の予定。 正直今も超眠いよー。


今朝はとっても珍しい空港へ行ってきましたの。

私のアシスタント人生で初めて、ここの空港にお客さんを連れてきましたの。


で、行った空港は って、知ってるのはロンドン及び近郊在住者ぐらいだろうけどね。
ロンドン・ルートン空港でして、

Luton apt 2


ロンドンには、ヒースロー空港を筆頭に5つの国際空港がありまして、
大きな順に、

ヒースロー空港、 もちろん、ロンドンの空の表玄関です。

ガトウィック空港、アメリカ便多い、ヒースロー便が取れなかった日本人グループの利用も多し。全日空がロンドン線を開設した時はこの空港を利用してたの。(小説“沈まぬ太陽”にも出て来る)

スタンステッド空港、KLが乗り入れて時は日本人グループも利用してたが、今はない。

ルートン空港、日本人グループは使わない。

ロンドン・シティー空港、年に1~2回、仕事で行くロンドンの中心に一番近い空港。(チェックインは30分前でOK)


なぜ、このルートン空港に仕事で行くことが無いのかと申しますと、

格安航空会社専用 の空港だからでして、

今日から新学期が始まったので、ガラガラですが、ホリデーシーズンは地獄の様に混みます。

Luton apt 1


眠いと言ってる割りには前置きが長くなりまして、

ここからが今日の本題なのですが、

昨日BA(英国航空)で到着した学生さん1名をルートン空港の近くのホテルにお連れして、今日はここの空港のチェックインのお手伝いでしたの。

学生さんが利用したのは “エアー・アラン” というこれまた聞いた事が無い航空会社でして、アイルランドの航空会社、行き先はウォーターフォード というこれまた珍しいアイルランドの街です。

Air Arran


学生さんのスーツケースは25キロ、手荷物10キロありまして、、、、

(格安航空会社だと、スーツケースは15キロ迄というところが多いのね)

で、チェックインの時にやっぱりひっかかった。。。。。。。。。。

(昨日のうちに超過料金取られるかもしれないと言っておいた)

チェックイン・カウンターにいるのは、いかにも陽気そうなジャマイカ系の兄ちゃん


だって彼女、昨日ブリティシュ・エアウエイズ(英国航空)で日本から着いたばっかりなんだもん、それに英国航空はOKだったのよ。。。

ウチは英国航空とは違う!

分かってるけど、そこをナントカ。。。

Only rich people can fly with British Airways, You know, here is only for poor people!
You must be rich so I will charge excess luggage!


英国航空に乗るのは金持ちだ!

ここは 貧乏人専用の空港なんだから 金持ちからは追加料金を貰う!



ブハハハ!貧乏人専用空港??(たまねこも利用しますだ)


“貧乏人専用空港” で大ウケ!!


私は大笑い! 後ろに並んでいたお客さんも大笑い!

言った本人の兄ちゃんも自分でウケて大笑い!


結果、大笑いのうちに許して貰ったのでね、

私と学生さんから We love you!! と投げキッスをしたの。

めでたし、めでたし。。。。



あかん、、、

眠たかったのに目が冴えてきてしもた。。。でも2時間ぐらい寝れそうかな。



2007年09月03日 (月) | 編集 |
去年の今ごろは、両親が来て、両親連れてドイツに行ってたな、、、、

なんて思い出してたら、急にソーセージが食べたくなったので、

ニュールンベルガー(細くて小さい大人の指ぐらいのソーセージ)とライ麦パン。

最初はワインを飲んでたけど、やっぱり が合うわ。

すいません、明日少し早いので。。。。おやすみなさい。

Wurst





2007年09月02日 (日) | 編集 |
本日仕事で空港に行ったら、仕事仲間が沢山いたの。

“お疲れ様です!、何便ですか?” が定番のご挨拶でして、

ヒースロー空港のターミナル3だと、スケジュール順に


バージン・アトランティック航空 (VS)901便15:30着

全日空 (NH)201便 15:55着

日本航空 (JL)421便(大阪)16:15着

日本航空 (JL)401便(東京)16:25着

(ついでに)大韓航空 (KE)907便 16:55着

と5便到着する。いわゆる日本便到着ラッシュの我々のゴールデンタイムなの。


(以前は全日空の大阪便や日本航空の名古屋便があったのになあ。。。)


本日は全日空201便で、私がメインでお仕事を貰っている会社手配のグループが3つ、

旅行会社は別々だけど、ツアー名は プリンセス・クルーズご一行様


どうやら明日、サザンプトン港から グランド・プリンセス号 が出港するらしいと言う事でちょっと検索してみましたら、

17日間の大西洋横断クルーズ のようですの。

よろしゅうございますわね、ホントに。。。。


でね、

クルーズのお客様達だからね、

私達アシスタントもいつも覚悟はしてますねどね、


お客さんのスーツケースが クソ 重たすぎ!


中には40キロはあるんじゃないの?ってスーツケースが2つほどあって、普段の日本人のクソ重いスーツケースに慣れている私達やポーター、はたまたバスのドライバーですら オーマイガッ の重さです。

添乗員さんに確認したら、お帰りはニューヨークから とのこと。

ヨカッタ!(溜息)

なぜヨカッタかって?

ロンドンの空港は、エコノミークラスのお客様の20キロは当然の事ながら、
ビジネスクラスやファーストクラスのお客様のスーツケースの上限が32キロまでなんです。
32キロを超えてたら受け付けてくれません。
(綿密に言えば、Fクラスの40キロだと2個に分ければOKです)


今どこの航空会社もスーツケースの重量は厳しくなりました。。。

添乗員さんのスーツケースが重くて、追加料金をお支払い頂いた事も過去ございますのよ。(エール・フランス航空、バージンアトランティック航空)


皆様も、お気をつけあそばせね!!

2007年09月01日 (土) | 編集 |
今日の話題はやはりこの方だろうか。。。

恐らくは“イギリス在住ブロガー”の殆どが、この方の話題を書いているのではないだろうかと思われる。。。。。

Prinsess Diana


10年前の今日の8月31日、偶然にもワタクシは仕事でパリにいましたの。

ちょっと珍しい仕事で、オランダのアムステルダムで日本から来たグループを受けて、オランダ、ドイツ、フランスと廻ってパリで日本に帰るグループを送るという仕事の最終日だったの。

ホテルの朝食のレストランで、お客さんから、

“添乗員さん、ダイアナさんが交通事故で亡くなったってニュースをやってましたよ!”

“もう・・○○先生!冗談でも勝手にダイアナさんを殺さないでくださいよ・・・”

“いや、冗談じゃなくて本当ですよ!!”

グループのお客様の日本への帰国日だったので、私は手早く朝食を済ませ、
とりあえず自分の部屋に戻ってテレビをつけた。。。。。

テレビを見た自分が固まって、自分のカバンがボトッと床に落ちて、しばらくボーゼンとしてたのを今でもはっきりと覚えてる。


(ダイアナさんが事故に遭う数時間前に、私達は事故現場の近くをバスで通っていただけに,すごく不思議な気持ちだった。。。)


次にイギリスに居る友人何人かに電話をした。

イギリス時間で日曜日の朝7時前だったと思う。

日曜日なので、当然ゆっくり寝ている友人達を電話でたたき起こして

“今スグにテレビをつけて!!”

そして友人達も電話の向こうで固まっていた。。。

パリのドゴール空港でグループの皆様をお送りした後、私はロンドンに戻ったら、
当然のごとく英国中がパニックになっていた!


10年前の9月1日付の新聞です。

Prinsess Diana 2


あれから10年。。。。。。

10年も経ったんだ。。。。。


未だに彼女の死に対していろんな説が飛び交ってはいるが、
誰が何をどう言おうと、彼女はもうこの世にはいない。。。


世界中の誰もが“プリンセス・ダイアナ”を忘れることはないだろう。


愛に生きたダイアナ、ダイアナ最期の10日間



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。