英国ロンドンで、日本からの観光客のお世話をする『現地係員』というお仕事をしている元海外添乗員。仕事・趣味や日常の事など言いたい放題、書き放題な自己満足ブログです。
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2007年08月31日 (金) | 編集 |
本日は、多少気味の悪いネタの為、

お食事前、もしくはお食事中の方はご遠慮くださいませ。


先だって意気揚々と植えた“ルピナス”が、、、


殺られました。。。。。



植えた時の写真は こんなん だったんだけどね、、、

Lupin


今は見るも無残で、写真を撮る気にもなりません。。。。


原因は、、、、、


ナ○クジ、、、、、、、


ガーデナーの天敵です!!


今年のイギリスは、ナ○クジが異常繁殖してるらしいです。。。。

暖冬+雨の多い夏ということで、去年の2倍以上繁殖してると
ニュースで読んだ。。。

こっちのナ○クジって日本のソレの数倍は大きくて、
まるで“ナマコ”のようなんですよ。。。ホント。。。

それが一匹で100個のタマゴを生むってんだからおぞましい。。。

ナ○クジ退治にはね、ビールが効果あるようでして、
飲み残したビールを器に入れて一晩置いておくんですと。
(ナ○くじが宴会するんかいな、、、)


でもね、我が家はナ○クジに飲ませるビールなんて ありません!!

人間様が飲むものです!!


我が家ではクスリを使って、退治をしてるんですけどもね、
以前に実際にビールを使ってナ○クジ退治をした人の話を聞いたらね、


翌日は三流ホラー映画よりも恐ろしい光景だったそうです!


こわー!!



まだまだ暑い日本、これを読んだ皆様涼しくなりましたでしょうか。



=おまけ=

そう言えば、この人のギャグで ナ○ナ○クジクジ・ナ○クジクジ って
地面を這いずりまわってたの、誰か覚えてる?



Kanpei-chan



アヘアヘ!






スポンサーサイト
2007年08月29日 (水) | 編集 |
昨日は仕事で オックスフォード に行ってきました。

空港に到着した学生7名+先生をオックスフォードにある大学に
(オックスフォード大ではない)お送りして終わり。。。という仕事だったんですが、

オックスフォードは正直何度も来ておりまして、

普通ならタクシーで駅行って、そのまま でロンドンに戻るのですが、

ブロガー根性 を出して 、 タクシーを街中でおりまして、

でももう日暮れなので、ダッシュで 写真を撮ってまいりました!

本当は二回に分けて紹介しょうと思っていたんだけど、二回に分けると中途半端になるので、 一挙にご紹介。

画像が多いので重かったらごめんなさいませね。


では観光スタート!!


オックスフォードは大学の街として余りにも有名ですね。


まずは市教会のタワー、この周辺にショッピング・ストリート多い。
街の中心かな。

Carfax tower


歩行天のショッピング・ストリートなんだけど、こんな古い建物があります。

Old house


街の様子

Town 1


日本の皇太子妃、雅子様が留学されていた、バリオル・カレッジ

Balliol


シェルドニアン・シアター、イギリスでは有名な建築家で
ロンドンのセントポール寺院も設計した、クリストファー・レーンの最初の作。

Sheldonian theatre 1


シアターを囲む皇帝の胸像のひとつ、(皆スゴイ顔してはります)

Sheldonian theatre 2


イタリアのベニスにある“溜息の橋”をモデルにつくられた、
オックスフォード版“溜息の橋”

Bridge


“ラドクリフ・カメラ”と言うボドリアン図書館の読書室

Radcliffe camera


とあるカレッジの中庭(開いてたので勝手に入ってパチリ!)

College garden


オックスフォード大の学生が儀式で見につける服やユニフォームを売っているお店、各カレッジによって、ネクタイやマフラーの色が違うらしいです。

gown


路地に入ると、学生酒場っぽいパブがあり、

Pub


日本の皇太子様が留学されていた、マートン・カレッジ

Marton


マートン・カレッジの横からクライスト・チャーチに続く路地を歩いていたら、
紅葉が、、、

maple reaf


ここからが、ハリーポッターで有名になった“クライスト・チャーチ”だけど、
“不思議の国のアリス”の作者の出身を示す看板

Christ Church 1


この建物の中に“ハリー・ポッターで有名になった“例”の食堂があります。
(この時点で夕方6時過ぎなので閉まっていて見れず)
でも入場料が去年の3ポンドから5ポンドに値上がりしてたぞ!

Christ Church 3


クライストチャーチを正面から

Christ Church 2


アリスショップ。

Alice Shop 1

Alice Shop 2


そして、駅までひたすら歩いて、歩いて、


駅の反対側にあるオックスフォードの語源にもなった牛さんを拝んで、

Ox


オックスフォードとさようならー


本日写真を一挙に18枚もご紹介!!


オックスフォード観光はお楽しみいただけましたでしょうか。。。

オックスフォードの街は とっても素敵 です。

今回は夕方で陽も落ちかけていたので写真的には暗いのですが、この辺りで取れる石を使って建てられているので、建物の色は全体的に明るいです。

それとこちらでは9月から新しい学年がスタートするので、オックスフォードの街を離れていた学生や大学関係の人達も戻ってきてたようで、街を歩いて居て全体的にアカデミックな人達が多いように思いました。



私は“ブログの更新”に疲れましただ。(3時間かかっただ)


あの、、、、


一応ね、、、、


この人も、オックスフォード大学卒業ですだ。


Mr.Been






ハーイ!
2007年08月27日 (月) | 編集 |
本日8月27日月曜日は こちらは バンクホリデー でお休みです。
正確には、スコットランド以外はお休み(休日)です。

(イギリスの国の中でもイングランドやスコットランドで休日が違います)

でも私は仕事。。

いや、仕事がある限りは365日、年中無休で働くワタクシ。

到着されたお客様に

今日はこちらは休日でお休みです。と言うと、


必ず、何の日ですかー? と聞かれる。


“祝日”でも“祭日”でもなく、バンクホリデー という“休日”です。


“バンクホリデー”と言われる由来は“銀行が休み”だから、、らしい。。

(なら日曜日もバンクホリデーやん!っと突っ込みたくなる大阪人!)


もし“○○の日”と呼べる祝祭日だとしたら、
正月・イースター(復活祭)・クリスマスとボクシングデーぐらいで、
日本のようにいちいち“○○の日”なんて言うのはナイ。

そしてこの国 は休日が に比べるとはるかに少ない。

今自分の手帳で数えたら、年にたったの8日しかない!!


こちらに住んで長くなると日本の祝祭日が分からなくなる。

特に近年、日本の祝祭日の日が以前と変ってたりするので尚更わからない。
仕事で空港に居て、他社さんの仕事仲間とかと

“なんだか今日お客さん多いねー” なんて話をしてて、はじめて気が付く。

逆にこちらが休日と(当然)知らないお客さんが次に聞いてくるのは、


お店は開いてますか!!


心配しなくても、まあまあ開いてますよ。


*・・*・・*・・*・・*・・*・・*・・*・・*・・*・・*



でもね、、、、



次のイギリスの休日はね、、、、、







クリスマス!! (溜息)


急に寒気がしてきた!




2007年08月26日 (日) | 編集 |
本日は夏のようで、気温も25度近くまで上がったでしょうか。

日本にお住まいの皆様、まあたかが気温が25度ぐらいで何を!とおっしゃらないでくださいまし。

今年のイギリスは冷夏だし、もう夏は終わったと諦めていたのですから。。。。

となれば、『コレ』を食べる今年最後のチャンス!

ずっと前に買ったものの、涼しくて食べたい気持ちにならなかった『これ』

冷麺


『これ』を食べたいが為にわざわざスーパーまでハムときゅうりを買いに行ったのよ。

実は酒をきらしていた

ブログリンクしている元同僚のクバニータさんからいただいた、サルサのCDを聞きながら、、、、、

ウエッジウッドの食器でいただく、冷麺は美味しゅうございましたわ。


2007年08月25日 (土) | 編集 |
病院のパジャマを毎晩喜んで着てるアフォな相方はおいといてと、
(パジャマ返さんでいいらしい)

本日は金曜日と言う事で、

お魚料理、

ウチの近所のフィッシュ&チップス屋も夕方から行列が出来ますが、
(今度ブログ用に買ってみようと思う)

たまねこ家は、シーバス(すずき)のグリルです。

Fish


相方は塩とオリーブオイルとレモン、

私はやっぱりポン酢で食べます。


今日はふつーのネタですんません、

つーか、

前回のようなネタは、相方が何かしでかしてくれた時にしか書けませんわ。

まあ本人はネタになるつもりはないのだろうけどね。


悪しからず!
2007年08月23日 (木) | 編集 |
もしかして、このまま秋を通り越して冬?になるんじゃないの?
てくらい寒い(まだ8月だよー!)ロンドンですが、


タイトルでお気付きの方も多いかと。。。。。


そう、、、、、、、、、、、


相方ネタでございまして、、、、(溜息)


相方、今朝方 こんなん 着て、家に帰って来はりましてん。。。。

一応ね、上にはスーツのジャケットを羽織ってたらしいんですがね、、、

pyjamas
これね、病院のパジャマ!!!



なんでやねん



絶句。。。。。。。。。



ご丁寧にも手の甲には、点滴か何かの跡で
血の滲んだガーゼが貼ってあるの。。。



一体全体どないしてん??


一応ね、ヨル8時頃に相方から連絡があってね、

ボスが明日から休暇でいなくなるから、ちょっと飲んで帰るとね。。。。


(オフィスで持ち寄りで飲んでたらしい・・・)


空きっ腹で バーボン をショットグラスで飲んだらしい。。。


そしたら気分が悪くなってきて、、、、、、、、、


オフォスのトイレに篭ってたら、、、、、、、、、、


心配した同僚が を呼んで、、、、、、、


本人、気が付いたら のベッドだったらしい。。。。。


本人もこのまま病院で一晩・・・と思っていたらしいが、


酔いが覚めたのなら“帰れ!”と言われて、、、、、


スーツがゲ○で汚れているので、、、、、


病院のパジャマで帰ってきたと。。。。



そしてまたナイトバスでの車中では、



刑務所から脱走してきたのかと思われて、

あやうく警察を呼ばれそうになったらしい!!





関西(出身)の皆様!!

この人達 を当然、ご存知ですよね!!

yokoyama h.b.


nokogiriこの人達の、、、、ノコギリを使った、、、、

例の、、、、あまりにも有名なギャグを、、、、

我が相方に向けて、、、、皆様でご一緒に、


せーの、


お~ま~え~は~あ~ふぉ~か!



2007年08月22日 (水) | 編集 |
いきなりですが、以下3枚、しょーもない 写真 ですみません。


がっ、、、、、、、


Curry

news paper & snack

Ochazuke


写真的には“しょーもない”のですが、ワタクシにとっては

とーーーーーっても嬉しいのです!!


到着時に、添乗員さんからいただいた、


プチ・みやげ!!


でっ、、、、、、


こういう“ちょっとしたプチみやげ” を下さるのは 男性添乗員さん


いやね、女性添乗員さんからたまーに、ホント、ごくたまーーに
何かいただくこともありますよ。


でもね、


圧倒的に男性添乗員さんからいただくことが多いの。。。。。


それもね、最近気がついたんだけど、


女性的な 男性添乗員さん が増えてきたように思うの。。。。


つまり、昨今の日本でも地位を確立してきた オネエ系 という男性達。。。。。


イギリスはゲイやオネエ系の男性が多いから、こっちに住んでると相手の男性を見ただけで“ソレ”と分かるけど、日本人男性添乗員さんは“見ただけ”では分からないが、接してて1~2分すれば分かるようになった。 ←何の得にも無らないないが。。。


エアラインの男性客室乗務員に多いのは周知のとおり、


やっぱり細かい気配りが女性とは違う。。。


いや、あのね、、、、、誤解の無いようにね、

女性添乗員さんがどうのって言う訳では無いのですよ!

ワタクシだって現役添乗員の頃は“プチみやげ”なんて持ち歩いてなかったもん!!


これをお読みになった現役添乗員さん!


(って身内ばっかりやけど)


機内の古新聞、古雑誌、余ったオツマミ、

何でも嬉しゅうございます!!



是非、英国添乗の際はお持ち下さいませ!







2007年08月21日 (火) | 編集 |
さてと、ボーンマスの続きです。

Bournemouth(ボーンマス)、Plymouth(プリマス)、Portsmouth(ポーツマス)、
イギリスの街の名前に(マス)=mouthとついていれば河口に開けた街の事。

ボーンマスも仕事で過去4回来てるけど、いずれもロンドンにトンボ帰りで街をゆっくり見る時間なんて今迄無かったので、今回は有り難いわ。
それに寒い冬とかだったら海を見たいとか街をブラブラなんて思わないだろう。
そう言えば過去の仕事は全て冬だったような。。。。

(本当は夜仕事だったんだけど、他の人に替えてもらったの。。。)


海から街中に続く公園でオープンエアーコンサート

Bournemouth town 1


ジョージ王朝風のアーケードを通り抜けると、

Bournemouth town 2


アコーデオン弾きのおじさんが、 エーデルワイス、エーデルワイス~

Bournemouth town 3


ここの“スクエアー”が街の中心(タウンセンター)らしいです。
(そろそろお天気が怪しくなってきました。)

Bournemouth town 4


スクエアーの中央に 素敵なモザイク発見!
一体どれ程の市民がこの素敵なモザイクに気付いてるのだろうか。。。

Bournemouth town 5

Bournemouth town 6


ボーンマスの街は以外と大きい。
ショッピング・ゾーンはこのスクエアー周辺に集中しているけど、
やっぱり何処の街に行ってもあるのはお決まりの店ばかりでつまらない。
お店の中に入りたいとも思わない。

Bournemouth town 7


そしてイギリスは大都市でない限り鉄道の駅は街のハズレにあるので、
タクシーで駅に行き、そしてロンドンまで戻りました。



2007年08月20日 (月) | 編集 |
今回のお泊りの仕事の行き先は、

Bournemouth(ボーンマス)です。

ロンドンから電車で約2時間の所にある、海岸の奇麗な街です。

ボーンマスの大学に留学する学生さんをロンドンの空港から大学の寮に送り届けて、
私はそのままホテルにお泊りでした。
ホテルから海岸が近かったので、午前中のお天気の良い間に海岸をお散歩

Bournmouth seaside 1


海だ!海だ! やっぱり海を見るとワクワクしますね。

Bournmouth seaside 2


浜辺沿いにはこーーんなお家がずらーーーー!!っと並んでおりまして、
いったい幾らなんだろうと思っていたら都合よく、

Bournmouth seaside 3


一日あたりの値段です。広さは4X5Mぐらいでそんなに大きくありません。

Bournmouth seaside 4


こんな機関車も! 乗っていたのは子供...ではなくお年寄りばかりでした。

Bournmouth seaside 5


海岸にお決まりのようにあるゲーセン!

Bournmouth seaside 6


この日は風があったので、ウインドサーフィンしてる人達がいまして、
気温も20度くらいなんだけど、 姿のイギリス人姉チャン達もいまして、
寒いのに海水浴をするのはイギリス人とドイツ人ぐらいなもんでしょうな。

Bournmouth seaside 7


桟橋に行くのに50ペンス(120円)の入場料を払い、こんなものかと、
とりあえずは海岸風景を堪能して、今度は街へとでかけました。

Bournmouth seaside 8


やっぱり海があるのはいいな。



2007年08月18日 (土) | 編集 |
いきなりですが、お稲荷さんを作りました。


ちゅーてもね、最初から味がついた“おあげ”に寿司飯を詰めただけなんだけどね、



お弁当持ってピクニック!!


ではなくて..........


お仕事です!!


本日は泊りの仕事の為、自分がホテルの部屋で食べる“晩御飯”です。
お茶と味噌汁も用意してと、


後は スーパーでワインとアテを買えば完璧じゃ!

Oinari san


4個はワタクシの晩御飯、残り4個は相方の分です。


いかん、もう出かけないと。。。。。



2007年08月17日 (金) | 編集 |
久しぶりに ガーデニング と言っても、大した事はしてないのですが。


お天気は の繰り返しでまたまた不安定なお天気のロンドンです。


裏庭のインパチェンスとロベリアのハンギング・バスケットがあまりにも大きく立派になりすぎて、煉瓦の壁にお花があたって窮屈そうだったので、壁から降ろして、スタンドにしました。

Basket



Stand

何もないと淋しいので、

新しくベゴニアのハンギングバスケットを作りました。

Begonia hanging basket


実はこれは5月末に撮影してたもの、ベゴニアの球根を3つ植えたのですが、一つだけなかなか芽が出ない、、、、と思って掘り返したら、実は球根を上下逆さに植えてました。(笑)

白い芽が惨めで可哀相だったんだけど、必死に に当てたらちゃんと育ってくれました。 よかった。

begonia


小さな苗を買って、花が咲くまで大切に育てていたルピナスを前庭に植え替えました。
ルピナスは宿根草だし、どんどん株が増えていくので来年も咲いてくれるといいな。

Lupin


ルピナス(ルーピン)を見ると、ニュージーランドのマウント・クックの麓に一面に咲くルピナスを思い出します。



2007年08月16日 (木) | 編集 |
何でもええから更新!!

だってこんなブログでも、毎日楽しみにしてくれている人いるんだもん。


いつもご愛読、有難うございますだ。


OFFなので、朝から洗濯機2回(←どこまで洗濯物溜めてるねん!)って白物と色物ですよ!

で、お天気は“もうひとつ” だったんだけど、それなりにまったりと過ごしてたら、緊急出動要請が!!

私がメインでお仕事を頂いている会社ではないのだけど、夏場だけ臨時でお仕事を頂く会社。

スコットランドはエジンバラからロンドン・ヒースロー空港経由で日本に帰るお客様、エジンバラで荷物がスルーチェックイン出来なかったので、ロンドンでアシスタントが必要との事でした。


注)スルー・チェックイン = 荷物を最初に預けた空港から最終目的地の空港まで直で送ること。


たまねこ家からヒースロー空港までは所要1.5時間なので、OKですよー!!ってお受けしました。

エジンバラから到着されたお客様、スーツケースの他にゴルフ・バッグもお持ちです。
ご夫婦でスコットランドでゴルフね。 素敵♪

ここの会社から頂くお仕事のお客様、10中8・9はビジネス・クラスのお客様です。
あとの1・2はファーストクラス、ごくごくたまーーーにエコノミークラスです。

お客様達を見てたら分かります。やはり余裕がおありです。

たとえば、着てらしゃるもの、カジュアルだけど素材がいい。。。とか、
カジュアルでも着こなしに品がある。。。とか、
ついでにワタクシはお客様の腕時計をチラッと見ます。

金銭的に余裕のあるお客様は時計にこだわられます。
まず9割9分、高級ブランド時計を身につけてらっしゃいますの。

でこちらは全然期待してないのに、チップを下さるお客様多いです。


やっぱり。。。世の中ジェニ(銭)でっせー!!



2007年08月15日 (水) | 編集 |
何か最近ちょっとお疲れ気味、、、なワタクシ。

明日、あさってはOFFだけど、お天気悪そう。

先だってご一緒した母・娘サン達のディナー・トランスファーで行ったレストランで、お客様が召し上がられた“ロブスターのリングイネ”があまりにも美味しそうだった・・・・つーか美味しいに違いない!

実際にお客様、“美味しかった”って言ってた 。羨ましい。。。


お客様達が行ったレストランはミシュランの星付イタリアン

ZAFFERANO ナイツブリッジにございます。

Ristrante お客様が召し上がられたのは、

生ハム・メロン、
ロブスターのリングイネ、
ティラミス、
ミネラル・ウオーター2本に紅茶、


〆て3名様で188.55ポンド、(約47000円)



お酒を飲まない方々なんで、これでワイン飲んでたらスゴイ金額になるよね。



ロブスターなんて庶民の口には、はいりません!!



この国、正直 エビも高いです! よね!イギリスにお住まいの皆様。


でもせめても・・・・と作ったエビのリングイネ。


タイガー・プロウン(ブラック・タイガー)をいっぱい入れて、

Ebi pasta



ワタクシなりに 美味しゅうございました♪


相方と一緒に食べてて、気が付いた。

私はエビのしっぽの殻は残すけど、相方が殻も一緒に食っとる。
オマエはネコか!!

お皿の色、白い方が写真映りがいいよね。今度買おうっと。

2007年08月14日 (火) | 編集 |
本日の朝、マンダリン・オリエンタル・ハイドパークにお泊りだった母・娘3名様を送り出し、オフィスに寄って、買い物をして、家に帰ったのは昼2時。

ちょっと疲れたと思い、軽く食べた後にベッドに横になってたら、、、、、、

連れて行かれた、、、、



ところで、こっちって お札に落書き多いよね。


別に 落書き って言っても、エリザベス女王のお顔にヒゲ書いたりとかじゃなくって、
やたらボールペンで何か数字が書いてあるという落書きが多いけど、


この間、キャッシュマシーンでお金を引き出したら、

マジックで思いっきり

Bank note


オイオイ! これはないやろ。。。。



ところで、20ポンド紙幣が新しくなっております

Bank note2


上が新札、下が旧札、
新しい20ポンド紙幣が出回りはじめてもう3ヶ月ぐらい経つけど、
今はまだ新・旧2種類の紙幣が使われていますが、そのうち(いつのうち?)
旧紙幣は使えなくなります。


そう言えば、時々古い紙幣やコインを持ってこられるお客様がいらっしゃいます。

このお金、使えますかぁー?

もうこれ、古いので使われてませんね。

どこかで新しいお金に替えてくれないですかね。


使えなくなった直後だとまだ市中の銀行や空港の両替所で新しいお札に替えてくれますが、
中には、旧・旧札を持ってて来られる方もいらっしゃいます。


このお札はとっくの昔になくなりましたよー。

じゃあどうしたらいいですか?

私も分かりませんが、直接“BANK OF ENGLAND”イングランド銀行へ持って行ってみてください。


以前、旧50ポンド札10枚ほど持って来られたお客様に、同じように“直接イングランド銀行へ行ってみてください!”と申し上げた。


当然お客様にそんなお時間が無い。。。。


手数料として、アナタが8掛けで買い取ってくれませんか?
でアナタがイングランド銀行で両替えしてくれませんか?



当然お断りいたしました!!


実際はどうなんでしょうかね。。。
イングランド銀行に直接持って行けば替えてくれるものなのでしょうか。。。
誰か知りませんか?




2007年08月12日 (日) | 編集 |
さてと、おとといから毎日 このホテル に通っております。今晩も明日も行きます。

マンダリン・オリエンタル・ハイドパーク

ここのホテルは例えば、竹下登元首相、中曽根康弘元首相、もお泊りになり、はたまたマドンナも常宿だったはず。

エリザベス女王も招待されたサッチャー元英首相の80歳の誕生日パーティーがこのホテルで行われたのは2年前。

ついでに最近日本でも大きなニュースになった、某企業グループの会長様もここのスイートルームが常宿でございました。(たまねこ、2度程ご一緒したことがあります)

Mandarin Oliental Hide Park


今日本は丁度“お盆”の時期ですよね。

恐らく旅行代金は“年末・年始”よりも高いじゃないかと思いますが、高いのは分かっているんだけど、“この時期にしか休みが取れない”方々もいらっしゃいまして、今回のお客様はお母様と大学生のお嬢様お2人の計3名様。

library

ホテルの書斎

library 2



チェックインをお手伝いし、ホテルのスタッフとお部屋にご一緒して、お母様が部屋のカーテンを開けて、

窓から公園(ハイドパーク)が見えない!

(ガイドブックを私に見せて)

ほらっ、ホテルの窓からハイドパークが見えるって書いてあるでしょ、だからここのホテルにしたのに、何も見えない!

ぬかす いや、おっしゃるの。

確かにお客様のお部屋からはハイドパークどころか街の景色も何も見えません。要は中庭のお部屋(一番安いカテゴリーのお部屋)です。


ワタクシは分かっています。この時期のこの高級ホテルなので、相当の料金を旅行会社にお支払いになられているであろう事は想像できます。

がっ、、、、、

それはお客様の勝手な思い込み、ちゅーかガイドブックも悪い!


全ての部屋から公園が見える訳ないやろー!!

公園のド真ん中にホテルが建っている訳でないし。。。。



出発前に旅行会社で 必ず公園が見えるお部屋 をリクエストされて来た訳でもないようだしね。


部屋に案内してくれたホテルのスタッフが

お部屋は如何ですか? って聞くから、

いやお客様がね、部屋から公園が見えるのを期待して来られたんだけど、公園どころか何も見えないのでご不満のようなんですけど。。。

マネージャーが来て、

あいにくお客様からいただいている料金では公園の見えるお部屋はご用意いたしかねますし、あいにく公園側のお部屋は満室です。
もう少し上の階で街が見えるお部屋でしたら一泊80ポンドの追加料金でお部屋の変更が可能ですが。。。。。

それみろ! ワタクシからは料金うんぬんの事は言えないからね、マネージャーが言っててくれてスッキリしたわ。


一泊80ポンドと言う事は約2万円X3泊で6万円の追加料金なり!
それでも公園の見える部屋ではない。。。。


お客様、不満気に もういいです!


文句があるんだったら、日本に帰ってから旅行会社に言ってください!
ワタクシだってホテル・マネージャーまで呼んで言ったんですよ!ワタクシには責任はございません!!


お客様達は、

御到着日はホテル内ミシュラン星付レストランでご夕食、
昨晩、ミレニウム・ナイツブリッジホテル内にある最近話題のレストランでご夕食、
今晩、これまた最近話題のレストランでご夕食、


たまねこのお仕事は ディナー・トランスファー

お客様達をレストランにご案内してメニューを説明し、注文のお手伝いをするというお仕事、お客様のお食事が終わればまた一緒にホテルまで戻ります。


お客様と一緒にお食事?


出来る訳ありません!


“ご一緒にどうですか?”

なんて言ってくださるお客様は皆無です!


下手にご一緒して、“割り勘” でもされたらたまらんしね。



=おまけ=

ホテル前には こーんな車 はしょっちゅう止まっています!

Car 1

ランボルギーニ(ドバイ・ナンバー)

Car 2


昨夜レストランからの帰り、フェラーリ2台並んで走ってます。
それもゆっくり見せびらかすように。

どこかのアラブの アフォ ボンボン達、他にもアラブナンバーの高級車いっぱいでした。

Car 3






2007年08月11日 (土) | 編集 |
本日は サルジニア風タコサラダ を紹介


その前に料理のカテゴリーを、『外食&グルメ』と『たまねこ料理』に分けましたの。


以前(3年ぐらい前かなあ)サルジニア島に行った時にレストランで食べて、
“これだったら私でも作れる!”と思ったのがコレ!

ところで、サルジニア島って知ってる?イタリアに属する小さな島です。


サルジニア島のサイト サルジニアにはサボテンが多い。


タコサラダ

octpus salada



Octpus たまたま、スーパーの鮮魚(でもないけど)
売り場に新鮮(そう)なタコがあったので、
よっしゃ!タコサラダを作ろう!と買いました。
これで1.3ポンド(350円ぐらい)

日本の“マダコ”と違うのが悲しいんだけどね。




Boiled octpus まずはタコを塩茹でするんだけど、
コツはタコがつかるぎりぎりぐらいのお湯の量で茹でることね。
タコの茹で汁は捨てちゃダメよ!

何故かと言うと・・・・





potato ジャガイモ、4コぐらいを小さ目にカットね。
もうひとつのコツは、
タコの茹で汁でジャガイモを茹でるの・・
ホクホクに茹でてね♪






mix 茹でたタコとジャガイモにレモンジュース
(ビネガーでもOK)、オリーブオイル、
パセリで和えて、さらに塩で味を整えます。







ボナペティート! これまた冷えた白ワインにあいますの




2007年08月10日 (金) | 編集 |
疲れた!

むちゃ疲れた!!

今日は一日長かった。

*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*

今日の一日

午前3時45分、 起床

4時30分、ミニキャブで空港へ

(注: ミニミャブ = 一応タクシー、でもロンドンの黒いオースチンじゃないタクシー)

5時、 たまねこ空港着

5時01分、 SQ到着

6時、 お客様達(学生17人+引率)とミート、

ガイドさんとのミートが8時半の為、7時30分迄空港で時間を調整

8時20分、待ち合わせ場所でガイドさんと無事ミート、

たまねこ、一旦終了

9時30分、一旦帰宅、メールなどのチェック+遅い朝食

12時30分、再び空港へ、次の仕事はEK(エミレーツ航空)

14時30分、EK到着

(お客様はご夫婦2名・・・なかなか出て来ない・・・・2時間後の)

16時30分、お客様とミート、

お客様、『荷物が出てこなかったんですけど・・・』


出た!!!ロスバゲ!!!!


中で(ロスバゲの)手続きされましたか?

いいえ。。。。 バカヤロー

エミレーツ航空の係員とコンタクトをとってお客様をロスバゲの手続きで中のバゲージ・エリアにお入り頂く。

(ロンドンの空港はセキュリティーがひじょーに厳しいので部外者は中に入れない)

17時、ドライバーと共にホテルへ向かう

17時30分頃、ホテル着

ホテルにて、昨晩

日本人客がオーバーフローを起したので、客室が何室か使えないので、系列のホテルに移ってほしい
と言われる。

(注:オーバーフロー お風呂のバスタブのお湯をあふれ出させてしまい、部屋中の絨毯などが濡れて部屋が使えない状態)


日本人客のオーバーフロー事故、結構多い!!

仕方がないので、ホテルが呼んでくれたタクシーで(もちろんホテル払い)系列のホテルに移動する。

タクシーを待っている間、無料でドリンクサービスを受ける。

系列ホテルで、お客様の朝食をコンチネンタルからイングリシュ(アメリカン)にアップグレードしてもらう。


お客様、こっちのホテルの方がより街中に近くて、地下鉄の駅もスグ横で喜んで下さいましたが、



わたしゃ今日はむっちゃ疲れたよーー!


ヨル8時、帰宅。

日記を書いて、もう寝る。


2007年08月09日 (木) | 編集 |
はぁ。。。。。

明日は早朝の仕事でございます。。。。。。


別にね、明日だけが早朝の仕事でなくてね、時々ありますの。。。。。



正直、明日はいつもお仕事を頂いている会社ではなくてね、
留学やホームステイを専門に扱ってる会社のお仕事で、学生さんが主で(小学生~大学生)、日本の地方空港からの出発が多いのでね、

CX(キャセイ航空)、MH(マレーシア航空)、SQ(シンガポール航空)が多いのね。(やっぱりアジア経由は安いんだろうね)

で、ロンドンには早朝に着くのよね。。。。。


私にも仕事のプライオリティー(優先順位)があるので、いつもお仕事をいただいている会社をまず優先に、他からのお仕事の依頼があって予定が空いていればお仕事を受けております。(だって、体が空いているんだもん)


明日のSQ(シンガポール航空)、ロンドン着、朝5時50分予定が、、、


今、到着時間を確認したら、、、、、、、、、


4時45分。。。。。。。。。



おい!!一時間も早く着くなよ!!

迎えに行くこっちの事も考えてくれーーーーーー!



って、考えてないわよな。。。。。。。。。SQさんよ!


SQ




2007年08月07日 (火) | 編集 |
先週の金曜日に再び行ってきましたトルコ・レストランです。


前回に行った時は途中でデジカメの調子が悪くなりまして 、肝心のお料理の写真が撮れなかったので、 リベンジ でもあります。

前回の記事


前日の木曜日の夜、急にお誘いがありましてね、翌土曜日は早朝の仕事があったんだけど、食欲に負けてしまいましたわ。


で、レストランに行く前に。。。。。。


Mosque? 1
わー!!
奇麗なタイルのモスクね。素敵、素敵!
















どこからどう見ても、奇麗なタイル張りのモスクよね、、、ね?

Mosque? 2



実は、、、、、、、、、、モスクではなくって、、、、、、、



肉屋だった!! マジぃーーー?????????



マジです。

Mosque? 3




では、やっとこさ料理のご紹介


Lahmacun (トルコ風ピザ)

Turkish Pizza 1



Antep Lahmacun(トルコ風ピザのスパイシー版)

Turkish Pizza 3



ピザを注文すると無料でついてくるサラダ。無料です!!

Turkish Pizza 2



Karisik Kebabe(ミックス・グリル)

ラム、チキン、シシケバブなどのグリルにひよこ豆いりご飯の付け合わせ、
これまたサラダが無料!でついて、ここには写ってませんが、パンも無料!!

Mix Grill



これまた食後に無料!!で出て来るスイーツ(ターキッシュ・デライト)とチャイ。

Turkish Delight & tea



今回は4人、最初3人だったので、トルコ風ピザ2枚とミックス・グリルを注文、
あとから遅れてやって来たもう一人の為にピザ1枚とミックスグリルを追加注文!


で、お会計を見てね、、、、、、



ええっ? うそっ!!!!!!!!



20ポンド少々ですの。。。。4人でですよ!!!!


まあ、アルコール持ち込みOKなのが絶対的に安い理由もあるけれどね、



この店こんなんで儲かってんのやろか。。。。。



2007年08月06日 (月) | 編集 |
ここのところ、やっと夏が来た! ロンドン。

そして昨日は、

今年一番の暑さであっただろう。。。30度!!

何もそこまで暑くならんでも。。。。。とお天気に突っ込む



水疱瘡で10日間の外出禁止例も終わりに近づいた相方、

友人からBBQパーティーのお誘いがあり、ヒャッホー!!と、喜んで出ていった!


とにかく水疱瘡の間の相方、


今迄はあまり好んで食べなかったヨーグルトが好きになって、毎日2こ、
2Lのミネラル・ウオーターを毎日1本、
やさしい嫁の 栄養バランスの取れた手料理、、、、、で、


それはそれは元気になられましたわよ!



一方で、、、、、、、、、、


朝早い仕事が続き、睡眠もままならず、家に帰っては相方の為にと手料理を作り、

看病疲れ、、、、、、、してしまった 嫁は、、、、、、、

BBQパーティーには行かずに家で休んでおりました が、、


あまりにもいいお天気で、家の中に居てはもったいない!

Back Garden 1


ちゅーことで、庭でノンビリ、まったりと過ごす。


Back Garden 2



作った時は こんなん だったバスケットも

ハンギングバスケット


こーーーーんなに立派になり、

Basket



パラソルも出して、、、、冷えた白ワインを飲みながら、、、

Back Garden 3




食べる納豆ソバは最高じゃーー!!

Soba and Wine




2007年08月05日 (日) | 編集 |
やっとこさ、カーディフ城の写真をアップ出来ます・・・・と言っても、

お城の内部は 撮影禁止 だったので、外の写真のみですが。。。。。


カーディフ城は、駅から徒歩で10分程で町の中心近くにあります。

お城の入り口 (他の画像を拝借)、

Cardiff Castel 4


元々は古代ローマ人が砦を築き、その後ノルマン人の征服によって要塞となり、城を中心にカーディフの街がどんどん発達し最終的には『ビュート公爵』という貴族が18世紀に所有、石炭積み出しで財をなして、富に任せていろんな凝った内装の部屋をったというもの。


クロック・タワー

Wales s1


Wales s2


中庭よりお城を望む。

この建物の中のいくつかのお部屋を、ガイド付ツアーで廻ります。(所要約45分)
私がツアーに参加した時に廻った部屋は、スモーキング・ルーム、子供部屋、ベッドルーム、食堂、アラブ部屋、屋上ガーデン、図書室などで、それぞれの部屋が凝っていて、いろんな仕掛けがあったり、ガイドの説明付でとても興味深かったです。

Wales s3


ラウンド・タワー

Wales s4


何だか、南ドイツの 『ノイシュバンシュタイン城』を思わせる内装でしたし、屋上ガーデンは実際にポンペイの遺跡をイメージして作られていました。


お城の中庭に放し飼いされている孔雀たち


Wales s5 さすがに♂の孔雀は立派ですな。

見事な羽を重そうに引きずりながら歩いていますが残念ながら羽を広げている姿は見せてもらえませんでした。
















♀は地味ですが、ひよっこ2匹がずーーっとお母さんにくっついて歩いているのはとっても微笑ましいです。

Wales s6


孔雀の家族

Wales s7


ところで、孔雀って木に登るのですね

結構高いところに孔雀がいるのを発見しました。
どうやって登るんだろう。。。。。

Wales s8


久々に観光客気分でガイドツアーに参加しました。
いろんな国々のいろんな建築物や内装を見てきたワタクシにとって、とても興味深いお城でした。

聞くところによれば、ガイドによって?案内する部屋が違うとか??
次回のチャンスがあれば行ってみたいと思います。


=おまけ=

ツアーの最後にカフェでティーを頼むともれなくもらえる『ウエリッシュ・ケーキ』、
(丁度雨が降ってきました)

スコーンを薄くして、もう少ししっとりとさせた感じの食感、
素朴で美味しくって、気に入りました。

Wales s9



2007年08月02日 (木) | 編集 |
写真を沢山アップしなきゃいけないので、時間がかかるしと言う事でずーーっと後回しになってた ウエールズの首都、カーディフ編 です。


ブログを読むのは一瞬だけど、私の場合はまだまだアップするのに軽く1時間はかかりますのよ。


ウエールズの首都カーディフは、ヨーロッパの中で一番若い首都だそうです。


カーディフ駅のプラットホーム、やはり表示は英語とウエールズ語の2ケ国語

Cardiff Station 1 Cardiff Station 2



カーディフ駅の建物、中の照明が何だかレトロちっくしてます。

Cardiff Station 3 Cardiff Station 4



ショッピング・アーケードがあちらこちらにありました。
雨の日も、濡れずに安心してお買い物ができます。

Arcade 1 Arcade 2



下の写真の一番右、『Welsh Traditional Centre』

スコットランドの男性だけだと思っていたら、ウエールズの男性もキルトを着用するのですね。知らなかったです。

Arcade 3 Arcade 4 Arcade 5



カーディフ・セントラルマーケット、
こちらも屋根のあるインドア・マーケットで1891年からオープンしているようです。
右の写真はすごく古い木の時計。

Indoor Market 1 Indoor Market 2



マーケットを上から見下ろしてみました。

Indoor Market 3 Indoor Market 4



カーディフはやはり都会だけあって見所が沢山あるのですが、この日はすごくお天気が悪くて、ショッピング・アーケードや室内マーケットがあるのがとっても有り難かったです。

ウエールズの人達は本当に暖かくて、素朴で、フレンドリーで、私はすっかり気に入ってしまいました。

次回はカーディフの一番の見所の『カーディフ城』をアップしますね。



=追記=
この記事を書いた後、いつもお仕事を頂いている会社より電話があり、
来月、仕事でカーディフに行くことになりました。むっちゃ、偶然で怖い。。。。
2007年08月02日 (木) | 編集 |
今朝は4時半に起きて、 より早起き?!

朝一番の地下鉄に乗って、ロンドン・ビクトリア駅から、さらに 『ガトイック・エキスプレス』という電車に乗って、ロンドンの空港では2番目に大きなガトイック空港へ行きました。

Gatwick Express


ってね、別に Gatwick Express の事はどうでも良くてね、


家から地下鉄の駅に行く道中(徒歩10分)に


お金が落ちてたーーー!!


Coin



いったんは通り過ぎたんだけどね、通り過ぎた後で 『あれ???』


お金落ちてるーーー!!


もちろん、いただきぃーーー!



ワタクシ けっこうお金を拾うことがありまして、特に空港でね。。。


=その1=
仕事が終わって、同じ会社の仕事仲間と空港内のBARで一杯飲もうっていってた時にBARカウンターで、何気にふっと下を見たら。。。

小さく折畳んだ20ポンド札が落ちてた!

仕事仲間との晩御飯で消えました。


=その2=
出国検査場の行列の途中に、何気にふっと下を見たら。。。

くしゃくしゃの米ドル札が落ちてた!

広げてみたら、20ドル札x6枚で120ドル!!
即刻両替してジャパニーズ・レストランで ひとり贅沢ランチしました。


神様、ごめんなさい。懺悔。


モチロン、本人の身元が分かる財布とかだったら正直に届けますよ、

でもね、

お金には所有者の名前書いてないねんもん!!


『たまねこ』 だけに 『ネコばば!』 ぶははは!


明日は午前3時45分起床です。

おやすみなさい。


2007年08月01日 (水) | 編集 |
この度、私のお気に入りブログ、

旅物語≒食べ物語 kmala KMARさんのブログを紹介しますね。 クリック!!

私と同じロンドン在住で、(私は郊外やけど)
鋭い感覚でイギリスとの歴史的背景などを踏まえた移民街レポートや、kmala KMARさん自身の、通常のツアーでは行けない旅物語、素敵なブログです。


私のブログページにリンクしましたので、特にロンドン在住の仕事仲間の皆様は読んできっと納得する事ばかり。


ブログランキングにも参加されてますので、 ポチ っと応援してあげてね。



たまねこ は明日は早起きしなければいけないので、(朝4時半起き!)おやすみなさい。




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。