英国ロンドンで、日本からの観光客のお世話をする『現地係員』というお仕事をしている元海外添乗員。仕事・趣味や日常の事など言いたい放題、書き放題な自己満足ブログです。
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2007年11月21日 (水) | 編集 |
“缶詰のミートソース” だった日曜日のランチの後、家に居ても退屈なので、
相方ん家から、“近場で奇麗な場所”ということで

Vietri sul mare ビエトリ・スル・マーレ (海のそばのビエトリ)

という所に行ってきましたのね。

相方ん家のそばのバス停から、バス1本で30分程で行けまして、

ここは、サレルノからだと“アマルフィー海岸第一番目の街”となりまして、

さながら


街全体が陶器の博物館

Vietri 17
コレは借りてきた画像なのですが、ドゥオモ(大聖堂)の
クーポラ(丸屋根)も陶器でできております。






早速バスを降りて、街中に行く地下道 も陶器(セラミック)のモザイク、
(何となくバルセロナのグエル公園みたい)

Vietri 1


陶器博物館

Vietri 2


街のメインストリート

Vietri 3


陶器屋さん。。。

Vietri 5


これまた陶器屋さん。。。

Vietri 6


ここは高級な陶器屋さん。。。

Vietri 7


街の大聖堂(ドゥオモ)。。。

Vietri 8


タイルの“ピエタ”。。。

Vietri 9


公共の水道(水飲み場?)。。。

Vietri 10


“中世の気分”な路地。。。

Vietri 11


海の方に下りて行く坂道沿い。。。

Vietri 12


その先に見つけたお店(日曜日だったので閉まってましたが、酒屋さんかな?)
って、昔のワイン作りの様子が書かれています。。。

Vietri 13


ここは果実屋さんかしら?。。。
日曜日で店が閉まっている分、タイルの絵で想像出来て面白いです。。。

Vietri 14

Vietri 15


これは“聖母マリアとキリストの幼子”かな?

Vietri 16



缶詰のミートソース(←しつこい)の昼食のあと、少し昼寝をしてしまったのと、日曜日でバスの本数が少ないのもあって、色々見てたらスグに暗くなってしまったの。。。

とっても小さな街なのに、ゆっくり見てたらそれだけで一日が過ぎてしまいそうなくらい素敵な街でしたわ。


“ナントカの歩き方”には載っていませんが、ワタクシ的には オススメ♪ の街です。


サレルノに戻り、いつもの夕食(ハム・サラミ・チーズ・パン)の夕食のあとは
シャワーを浴びずに おやすみなさい。


相方家での5日目も無事終了、あと1日の我慢。。。ちーーん。
スポンサーサイト
2007年11月12日 (月) | 編集 |
僅かな写真ではございますが、

“世界遺産のアマルフィー海岸”の後半部分になります

アマルフィー~サレルノをお楽しみ下さいませね。



ワタクシ、何も申しあげません!

ただただ美しい海岸線をご覧になってくださいまし。


SITA


始発のアマルフィー

Amalfi coast 2


アマルフィー コースト


Amalfi coast 1


Amalfi coast 4


Amalfi coast 5


Amalfi coast 6


Amalfi coast 7


Amalfi coast 8


Amalfi coast 9


Amalfi coast 10


Amalfi coast 11


Amalfi coast 12


Amalfi coast 13


終点のサレルノ

Salerno




2007年11月11日 (日) | 編集 |
かつて“大海運共和国”のひとつだったという“アマルフィー”、

色々と調べていると“アマルフィー海岸”が世界遺産に登録されたのは1997年らしく、“アマルフィーの街”が世界遺産なのではなく、ソレントからサレルノまでの海岸線が世界遺産らしい。

ちゅーことは、ワタクシが初めて来た時(確か妹と来た)時はまだ世界遺産ではなかったので、観光客も少なかったのね。きっと。。。


十世紀に建てられたという大海運共和国時代の威厳を示す“ドゥオモ”(大聖堂)

Amalfi Duomo 1


X(エックス)十字にかかって殉教した聖アンドリュースのモザイク

Amalfi Duomo 3


中も豪華絢爛でして

Amalfi Duomo 4


天井も素晴らしい!

Amalfi Duomo 5


そして、、、本日はこの大聖堂で“結婚式”が行われるらしくてね、
この子が超、きゃわいくって、まわりの観光客もニッコリ。。。。

Wedding 1


花嫁さんご到着、、、隣は“老けた新郎”ではなく“花嫁の父”、
(新郎はブサイクだった)
ここ階段たいへんだから、ドレスの裾を踏んで転ばないようにネ

Wedding 2


お幸せにーーー!!

Wedding 3



ところでウエディングに興味のない“ずっこけブラザーズ”はですね、

“ファーメ、ふぁーめ、ファーメ!”(腹減った)とウルサイので、

てきとーにレストランに入って、

Ristrante 2


Ristrante


ワタクシはペスカトーレを注文し、

Ristrante 3


アマルフィーで“ビステッカ”(ビーフステーキ) を食うずっこけブラザーズ、
義弟君も魚はダメみたいだ。

Ristrante 4


食後にカフェを飲んで、

Cafe


もうちょっと町をブラブラしてからサレルノに戻りました。

道中の素晴らしい海岸線の写真は次回ね♪


2007年11月09日 (金) | 編集 |
10月6日(土)、ホリデー8日目(相方家で4日目)


何だか自分で自分の“ほりでーネタ”に飽きてきた。(爆)

だってホリデーから帰ってきて丁度1ヶ月、本人、ホリデー気分なんてすっかり忘れて、しっかり現実に戻っておりまして、、、

添乗員時代の“添乗日誌”以来だぞー、、、という自分のホリデー中に書いた日記を見て、思い出しながら書いているのでござりまする。。。


さてさて、

“食事の時以外”はできる限り“実家”に居たくないワタクシと相方、


この日は “アマルフィー” に行って来ましたの。


サレルノから“SITA”というバスで簡単に行く事ができまして、義弟君も一緒でした。
(夏場はボートでアマルフィー、ポジターノに行く事もできます)

左が相方、右が義弟君
相方兄弟


崖っぷちスレスレに、急カーブの手前で“プププッーーー、”とクラクションを鳴らしながら、右へ、左へと慣れた運転技術で走るドライバーはスゴい!!

道中


アマルフィー海岸は、“ユネスコ世界遺産”に登録されております。

道中の海岸線の素晴らしい景色は、次回のブログでゆっくりとご覧いただくことにしましてと、(まだ続ける気か?)


ワタクシ、アマルフィーに来るのは実に10年ぶり3回目でして、
久しぶりに来て、


超・驚いた!!!


観光バス、軽く10台以上は駐車していたと思う。。。。

いつの間にこんなにメジャーな観光地になったのじゃ?

ツアーバス


アマルフィー(この日のお天気は でした)

アマルフィーー2


アマルフィー 1


アマルフィーのメインストリートは人・人・人・・・
10年程前はもっとひっそりとしてたような、、、、

ひと・人。。


陶器屋さん

土産物屋 5


ペペロンチーノ(唐辛子)のブーケが素敵!

土産物屋 1


スッゴイ!ペペロンチーニ!

土産物屋 4


リモンチェッロ



ソレントやアマルフィーでは“リモンチェッロ”というレモンで作られたお酒が有名でして、








このようなレモンで作られます。普通のレモンよりもかなりデッカイです。

アマルフィーレモン


リモンチェッロやレモン関連のお土産

土産物屋 2


リモンチェッロ用のグラスやデキャンター。。。

土産物屋 3



アマルフィー編、無理矢理あと2回続けます。。。。
(いいの、自己満足な日記なんだから。。。。)


=おまけ=
親亀の上に子亀を乗せてぇ~、子亀の上に孫亀乗せてぇ~ って古!

噴水のところで見た亀さん達。。。

カメ




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。